12月 11

コマンドスニペットを手軽に調べられるコマンドのborg

borgはOK borgというsiteのスニペットをコマンドライン上から検索したり編集できるコマンドのようです.borgはgo製でApache License Version 2.0のソフトウェアです.

導入

導入方法は如何から対応バイナリを入手して適当な場所に置き,実行権をつけるだけです.arm linuxとか*BSDとか結構いろいろそろっています.

今回はこんな感じで導入しました.

$ wget https://github.com/ok-borg/borg/releases/download/v0.0.1/borg_linux_amd64 -O ~/usr/local/bin/borg && chmod +x ~/usr/local/bin/borg

利用方法

基本的にコマンドの後ろに調べたいキーワードをつけるだけです.規定値では5つの例が表示されます. bashでloopどう書くんだっけ?

$ borg "bash loop"
(1) Bash Shell Do While Loop Infinite loop?
         [11] while [ `prog -some flags` = "Another instance of this program is running, please exit it first" ]
              -
              bay=$(prog -some flags)
              while [ $bay = "Another instance of this program is running, please exit it first" ]
              do
              echo "Awaiting Access to program"
              bay=$(prog -some flags)
              done
              .....
         [12] while true
              do
         ...  

(2) Bash foreach loop
         [21] xargs cat <filenames.txt
              -
              for fn in `cat filenames.txt`; do
                  echo "the next file is $fn"
                  cat $fn
              done
         [22] for fn in `cat filenames.txt`; do cat "$fn"; done
         [23] while read filename
              do
                  echo "Printing: $filename"
                  cat "$filename"
         ...

(3) Bash loop ping successful
         [31] ((count = 100))                            # Maximum number to try.
              while [[ $count -ne 0 ]] ; do
                  ping -c 1 8.8.8.8                      # Try once.
                  rc=$?
                  if [[ $rc -eq 0 ]] ; then
                      ((count = 1))                      # If okay, flag to exit loop.
                  fi
                  ((count = count - 1))                  # So we don't go forever.
              done
              if [[ $rc -eq 0 ]] ; then                  # Make final determination.
         ...

(4) Limit for bash loop
        [41] for(( i=1; i <= 1000; i++ )); do
                 name=$(date --date="$i day ago" +%Y%m%d%H%M%S)
                 mkdir -p "$name" &&
                 touch "$name/${name}_file" ||
                 break
             done

(5) Bash 'for' loop syntax?
         [51] for (($i=0...
              -
              for ((i=0;i<10;i++))
         [52] for i in `seq 0 9`
              do
                  echo "the i is $i"
              done
         [53] for i in {0..9}
                do
                  echo $i
                done
         ...

画像をタイルに結合って?

$ borg "image tile"
(1) ImageMagick crop huge image
         [11] $ time convert -crop 512x512 +repage huge.tif x/image_out_%d.tif
              real    0m5.623s
              user    0m2.060s
              sys     0m2.148s
              $ time vips dzsave huge.tif x --depth 1 --tile-size 512 --overlap 0 --suffix .tif
              real    0m1.643s
              user    0m1.668s
              sys     0m1.000s
         [12]  convert -monitor -limit area 2mb myLargeImg.tif myLargeImg.mpc
              -
               #!/bin/bash
         ...

(2) Set clipboard to image - pbcopy
        [21] cat image.png | impbcopy -
        [22] # Copy image to clipboard
             uuencode SomeFile.jpg - | pbcopy
             -
             # Paste from clipboard to image file
             pbpaste | uudecode -o AnotherFile.jpg


(3) Using Amazon MapReduce/Hadoop for Image Processing
         [31] and should be able to be done using Bash
         [32] #!/usr/bin/env bash
              # NLineInputFormat gives a single line: key is offset, value is Isotropic Url
              read offset isofile
              # Retrieve file from Isotropic server to local disk
              echo "reporter:status:Retrieving $isofile" >&2
              target=`echo $isofile | awk '{split($0,a,"/");print a[5] a[6]}'`
              filename=$target.tar.bz2
              #$HADOOP_INSTALL/bin/hadoop fs -get $isofile ./$filename
              curl  $isofile -o $filename
         ...

