awesome wm のミュートスクリプト改善(ヘッドホン&beep 対応等)

の続きです.このシリーズは興味ある人ほとんど居ない気もしてますが…….

ボリュームコントロール用の script を書いていい感じでボリュームコントロールが使えている気がしていたのですが,いくつか不具合が見つかったので改良しました.

問題1.ヘッドホン利用時にアンミュートされない

ミュート時に Master をミュートして,同様にアンミュート時に Master をアンミュートするのですが,ヘッドホン利用時にはヘッドホンがミュートされたままになってしまいます.

amixer -c 0 get Headphone とかして確認すると,off のままです.

% amixer -c 0 get Headphone 
Simple mixer control 'Headphone',0
  Capabilities: pvolume pswitch
  Playback channels: Front Left - Front Right
  Limits: Playback 0 - 74
  Mono:
  Front Left: Playback 74 [100%] [0.00dB] [off]
  Front Right: Playback 74 [100%] [0.00dB] [off]

Headphone に対して unmute すると音が出るようになりました.

ということでアンミュート時に Master だけでなく Headphone / Speaker もアンミュートするようにしました.Headphone / Speaker は両方 on にしても排他利用になるようで両方 on にしても問題ないようです.

  • amixer -q -c 0 set Master unmute
  • amixer -q -c 0 set Master unmute
    amixer -q -c 0 set Speaker unmute
    amixer -q -c 0 set Headphone unmute

これでヘッドホンやスピーカーを切り替えてもちゃんと切り替わるようになりました.

問題2.BEEP がミュートされない

Master や Beep を mute しても beep音が出てしまいます.amixer でボリュームを 0% にしても音が出てしまいます.

% amixer -c 0 get Beep
Simple mixer control 'Beep',0
  Capabilities: pvolume pvolume-joined pswitch pswitch-joined
  Playback channels: Mono
  Limits: Playback 0 - 7
  Mono: Playback 4 [57%] [-12.00dB] [off]

ALSA ではなく基本の? xset で有効,無効にしたら効いたのでこれを設定しました.

  • beep ミュート
    xset -b
  • beep アンミュート
    xset b

問題3.音量ボタンを押した時のメッセージでミュート・アンミュート状態がわからない

ボリュームUp / Down ボタンを押した時のメッセージがミュート状態にかかわらず同じものを表示していたので音量が小さくて聞こえないのかミュート状態だから音が出ていないのかわかりませんでした.

ミュート状態によりアイコンを変更するようにしました.ついでに Up/Down の矢印も表示するようにしました.

  • これまでは1パターン
    20150903_03:09:24-10606

  • ミュート状態でアイコンの変更&矢印を表示するようにした
    20150909_21:09:58-1293720150909_21:09:41-13553
    20150909_21:09:37-1439820150909_21:09:50-14607

出来上がった script

ということでそれぞれを反映してこんな感じになりました.

#!/bin/bash 
 
MUTE=`amixer -c 0 get Master|tail -1|cut -d '[' -f 4|sed s/\]//`
 
if [ $MUTE = "on" ] ; then
  ICON="/usr/share/icons/ContrastHigh/scalable/status/audio-volume-medium.svg"
else
  ICON="/usr/share/icons/ContrastHigh/scalable/status/audio-volume-muted.svg"
fi
 
case "$1" in
  "XF86AudioMute" ) 
    if [ $MUTE = "on" ] ; then
      amixer -q -c 0 set Master mute
      xset -b
      echo -e "🔊☓\nmute!"
      notify-send -u low -t 500 -i '/usr/share/icons/ContrastHigh/scalable/status/audio-volume-muted.svg' mute ""
    else
      amixer -q -c 0 set Master unmute
      amixer -q -c 0 set Speaker unmute
      amixer -q -c 0 set Headphone unmute
      xset b
      echo -e "🔊\nunmute!"
      amixer -c 0 get Master | tail -1 | cut -d '[' -f 2 | sed s/\]// | xargs notify-send -u low -t 500 -i '/usr/share/icons/ContrastHigh/scalable/status/audio-volume-high.svg' numute
    fi
  ;;
  "XF86AudioRaiseVolume" ) 
    amixer -c 0 set Master 2dB+ | tail -1 | cut -d '[' -f 2 | sed s/\]// | xargs notify-send -u low -t 500 -i $ICON "Vol ⤴"
  ;;
  "XF86AudioLowerVolume" ) 
    amixer -c 0 set Master 2dB- | tail -1 | cut -d '[' -f 2 | sed s/\]// | xargs notify-send -u low -t 500 -i $ICON "Vol ⤵"
  ;;
esac

今のところ満足 :-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>