4月 06

Podcastが無くなって困る

現在Podcastをpodgetで取得して,

2 * * * *       podget -s

その中の新しいものだけをownCloudにコピーしてAndroidやPCで視聴しています.

10 * * * *      cd ~mk/POD ; find . -mmin -2880 -type f | egrep -v 'm3u$|LOG\/' | rsync --delete --progress --files-from=- ~mk/POD/ /var/www/owncloud/data/matoken/files/podcast/; find /var/www/owncloud/data/matoken/files/podcast/ -ctime +7 -type f -print0 | xargs -0 rm ; find /var/www/owncloud/data/matoken/files/podcast/news/ -mmin +1`

今日聞こうとしたらownCloud内のPodcastが0個になっていました.心当たりはUbuntu 14.04 LTSからUbuntu 16.04 LTSへのdist-upgrade.ownCloudは上げる前と後に動作確認してたんで他の部分が怪しいとログを見るとpodgetがエラーを吐いています.こんな感じ.

$ podget -s
/home/mk/.podget/podgetrc cannot be verified to be compatible with this version of podget.

It is missing the version line that is included in configuration files created by newer versions of podget.

Please create a new configuration file by running 'podget --create-config <FILENAME>',
and then converting your old configuration to the new format.  Then move the new file
in place of the old and podget will work as it used to.

設定ファイルが使えなくなってるみたいですね.枯れてるのかと思ってたら結構変化があったようです.
ちなみに更新前のバージョンがpodget 0.6.9-1で現在はpodget 0.7.9-1でした.

てことで,設定ファイルの雛形を別の場所に書き出して,

$ podget --create-config /tmp/podgetrc
podget

Configuration filename specified by -c or --create-config violates the following rules...

Suggestion(s):
  1. Filenames should not include any directory configuration.
     Remove the directory configuration.
     If you need to specify a directory other than the default,
     use the -d or --dir_config command line options.

Closing session.

…….--dir_config付けて再度.

$ podget --dir_config /tmp --create-config podgetrc
podget
  Installing default user configuration file in /tmp/podgetrc
  Installing default server list configuration.

Closing session.

https://gist.github.com/1b5fba2e949409a87e1955e0c779b057

diffを取ってみると設定項目自体はそう変わってない感じですが,設定値が大文字小文字が変わったりしています.
比較しながら書き換えて叩くと動き始めたようです.

$ podget
podget


Session directory not found, creating
Session file not found.  Creating podget.18364 .

-------------------------------------------------
Category: tech                 Name: 電脳空間カウボーイズ

Downloading feed index from http://feeds.feedburner.com/weblogs/csc
2017-04-06 06:13:13 URL:http://feeds.feedburner.com/weblogs/csc [46549] -> "-" [1]

Downloading csc_2017_design2.mp3 from http://onosendai.jp/csc
2017-04-06 06:20:43 URL:http://onosendai.jp/csc/csc_2017_design2.mp3 [51781411/51781411] -> "/home/mk/POD/tech/電脳空間カウボーイズ/csc_2017_design2.mp3" [1]
PLAYLIST: Adding tech/電脳空間カウボーイズ/csc_2017_design2.mp3 to /home/mk/POD/New-2017-04-06.m3u

Downloading csc_2017_design1.mp3 from http://onosendai.jp/csc
2017-04-06 06:25:04 URL:http://onosendai.jp/csc/csc_2017_design1.mp3 [37304885/37304885] -> "/home/mk/POD/tech/電脳空間カウボーイズ/csc_2017_design1.mp3" [1]
PLAYLIST: Adding tech/電脳空間カウボーイズ/csc_2017_design1.mp3 to /home/mk/POD/New-2017-04-06.m3u
 :

しかし,ダウンロード済みのファイルも取得しているような?
新規のみの設定にしているつもりなんですが,初回は舐めちゃうのかな?2度目のときに確認してみます.

# Force
# 0 == Only download new material.
# 1 == Force download all items even those you've downloaded before.
FORCE=0

とりあえず終わるまではsoundcloud辺りで聞いてます.

その後2回目はちゃんと期待通りの動作するのを確認したのでcrontabに登録し直しました.

3月 09

Radikoを自動的に録音してPodcast化してくれるradicastを試す

Radikoを自動的に録音してPodcast化してくれるradicastというものを見つけました.

昔はこんな感じで録音したりしていましたが仕様が変わって録音できなくなって対応というのが面倒で最近は録音していませんでした.たまに聞くときはAndroidのRazikoを使っています.でもradicastならお手軽に動かせてPodcastとして扱えるので便利そうということで試してみました.

