2月 25

Ubuntu 17.04のSynergyと互換性が無くなったのでDebianでexperimentalのSynergyを使う

20170224_01-02-43-4533

リリース前のUbuntu 17.04をサブマシンで使用しているのですが,これをメインPCの横に置いてSynergyを使ってメインPCから操作しています.しかしUbuntu 17.04のSynergyが新しくなって繋がらなくなりました.
設定を確認するとこれまで暗号化通信にパスワードを指定する形でした.これがSSLになったようです.
GUIでもman synergys/synergycを見ても旧形式は使えなさそうで互換性が失われているようです.

20170224_01-02-53-4521
※Ubuntu 17.04のsynergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2

20170224_01:02:47-1037
※Debian stretchのsynergy 1.4.16-2

DebianのSynergyのバージョンを確認すると,今のところsidでも1.4.16-2でexperimentalでは1.8.7-stable+dfsg.1-2でした.

とりあえずexperimentalから借りてくることにしました.

sources.listexperimentalがある状態で

$ grep experimental /etc/apt/sources.list
deb http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian/ experimental main non-free contrib
deb-src http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian/ experimental main non-free contrib

/etc/apt/preferences.d/synergyを以下のような感じで用意して,

$ cat /etc/apt/preferences.d/synergy
Package: synergy
Pin: release a=experimental
Pin-Priority: 800

パッケージ情報を更新して導入.

$ sudo apt update
$ sudo apt install synergy
 :
以下のパッケージはアップグレードされます:
  synergy
アップグレード: 1 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 22 個。
853 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 607 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 <http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian> experimental/main amd64 synergy amd64 1.8.7-stable+dfsg.1-2 [853 kB]
853 kB を 3秒 で取得しました (235 kB/s)
 :
.../synergy_1.8.7-stable+dfsg.1-2_amd64.deb を展開する準備をしています ...
synergy (1.8.7-stable+dfsg.1-2)(1.4.16-2 に) 上書き展開しています ...
synergy (1.8.7-stable+dfsg.1-2) を設定しています ...
 :

という感じで導入できました.
元に戻す場合は/etc/apt/preferences.d/synergyを消してパッケージを更新すればいいはず.

バージョンが新しくなってからSynergyを起動するとウィザードが走ってSSL証明書が~/.synergy/SSL/Synergy.pemに作られます.フィンガープリントも~/.synergy/SSL/Fingerprints/Local.txtに作成されるので初回接続時にClient側に表示されるメッセージをSynergy Server側のこのフィンガープリントと見比べてから接続します.

$ cat ~/.synergy/SSL/Fingerprints/Local.txt 
2E:51:06:DC:05:42:09:81:7E:FB:3A:4F:C6:A4:A4:EE:98:ED:75:A0

20170225_00:02:32-4657

このフィンガープリントはClientの~/.synergy/SSL/Fingerprints/TrustedServers.txtに保存されます.

$ cat ~/.synergy/SSL/Fingerprints/TrustedServers.txt
2E:51:06:DC:05:42:09:81:7E:FB:3A:4F:C6:A4:A4:EE:98:ED:75:A0

てことでとりあえず使えるようになりました.

環境

  • server
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux 9.0 (stretch)
$ uname -a
Linux x220 4.9.0-2-amd64 #1 SMP Debian 4.9.10-1 (2017-02-17) x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W synergy
synergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2
  • client
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu Zesty Zapus (development branch)
$ uname -a
Linux x200 4.9.0-15-generic #16-Ubuntu SMP Fri Jan 20 15:31:12 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W synergy
synergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2

2月 24

Raspberry Pi Zero Tips

ダウンロード
Raspberry-Pi-Zero-web
24日にKSYとスイッチサイエンスからRaspberry Pi Zero発売ってことでTipsを書いてみます.

Raspberry-Pi-Zero-web (コピー)

