3月 02

Kobo Debian で dist-upgrade 後にもタッチパネルが使えるようにする

marekさん謹製のKobo Debian でapt-get dist-upgrade してxorg を更新するとタッチパネルが利用できなくなります.

原因は,marekさん謹製のマルチタッチドライバ(Kobo オリジナルはシングルタッチ)がxorg のバージョンに追従されないため.
解決するためにドライバをビルドしなおしてインストールする必要がある.

手順

apt-get dist-upgrade を行った後, /home/marek/src/xorg-input-kobomultitouch に移動し,ビルド&インストールを行う.
次回起動時に認識するようになる.

# cd /home/marek/src/xorg-input-kobomultitouch
# make clean
# make
# make install

開発環境は導入済みなので開発環境を導入する必要はない.

以前紹介した

を使ってもOK

2月 28

デジタルガジェットで手書きマッピングしたい

OpenStreatMap のマッピング方法の一つにWalking Paper というものがあります。
これはマッピングしたい位置のOpenStreetMap 地図を印刷して、その紙に手書きでマッピングしてその紙をスキャンしてそれを見ながらマッピングするというものです。

OSM 地図印刷 -> 手書きマッピング -> 取り込んでPC マッピング

#最近だとコンビニで印刷もスキャニングもできるので楽ですね :)

これをタブレットなどのデバイスでできると便利そうだなーと思っていたのでした。
iPad 等では手書きがいまいちかなとか。enchantmoon はすごく相性良さそうだけど解像度が足りなさそう。
SHARP のd電子ノート(WG-S20/WG-N20)も解像度が足りなさそう…。
そもそも液晶画面だと外で見えにくいんですよね><

というところにソニー デジタルペーパー DPT-S1 というデバイスが出ました。

これは電子ペーパーだし、手書きもWACOM だしとよさげ。
ネックは100k という値段でしょうか…。

誰か試してみませんか?

2月 27

Linux のDisk 確認方法

Linux マシンにSD Card や USB メモリ等を複数接続した時などにどれがどのデバイスかわからなくなった時などに役立ちそうな確認方法です。
(/dev/sda… とか /dev/mmcblk0… とか)

dmesg

よく dmesg を確認します。

% dmesg
  :
[378481.925145] usb 4-1.2: new high-speed USB device number 7 using ehci-pci
[378482.022988] usb 4-1.2: New USB device found, idVendor=056e, idProduct=6009
[378482.022991] usb 4-1.2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
[378482.022993] usb 4-1.2: Product: MF-HDU2
[378482.022994] usb 4-1.2: Manufacturer: ELECOM
[378482.022995] usb 4-1.2: SerialNumber: 0708C20C90C7B761
[378482.023271] usb-storage 4-1.2:1.0: USB Mass Storage device detected
[378482.023343] scsi9 : usb-storage 4-1.2:1.0
[378483.083291] scsi 9:0:0:0: Direct-Access     ELECOM   MF-HDU2          PMAP PQ: 0 ANSI: 4
[378483.083655] sd 9:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0
[378484.049829] sd 9:0:0:0: [sdc] 62554112 512-byte logical blocks: (32.0 GB/29.8 GiB)
[378484.052425] sd 9:0:0:0: [sdc] Write Protect is off
[378484.052427] sd 9:0:0:0: [sdc] Mode Sense: 23 00 00 00
[378484.055034] sd 9:0:0:0: [sdc] No Caching mode page found
[378484.055037] sd 9:0:0:0: [sdc] Assuming drive cache: write through
[378484.064057] sd 9:0:0:0: [sdc] No Caching mode page found
[378484.064060] sd 9:0:0:0: [sdc] Assuming drive cache: write through
[378484.096077]  sdc: sdc1
[378484.103442] sd 9:0:0:0: [sdc] No Caching mode page found
[378484.103449] sd 9:0:0:0: [sdc] Assuming drive cache: write through
[378484.103454] sd 9:0:0:0: [sdc] Attached SCSI removable disk

ELECOM MF-HDU2 が /dev/sdc として認識しています。
しかし、これだと画面から流れたりどのデバイスを先に刺したかが判らなくなるといったんumount して接続しなおしをしないといけません。