試した環境はUbuntu 14.04 amd64/Debian stretch testing amd64/Rasbian jessieですが,Ubuntu環境では録音開始時に以下のようにコアダンプしてしまうようでうまく行っていません :-(

2016/03/09 05:20:00 [radiko] start record
2016/03/09 05:20:00 [radiko] GET http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf
2016/03/09 05:20:04 [radiko] POST https://radiko.jp/v2/api/auth1_fms
Segmentation fault (コアダンプ)

dockerでも動きますが,今回は実機で動かしています.

必要なpkgの導入

$ sudo apt install libav-tools swftools rtmpdump golang-go

※Debian stretchの場合はlibav-toolsの代わりにffmpegを導入.

go getで導入

$ GOPATH=~/usr/local/go go get github.com/soh335/radicast

オプションはこんな感じでした.

$ ~/usr/local/go/bin/radicast -h
Usage of /home/mk/usr/local/go/bin/radicast:
  -bitrate string
        bitrate (default "64k")
  -buffer int
        buffer for recording (default 60)
  -config string
        path of config.json (default "config.json")
  -converter string
        ffmpeg or avconv. If not set this option, radicast search its automatically.
  -host string
        host (default "0.0.0.0")
  -output string
        output (default "output")
  -port string
        port (default "3355")
  -setup
        initialize json configuration
  -title string
        title (default "radicast")

設定ファイル作成

--setupオプションでスケルトンを作成して,

$ ~/usr/local/go/bin/radicast --setup > ~/usr/local/go/etc/radicast.json
$ cat ~/usr/local/go/etc/radicast.json
{
  "HOUSOU-DAIGAKU": [],
  "MBC": [],
  "RN1": [],
  "RN2": []
}

次のページを参考にcron形式で設定します.crontabと違い秒単位まで指定できるようです.

例えば"0 0 7 * * MON-FRI" だと月曜から金曜の07:00:00の番組を録音となります.
録音停止は自動的にされるようです.

$ cat ~/usr/local/go/etc/radicast.json
{
  "HOUSOU-DAIGAKU": [],
  "MBC": [
    "0 0 5 * * MON-FRI",
    "0 10 5 * * MON-FRI",
    "0 0 7 * * MON-FRI"
  ],
  "RN1": [],
  "RN2": []
}

実行

設定ファイルを指定して実行します.

$ ~/usr/local/go/bin/radicast -config=$HOME/usr/local/go/etc/radicast.json
2016/03/09 05:00:12 [radicast] station:MBC spec:0 0 5 * * MON-FRI
2016/03/09 05:00:12 [radicast] station:MBC spec:0 10 5 * * MON-FRI
2016/03/09 05:00:12 [radicast] station:MBC spec:0 0 7 * * MON-FRI
2016/03/09 05:00:12 [radicast] start new cron
2016/03/09 05:00:12 [server] start 0.0.0.0:3355

指定時刻になると,番組情報を取得して録音が始まり,番組終了時に録音が終了して次のジョブまで待機します.

2016/03/09 06:30:00 [radiko] start record
2016/03/09 06:30:00 [radiko] GET http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf
2016/03/09 06:30:04 [radiko] POST https://radiko.jp/v2/api/auth1_fms
2016/03/09 06:30:05 [radiko] POST https://radiko.jp/v2/api/auth2_fms
2016/03/09 06:30:06 [radiko] GET http://radiko.jp/v2/api/program/today?area_id=JP46
2016/03/09 06:30:07 [radiko] start recording モーニング・スマイル
2016/03/09 06:30:07 [radiko] rtmpdump command: /usr/bin/rtmpdump --live --quiet -r rtmpe://f-radiko.smartstream.ne.jp --playpath simul-stream.stream --app MBC/_definst_ -W http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf -C S:"" -C S:"" -C S:"" -C S:J_Rb9kLWN2Cb5XlcGqQjfw --stop 1853 -o -
2016/03/09 06:30:07 [radiko] converter command: /usr/bin/ffmpeg -y -i - -vn -acodec libmp3lame -ar 44100 -ab 64k -ac 2 /tmp/radiko240330221/radiko_0.mp3

データは以下のようにoutput以下に保存されています.

$ find output -ls
  6724248      0 drwxr-xr-x   1 mk       mk             36  3月  9 05:55 output
  6724778      0 drwxr-xr-x   1 mk       mk             44  3月  9 05:55 output/20160309053000_MBC
  6724327  10168 -rw-r--r--   1 mk       mk       10409132  3月  9 05:55 output/20160309053000_MBC/podcast.mp3
  6724779      4 -rw-r--r--   1 mk       mk            650  3月  9 05:55 output/20160309053000_MBC/podcast.xml

録音中のテンポラリファイルは/tmp以下に作られます.

