AndroidのIFTTTでFlickrカメラアプレット

IFTTTでFlickrにUpするカメラアプレットの設定メモです.
作成したカメラウィジットで撮影すると即FlickrにUpされます.

IFTTTのレシピを公開すればいいだろうとどうすれば公開できるのだろうと調べようとしたら,

> 調べてみると2016年秋頃から、一般ユーザーはApplet(レシピ)の公開ができなくなっていた

[N] 【IFTTT】ユーザーが作ったApplet(レシピ)は公開(publish)できなくなった]

てことでわかりにくいでしょうが…….

– https://ifttt.com/my_applets にアクセス
– New Applet
– +this -> Camera widget
– Choose trigger -> Any new photo
– that -> Flickr
– Choose action -> Upload public photo from URL
– Complete action fields -> Create action
– Finish

後は,ターゲットのAndroid端末でウィジットの追加を行います.IFTTTのウィジットを選んで,

IFTTT to Flickr

IFTTTのウィジット一覧から作成したウィジットを選択

IFTTT to Flickr

するとFlickrなアイコンが出来ます.

IFTTT to Flickr

後はこのアイコンをタップするとカメラアプリが起動するので撮影して左上の☓をクリックするとFlickrへアップロードされます.
カメラアプリ起動時に複数枚撮影も可能.このときは撮影枚数毎に上の方に半透明の●が表示されます.
バックキーでカメラアプリを終了させても撮影済みだとアップロードされます.

ただこのカメラアプリは設定がフラッシュとリヤフロントのカメラ切り替えしか無いようで解像度選択,画質,EV,ジオタグ付与辺りが欲しいところです.

てことで結局これはあまり使わず他のカメラアプリで撮影後アップロードしています…….

radikoのAndroidアプリが起動しなくて困る

radikoというラジオをPCやスマートフォンで視聴できるサービスがあります.

スマートフォンを初期化したのでAndroid版の公式アプリを導入して起動しようとするとすぐに終了してしまいました.
地域判定中のメッセージのあと終了してしまいます.

FAQに何か載っていないか探してみました.

音声が途切れる、繋がらない(Android) | radiko.jp ヘルプ

一時的な回線の混雑や聴取場所のネットワークの状態(キャリア回線およびWi-Fi)、通信業者のパケット制限の影響等の原因が考えられます。
以下をお試しください。
・端末の再起動
・アプリケーションのバージョンアップ、または削除/再インストール
・地域判定オプションのチェックをすべて外す(変更する)
・バッファの設定時間の変更
・聴取場所やインターネット回線を変えて再接続
上記で解消しない場合は、「設定」→「アプリケーション(アプリ)」→「アプリケーション一覧」→「radiko.jpforAndroid」→「データを消去」をお試しください。

設定変更は設定画面にたどり着けないので無理ですがその他のは全部試しましたがやはりダメです.
こんな動き.

検索するとroot取得端末だとこういう動きになるようです.しかしこの端末はroot取得していません.
ふとアプリケーション一覧を眺めていると SuperSU が.このアプリケーションはroot取得後に利用するアクセス管理ツールなので関係ないだろうと思いながら削除してみるとradikoアプリが利用できるようになりました.
SuperSU – Google Play の Android アプリ

ということで,radikoアプリはroot取得端末じゃなくてもroot関連のアプリがあるとroot取得端末と判断して起動失敗することがあるようです.
恐らく録音などが出来ないようにroot環境で動かないようにしたいんでしょうけどはじめからroot取得済みで売られている端末などもあるし,少なくともPCでは録音は結構簡単に出来る(radigoとか)ので不便になるだけな感じも…….
ちなみにNHKラジオのらじる★らじるはSuperSUのある状態で動作しました.

バージョン情報

  • radikoアプリのバージョン 6.3.0

  • Android OSのバージョン 5.1.1(とてもとても古い……)

Raspberry Pi Zero Wのbluetoothを無効にする

てことでRaspberry Pi Zero WのBluetoothも無効にしたいなと.
環境はRaspbian stretch lite 2017-09-07で確認しました.

