4月 05

gdm3でユーザーリストの非表示が無効になっていたのを調べる

Debian sid amd64のgdm3の画面でユーザーリストを表示しないようにしていたのですが,表示されるようになっていました.

これまでは,
/etc/gdm3/greeter.dconfファイルの以下の設定を有効にしていました.

disable-user-list=true

$ apt-get changelog gdm3( /usr/share/doc/gdm3/changelog.Debian.gz)を見るとこんな記述が,

  * greeter.dconf-defaults: this is a new file to remove the old 
    greeter.gsettings
  * Convert greeter.gsettings to greeter.dconf-defaults at postinst time 
    and use ucf to update the file.
  * Make a direct symlink to the new greeter.dconf-defaults file in the 
    dconf defaults directory.

gdm3 (3.12.1-1)からgreeter.dconf-defaultsに変わったようです.

$ ls /etc/gdm3/
Init  PostLogin  PostSession  PreSession  Xsession  daemon.conf  daemon.conf.dpkg-dist  greeter.dconf  greeter.dconf-defaults  greeter.dconf-defaults.ucf-old

内容はほとんど同じなようです.

$ diff  /etc/gdm3/greeter.dconf /etc/gdm3/greeter.dconf-defaults
26,27d25
< #logo='/usr/share/icons/gnome/48x48/places/debian-swirl.png'
< #fallback-logo='/usr/share/icons/gnome/48x48/places/debian-swirl.png'
31d28
< 
33c30
< disable-user-list=true
---
> # disable-user-list=true
37,38c34,35
< #banner-message-enable=true
< #banner-message-text='Welcome!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!'
---
> # banner-message-enable=true
> # banner-message-text='Welcome'

ということで/etc/gdm3/greeter.dconf-defaultsdisable-user-list=trueを有効にしたらOKでした.

diff --git a/gdm3/greeter.dconf-defaults b/gdm3/greeter.dconf-defaults
index c5b0786..b0ee10c 100644
--- a/gdm3/greeter.dconf-defaults
+++ b/gdm3/greeter.dconf-defaults
@@ -27,7 +27,7 @@ logo='/usr/share/icons/hicolor/48x48/emblems/emblem-debian-white.png'
 fallback-logo='/usr/share/icons/hicolor/48x48/emblems/emblem-debian-white.png'

 # - Disable user list
-# disable-user-list=true
+disable-user-list=true
 # - Disable restart buttons
 # disable-restart-buttons=true
 # - Show a login welcome message

#ちなみにこのとき$ sudo service gdm3 restartとしたらなんかおかしくなってしまいました…….OSごと再起動したら治りました.

次から気づきやすいように

$ sudo dpkg-reconfigure apt-listchanges

で「APTで表示すべき変更内容の種類を選択してください。」を「両方 – ニュースと changelog の両方」にしておきました.testing/unstable辺りはちゃんと読まないとですね…….

※apt-listchangesが入っていない場合は$ sudo apt install apt-listchanges

2月 16

gdm3とlightdmでログイン時にユーザを表示しないようにする

gdm3

先ずはgdm3から.
環境は,Debian stretch testing gdm3 3.18.0-2です.

/etc/gdm3/greeter.dconf-defaultsを編集して,[org/gnome/login-screen]セクションのdisable-user-list=trueのコメントを外して有効にする.

[org/gnome/login-screen]
disable-user-list=true

その後gdm3を再起動.

$ sudo systemctl stop gdm
$ sudo systemctl start gdm

#初め/etc/gdm3/greeter.dconf-defaultsはテンプレートなのかと思って/etc/gdm3/greeter.dconfにコピーして編集して反映されないなーとやっていましたorz

LightDM

LightDMの場合.
環境は,Debian stretch testing lightdm 1.16.6-1です.

/etc/lightdm/lightdm.conf[LightDM]セクションのgreeter-hide-users=trueのコメントを外して有効にする.

greeter-hide-users=true

--show-configオプションで設定が確認できます.

$ /usr/sbin/lightdm --show-config
   [Seat:*]
A  greeter-session=lightdm-greeter
A  greeter-hide-users=true
A  session-wrapper=/etc/X11/Xsession
B  user-session=kde-plasma-kf5

   [LightDM]
C  greeter-hide-users=True
C  allow-guest=False

   [XDMCPServer]
C  enabled=true

Sources:
A  /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/01_debian.conf
B  /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/40-kde-plasma-kf5.conf
C  /etc/lightdm/lightdm.conf

その後LightDMの再起動.

$ sudo systemctl stop lightdm
$ sudo systemctl start lightdm

ディスプレイマネージャの切り替え

dpkg-reconfigureに導入済みのディスプレイマネージャのパッケージ名(どれでも)を付けて起動すると,導入済みのディプレイマネージャから選択できます.

$ sudo dpkg-reconfigure gdm3
 ┌─────────────────────────────────────────────────────────────────────┤ gdm3 を設定しています ├─────────────────────────────────────────────────────────────────────┐  
 │ ディスプレイマネージャとは、X Window System 上でのグラフィカルなログイン機能を提供するものです。                                                                  │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │ ひとつの X サーバを管理できるのはひとつのディスプレイマネージャだけですが、ディスプレイマネージャパッケージが複数インストールされています。どのディスプレイマネ   │  
 │ ージャをデフォルトで起動させるか選択して下さい。                                                                                                                  │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │ 異なるサーバを担当するように設定すれば、複数のディスプレイサーバは同時に動作できます。そのようにするには、/etc/init.d にある各ディスプレイマネージャの初期化スク  │  
 │ リプトを編集し、デフォルトディスプレイマネージャのチェックを無効にして下さい。                                                                                    │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │ デフォルトのディスプレイマネージャ:                                                                                                                               │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │                                                                              gdm3                                                                                 │  
 │                                                                              lightdm                                                                              │  
 │                                                                              sddm                                                                                 │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │                                                                              <了解>                                                                               │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 └───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