$ ls -lA /tmp/radiko077215706/
合計 5184
-rw-r--r-- 1 mk mk 5223512  3月  9 07:10 radiko_0.mp3

録音したデータはPodcastとして配信されます.このURLは規定値ではlocalhostからしかアクセスできません.このURLをPodcast Aggregatorに指定してあげると普通にPodcastとして扱えます :)

$ xmllint http://localhost:3355/rss
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss xmlns:itunes="http://www.itunes.com/dtds/podcast-1.0.dtd" version="2.0">
    <channel>
        <title>radicast</title>
        <itunes:owner/>
        <itunes:image/>
        <itunes:category/>
        <item>
            <title>生島ヒロシのおはよう一直線 (2016-03-09 05:30:00 +0900 JST)</title>
            <itunes:author>生島ヒロシ</itunes:author>
            <itunes:summary> &lt;br /&gt;&lt;A href="http://www.mbc.co.jp/radio/" target="_blank"&gt;&lt;img src="http://www.mbc.co.jp/radio/radiko/bn/mbcradio_pr1410.png" alt="MBCradio" /&gt;&lt;/A&gt;&lt;br /&gt;&lt;br /&gt;twitterハッシュタグは「&lt;a href="http://twitter.com/#!/search/%23mbc1107"&gt;#mbc1107&lt;/a&gt;」</itunes:summary>
            <itunes:image/>
            <enclosure url="http://localhost:3355/podcast/20160309053000_MBC.mp3" length="10409132" type="audio/mpeg"/>
            <pubDate>Wed, 9 Mar 2016 05:55:45 +0900</pubDate>
        </item>
    </channel>
</rss>

Podcast Aggregatorとこのサーバが別の場合以下のように-hostオプションを指定してインターフェイスに割り当てたipを指定するとそのネットワークからアクセスできるようになります.

$ ~/usr/local/go/bin/radicast -config=$HOME/usr/local/go/etc/radicast.json -host 192.168.2.203
  :
2016/03/09 07:42:34 [server] start 192.168.2.203:3355

proxy

は使えない感じかな?

$ w3m -dump http://radiko.jp/area
document.write('<span class="JP46">KAGOSHIMA JAPAN</span>');
$ tsocks w3m -dump http://radiko.jp/area
document.write('<span class="JP13">TOKYO JAPAN</span>');
$ ALL_PROXY=socks5h://localhost:8080 ~/usr/local/go/bin/radicast -setup
2016/03/09 07:56:00 [radiko] GET http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf
2016/03/09 07:56:01 [radiko] POST https://radiko.jp/v2/api/auth1_fms
2016/03/09 07:56:02 [radiko] POST https://radiko.jp/v2/api/auth2_fms
2016/03/09 07:56:02 [radiko] GET http://radiko.jp/v2/api/program/today?area_id=JP46
{
  "HOUSOU-DAIGAKU": [],
  "MBC": [],
  "RN1": [],
  "RN2": []
}
$ tsocks ~/usr/local/go/bin/radicast -setup
   :
  "MBC": [],
   :
$ tsocks ~/usr/local/go/bin/radicast -setup
   :
  "MBC": [],
   :
$ ALL_PROXY=http://localhost:8080 ~/usr/local/go/bin/radicast -setup
   :
  "MBC": [],
   :

2月 19

cronに特化したPodcastアグリゲータ/ダウンローダのpodgetを試す

先日試したpodracerは何気に10年前のソフトでメンテナンスもされていないし,起動中に強制終了するとゴミが残って次から起動しなくなったりとかとか結構不満点が出てきました.

今は前処理を以下のようにして,

if [ $(pgrep podracer) ] ; then
  echo 'running podracer.'
  exit -1
fi
 
echo run podracer
if [ -f ~/.podracer/tempsub ] ; then
  rm ~/.podracer/tempsub
  echo 'rm tempsub'
fi

プレイリストもこんな感じで別に作ってます.

cd ~/podcasts
PODCASTLIST=($(cd ~/podcasts ; find . -mmin -$LISTTIME -type f -print0 | xargs -0n1 file | grep -i audio | cut -f1 -d:))
if [ ${#PODCASTLIST[@]} -eq 0 ] ; then
  echo 'podcast not found.'
  exit -1;
fi
 
echo num = ${#PODCASTLIST[@]}
ls -1tr ${PODCASTLIST[@]} > ~/podcasts/todayspodcast.m3u

後者はDebianの方にはバグ報告をしていますが音沙汰がない感じです.

他にないかなーと探して(apt-cache search podcast)podgetというものを見つけました.