PCで設定した以下のblacklistの手順でもokなはずですが,config.txtで無効にする方法がありそうだと調べてみました.

まずは定番のeLinux

  • RPiconfig – eLinux.org

    There's lots more documentation of available overlays in /boot/config/README. See source on Github for more.

てことでGithubを見に行きます.

それらしいものがありました :)

Name:   pi3-disable-bt
Info:   Disable Pi3 Bluetooth and restore UART0/ttyAMA0 over GPIOs 14 & 15
        N.B. To disable the systemd service that initialises the modem so it
        doesn't use the UART, use 'sudo systemctl disable hciuart'.
Load:   dtoverlay=pi3-disable-bt
Params: <None>

早速設定してみます.

$ echo 'dtoverlay=pi3-disable-bt' | sudo tee -a /boot/config.txt
dtoverlay=pi3-disable-bt

な感じで /boot/config.txt に追記して再起動しました.
lsmodを設定前と比較するとこんな感じで居なくなっています.

$ diff lsmod lsmod_pi3-disable-bt
2,6d1
< cmac                    3134  1
< bnep                   11949  2
< hci_uart               21190  1
< btbcm                   7885  1 hci_uart
< bluetooth             374820  24 hci_uart,bnep,btbcm
9d3
< snd_bcm2835            23131  0
10a5,6
> snd_bcm2835            23131  0
> rfkill                 21373  4 cfg80211
12d7
< rfkill                 21373  6 bluetooth,cfg80211
16d10
< fixed                   3029  0
18a13
> fixed                   3029  0

moduleのblacklistを設定するよりお手軽ですね :)

恐らくRaspberry Pi 3 Bでも同様の設定は使えると思います.(持ってないので未確認)

bluetoothを無効にする(Debian sid amd64)

Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚 ~Bluetoothがオンになっているだけで攻撃可能 – PC Watch

BT搭載デバイスは、ペアリング済みのデバイスだけでなく、つねにあらゆるデバイスからの着信接続を探知しているため、デバイスをまったくペアリングせずにBT接続を確立できる。このため、BlueBorneは攻撃を検知されない潜在的攻撃となっている。

 BlueBorne攻撃では、まず周囲のアクティブなBT接続を探知する。このさい、ペアリングのための「発見可能」モードでなくても、BTがオンになっていれば識別が可能となる。

とても怖いです.
手元の端末ではPCとAndroidをBluetoothテザリングをよく利用しています.

PCの対応状況を確認(2017-09-13時点)すると,Debianは未だ未対応.Ubuntuは14.04 LTS, 16.04 LTS, 17.04がリリース済みでした.

とりあえず,手元で使っているDebian sid amd64とRaspberry Pi Zero WのRaspbian stretchでBluetoothを無効にしておくことにしました.


blueman-appletで設定

PCではblueman-appletを利用しています.
システムトレイ上のアイコンを右クリックして
Turn off Bluetooth
を行うと無効に出来てBluetoothのLEDも消灯します.
でも再起動でOnになるので起動のたびに設定しないといけない&そのタイミングで攻撃をされるかもしれないのであまりよろしくない感じがします.


moduleをblucklistに入れて無効にする

Bluetoothのモジュールを読み込まないようにしてみます.これならBluetoothは動作しないはずです.

まずはlsmodコマンドでbluetooth関連モジュールを確認します.手元のLenovo x200の場合は以下のようになりました.

x200のbluetooth module確認

$ lsmod|grep -i bluetooth
bluetooth             544768  14 btrtl,btintel,bnep,btbcm,rfcomm,btusb
crc16                  16384  2 bluetooth,ext4
rfkill                 24576  6 bluetooth,thinkpad_acpi,cfg80211

モジュールをロードしないように /etc/modprobe.d/blacklist.conf というファイルに blacklist <modulename> という形式で書いていきます.

x200 blacklistに設定

$ echo 'blacklist btrtl
> blacklist btintel
> blacklist bnep
> blacklist btbcm
> blacklist rfcomm
> blacklist btusb
> blacklist bluetooth' | sudo tee -a /etc/modprobe.d/blacklist.conf

設定したら再起動してモジュールが読み込まれないのを確認します.