/dev/disk/by-id

こんなとき /dev/disk/by-id を見ると判るかもしれません。※udev 依存

% ls -lA /dev/disk/by-id
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 23 02:42 ata-INTEL_SSDSA2CW600G3_CVPR1206005W600FGN -> ../../sda
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 ata-INTEL_SSDSA2CW600G3_CVPR1206005W600FGN-part1 -> ../../sda1
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 ata-INTEL_SSDSA2CW600G3_CVPR1206005W600FGN-part2 -> ../../sda2
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 ata-INTEL_SSDSA2CW600G3_CVPR1206005W600FGN-part5 -> ../../sda5
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 26 03:53 ata-ST9500420ASG_5VJ79GDX -> ../../sdb
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 05:05 dm-name-luks-3baf2c17-3b18-44ee-9547-cb87b88a80ab -> ../../dm-3
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 dm-name-sdb5_crypt -> ../../dm-0
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 dm-name-x220-root -> ../../dm-1
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 dm-name-x220-swap_1 -> ../../dm-2
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 dm-uuid-CRYPT-LUKS1-1b4bc14d71604ab5b3db2096a7f61be0-sdb5_crypt -> ../../dm-0
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 05:05 dm-uuid-CRYPT-LUKS1-3baf2c173b1844ee9547cb87b88a80ab-luks-3baf2c17-3b18-44ee-9547-cb87b88a80ab -> ../../dm-3
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 dm-uuid-LVM-L9AiiS7dZRu2WvjdUirxz9fS4OIIqRpKmuJecuwuh7tfiQxUbaGcvv9ppr7WhxZP -> ../../dm-2
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 dm-uuid-LVM-L9AiiS7dZRu2WvjdUirxz9fS4OIIqRpKxnaP2Gj6PtwuddX1iXfyTQq0hxGbi6o3 -> ../../dm-1
lrwxrwxrwx 1 root root 13  2月 26 05:07 memstick-SD16G_0xd39a5655 -> ../../mmcblk0
lrwxrwxrwx 1 root root 15  2月 26 05:07 memstick-SD16G_0xd39a5655-part1 -> ../../mmcblk0p1
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 23 02:42 scsi-SATA_INTEL_SSDSA2CW60CVPR1206005W600FGN -> ../../sda
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 scsi-SATA_INTEL_SSDSA2CW60CVPR1206005W600FGN-part1 -> ../../sda1
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 scsi-SATA_INTEL_SSDSA2CW60CVPR1206005W600FGN-part2 -> ../../sda2
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 scsi-SATA_INTEL_SSDSA2CW60CVPR1206005W600FGN-part5 -> ../../sda5
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 26 03:53 scsi-SST9500420ASG_FEDCBA9876543210 -> ../../sdb
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 27 20:52 usb-ELECOM_MF-HDU2_0708C20C90C7B761-0:0 -> ../../sdc
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 27 20:52 usb-ELECOM_MF-HDU2_0708C20C90C7B761-0:0-part1 -> ../../sdc1
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 26 03:53 wwn-0x5000c5002998a599 -> ../../sdb
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 23 02:42 wwn-0x500151795957940c -> ../../sda
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 wwn-0x500151795957940c-part1 -> ../../sda1
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 wwn-0x500151795957940c-part2 -> ../../sda2
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 23 02:42 wwn-0x500151795957940c-part5 -> ../../sda5

USB 接続のデバイスだけなら以下のようにするとすっきりしますね。

% ls -l /dev/disk/by-id/usb*
lrwxrwxrwx 1 root root  9  2月 27 20:52 /dev/disk/by-id/usb-ELECOM_MF-HDU2_0708C20C90C7B761-0:0 -> ../../sdc
lrwxrwxrwx 1 root root 10  2月 27 20:52 /dev/disk/by-id/usb-ELECOM_MF-HDU2_0708C20C90C7B761-0:0-part1 -> ../../sdc1

/dev/disk の下には他にも by-label by-path by-uuid があるようです。何かの役に立つかもしれません。

  • by-label ボリュームラベルのデバイス
  • by-path デバイス名(<パスID>-:-<パーティション>)
  • by-uuid デバイスのuuid 表示

