3月 28

mosh 1.3.0をDropbear sshdで利用してみる

moshの1.3.0がリリースされました.

moshはsshを置き換えようとしているソフトウェアで,ネットワークが遅いときにローカルエコーを表示したり,ネットワークが切り替わってもローミングしたりと便利なソフトウェアです.(NotePCで接続してサスペンドして別のネットワークでレジュームしてもすぐに使っていた端末にアクセスできる)

1.3.0でなにかおもしろい機能が増えたりしていないかなと眺めていると

  * Add --no-ssh-pty option for Dropbear compatibility and other issues.

Dropbearで使えるようになるオプションが増えているようです.
DropbearはOpenSSHに比べて大分小さなsshdです.組み込みとかで使われているのを見ます.でも機能が物足りないなと思うことも.

mosh + Dropbearの組み合わせを試してみました.

試したのはこんな感じの環境です.

Host : Raspbian jessie(Raspberry Pi 2B)
Client : Debian sid amd64

dropbearの準備

HostにDropbearをパッケージで導入します

$ sudo apt install dropbear

dropbearのhost鍵を用意

$ mkdir /tmp/dropbear
$ dropbearkey -t ecdsa -s 521 -f /tmp/dropbear/dropbear_ecdsa_host_key
  • -t 鍵種類
  • -s 鍵長
  • -f 鍵ファイル

接続時に解りやすいようにバナーファイル作成

$ banner dropbear > /tmp/dropbear/banner

Dropbearを2222番ポートで起動

$ dropbear -r /tmp/dropbear/dropbear_ecdsa_host_key -p 2222 -b /tmp/dropbear/banner -E
  • -r host鍵を指定
  • -p sshポート番号
  • -b バナーファイル
  • -E 標準エラー出力にメッセージ出力

Dropbearにssh接続できるか確認

$ ssh pi@192.168.2.200 -i ~/.ssh/id_ecdsa -p 2222
Host key fingerprint is SHA256:G3u9pP4ZrkZ2kWs9e+ly9MkEtnO0f4ebvkBS0ObGJQQ
+---[ECDSA 521]---+
|          E+.    |
|           .+ .  |
|           +.+   |
|           .*o . |
|        S ..o++ .|
|         +o++oo= |
|        oo.o= *+=|
|         ..+ *o**|
|         o+o=.O=o|
+----[SHA256]-----+

 #####   #####    ####   #####   #####   ######    ##    #####
 #    #  #    #  #    #  #    #  #    #  #        #  #   #    #
 #    #  #    #  #    #  #    #  #####   #####   #    #  #    #
 #    #  #####   #    #  #####   #    #  #       ######  #####
 #    #  #   #   #    #  #       #    #  #       #    #  #   #
 #####   #    #   ####   #       #####   ######  #    #  #    #

Authenticated to 192.168.2.200 ([192.168.2.200]:2222).

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
pi@raspberrypi:~ $ 

mosh 1.3.0の準備

server側はsourceからbuild

$ sudo apt-get build-dep mosh
$ wget https://mosh.org/mosh-1.3.0.tar.gz
$ sha256sum mosh-1.3.0.tar.gz
320e12f461e55d71566597976bd9440ba6c5265fa68fbf614c6f1c8401f93376  mosh-1.3.0.tar.gz

※hashとgpg署名は以下のメールに,鍵は https://mosh.org/ の一番下にある.

sourceを展開してbuild

$ tar tvf mosh-1.3.0.tar.gz
$ tar xf mosh-1.3.0.tar.gz
$ ./configure --prefix=${HOME}/usr/local
$ make
$ install

host側はDebian sid amd64のパッケージを利用した

$ sudo apt install mosh
$ dpkg-query -W mosh
mosh    1.3.0-1

ということでホスト側はこんな状態に

  • OpenSSH : 22番ポート
  • Dropbear : 2222番ポート
  • mosh 1.2.4a-1+b2(pkg) : /usr/bin/mosh-server
  • mosh 1.3.0 : ${HOME}/usr/local/bin/mosh-server

この状態でDropbearとmosh 1.3.0を利用するにはこんな感じ

$ mosh pi@192.168.2.200 --ssh="ssh -p 2222" --server='${HOME}'/usr/local/bin/mosh-server

でも実際に繋ごうとするとエラーになってしまう.

接続元のmoshではこんなエラー

/usr/bin/mosh: Did not find mosh server startup message. (Have you installed mosh on your server?)