再起動してmoduleがloadされないのを確認

$ lsmod|grep -i bluetooth

しかしPCのBluetooth LEDインジケーターが消えません.動作上は問題ないでしょうけどちょっと気持ち悪いです.
GPIO辺り探すと消せそうですが面倒.


BIOSで無効にする

PCによっては設定できないかもですが,BIOSで無効にします.これだとLEDインジケーターも光らないので良い感じです.


https://farm5.staticflickr.com/4435/37206157365_ab607c3943.jpg


物理的にモジュールを取り外す

これが一番確実でしょうがそう待たずにセキュリティ修正は降りてくると思うので今回は見送りました.

wgetの再試行オプション

楽しみにしていたRaspbianのダウンロードが止まってました.
停電やルーター不調とかで回線イマイチなのです.

なのでwgetcとか適当なscriptを用意して

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
#!/bin/sh

if [ $# -eq 0 ]; then
  echo "$0 URL" 1>&2
  exit 1
fi

while :
do

wget -c $1

if [ "$?" -eq 0 ]; then
  echo "Done!" 1>&2
  exit 0;
fi

sleep 1

done

chmod +x してこんな感じでダウンロード

$ wgetc http://vx2-downloads.raspberrypi.org/raspbian/images/raspbian-2017-09-08/2017-09-07-raspbian-stretch.zip ; wgetc http://vx2-downloads.raspberrypi.org/raspbian_lite/images/raspbian_lite-2017-09-08/2017-09-07-raspbian-stretch-lite.zip ; sha256sum raspbian*.zip

3回ほどの試行でどうにか終わってました.

そして返り値ちゃんと確認するかとwgetのmanを見たら…….

       --retry-connrefused
           Consider "connection refused" a transient error and try again.  Normally Wget gives up on a URL when it is unable to connect to the site
           because failure to connect is taken as a sign that the server is not running at all and that retries would not help.  This option is for
           mirroring unreliable sites whose servers tend to disappear for short periods of time.
       --waitretry=seconds
           If you don't want Wget to wait between every retrieval, but only between retries of failed downloads, you can use this option.  Wget will use
           linear backoff, waiting 1 second after the first failure on a given file, then waiting 2 seconds after the second failure on that file, up to
           the maximum number of seconds you specify.

           By default, Wget will assume a value of 10 seconds.

実装されてましたorz

$ wget -c --retry-connrefused [URL]

な感じで良さそう.
次の機会に試してみます.

speedtest.netがcliで利用できるspeedtest-cliを試す

九里 真夏 @orumin そういえば speedtest.net って Linux の CLI client もありますね。

ってことでLinuxのcliで動くPython製のspeedtest-cliをちょっと試してみた.

speedtest.netでの回線速度計測をcliで行えます.python製でpipとかで各種環境に導入可能.

Debianだとjessie以降all, Ubuntuだと16.04LTS以降allにpkgもあるのでapt一発で入るし,Raspberry PiなどのARMアーキテクチャなんかでも問題なく動きました.