$ apt show podget | grep -A99 Description:
 
Description: cron 用に最適化された Podcast アグリゲータ/ダウンローダ
 Podget はシンプルな podcast アグリゲータであり、定期的なバックグランドジョブ
 (すなわち cron) として起動するために最適化されています。RSS および XML フィード
 からの podcast のダウンロード、ファイルをソートしてフォルダやカテゴリごとに格納、
 iTunes PCAST ファイルおよび OPML リストからの URL のインポート、M3U および ASX
 プレイリストの自動生成、そして古くなったファイルの自動クリーンアップのサポート
 が特徴です。また、MS Windows サーバ上にホストされた podcast の UTF-16 自動変換も
 特徴です。
 podget を一旦起動すると、ユーザ設定ファイルを $HOME/.podget にインストール
 しますので、そのファイルをカスタマイズできます。

cronに特化していて便利そうなので試してみます.

導入

Debian stretch testing/Rasbian jessie/Ubuntu 14.04 で確認しました.

$ sudo apt install podget

初期化

$ podget -h
 
Usage /usr/bin/podget [options]
 
    -c --config <FILE>           Name of configuration file.
    -C --cleanup                 Skip downloading and only run cleanup loop.
    --cleanup_simulate           Skip downloading and simulate running
                                 cleanup loop.
                                 Display files to be deleted.
    --cleanup_days               Number of days to retain files.  Anything
                                 older will be removed.
    -d --dir_config <DIRECTORY>  Directory that configuration files are
                                 stored in.
    -f --force                   Force download of items from each feed even
                                 if they have already been downloaded.
    --import_opml <FILE or URL>  Import servers from OPML file or
                                 HTTP/FTP URL.
    --import_pcast <FILE or URL> Import servers from iTunes PCAST file or
                                 HTTP/FTP URL.
    -l --library <DIRECTORY>     Directory to store downloaded files in.
    -p --playlist-asx            In addition to the default M3U playlist,
                                 create an ASX Playlist.
    -r --recent <count>          Download only the <count> newest items from
                                 each feed.
    --serverlist <list>          Serverlist to use.
    -s --silent                  Run silently (for cron jobs).
    --verbosity <LEVEL>          Set verbosity level (0-4).
    -v                           Set verbosity to level 1.
    -vv                          Set verbosity to level 2.
    -vvv                         Set verbosity to level 3.
    -vvvv                        Set verbosity to level 4.
    -h --help                    Display help.

初回起動時に設定ファイルなどが作成されます.引数無しで実行すると初期設定の中のpodcastをダウンロードするので--cleanup_simulateオプションを付けて実行すると良さそうです.
設定ファイルは規定値では~/.podget以下に作成されます.

$ podget --cleanup_simulate
$ ls -lA ~/.podget
合計 8
-rw-rw-r-- 1 mk mk 3652  2月 19 05:34 podgetrc
-rw-rw-r-- 1 mk mk 1131  2月 19 05:34 serverlist
  • podgetrc : 設定ファイル
  • serverlist : podcastのリスト

設定ファイルの用意

お好みで設定ファイルの~/podgetrcを編集します.私は以下の辺りを書き換えました.

ログファイルを有効に

# Directory to store logs in
dir_log=/home/mk/POD/LOG

プレイリストの年月日の形式を書き換え

# Date format for new playlist names
date_format=+%Y-%m-%d

Podcastの取得数を3つに

# Most Recent
# 0  == download all new items.
# 1+ == download only the <count> most recent
most_recent=3

サーバリストの作成

取得するPodcastを~/.podget/serverlistに書いていきます.

書式はスペース区切りで

URL カテゴリー 番組名

になっています.podgetを実行した時に
カテゴリー/番組名/番組というふうにディレクトリが掘られます.
具体的にはこんな感じで書いていきます.

http://feeds.feedburner.com/weblogs/csc tech 電脳空間カウボーイズ
http://feeds.backspace.fm/backspacefm tech backspace.fm
http://www.joqr.co.jp/science-podcast/index.xml science 日立ハイテクプレゼンツ 大村正樹のサイエンスキッズ
http://www.tbsradio.jp/life/rss.xml etc 文化系トークラジオ Life
http://www.tbsradio.jp/cycle-r/index.xml bike ミラクル・サイクル・ライフ
http://sokoani.com/feed anime そこあに
  :

他のアプリケーションらの移行でOPMLファイルのエクスポートが可能な場合はそのファイルやURLを元にインポートできるようです.※未確認

$ podget --import_opml <FILE or URL>

若しくはPCAST形式(iTunes向け?)も同様に利用できるようです.※未確認

$ podget --import_pcast <FILE or URL>

OPML書き出しの機能もあります.但しこの機能は
Ubuntu 14.04の0.6.9にはなく,
Rasbian jessieの0.7.3,
Debian stretchの0.7.9には存在しました.