(4) Convert multipage PDF to a single image
        [41] convert in.pdf -append out%d.png
             -
             convert *.png output.pdf
             -
             convert foo?.png output.pdf
        [42] convert in.pdf +append out%d.png

(5) bash cgi won't return image
        [51] echo -ne "Content-type: image/png\n\n"
             -
             echo -e "Content-type: image/png\n"
             -
               -n     do not output the trailing newline

とかとか.

オプションはこんな感じとりあえず省略されないように-fをつけてページャに渡すと良さそう.

$ borg --help
Usage of borg:
-f  (= false)
    Print full results, ie. no more '...'
-h (= "borg.crufter.com")
    Server to connect to
-l  (= 5)
    Result list limit. Defaults to 5
-p  (= false)
    Private search. Your search won't leave a trace. Pinky promise. Don't use this all the time if you want to see the search result relevancy improved

検索だけでなくスニペットの追加や編集もできるようです.

サーバも選べるので自分用のメモを蓄積することもできますね. ちょっと惜しいのはサーバと通信して結果を表示するのでオフラインでは使えないというところ. オフラインで使いたい場合はローカルにサーバを立てるか別の方法を使うしかなさそうです.

12月 06

コマンドラインで動作する絵文字検索ソフトウェアのemoj

PCで絵文字を入力するとき日本語入力システムがあればそれで入力できますが,英語圏では恐らく無理.てことでいくつかツールがあるのですが,コマンドラインで動作するemojを見つけたので試してみました.

導入はnpmか,

npm install emoj

snapで.

$ sudo snap install emoj

後はemojコマンドに引数を与えるか,emojコマンドを引数無しで実行してライブモードで利用します. 引数やライブモードで入力する文字列は表示したい絵文字に関連する単語を入力します.ライブモードはEnterでクリアされ,Ctrl + cでexitできます.表示された絵文字をコピー&ペーストして利用するようです.1つ目に出てくる絵文字をクリップボードにクリップする--copy/-cというオプションもあるようですが手元ではうまく動いていません.

$ emoj neko
🐱  👥  ↪  😻  ↔  🐈
$ emoj cat
🐱  🐈  😺  😻  😸  😼  😽
$ emoj

› sushi
🍣  🍱  🍙  🍤  😋  🍚  😍

asciicast

絵文字のフォントがない場合はNoto Fontsを利用するのが手っ取り早いと思います.

日本語入力システムを使う人やGUIを利用する人は日本語入力システムやemojione-pickerを使ったほうが便利かもしれません.

10月 21

形態素解析システムJUMAN++をちょっと試したメモ

京都大学 黒橋・河原研究室より2016-09-23にリリースされた新しい形態素解析システムだそうです.とりあえず手元の環境で動かしてみたのでそのメモです.

環境

Debian stretch amd64 / Ubuntu 16.10 amd64 で確認しました.どちらも以下の手順でOKでした.開発元ではCent OS 6.7で動作確認をしているようです.

build

必要なパッケージを導入してmake.

$ sudo apt install libboost-dev build-essential
$ wget http://lotus.kuee.kyoto-u.ac.jp/nl-resource/jumanpp/jumanpp-1.01.tar.xz
$ sha256sum jumanpp-1.01.tar.xz 0d587416a3eb7123638f9c1e30a649b72dfb483448839168dcb48be572c5919a  jumanpp-1.01.tar.xz
$ tar tvf ./jumanpp-1.01.tar.xz
$ tar xf ./jumanpp-1.01.tar.xz
$ ./configure --prefix=${HOME}/usr/local
$ make
$ make install

動作確認

適当に文章を入れてみたり.

$ ~/usr/local/bin/jumanpp
こんにちはJUMANPP++
こんにち こんにち こんにち 名詞 6 時相名詞 10 * 0 * 0 "代表表記:今日/こんにち カテゴリ:時間"
は は は 助詞 9 副助詞 2 * 0 * 0 NIL
JUMANPP JUMANPP JUMANPP 未定義語 15 その他 1 * 0 * 0 "品詞推定:名詞"
+ + + 未定義語 15 その他 1 * 0 * 0 "品詞推定:名詞"
+ + + 未定義語 15 その他 1 * 0 * 0 "品詞推定:名詞"
EOS

青空文庫の古典を流し込んでみたり.