  • 本体の他に最低限microSD(OS領域)やmicroUSBケーブル(電源)が必要です.(microUSBへのOS導入に別途PCも必要).
  • HDMIディスプレイを利用したい場合は大抵の場合別途mini HDMIからフルサイズへの変換アダプタやケーブルが必要です.※PIZEROはmini HDMIです.よく見かけるのはmicro HDMIなので注意しましょう.
  • コンポジットのディスプレイを利用したい場合はジャックなどをはんだ付けする必要があります.(TVのシルク)
  • microUSBx2のうち片方(PWR IN)は電源専用です.
  • もう片方(USB)はUSB OTGでHOSTにもGadget(SerialやEthernetはdebugに便利!)にもなれます.電源供給も可能なので電源容量が足りるならこの1本だけで運用することも可能です.microUSBケーブルやOTGケーブルはそれなりのものを使ったほうが良いです.安いものを使ったらPIZERO側のコネクタが傷んで使えなくなってしまいました.
  • USBを利用する場合は給電が可能なmicroUSBのHUBがデバッグに便利です.
  • GPIO Pinは+以降と共通だけどピンは未実装なので利用したい場合は自分で別途ピンヘッダ等購入してはんだ付けする必要があります.カラフルなピンヘッダをASUS TINKER BOARDのようにピンの用途毎に変えると便利そうです.
    XxbHbzYFnf4AVH1a_setting_fff_1_90_end_1000C-06641

  • 純正カメラモジュールを利用する場合はRaspberry Pi Zero V1.3以降が必要(KSYもスイッチサイエンスもV1.3と書かれているので問題ない)で更にカメラモジュール付属のものとは別のPIZERO専用のケーブルが必要です.

  • KSYでは5000円以上送料無料,それ以下は一律756円の送料が掛かる.KSYを初めて使う人は形式チェックが厳しくて結構面倒なので前もってアカウントを登録しておいたほうが良いです.(単品で買うのであれば海外で買うのと変わらないか高いくらいなので早く欲しい人向け?)
  • スイッチサイエンスでは送料150円.3000円以上送料無料.単品で買う場合おすすめ.但し2017年3月20日週から順次発送予定なので届くまで暫くかかります.
  • 余録.チョコベビーの容器はケースにちょうどいいです :)
    • IMG_20170216_075638
2月 21

Raspberry Piでコンポジットで起動した後に解像度やディスプレイを変更する

コンポジット出力の解像度変更

Raspberry Piを起動するときにHDMIを接続した状態で起動すると高解像度で起動しますが,繋いでいないとコンポジット出力で起動してXの解像度が720×480になってちょっと手狭です.
xrandrで解像度を追加するとXの再起動もせずに高解像度に出来ます.

※xrandrコマンドは対象のX端末上か,DISPLAY変数を対象のものを指定して実行すること

  • 720x480しか選べない
$ xrandr 
Screen 0: minimum 320 x 200, current 720 x 480, maximum 2048 x 2048
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
Composite-0 unknown connection 720x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
   720x480       62.69* 
DSI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
  • cvtコマンドで設定したい解像度を指定してModelineを調べる
$ cvt 1360 768
# 1360x768 59.80 Hz (CVT) hsync: 47.72 kHz; pclk: 84.75 MHz
Modeline "1360x768_60.00"   84.75  1360 1432 1568 1776  768 771 781 798 -hsync +vsync
  • xrandrのmodeを作成する
$ xrandr --newmode "1360x768_60.00"   84.75  1360 1432 1568 1776  768 771 781 798 -hsync +vsync
  • modeが増えている
$ xrandr 
Screen 0: minimum 320 x 200, current 720 x 480, maximum 2048 x 2048
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
Composite-0 unknown connection 720x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
   720x480       62.69* 
DSI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
  1360x768_60.00 (0x248) 84.750MHz
        h: width  1360 start 1432 end 1568 total 1776 skew    0 clock  47.72KHz
        v: height  768 start  771 end  781 total  798           clock  59.80Hz
  • modeをComposite-0に追加する
$ xrandr --addmode Composite-0 1368x768_60.00
$ xrandr 
Screen 0: minimum 320 x 200, current 720 x 480, maximum 2048 x 2048
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
Composite-0 unknown connection 720x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
   720x480       62.69* 
   1360x768_60.00  59.80  
DSI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
  • 設定したmodeに切り替える
$ xrandr --output Composite-0 --mode 1360x768_60.00

起動後にHDMIに切り替える

解像度の変更ではなく起動後にHDMI接続に切り替えるのもxrandrで出来ます.こちらもXの再起動は必要ありません.