$ podget --export_opml /tmp/podcast.opml
podget
 
Session file not found.  Creating podget.22189 .
 
Export serverlist to OPML file: /tmp/podcast.opml
 
Closing session and removing lock file.
$ head /tmp/podcast.opml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<opml version="1.0">
<head/>
<body>
<outline text="tech"><outline text="電脳空間カウボーイズ" type="rss" xmlUrl="http://feeds.feedburner.com/weblogs/csc" /></outline>
<outline text="tech"><outline text="backspace.fm" type="rss" xmlUrl="http://feeds.backspace.fm/backspacefm" /></outline>
<outline text="science"><outline text="日立ハイテクプレゼンツ 大村正樹のサイエンスキッズ" type="rss" xmlUrl="http://www.joqr.co.jp/science-podcast/index.xml" /></outline>
<outline text="etc"><outline text="文化系トークラジオ Life" type="rss" xmlUrl="http://www.tbsradio.jp/life/rss.xml" /></outline>
<outline text="bike"><outline text="ミラクル・サイクル・ライフ" type="rss" xmlUrl="http://www.tbsradio.jp/cycle-r/index.xml" /></outline>
<outline text="anime"><outline text="そこあに" type="rss" xmlUrl="http://sokoani.com/feed" /></outline>

実行

とりあえず引数無しで実行することでPodcastが取得できます.

$ podget
-------------------------------------------------
Category: anime         Name: そこあに
Downloading feed index from http://sokoani.com/feed
2016-02-19 07:37:15 URL:http://sokoani.com/feed [673868] -> "-" [1]
 
Downloading 0_s413.mp3 from http://sokoani.com/podpress_trac/feed/9818/0/
 :
 :

Podcastは規定値では~/POD以下にカテゴリ/番組名/番組ファイルの形で保存されます.

$ find ~/POD -type f | tail -3
/home/mk/POD/etc/JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力/files_20160216.mp3
/home/mk/POD/etc/JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力/files_20160202.mp3
/home/mk/POD/etc/JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力/files_20160209.mp3

また,~/POD/*.m3uとステプレイリストも作成されます.これは実行単位で作られるのかな?

$ ls -l ~/POD/*.m3u
-rw-rw-r-- 1 mk mk  946  2月 19 07:14 /home/mk/POD/New-2016-02-19.m3u
-rw-rw-r-- 1 mk mk 1924  2月 19 07:50 /home/mk/POD/New-2016-02-19.r2.m3u

うまく動作するようなら-sオプションを付けてcronに登録してあげると良さそうです.以下の例では毎時3分にpodgetを実行しています.

$ crontab -e
$ crontab -l | tail -2
# get podcast
3 * * * *       podget -s

podracerはPodcastを番組関係なく実行日のディレクトリに保存されてPodcast番組を探したりするのに不便でしたがpodgetだとカテゴリと番組でディレクトリが分かれるので便利です.
しばらく併用してみようと思います.

2月 04

雑なPadcastサーバを少しましにする

先日作ったPodcastサーバですがあれからずっと動かしていますが安定して動いているようです.雑さをましにするために少し修正しました.

プレイヤー部分はこんな感じで少し変わりました.

@reboot while true; do cvlc --ignore-config --extraintf=http --http-port=8081 --http-password='raspberry' ~/podcasts/todayspodcast.m3u --play-and-exit --norm-max-level=2.0 --sout='#transcode{acodec=mp3,ab=64,channels=1}:standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}' ; done
40 * * * *      podracer ; cd ~/podcasts ; find . -mmin -1440 -type f -print0 | xargs -0n1 file | grep -i audio | cut -f1 -d: | xargs ls -1tr > ~/podcasts/todayspodcast.m3u
10 0 * * *  rm -rf ~/podcasts/`date --date '1 weeks ago' +\%F`
  • killせずに1周毎にVLCを呼ぶようにしてプレイリスト更新
  • Podcast取得を1時間に1度に変更
  • ボリュームのノーマライズ
  • ビットレートを64kにリアルタイムエンコーディング
  • プレイリストの作成も1時間に一度
  • プレイリストの順序を時間順にソート
  • プレイリストの内容はプレイリスト作成時から過去1日分(1440分)
  • 音泉の番組に対応(RSS化してpodracerに登録.簡単だけど公開すると怒られそうな気がする)