$ wget -O - http://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/2617_ruby_23916.zip | zcat | iconv -f SJIS -t UTF-8 - | ~/usr/local/bin/jumanpp
三十 三十 三十 名詞 6 数詞 7 * 0 * 0 "カテゴリ:数量"
年 ねん 年 接尾辞 14 名詞性名詞助数辞 3 * 0 * 0 "代表表記:年/ねん 準内容語 カテゴリ:時間"
後 ご 後 接尾辞 14 名詞性名詞接尾辞 2 * 0 * 0 "代表表記:後/ご 内容語"
の の の 助詞 9 接続助詞 3 * 0 * 0 NIL
世界 せかい 世界 名詞 6 普通名詞 1 * 0 * 0 "代表表記:世界/せかい カテゴリ:場所-その他"
      :

古典とかよりTwitterとかのほうがいいかもしれない.

$ curl 'https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=lang%3Aja%20near%3A%22%E6%97%A5%E6%9C%AC%22%20within%3A15mi&src=typd&lang=ja' | grep 'class="TweetTextSize  js-tweet-text tweet-text"' | lynx -stdin -dump -nolist | ~/usr/local/bin/jumanpp

ちなみにちょっと試したいだけであれば導入しなくても以下のページで試せます.ラティス表示も楽しい.

10月 03

Ubuntu16.10b2でQRCode生成アプリのQreatorを試す

Ubuntu 16.10b2 amd64を最近試しています。 いつも使う感じのアプルケーションをdpkg –set-selectionsで導入したあとUbuntu Softwareを眺めていて良さそうなアプリケーションを導入して試したりしています。

Screenshot from 2016-10-03 01-22-48

そこでQreatorというアプリを見つけました。これは簡単にGUIでQR codeが生成できるアプリケーションです。名刺、位置情報、電話(SMS)、テキスト、URL、Wi-FiのQR codeが生成できるようです。 自分用に似たようなもののweb cgiも作ってあるのですが、便利そうってことで試してみました。

Screenshot from 2016-10-03 00-56-57

$ apt show qreator 
Package: qreator
Version: 13.05.3-2fakesync1
Priority: optional
Section: universe/python
Origin: Ubuntu
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com>
Original-Maintainer: Chow Loong Jin <hyperair@debian.org>
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Installed-Size: 1,303 kB
Depends: python:any (>= 2.6.6-7~), dconf-gsettings-backend | gsettings-backend, python-imaging, python-cairo, python-dbus, python-defer, python-gi, gir1.2-champlain-0.12, gir1.2-clutter-1.0, gir1.2-glib-2.0, gir1.2-gdkpixbuf-2.0, gir1.2-gtk-3.0, gir1.2-gtkchamplain-0.12, gir1.2-gtkclutter-1.0, gir1.2-nmgtk-1.0, gir1.2-networkmanager-1.0, python-qrencode, python-requests, python-vobject, python-xdg
Homepage: https://launchpad.net/qreator
Download-Size: 196 kB
APT-Manual-Installed: yes
APT-Sources: http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu yakkety/universe amd64 Packages
Description: graphical utility for creating QR codes
 Qreator enables you to easily create your own QR codes to encode different
 types of information in an efficient, compact and cool way.
 .
 Qreator supports creating the following kinds of QR codes:
  - Business card
  - Geolocation
  - Phone call/SMS
  - Text
  - URL
  - Wi-Fi network

#Debianだとsidにならあるみたい。 * Debian — パッケージ検索結果 — qreator

しかし、起動して情報を入力してもQR codeが表示されません。 バグレポに上がってないかなと探したらありました。

Screenshot from 2016-10-03 00-57-42

python-qrencodeの問題のようです。該当行2行を書き換えてみたところ動くようになりました。

$ diff /tmp/QRCode.py /usr/share/qreator/qreator/QRCode.py
76c76
<         bytearr = array.array('B', self.image.tostring("raw", "BGRA", 0, 1))
-
>         bytearr = array.array('B', self.image.tobytes("raw", "BGRA", 0, 1))
$ diff /tmp/__init__.py /usr/lib/python2.7/dist-packages/qrencode/__init__.py
47c47
<     im = Image.fromstring('L', (size, size), data)
-
>     im = Image.frombytes('L', (size, size), data)

Screenshot from 2016-10-03 01-09-36

とりあえず修正が降りてくるまではPPAを使うと良さそうです。(versionも古いし……)