接続先のDropbearではこんなエラー

[20390] Mar 28 06:37:20 Child connection from 192.168.2.205:32888
[20390] Mar 28 06:37:21 Pubkey auth attempt with unknown algo for 'pi' from 192.168.2.205:32888
[20390] Mar 28 06:37:21 Pubkey auth succeeded for 'pi' with key md5 0b:fb:21:45:d6:a0:7d:57:02:24:9b:d3:ed:c7:c6:23 from 192.168.2.205:32888
[20391] Mar 28 06:37:21 ioctl(TIOCSCTTY): Input/output error
[20391] Mar 28 06:37:21 /dev/pts/1: No such file or directory
[20391] Mar 28 06:37:21 open /dev/tty failed - could not set controlling tty: No such device or address
[20390] Mar 28 06:37:21 Exit (pi): Disconnect received

ということで,mosh 1.3.0で入った--no-ssh-ptyを付けてみます.

$ mosh pi@192.168.2.200 --ssh="ssh -p 2222" --server='${HOME}'/usr/local/bin/mosh-server --no-ssh-pty

asciicast

うまく繋がりました.
試しに回線を切断して再接続すると自動的に繋がるのも確認 ☺

--no-ssh-ptyを~/.ssh/configとかに書いとけるといいんですけどね.今のところ毎回指定するしかなさそう?

3月 19

Joypadで簡易操作を試みる

LinuxBoxで文章を読むのにJoypadで操作できないかなと思ってちょっと試してみました.

はじめはxevコマンドでJoypadのKeyCodeを調べてxmodmadコマンドで書き換えればいいだろうと思っていたのですが,xevコマンドでJoypadは反応しないようでした.他に方法はないかと検索するとjoy2keyというものを見つけたのでこれを試してみました.

$ apt show joy2key
Package: joy2key
Version: 1.6.3-2
Priority: optional
Section: x11
Maintainer: Debian QA Group <packages@qa.debian.org>
Installed-Size: 52.2 kB
Depends: libc6 (>= 2.15), libx11-6
Homepage: http://joy2key.sourceforge.net
Tag: hardware::input:joystick, hardware::input:keyboard, implemented-in::c,
 role::program, use::configuring
Download-Size: 21.8 kB
APT-Sources: http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian sid/main amd64 Packages
Description: ジョイスティックの動きを同等のキーストロークに変換
 joy2key により、ジョイスティックの軸とボタンの動きに対してキーボードイベント
 を選択できますので、ネーティブでジョイスティックをサポートしていないアプリケーション
 でジョイスティックやゲームパッドを利用できます。

DebianだとWheezy以降,Ubuntuだとprecise(12.04LTS)以降にパッケージがあるようです.

今回はDebian sidやjessieなので導入はパッケージを入れるだけでした.

$ sudo apt install joy2key

設定はよく解らなかったけどこの辺を参考に

こんな感じで動きました.キーマップは未だ詰めるつもりだけどとりあえず.

$ DISPLAY=:0 joy2key -X -buttons A B X Y L Tab Escape Return KP_9 -axis Left Right Up Down -thresh -16383 16383 -16383 16383

キーコードについてはxevや/usr/include/X11/keysymdef.hで確認できます.とりあえずここにも貼っておきます.

しかしShift + Tabも使いたいのだけどShift/Tabそれぞれ単体は入力できるけど同時入力が効かないようです.通常のKBDでは動作するのでjoy2keyの問題だと思います.

試した環境はDebian sidのjoy2key 1.6.3-2とDebian lennyのjoy2key 1.6.3-2でJoypadはハードオフで\200くらいだったBUFFALOのスーパーファミコンみたいな見た目のBSGP801シリーズと書かれているもの.

[ 5239.625574] usb 2-1.2: authorized to connect
[ 5263.982357] usb 1-1.2: new low-speed USB device number 6 using ehci-pci
[ 5264.095408] usb 1-1.2: New USB device found, idVendor=0583, idProduct=2060
[ 5264.095410] usb 1-1.2: New USB device strings: Mfr=0, Product=2, SerialNumber=0
[ 5264.095411] usb 1-1.2: Product: USB,2-axis 8-button gamepad  
[ 5264.095545] usb 1-1.2: Device is not authorized for usage
[ 5266.168066] usb 1-1.2: authorized to connect
[ 5266.176105] hidraw: raw HID events driver (C) Jiri Kosina
[ 5266.184205] usbcore: registered new interface driver usbhid
[ 5266.184207] usbhid: USB HID core driver
[ 5266.188173] input: USB,2-axis 8-button gamepad   as /devices/pci0000:00/0000:00:1a.0/usb1/1-1/1-1.2/1-1.2:1.0/0003:0583:2060.0001/input/input19
[ 5266.188377] hid-generic 0003:0583:2060.0001: input,hidraw0: USB HID v1.10 Joystick [USB,2-axis 8-button gamepad  ] on usb-0000:00:1a.0-1.2/input0