規定値の動作はipからロケーション拾ってそこから近いサーバーで計測した結果を返すようです.
自宅のipアドレスでの自動判定では静岡になってたので手動で計測サーバを変更して鹿児島と東京を試しました.

help

$ speedtest-cli -h
usage: speedtest-cli [-h] [--bytes] [--share] [--simple] [--list]
[--server SERVER] [--mini MINI] [--source SOURCE]
[--timeout TIMEOUT] [--secure] [--version]

Command line interface for testing internet bandwidth using speedtest.net.
--------------------------------------------------------------------------

https://github.com/sivel/speedtest-cli

optional arguments:
-h, --help show this help message and exit
--bytes Display values in bytes instead of bits. Does not affect
the image generated by --share
--share Generate and provide a URL to the speedtest.net share
results image
--simple Suppress verbose output, only show basic information
--list Display a list of speedtest.net servers sorted by
distance
--server SERVER Specify a server ID to test against
--mini MINI URL of the Speedtest Mini server
--source SOURCE Source IP address to bind to
--timeout TIMEOUT HTTP timeout in seconds. Default 10
--secure Use HTTPS instead of HTTP when communicating with
speedtest.net operated servers
--version Show the version number and exit

規定値では自宅は静岡になっていて静岡サーバで計測する(実際は鹿児島)

$ speedtest-cli
Retrieving speedtest.net configuration...
Retrieving speedtest.net server list...
Testing from FreeBit (180.131.110.140)...
Selecting best server based on latency...
Hosted by ClickL Network (Shizuoka) [0.02 km]: 110.464 ms
Testing download speed........................................
Download: 2.07 Mbit/s
Testing upload speed..................................................
Upload: 0.92 Mbit/s

日本のサーバを確認する

$ speedtest-cli --list|grep -i japan
14180) ClickL Network (Shizuoka, Japan) [0.02 km]
8407) Allied Telesis Capital Corporation (Sagamihara, Japan) [111.58 km]
6087) Allied Telesis Capital Corporation (Fussa-shi, Japan) [120.41 km]
6508) at2wn (Yokohama, Japan) [125.30 km]
7510) ASEINet (Tokyo, Japan) [141.71 km]
12546) TB (Tokyo, Japan) [141.71 km]
12511) h3zjp (Nerima, Japan) [142.66 km]
8348) Foxcore-LS (Sodegaura, Japan) [167.71 km]
7139) SoftEther Corporation (Tsukuba, Japan) [192.41 km]
6368) gatolabo (Maibara, Japan) [194.62 km]
6766) JAIST(ino-lab) (Nomi, Japan) [232.28 km]
13641) NextechNetworkSolutions (Nara, Japan) [237.53 km]
6476) rxy (individual) (Osaka, Japan) [264.80 km]
8832) prize3046 (Ikeda, Japan) [269.86 km]
8193) kamiari (Sendai, Japan) [427.67 km]
7976) denpa893 (Hikari, Japan) [601.03 km]
6405) Allied Telesis Capital Corporation (Misawa, Japan) [686.38 km]
13568) KSL (Kagoshima, Japan) [820.38 km]
811) GLBB Japan KK (Chatan, Japan) [1397.84 km]
6581) haza (Haebaru, Japan) [1410.56 km]

鹿児島サーバで計測してみる

$ speedtest-cli --server 13568
Retrieving speedtest.net configuration...
Retrieving speedtest.net server list...
Testing from FreeBit (180.131.110.140)...
Hosted by KSL (Kagoshima) [820.38 km]: 103.499 ms
Testing download speed........................................
Download: 2.20 Mbit/s
Testing upload speed..................................................
Upload: 0.92 Mbit/s

東京を–simple optionで計測してみる

$ speedtest-cli --simple --server 7510
Ping: 150.627 ms
Download: 1.88 Mbit/s
Upload: 0.84 Mbit/s

サーバの数を確認してみる

$ speedtest-cli --list | wc -l
6509

speedtestはJavaScriptやAdobe Flashが必要なことが多くてヘッドレス環境などでは面倒でした.
iperfやnetcatなんかはお手軽ですが,速度テスト先のサーバの用意が必要です.

今回のspeedtest-cliはお手軽に導入できて世界各地のサーバ相手にcliでspeed testも出来ていい感じです.

