5月 26

Ubuntu 16.04 xenialのlightdmのログイン画面でユーザー名を表示しないようにする

$ sudo cat << __EOF__ > /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/10_my.conf
[SeatDefaults]
# Hiding the user list.
greeter-hide-users=true
__EOF__
$ cat /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/10_my.conf 
[SeatDefaults]
# Hiding the user list.
greeter-hide-users=true
$ sudo service lightdm restart
2月 16

gdm3とlightdmでログイン時にユーザを表示しないようにする

gdm3

先ずはgdm3から.
環境は,Debian stretch testing gdm3 3.18.0-2です.

/etc/gdm3/greeter.dconf-defaultsを編集して,[org/gnome/login-screen]セクションのdisable-user-list=trueのコメントを外して有効にする.

[org/gnome/login-screen]
disable-user-list=true

その後gdm3を再起動.

$ sudo systemctl stop gdm
$ sudo systemctl start gdm

#初め/etc/gdm3/greeter.dconf-defaultsはテンプレートなのかと思って/etc/gdm3/greeter.dconfにコピーして編集して反映されないなーとやっていましたorz

LightDM

LightDMの場合.
環境は,Debian stretch testing lightdm 1.16.6-1です.

/etc/lightdm/lightdm.conf[LightDM]セクションのgreeter-hide-users=trueのコメントを外して有効にする.

greeter-hide-users=true

--show-configオプションで設定が確認できます.

$ /usr/sbin/lightdm --show-config
   [Seat:*]
A  greeter-session=lightdm-greeter
A  greeter-hide-users=true
A  session-wrapper=/etc/X11/Xsession
B  user-session=kde-plasma-kf5

   [LightDM]
C  greeter-hide-users=True
C  allow-guest=False

   [XDMCPServer]
C  enabled=true

Sources:
A  /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/01_debian.conf
B  /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/40-kde-plasma-kf5.conf
C  /etc/lightdm/lightdm.conf

その後LightDMの再起動.

$ sudo systemctl stop lightdm
$ sudo systemctl start lightdm

ディスプレイマネージャの切り替え

dpkg-reconfigureに導入済みのディスプレイマネージャのパッケージ名(どれでも)を付けて起動すると,導入済みのディプレイマネージャから選択できます.

$ sudo dpkg-reconfigure gdm3
 ┌─────────────────────────────────────────────────────────────────────┤ gdm3 を設定しています ├─────────────────────────────────────────────────────────────────────┐  
 │ ディスプレイマネージャとは、X Window System 上でのグラフィカルなログイン機能を提供するものです。                                                                  │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │ ひとつの X サーバを管理できるのはひとつのディスプレイマネージャだけですが、ディスプレイマネージャパッケージが複数インストールされています。どのディスプレイマネ   │  
 │ ージャをデフォルトで起動させるか選択して下さい。                                                                                                                  │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │ 異なるサーバを担当するように設定すれば、複数のディスプレイサーバは同時に動作できます。そのようにするには、/etc/init.d にある各ディスプレイマネージャの初期化スク  │  
 │ リプトを編集し、デフォルトディスプレイマネージャのチェックを無効にして下さい。                                                                                    │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │ デフォルトのディスプレイマネージャ:                                                                                                                               │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │                                                                              gdm3                                                                                 │  
 │                                                                              lightdm                                                                              │  
 │                                                                              sddm                                                                                 │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 │                                                                              <了解>                                                                               │  
 │                                                                                                                                                                   │  
 └───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