2月 25

P2VJ というビットマップ形式の画像ファイルからベクター形式のSVG形式に変換するソフトを試してみた

P2VJ というビットマップ形式の画像ファイルからベクター形式のSVG形式に変換するソフトを見かけたので試してみました。
どういったものかというとビットマップ形式のPNG/Jpeg/BMP の画像をSVG かPDF のベクター形式のファイルに変換してくれるというものです。

Java で書かれていて、Java 環境であれば動作するようです。
Windows 向けには.bat ファイルが用意されていますが、手元の環境はLinux だったので起動用のsh script を用意して実行するようにしました。

P2VJ をダウンロードして展開したディレクトリに移動して、実行用のscript をダウンロードして実行権を付与して実行します。

$ wget https://gist.githubusercontent.com/matoken/9200813/raw/51f17da9e8b8d17e6449063baeb40e8499df2b4e/runp2vj.sh
$ chmod +x runp2vj.sh
$ ./runp2vj.sh

使い方は基本的に変換したい画像を指定するだけです。詳細は同梱のreadme.txt/readme_en.txt に詳しいです。

チェックボックスについて
postere・・・ポスタリゼーション(色の平滑化)をかけます。写真や、ぼかしを使っている絵を変換しようとする場合ONにしておいてください。jpeg画像の場合もONにしておくことをお勧め
します。
remove anti-Aliase・・・完全に2値化された絵(MSペイントなどで描かれた絵)を変換する場合以外はONにしておいてください。
makepng・・・ベクタ化した後PNG画像を作ります。
makepdf・・・ベクタ化した画像の PDF ファイルを作ります。コンビニとかで高解像度画像が(たぶん)そのまま印刷できるよ!

サイズが各種揃っていて、SVG もあるDebian ロゴで試してみました。

  • Debian ロゴ
    • openlogo-nd-25.png -> 25×30 pix
    • openlogo-nd-50.png -> 50×61 pix
    • openlogo-nd-75.png -> 75×92 pix
    • openlogo-nd-100.png -> 101×124 pix

このPNG ファイルをP2VJ でSVG に変換しました。

SVG に変換たものを横幅200pix に拡大したもの。

SVG に変換たものを1000×1230 に拡大して切り出したもの。

さすがにあまり小さい画像だとイマイチですが、覚えておくと色々使えそうです。

以下メモ。

% montage -label %f -tile 2x2 -geometry 200 -quality 100 openlogo-nd-25.svg openlogo-nd-50.svg openlogo-nd-75.svg openlogo-nd-100.svg out.png
% for i in openlogo-nd-*.svg ;do convert -geometry 1000x1230 -crop 400x400+200+200 $i $i-corp.png; done
% montage -label %f -tile 2x2 -geometry 200 -quality 100 openlogo-nd-25.svg-corp.png openlogo-nd-50.svg-corp.png openlogo-nd-75.svg-corp.png openlogo-nd-100.svg-corp.png corp.png

2月 25

「Raspberry Piではじめる どきどきプログラミング」を読んでみた

PEG(programming education gathering) の公式推奨本ということで「Raspberry Piではじめる どきどきプログラミング」を読んでみました。

実は少し前に「小学生からはじめるわくわくプログラミング」の方も読んでいました。こちらはPC でScratch を利用する本でした。
「Multi-Device UX Competition 2014」鹿児島アイデアソン – 301 Coworking & Share space in Kagoshima-shi, Kagoshima, Japan
に参加した時の商品で頂いたものです。)

なので、今回はRaspberryPi でScratch の本かなと思っていたのですが、それだけでなくMinecraftPi やMinecraftPi をScratch で操作する方法、Lチカ 等まで紹介されていました。

MinecraftPi については今回初めて知ったのですが、RasoberryPi + Rasbian 向けのMinecraft というだけでなく、他のMinecraft にはないプログラミング連携機能を持っているようです。

このプログラミング連携機能を使ってScratch からMinecraft を操作したり、Python から操作したりできるようです。

この本の中では「ものづくりを仮想世界で楽しもう」「ものづくりの自動化に挑戦しよう」として紹介されています。
Lチカのあたりは「現実の世界をプログラミングしよう」として紹介されています。
応用して電子工作で何らかのセンサと、Minecraft を連携させてみると面白そうだなと思いました。