VLCのオプション

  • --ignore-config
    設定を読み込みません
  • --extraintf=http
    ウェブコントローラーを有効に
  • --http-port=8081
    ウェブコントローラーの待ち受けポートを8081番に
  • --http-password='raspberry'
    ウェブコントローラーの認証パスワードをraspberry
  • ~/podcasts/todayspodcast.m3u
    再生ファイル(プレイリストを指定)
  • --play-and-exit
    再生後終了する.これがないとプレイリストを再生後も起動しっぱなしになって次の周に入らない.(vlc://quitでも大丈夫だが,vlc://quitだとプレイリストにも表示される)
  • --norm-max-level=2.0
    ボリュームのノーマライズ.この値はもう少しいじったほうがいいかも?
  • --sout='#transcode{acodec=mp3,ab=64,channels=1}
    モノラル64kのmp3に変換している.Podcastを調べると殆どの番組が64kで一部40,96,128,160が混じっている.1日試したが32kでも大丈夫そう.
  • standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}
    8080番ポートでHTTPライブストリーミング配信

VLCのオプションはmanにはあまり載ってなくて困っていたのですが,vlc -Hに大量のオプションが載っているのに気づいてからはかどりました.

$ vlc -h| tail -1
網羅的なヘルプを表示するためには、'-H'オプションを指定してください。
$ vlc -h | wc -l
372
$ vlc -H | wc -l
5674

その他細かいところで

  • 設置場所の変更
  • DNSに名前を登録して固定IPに(Androidでも名前でアクセス可能に)
  • 合わせてプレイリスト等のurlを名前に
  • hostnameの変更
  • sshd設定
  • iptable設定
  • OSの自動更新設定
  • watch dogの設定

といった辺りも設定しましたがこの辺は何時もの設定なので今回は省略.

と,こんな感じでだいたいやりたいことは出来たかなーという感じですが,VLCでなくMPD辺りで曲管理して再生,配信はまた別アプリでやったほうがいいような気もしてきました.VLCは1つで何でもできるしウェブコントローラーもあっていいのですが,MPDの方がリモート管理がしやすそうなので気が向いたらそっちも組むかもです.

今100円ショップのイヤホンを使って聞いているのでその部分が一番ストレスな感じです.

1月 31

Raspberry Piで雑いpodcastサーバを作った

IMGP2678

先日試したpodracer

毎日実行して今日の分をまとめて再生して消してというように使う感じなのかもしれません.

ということで自動取得,自動再生すると家庭内ラジオのようにできるのではと思い試してみました.

環境はRaspberry Pi 1B (512MB)Rasbian jessieを導入したもので有線LAN 利用です.

導入パッケージ

podcast の取得のためにpodracer,プレイリストの配信にboaを利用,音声配信の為にvlc-noxを導入しました.

$ sudo apt install podracer boa vlc-nox

podcast 取得の準備

を参考にpodracerの設定をして下さい.~/.podracer/subscriptionsを用意した後1度catchup modeで実行しておきます.

$ podracer -c

これでRSS Feedをひと舐めして過去のpodcastを取得しないようにします.

VLC での配信テスト

以下の例ではpodracerで作成された今日のプレイリストをそのままhttp 8080ポートで配信して更にloopさせています.

$ cvlc  ~/podcasts/`date +\%F`/`date +\%F`-podcasts.m3u --sout '#standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}' --loop

この状態で再生したい端末で $ cvlc http://raspberrypi.local:8080/ とか mplayer http://raspberrypi.local:8080/ などとしてアクセスすると再生されるはずです.
1曲毎に停まってしまい再度再生し直す必要がありますがこれは後で解決することにします.

VLC の設定

VLCで配信しますが,コントローラーも利用したいです.--extraintf=http オプションでwebコントローラーが利用できます.規定値では localhost 以外からアクセスできないので家のネットワークのどこからでもコントロールできるように /usr/share/vlc/lua/http/.hosts に利用可能なネットワークを登録しておきます.

192.168.1.0/24
192.168.2.0/24

以下のように実行するとwebコントローラーが8081ポートで起動します.パスワードは raspberry です.適当なブラウザで http://:raspberry@raspberrypi.local:8081/ な感じでアクセスするとコントローラが利用できると思います.

$ cvlc --extraintf=http --http-port=8081 --http-password='raspberry' ~/podcasts/`date +\%F`/`date +\%F`-podcasts.m3u --sout '#standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}' --loop

Screenshot_2016-01-31-19-04-03

パスワードを設定しないとパスワードの設定を促す画面が表示されて利用できないようです.

http の設定(プレイリストの作成)

boaの標準では /var/www 以下がDocumentRootになっています.ここにメニュー用の index.html とプレイリストの podcast.m3u を用意しておきます.