Raspbian stretch 2017-09-07

DebianベースのRaspberry Pi向けのOSイメージの最新版Raspbian stretch 2017-09-07が出ている

http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

2017-09-07:
* Disable predictable network interface names for Ethernet devices
* Bug fix for keyboard settings dialog in Raspberry Pi Configuration
* Bug fix for crash on some videos and animations in Chromium
* Bug fix for taskbar crash when running RealVNC server
* Bug fix for reloading projects with extensions in Scratch 2
* Bug fix for MAC address problem in Bluetooth
* Simple mode and new icons in Thonny
* New Japanese translations in Raspberry Pi Configuration
* Install fonts-droid-fallback for international fonts

先月の 2017-08-16 からDebian stretchベースになっています.今回は主にバグフィクスな感じ?

New Japanese translations in Raspberry Pi Configuration

は恐らくあっきーのrc_guiの翻訳かな?

Disable predictable network interface names for Ethernet devices

はwlan0とかがstretchからの新しい命名規則になる?

Install fonts-droid-fallback for international fonts

は自分は消して日本語フォント入れるかな?

とりあえずダウンロードが終わったら試してみます.

AsciiDocFXをARM64環境とかで試す

最近軽めのライブプレビューが出来てARM環境でも動くAsciiDoc環境がないかなーと探しています.今回はAsciiDocFX.

Java製のマルチプラットホームエディタ.ライブプレビュー機能もあり.

Asciidoc FX is a book / document editor to build PDF, Epub, Mobi and HTML books, documents and slides. AsciidocFX is also a winner of https://www.oracle.com/corporate/pressrelease/dukes-award-102815.html[Duke’s Choice Award 2015].

導入

アーカイブをダウンロードして展開するだけ.アーカイブはOS別にJRE同梱版とJREなし版がある.
Linux版JRE同梱版は中を見るとamd64だった.他のarchtectureではNo_JREを選ぶしかなさそう.

導入例
$ wget https://github.com/asciidocfx/AsciidocFX/releases/download/v1.5.5/AsciidocFX_Linux_No_JRE.tar.gz
$ tar xvf AsciidocFX_Linux_No_JRE.tar.gz
$ AsciidocFX/bin/AsciidocFX

OpenJDKで動かす場合は openjfx pkgも必要.

$ sudo apt install openjdk-8-jre openjfx

ARM64 + OracleJava環境では動作させることができていない.

警告

動作はしたが, overlay-scrollbar が見つからないという警告メッセージが出る.

$ ./AsciidocFX
Gtk-Message: Failed to load module "overlay-scrollbar"

overlay-scrollbar-gtk2 pkgを導入することで解決.

$ sudo apt install overlay-scrollbar-gtk2

使い勝手

  • ライブプレビューがあるのはやはり便利

    • よくずれるけども……

  • 動作はCore2Duoマシンでも起動には時間がかかるが起動すれば問題なく利用できる

    • ARM64(1.2GHz 64-Bit Quad-Core ARM Cortex A54)+OpenJDK環境ではキー入力からのタイムラグが気になって辛い

  • 書き出しフォーマットがHTML, PDF, Ebook(mobi/Epub), Docbookと豊富

    • しかしGUIでしか利用できないようでMarpと同じようなもどかしさがある

  • 基本的に3ペインで,左端はファイラー,アウトライン,最近使ったファイルが利用できるが閉じることも出来る(左端のアクティブなタブをクリック)

  • 右端ペインはプレビュー,設定が可能でこれも閉じること出来る(右端のアクティブなタブをクリック)

  • マウスの中ボタンや,shift+Insでの貼付けができない

  • 通常のコピー,ペーストもできなくなることがある

  • 利用中にフォントが滲むような表示になる

    • エディタ画面やプレビュー画面は更新で直るが他の部分は起動し直さないと直らない

てことでマウス中ボタン貼り付けや手持ちのARMで重いってことで選外に.