  • HDMIケーブルを接続するとHDMI-0 connectedとなってmodeが選べるようになる
$ xrandr 
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1366 x 768, maximum 2048 x 2048
HDMI-0 connected 1366x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 580mm x 360mm
   1366x768      59.79*+
   1920x1080     60.00    59.94  
   1920x1080i    60.00    50.00    59.94  
   1280x1024     60.02  
   1152x864      75.00  
   1280x720      60.00    58.68    50.00    59.94  
   1024x768      75.03    70.07    60.00  
   832x624       74.55  
   800x600       72.19    75.00    60.32    56.25  
   720x576       50.00  
   720x576i      50.00  
   720x480       60.00    59.94  
   720x480i      60.00    59.94  
   640x480       75.00    72.81    66.67    60.00    59.94  
   720x400       70.08  
Composite-0 unknown connection (normal left inverted right x axis y axis)
   720x480       62.69  
   1360x768_60.00  59.80  
DSI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
  • 一度にコンポジットを無効にしてHDMIを有効にしようとするとエラーとなる
$ xrandr --output Composite-0 --off --output HDMI-0 --auto
xrandr: cannot find crtc for output HDMI-0
  • 一度に行うのではなく先にコンポジットを無効にしてからHDMIを有効にするとうまく行った
$ DISPLAY=:0 xrandr --output Composite-0 --off
$ DISPLAY=:0 xrandr --output HDMI-0 --auto
  • 逆にHDMIからコンポジットに切り替えることも出来る
$ xrandr --output HDMI-0 --off
$ xrandr --output Composite-0 --mode 1360x768_60.00

環境

  • HW : Raspberry Pi B 2
$ screenfetch 
    .',;:cc;,'.    .,;::c:,,.    pi@raspberrypi
   ,ooolcloooo:  'oooooccloo:    OS: Unknown 8.0 jessie
   .looooc;;:ol  :oc;;:ooooo'    Kernel: armv7l Linux 4.9.11-v7+
     ;oooooo:      ,ooooooc.     Uptime: 4h 28m
       .,:;'.       .;:;'.       Packages: 1541
       .... ..'''''. ....        Shell: 3362
     .''.   ..'''''.  ..''.      Resolution: 1368x768
     ..  .....    .....  ..      DE: LXDE lxpanel 0.7.2
    .  .'''''''  .''''''.  .     WM: OpenBox
  .'' .''''''''  .'''''''. ''.   GTK Theme: Clearlooks [GTK2], Not Found [GTK3]
  '''  '''''''    .''''''  '''   Icon Theme: nuoveXT2
  .'    ........... ...    .'.   Font: Sans 10
    ....    ''''''''.   .''.     CPU: ARMv7 rev 5 (v7l) @ 900MHz
    '''''.  ''''''''. .'''''     RAM: 258MB / 922MB
     '''''.  .'''''. .'''''.    
      ..''.     .    .''..      
            .'''''''            
             ......       

2月 20

mpv audio delay

動画プレイヤーのmpvを最近良く使うけどBluetoothで音が遅れるのでディレイ掛けたい.
vlcだとj,kというショートカットで50msずつずらせたので同じようなことがしたい.
man見ると載っててmpvだとCtrl + / Ctrl -みたい,だけど100ms単位.
コマンドラインオプションや設定ファイルだと細かく指定できた.

  • ショートカット
       Ctrl + and Ctrl -
              Adjust audio delay by +/- 0.1 seconds.

※100ms単位(VLCは50ms単位)

  • オプション
       --audio-delay=<sec>
              Audio delay in seconds (positive or negative float value). Positive values delay the audio, and negative values delay the video.

こちらは細かい時間を指定可能.以下は-250msを指定.
$ mpv --audio-delay=-0.25 FILE
この状態でショートカットを利用すると-250ms -> -150msのような感じに100ms単位で移動する.

  • 設定ファイル
$ cat ~/.config/mpv/mpv.conf
audio-delay=-0.25
  • 環境
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu Zesty Zapus (development branch)
$ uname -a
Linux x200 4.9.0-15-generic #16-Ubuntu SMP Fri Jan 20 15:31:12 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W mpv
mpv     0.23.0-2

引用はmpv(1)より

2月 07

JavaScript無効状態のブラウザでのDuckDuckGoカスタマイズ

DuckDuckGoをJavaScript無効にしたウェブブラウザで利用しようとすると以下で設定したカスタマイズが効かないようです.

これは以下のように設定していても

https://duckduckgo.com/?q=keyword&kp=-1&kl=jp-jp&kc=1&kf=-1&kh=1&k1=-1

JavaScriptが無効だと以下のページにリダイレクトされて,オプションが消えてしまうからのようです.

https://duckduckgo.com/html?q=KEYWORD

JavaScript無効環境では以下のようなURLを利用すると良さそうです.

https://duckduckgo.com/html?q=KEYWORD&kp=-1&kl=jp-jp&kc=1&kf=-1&kh=1&k1=-1