権限は www-data.www-data なので,以下のような感じで権限を設定して編集するといいかもしれません.

$ sudo chown www-data.www-data /var/www
$ sudo -u www-data vi /var/www/index.html
   :
  • /var/www/index.html の例
<html>
<body>
<ul>
<li><a href="./podcast.m3u">m3u</a></li>
<li><a href="http://:raspberry@192.168.2.200:8081/">VLC control</a></li>
</ul>
</body>
</html>

※AndroidではAvahiでの名前解決がうまく行かないのでIP アドレスで書いています.環境に合わせて変更して下さい.

  • /var/www/podcast.m3u の例
http://192.168.2.200:8080/
http://192.168.2.200/podcast.m3u

1行目だけだと1番組分で再生が停止してしまうので,2行目で自分自身を呼び出して再起しています.これで2番組以降でも続けて再生されます.
※AndroidではAvahiでの名前解決がうまく行かないのでip アドレスで書いています.環境に合わせて変更して下さい.

自動起動とpodcast更新処理

crontab で起動時に自動的に再生が始まるように&定期的にpodcast更新&再生リスト更新&古いpodcastの削除処理をします.

crontab -e コマンドで編集します.

@reboot cvlc --extraintf=http --http-port=8081 --http-password='raspberry' ~/podcasts/`date +\%F`/`date +\%F`-podcasts.m3u --sout '#standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}' --loop
3 */6 * * *     podracer;killall vlc;cvlc --extraintf=http --http-port=8081 --http-password='raspberry' ~/podcasts/`date +\%F`/`date +\%F`-podcasts.m3u --sout '#standard{access=http,mux=ts,dst=:8080}' --loop
10 0 * * *  rm -rf ~/podcasts/`date --date '1 weeks ago' +\%F`

1行目は @reboot で起動時にVLCを自動起動します.
2行目は6時間毎にpodcastを更新してVLCを起動しなおしています.
3行目で1週間前のpodcastデータを削除しています.

利用方法

ウェブブラウザで Raspberry Pi にアクセスします.

http://raspberrypi.local

以下のようなメニューが出て来ます.

Screenshot_2016-01-31-20-49-47

• m3u
• VLC control

m3u をクリックするとプレイリストがダウンロードされます.VLC 等の関連付けられたアプリケーションなどで再生できると思います.
Screenshot_2016-01-31-19-03-53

VLC control をクリックするとVLCのウェブコントローラーが表示されます.URLに認証情報を埋め込んでいるので認証はスキップされます.

問題点や改善点など

  • ブロードキャスト配信の断念. はじめブロードキャスト配信を試したのですが,かなりの頻度でパケットロスしてそのたびに音が途切れました.音が途切れるのはかなりストレスなので諦めました.プレイリストがなくても連続再生可能なのは良かったのですが…….
  • podcast更新時の番組強制終了.更新時にVLCをkillしています.番組の途中で切れてしまうので改善したいです.
  • podcast の音量や音質を揃える.試しにmp3/128kbpsや64kbpsにリアルタイムエンコーディングしつつ配信も試してみましたが Raspberry Pi でもCPU 25%前後なので実用的な感じです.
    帯域を絞ったストリームも同時配信するようにして外で聴きやすくするのもありかもしれません.
  • VLC から他のアプリケーションに変更.今回お手軽なので VLC を利用しましたが Gstreamer や ffmpeg などを試すのもありかもしれません.
  • スピーカーでも再生.環境によっては同時にスピーカーで再生してもいいかもしれません.
  • 番組情報の配信.今は未知のアーティストなどと表示される.アートワークも含めて改善したい.
    Screenshot_2016-01-31-20-50-06
  • 更新間隔の調整.ニュース番組など定時のある番組があるのでそれらに合わせて更新処理を行うようにすると便利かもしれません.
  • 名前解決.AndroidでAvahiが利用できないので家の中のDNSサーバに名前を登録してあげると便利かもしれません.
  • pifmを使ってFMラジオでも視聴.日本だと電波法違反になるので自重しました.


現在は主にAndroidアプリのVLCで再生しています.AndroidとPCはBluetooth A2DPで繋がっていて,PCで聞いています.PCから離れるときはAndroidにイヤホンジャックを差し替えるとシームレスに移動できます.

20160201_01:02:04-5807

1月 28

CLI な podcast aggregator/downloader な podracer を試してみる

podcast aggregator に rhythmbox を利用しているのですが,たまにファイルが存在するのに何度やってもダウンロードに失敗したり NotePC で動かしているので容量の問題で古いのをファイルサーバに持って行ったりといった処理が面倒です.
CIL で動くものがあればファイルサーバで入手するようにして新しい物だけ手元に or ファイルサーバ経由で視聴するようにしら便利かもということで CLI で動く podcast aggregator が無いか探してみました.