恐らくRaspberryPi や部品の入手、ソフトウェアの導入のあたりを大人が手伝ってあげれば小学生でもひと通り試せるような感じです。
ワークショップなどを行う場合は導入済みのSD Card を用意しておくと良さそうです。
これをきっかけにプログラミングや電子工作に興味を持つ子供が増えていくといいなぁと思います。

(鹿児島でも現物を入手できる場所があるといいんですが…)

2月 23

第4回鹿児島node-jsの会に参加してきた

2/21(金) の第4回鹿児島Node.jsの会に参加?してきました。
?なのは到着が遅れて本題のNode.js の部は終わってしまったところでしたorz

鹿児島Node.jsの会は内村さんが主催されていて、第3回開催までは鹿児島在住だったのですがその後福岡に移動されて開催が危ぶまれていましたが今回わざわざ鹿児島に帰ってきての開催でした。
話が聞けずに残念…。資料読んで復習します><

#毎回開催前にちゃんと資料作って公開されてるので素晴らしいです。

その後、内村さん作成中のインテリジェント抱きまくら?を見せてもらいました。

抱くと声やキャラクターが反応するものです。
デバイスは無線LAN マウスを利用していて、HID なのでドライバいらずでマルチプラットホーム展開も楽という事でした。

#確かmbed でHID が簡単に作れたよなぁ…

その後、OpenStreatMap の説明を少ししてLinux勉強会をしたいという話をしたのでした。

OSM はうまく説明できずいまいちな反応でした><

#ちゃんと資料作って行かないとダメですね><

gitit のテストがてら鹿児島IT勉強会カレンダー(仮)というページも作ってみました。

このLinuxの勉強会は来月辺りから動き始めるつもりです。

以下は鹿児島Node.jsの会の過去の資料です。

2月 02

ftp.kddilabs.jp の OpenSSH ミラーがうまく行ってないのを報告してみた

OpenSSH 6.5/6.5p1 リリース! ってことで

/OpenBSD/OpenSSH/portable/ のインデックス

に貰いに行ったら最新が 6.2p1 で 6.3p1~6.5p1 が無かった.
とりあえず jaist の mirror から貰ってきたけど報告したほうがいいだろうなってことで連絡先を探してみました.

ftp のディレクトリ階層を登って行って一番上の HEADER.html 経由で FAQ Page に.

そこに以下のように書かれていました.

アーカイブ内容が更新されていないようなんですけど...
各アーカイブのマスターサイトと比較して、1~2週間程度更新されていないようであればメール (アドレスは本ページ下部に記載されています)にてご連絡いただけると助かります。

OpenSSH 6.5p1 は出てすぐだけど,6.3p1 も同期されていないのでメールすることに.
メールして3時間ちょいで直したよってメールが帰ってきました.
#土曜日なのに!

ということで同期されるようになりました.

OpenSSH の公式からもリンク張られているし多分気づいてる人いっぱい居たと思うんですが,少なくとも数カ月は放置されてたってことは報告する人居なかったのだと思います.
報告するとすぐ直してもらえるようなので報告すると喜ぶ人がたくさん居ると思うよということで.

#ちなみにOpenSSH 6.5p1 は ed25519 が気になってます :)

1月 22

ユーザーモードエミュレーションqemu を使って Kono on Debian のイメージを Host PC で apt-get とかする

Kobo on Debian ですが,ストレージがmicroSD のせいかよくイメージが壊れてしまいます.そのたびに書き込みなおして設定を行ってというのは大変です.ということで Kobo on Debian のイメージをホストのLinux マシンでマウントしてユーザーモードqemu を利用して apt-get したりする方法の紹介です.

ここではhost pc に Debian jessie を利用していますが,wheezy や Ubuntu 13.10 なんかでも全く同じように動作しそうです.
(他のディストリビューションでも大丈夫でしょうがパッケージ名などが異なると思われます.)

qemu-user-static パッケージを導入

先ず,ユーザーモードqemu のパッケージを導入します.これで,別のアーキテクチャのバイナリをユーザーモードで動作させることが出来ます.