3月 14

minicomでステータスラインを非表示に

というのを見て気になって確認してみた.manを見てみると-Fというのがそれぽい

$ minicim -D /dev/ttyACM1 -F ''

としてみるとステータスラインの内容は消えるけどステータスライン自体は残っているのでちょっと違う感じ.

minicim起動中に設定画面(Ctrl+A o)の「画面とキーボード」内にそれらしい「C – ステータスライン表示 : 許可」というものがある.これをCを押して「禁止」にして「”dfl” に設定を保存」で設定ファイルに書き出してみる.

$ cat ~/.minirc.dfl 
# Machine-generated file - use setup menu in minicom to change parameters.
pu statusline       disabled

この状態でminicomを起動するとステータスラインは消えていて,この行をコメントアウトしてminicomを起動するとステータスラインがでてくるのを確認.

試した環境はDebian sid amd64のminicom 2.7-1+b2

2月 25

Ubuntu 17.04のSynergyと互換性が無くなったのでDebianでexperimentalのSynergyを使う

20170224_01-02-43-4533

リリース前のUbuntu 17.04をサブマシンで使用しているのですが,これをメインPCの横に置いてSynergyを使ってメインPCから操作しています.しかしUbuntu 17.04のSynergyが新しくなって繋がらなくなりました.
設定を確認するとこれまで暗号化通信にパスワードを指定する形でした.これがSSLになったようです.
GUIでもman synergys/synergycを見ても旧形式は使えなさそうで互換性が失われているようです.

20170224_01-02-53-4521
※Ubuntu 17.04のsynergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2

20170224_01:02:47-1037
※Debian stretchのsynergy 1.4.16-2

DebianのSynergyのバージョンを確認すると,今のところsidでも1.4.16-2でexperimentalでは1.8.7-stable+dfsg.1-2でした.

とりあえずexperimentalから借りてくることにしました.

sources.listexperimentalがある状態で

$ grep experimental /etc/apt/sources.list
deb http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian/ experimental main non-free contrib
deb-src http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian/ experimental main non-free contrib

/etc/apt/preferences.d/synergyを以下のような感じで用意して,

$ cat /etc/apt/preferences.d/synergy
Package: synergy
Pin: release a=experimental
Pin-Priority: 800

パッケージ情報を更新して導入.

$ sudo apt update
$ sudo apt install synergy
 :
以下のパッケージはアップグレードされます:
  synergy
アップグレード: 1 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 22 個。
853 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 607 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 <http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian> experimental/main amd64 synergy amd64 1.8.7-stable+dfsg.1-2 [853 kB]
853 kB を 3秒 で取得しました (235 kB/s)
 :
.../synergy_1.8.7-stable+dfsg.1-2_amd64.deb を展開する準備をしています ...
synergy (1.8.7-stable+dfsg.1-2)(1.4.16-2 に) 上書き展開しています ...
synergy (1.8.7-stable+dfsg.1-2) を設定しています ...
 :

という感じで導入できました.
元に戻す場合は/etc/apt/preferences.d/synergyを消してパッケージを更新すればいいはず.

バージョンが新しくなってからSynergyを起動するとウィザードが走ってSSL証明書が~/.synergy/SSL/Synergy.pemに作られます.フィンガープリントも~/.synergy/SSL/Fingerprints/Local.txtに作成されるので初回接続時にClient側に表示されるメッセージをSynergy Server側のこのフィンガープリントと見比べてから接続します.

$ cat ~/.synergy/SSL/Fingerprints/Local.txt 
2E:51:06:DC:05:42:09:81:7E:FB:3A:4F:C6:A4:A4:EE:98:ED:75:A0

20170225_00:02:32-4657

このフィンガープリントはClientの~/.synergy/SSL/Fingerprints/TrustedServers.txtに保存されます.

$ cat ~/.synergy/SSL/Fingerprints/TrustedServers.txt
2E:51:06:DC:05:42:09:81:7E:FB:3A:4F:C6:A4:A4:EE:98:ED:75:A0

てことでとりあえず使えるようになりました.

環境

  • server
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux 9.0 (stretch)
$ uname -a
Linux x220 4.9.0-2-amd64 #1 SMP Debian 4.9.10-1 (2017-02-17) x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W synergy
synergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2
  • client
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu Zesty Zapus (development branch)
$ uname -a
Linux x200 4.9.0-15-generic #16-Ubuntu SMP Fri Jan 20 15:31:12 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W synergy
synergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2