OpenJDK環境でAsciidocFXを動かす

AsciidocFXのLinux版はJRE同梱版(amd64のみ)とJREなし版が配布されています.
OpenJDKで動かないなと思っていたのですが,調べてみると以下のようなissueが.

てことでOpenJFXの導入を試してみたらamd64でもarm64環境でも起動しました :)
しかし手元のarm64環境ではキー入力してから表示されるまでのラグが結構気になるので実用にはちょっと辛そうでした.

$ sudo apt install openjfx
$ java -version
openjdk version "1.8.0_131"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_131-8u131-b11-0ubuntu1.16.04.2-b11)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.131-b11, mixed mode)

Debian arm64環境にOracle Java導入

AsciidocFXはOpenJDKで動かないぽいのでOracle Java入れてみようとして少しはまりました.

Oracle Javaは java-package を使うようになったのかなるほど

ということでまずは java-package pkgを導入.

$ sudo apt install java-package

Oracleからjreを入手と思ったらarmのjaeおらんかった……

jdkには Linux ARM 32 Hard Float ABI, Linux ARM 64 Hard Float ABI があるのでこれを入れてみる.

しかしぐぬぬ.

$ make-jpkg ./jdk-8u141-linux-arm64-vfp-hflt.tar.gz
Creating temporary directory: /tmp/make-jpkg.wW7eUWpw3m
Loading plugins: /usr/share/java-package/common.sh /usr/share/java-package/javase.sh /usr/share/java-package/jdk-doc.sh /usr/share/java-package/oracle-jdk-doc.sh /usr/share/java-package/oracle-jdk.sh /usr/share/java-package/oracle-jre.sh /usr/share/java-package/oracle-server-jre.sh

Detected Debian build architecture: arm64
Detected Debian GNU type: aarch64-linux-gnu

No matching packaging method was found for jdk-8u141-linux-arm64-vfp-hflt.tar.gz.
Please make sure you are using a tar.gz or a self-extracting archive
Removing temporary directory: done

jdkのarchiveを展開して jaja -version とかしてみると動くようなのでダウンロードするファイルは合っていそう.

バグとして上がっていた.

こちらのパッチを使わせてもらう.

$ wget 'https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?att=2;bug=863247;filename=java-package.patch;msg=10' -O java-package.patch
$ sudo patch -P0 -d / < ./java-package.patch
$ time make-jpkg ./jdk-8u141-linux-arm64-vfp-hflt.tar.gz
  :
real    9m58.079s
user    8m53.790s
sys     1m29.510s
$ sha256sum oracle-java8-jdk_8u141_arm64.deb
93a9b6136195616db7e33749eec783a224a125c2b3529385b548a49f5189af12  oracle-java8-jdk_8u141_arm64.deb
$ sudo dpkg -i oracle-java8-jdk_8u141_arm64.deb

javaをOracleに切り替える.

$ sudo update-alternatives --config java
There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).

  Selection    Path                                              Priority   Status
 ------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-arm64/jre/bin/java     1081      auto mode
  1            /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-arm64/jre/bin/java     1081      manual mode
  2            /usr/lib/jvm/oracle-java8-jdk-arm64/jre/bin/java   318       manual mode

Press <enter> to keep the current choice[*], or type selection number: 2
update-alternatives: using /usr/lib/jvm/oracle-java8-jdk-arm64/jre/bin/java to provide /usr/bin/java (java) in manual mode
$ java -version
java version "1.8.0_141"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_141-b15)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.141-b15, mixed mode)

ところで,なぜOracle Javaをarmで動かしたかったかというとAsciidocFXが実用的かどうかを試したかったからでした.しかし警告を出してすぐに終了してしまいました…….
armで未実装の機能を使っている感じでしょうか?

$ AsciidocFX_Linux_No_JRE/AsciidocFX
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM warning: G1 GC is disabled in this release.

てことで削除しました.(169MBの容量が開放されました)

$ sudo apt purge oracle-java8-jdk java-package
$ sudo rm -rf /usr/share/java-package