% sudo apt-get install qemu-user-static

パッケージの中を見ると以下のアーキテクチャが動作するようです.

% dpkg -L qemu-user-static
/usr/bin/qemu-mipsn32-static
/usr/bin/qemu-or32-static
/usr/bin/qemu-mips-static
/usr/bin/qemu-m68k-static
/usr/bin/qemu-ppc64-static
/usr/bin/qemu-sparc-static
/usr/bin/qemu-i386-static
/usr/bin/qemu-armeb-static
/usr/bin/qemu-mipsn32el-static
/usr/bin/qemu-ppc-static
/usr/bin/qemu-ppc64abi32-static
/usr/bin/qemu-mipsel-static
/usr/bin/qemu-arm-static
/usr/bin/qemu-x86_64-static
/usr/bin/qemu-sh4-static
/usr/bin/qemu-mips64el-static
/usr/bin/qemu-sparc64-static
/usr/bin/qemu-unicore32-static
/usr/bin/qemu-sh4eb-static
/usr/bin/qemu-microblazeel-static
/usr/bin/qemu-microblaze-static
/usr/bin/qemu-mips64-static
/usr/bin/qemu-cris-static
/usr/bin/qemu-sparc32plus-static
/usr/bin/qemu-alpha-static
/usr/bin/qemu-s390x-static

ディスクイメージをマウント

Kobo on Debian のイメージを loopback mount します.イメージは複数パーティションなので,fdisk コマンドでパーティション情報を確認して mount 時に offset を指定します.

% /sbin/fdisk -l -u ./2013-08-17_kobo_debian.img

Disk ./2013-08-17_kobo_debian.img: 8014 MB, 8014266368 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 974 cylinders, total 15652864 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000aad1a

                       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
./2013-08-17_kobo_debian.img1           19456    10506239     5243392   83  Linux
./2013-08-17_kobo_debian.img2        10506240    14698495     2096128    b  W95 FAT32
./2013-08-17_kobo_debian.img3        14698496    15652863      477184   82  Linux swap / Solaris

今回利用したいのは1つめのパーティションの ./2013-08-17_kobo_debian.img1 19456 10506239 5243392 83 Linux 部分です.
先頭ブロックは 19456 で,ブロックサイズは 512 なので, 19456*512 = 9961472 が offset になります.(若しくは expr 19456 \* 512 とかしても判りやすいかもです.)

% sudo mount -o loop,offset=9961472 ./2013-08-17_kobo_debian.img /mnt

これで 2013-08-17_kobo_debian.img の第1パーティションが /mnt にマウントされました.

ユーザーモードエミュレーションQEMU コマンドをコピーする

Kobo on Debian 部分を chroot で利用したいので,ユーザーモードエミュレーションQEMU コマンドをイメージ内にコピーします.
マウント時に /usr/bin になる部分にコピーします.

% sudo cp -p /usr/bin/qemu-arm-static /mnt/debian/usr/bin

chroot してapt とかする

イメージを chroot して apt とかしてみます.

% sudo chroot /mnt/debian /bin/bash
# vi etc/apt/sources.list

名前解決に失敗するので,nameserver を設定します.以下は Google の 8.8.8.8 を指定した時の例です.chroot 前に host のresolv.conf を cp しておいてもいいかもしれません.

# cat <<__EOF__> /etc/resolv.conf
> nameserver 8.8.8.8
> __EOF__
# apt-get update
  :

後は普通に設定していきます.
設定が終了したらexit コマンドで chroot を抜け,umount コマンドでアンマウントします.

RaspberryPi の Rasbian イメージでも行けるだろうと思って試したのですが,失敗してしまいました.解決したいところです….

1月 15

Debian wheezy/jessie で mikutter する(2014/01/15版)

2014/01/15現在 mikutter は wheezy-backports と sid にあります.

先日までjessie にもあって利用していたのですが(kobo とかで)移動してしまいました.ということで jessie で sid から借りてくる方法とついでに wheezy で backports から借りてくる方法を書いておきます.
jessie の方は多分また状況が変わるかもです.