$ apt-cache search podcast aggregator
gpodder - podcast client and feed aggregator
podracer - podcast aggregator/downloader

gpodder は GUI と CLI のセットで,podracer は CLI のみのようです.今回は podracer を試してみます.

導入

導入は apt 一発です.

$ sudo apt install podracer

設定ファイルの用意

~/.podracer/subscriptions というファイルに入手したいフィードを1フィード1行で書いておきます.# 行はコメントになるようです.

# 電脳空間カウボーイズ
http://feeds.feedburner.com/weblogs/csc
# backspace.fm
http://feeds.backspace.fm/backspacefm

実行

podracer コマンドを実行すると,~/.podracer/subscriptions からpodcast をダウンドードしてくれます.ダウンロードが完了すると自動的に終了します.

$ podracer

初回実行時には過去のものも入手するので時間が掛かるでしょう.特に画面には何も表示されないのでログファイル( ~/.podracer/podcast.log ) を確認するといいと思います.

$ tail -f ~/.podracer/podcast.log

取得した podcast は ~/podcasts 以下の日付ファイルの下に保存されます.この日付は実行日時です.

$ ls ~/podcasts
2016-01-27  2016-01-28
$ ls -lA ~/podcasts/2016-01-28
合計 59408
-rw-r--r-- 1 mk mk        0  1月 28 14:03 2016-01-28-podcasts.m3u
-rw-r--r-- 1 mk mk 60833627  1月 28 14:02 jlEV91AshKrq
$ file  ~/podcasts/2016-01-28/*
/home/mk/podcasts/2016-01-28/2016-01-28-podcasts.m3u: empty
/home/mk/podcasts/2016-01-28/jlEV91AshKrq:            Audio file with ID3 version 2.3.0

後は各種プレイヤーで再生できます.

$ mplayer ~/podcasts/2016-01-28/jlEV91AshKrq

ファイル名は podcast 提供者の物のままで同じディレクトリに格納されてしまうので名前が衝突したら多分新しい方で上書きされてしまいます.それとこのままではどのファイルがどの podcast なのかとかわからないですね.オプションも特に無いようなので沢山の podcast を保管しようという用途で使うのには向いていないかもしれません.
毎日実行して今日の分をまとめて再生して消してというように使う感じなのかもしれません.

追記)プレイリストの不具合?

podracer 実行時に 2016-01-28-podcasts.m3u のようなプレイリストが作られますが,mp3/ogg/m4a/m4b 以外の拡張子は登録されません.こんな感じで作り直すと良さそう.

$ ls -1A ~/podcasts/2016-01-28 | grep -v \.m3u$ > ~/podcasts/2016-01-28/2016-01-28-podcasts.m3u

この方がいいかな

$ ls -1A ~/podcasts/`date +%F` | grep -v \.m3u$ > ~/podcasts/`date +%F`/`date +%F`-podcasts.m3u

podracer 自体を修正してもいいかも.雑いけどこんなとか.
これだとサムネイル画像なども含まれてしまう.

$ diff -u /usr/bin/podracer podracer
--- /usr/bin/podracer   2015-07-04 22:39:26.000000000 +0900
+++ podracer    2016-01-28 18:34:40.317391930 +0900
@@ -415,10 +415,7 @@
                then
                (
                cd "$poddir"
-               find . -name \*.mp3 > "$m3u"
-               find . -name \*.ogg  >> "$m3u"
-               find . -name \*.m4a  >> "$m3u"
-               find . -name \*.m4b  >> "$m3u"
+               find . -name \* -type f | grep -v "$m3u" > "$m3u"
                )
        fi
 fi

追記2)
上の修正だとサムネイル画像なども登録されてしまう.
以下はその他のファイルを file command で調べて audio という文字列が入っていたら登録するもの.

$ diff -u /usr/bin/podracer ./podracer
--- /usr/bin/podracer   2015-07-04 22:39:26.000000000 +0900
+++ ./podracer  2016-01-28 19:12:31.980446668 +0900
@@ -419,6 +419,7 @@
                find . -name \*.ogg  >> "$m3u"
                find . -name \*.m4a  >> "$m3u"
                find . -name \*.m4b  >> "$m3u"
+               find . | egrep -v "\.mp3$|\.ogg$|\.m4a$|\.m4b$" | xargs file | grep -i audio | cut -f1 -d: >> "$m3u"
                )
        fi
 fi