※/etc 以下のファイルを編集します.etckeeper などを使ってバージョン管理しておくと便利&安心です.

jessie

/etc/apt/sources.list に sid を追加

以下の行を追加します.

# sid
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main

source.list のurl は wheezy に合わせて下さい.(deb http://ring.ix.oita-u.ac.jp/archives/linux/debian/debian sid main contrib non-free の場合 deb http://ring.ix.oita-u.ac.jp/archives/linux/debian/debian sid main)

/etc/apt/preferences の編集

アップデートを有効にするために /etc/apt/preferences を編集します.
以下の行を追加します.

Package: *
Pin: release a=sid
Pin-Priority: 200

#これは設定しないで手動のほうが良い場合も?

前のフィールドがあったら1行開けること.行が開いてないとうまく認識しません.

アップデート

$ sudo apt-get update

mikutter 導入

$ sudo apt-get install mikutter/sid

or

$ sudo apt-get install -t sid mikutter

wheezy

/etc/apt/sources.list に backports を追加

以下の行を追加します.

# wheezy-backports
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy-backports main

source.list のurl は wheezy に合わせて下さい.(deb http://ring.ix.oita-u.ac.jp/archives/linux/debian/debian wheezy main contrib non-free の場合 deb http://ring.ix.oita-u.ac.jp/archives/linux/debian/debian wheezy-backports main)

/etc/apt/preferences の編集

アップデートを有効にするために /etc/apt/preferences を編集します.
以下の行を追加します.

Package: *
Pin: release a=wheezy-backports
Pin-Priority: 200

前のフィールドがあったら1行開けること.行が開いてないとうまく認識しません.

アップデート

$ sudo apt-get update

mikutter 導入

$ sudo apt-get install mikutter/wheezy-backports

or

$ sudo apt-get install -t wheezy-backports mikutter

1月 04

[告知]日経Linux 2014年2月号に Kobo on Debian/Android の記事が載ります

今回ご縁があって1/8発売の「日経Linux2014年02月号」に記事を書かせてもらいました.内容は Kobo でDebian/Android を動かすものです.

元々関西オープンフォーラム2013opencocon@shimadah君と話していて「kobo でDebian 動かしてる人居るよ.調べてみる価値はあると思う.」と聞いたのがきっかけでした.
その後 オープンソースカンファレンス2013福岡に現物を持って行ったら結構手遅れ界隈を中心に受けたのでその次の週のオープンソースカンファレンス2013大分のLT で発表したのでした.(こっちにはLT が下手なせいかLT は受けなかったorz)

このLT 資料を見た @emasakaさん経由で執筆依頼を頂き記事を書きました.

#最後の校正はTakashi.Yamanoue先生の「鹿児島組み込みシステム推進協議会懇談会」の最中にやってました><

校正時から変わっていなければ pp.75-79 に掲載されます.
内容は以下のWiki のものですが,校正も入り解りやすくなっています.

ただ,この記事執筆時から状況が変わった部分が有ります.

  • apt-get dist-upgrade した後Debian で起動するとタッチパネルが認識しなくなる.
  • mikutter のパッケージがJessie から無くなったのでapt-get install だけでは導入できなくなった.
  • Kobo mini でも動作確認が取れた.

タッチパネルが認識しなくなる問題はとりあえず dist-upgrade を避ければ大丈夫です.xorg 関連だと思うのですが,パッケージを割り出してpin を挿してそのパッケージを自動アップグレードされないような設定をすればいいと思うので調べているところです.
解決しました -> Kobo Debian で dist-upgrade 後にもタッチパネルが使えるようにする | matoken’s meme

mikutter はsid にはあるので,そちらから貰ってくることで動作すると思うので検証してまとめたいと思います.(多分 /etc/apt/sources.list, /etc/apt/preferences の書き換えで… )
とりあえずこんな感じで -> Debian wheezy/jessie で mikutter する(2014/01/15版) | matoken’s meme

その他,apt-get update Host 側で先に行ってから書き込む方法を見つけたのでこれも手順を書きたいと思っています.
書きました -> ユーザーモードエミュレーションqemu を使って Kono on Debian のイメージを Host PC で apt-get とかする | matoken’s meme