ExifTool で任意の geotag 埋め込み

DSC_0241

撮影した写真への位置情報の書き込みにいつもは GPSロガーで記録したGPSログを使い,gpscorrelateコマンドを利用しています.

以下のスライドは2008年のものですが現在もそのままの手順で埋め込んでいます.

建物内などに入ったときなどGPSログが取れないので埋め込みも出来ていませんでした.でも今回建物内で撮影したのが分かっている写真にその場所の位置情報を埋め込みたいと思いました.

gpscorrelateコマンドのマニュアルを見た感じそれらしいオプションは見当たりませんでした.ダミーのGPSログを書くとかもちょっと考えたのですが,exiv2コマンドで座標指定でいけるのではとmanを見ると行けそうです.

       exiv2 -M"set Exif.GPSInfo.GPSLatitude 4/1 15/1 33/1" \
              -M"set Exif.GPSInfo.GPSLatitudeRef N" image.jpg
              Sets  the  latitude to 4 degrees, 15 minutes and 33 seconds north. The Exif standard stipulates that the GPS‐
              Latitude tag consists of three Rational numbers for the degrees, minutes and seconds of the latitude and GPS‐
              LatitudeRef contains either 'N' or 'S' for north or south latitude respectively.

しかし座標の度分秒変換が必要でちょっとめんどうです.
ExifToolを見ると変換なしで行けそうなのでこれで試してみました.(-geotag optionでgpscorrelateと同じこともできそう)

       -geotag TRKFILE
            Geotag images from the specified GPS track log file.  Using the -geotag option is equivalent to writing a value
            to the "Geotag" tag.  After the -geotag option has been specified, the value of the "Geotime" tag is written to
            define a date/time for the position interpolation.  If "Geotime" is not specified, the value is copied from
            "DateTimeOriginal#" (the "#" is added to copy the unformatted value, avoiding potential conflicts with the -d
            option).  For example, the following two commands are equivalent:

                exiftool -geotag trk.log image.jpg
                exiftool -geotag trk.log "-Geotime<DateTimeOriginal#" image.jpg

            When the "Geotime" value is converted to UTC, the local system timezone is assumed unless the date/time value
            contains a timezone.  Writing "Geotime" causes the following tags to be written (provided they can be
            calculated from the track log, and they are supported by the destination metadata format):  GPSLatitude,
            GPSLatitudeRef, GPSLongitude, GPSLongitudeRef, GPSAltitude, GPSAltitudeRef, GPSDateStamp, GPSTimeStamp,
            GPSDateTime, GPSTrack, GPSTrackRef, GPSSpeed, GPSSpeedRef, GPSImgDirection, GPSImgDirectionRef, GPSPitch and
            GPSRoll.  By default, tags are created in EXIF, and updated in XMP only if they already exist.  However,
            "EXIF:Geotime" or "XMP:Geotime" may be specified to write only EXIF or XMP tags respectively.  Note that
            GPSPitch and GPSRoll are non-standard, and require user-defined tags in order to be written.

すでに埋め込み済みのジオタグを参考にして,

$ exiftool -v IMGP5011.JPG|grep GPS
  | 12) GPSInfo (SubDirectory) -->
  | + [GPS directory with 11 entries]
  | | 0)  GPSVersionID = 2 0 0 0
  | | Warning = Tag ID 0x0000 out of sequence in GPS
  | | 1)  GPSVersionID = 2 3 0 0
  | | 2)  GPSLatitudeRef = N
  | | 3)  GPSLatitude = 31 19 18.23 (31/1 19/1 1823/100)
  | | 4)  GPSLongitudeRef = E
  | | 5)  GPSLongitude = 130 53 57.6 (130/1 53/1 5760/100)
  | | 6)  GPSAltitudeRef = 0
  | | 7)  GPSAltitude = 7.8833 (78833/10000)
  | | 8)  GPSTimeStamp = 7 10 37 (7/1 10/1 37/1)
  | | 9)  GPSMapDatum = WGS-84
  | | 10) GPSDateStamp = 2018:01:13

こんな感じかな?

  • GPSLongitudeRef=E -> 東経, 西経
  • GPSLongitude=130.86455555555557 -> 経度
  • GPSLatitudeRef=N -> 北緯, 南緯
  • GPSLatitude=31.386555555555553 -> 緯度
  • GPSAltitude=41.47 -> 海抜標高

実際にExifToolで埋め込んでみました.

$ exiftool -GPSLongitudeRef=E -GPSLongitude=130.86455555555557 -GPSLatitudeRef=N -GPSLatitude=31.386555555555553 -GPSAltitude=41.47 IMGP5021.JPG

座標系がないとまずいかなと思いましたがJOSMやGpsPruneにこの写真を読み込んでみると想定していた座標にプロットされました :)

20180117_00:01:45-2690020180116_05:01:42-30322

exiftoolは既定値ではIMGP5021.JPG_originalのようにオリジナルファイルのバックアップが作成されるので  問題なかったらこれは消しておきましょう.

$ rm *_original

OsMoのTripページからGPXを入手するメモ

土日に撮った写真にジオタグをつけようとそのときロギングしていたGPSのログを吸い出そうとしたら見当たりません.GPSロガーの設定がいつの間にかログを保存しない設定になっていました.ボタン部分のゴム部分に穴が開いてしまって防水ではなくなったので土曜の雨の時カバンに入れていたのでそのときにキーロックし忘れて設定が変わったのかもしれません.

AndroidスマホでOsMoDroidも動作させていたのでこれがログを残していないかと見てみると古いものしかありません.

$ jmtpfs android/
$ ls -ltrA android/内部ストレージ/OsMoDroid | tail -1
-rw-r--r--  1 mk mk  803382  2月 25 21:35 20170225070457.gpx
$ find android -iname "*osmo*"
android/内部ストレージ/osmand/tracks/osmo
android/内部ストレージ/OsMoDroid
android/SDカード/Android/obb/net.osmand.plus/tracks/osmo
$ ls -ltrA android/内部ストレージ/OsMoDroid/ | tail -1
-rw-r--r-- 1 mk mk  803382  2月 25 21:35 20170225070457.gpx

自動的に生成されるTripページにルートが表示されるのでこれが取得できないかソースを見てみました.

それっぽいURLをこんな感じで抜き出して,

$ w3m -dump_source 'https://osmo.mobi/h/d8VhsthhuF9rpEDUCNXjOhHxJHdmiNQNRsoR4AEmpF' | sed -n "s/^.*getJSON('\([^']*\)'.*$/\1/p"
https://api.osmo.mobi/session_get?url=d8VhsthhuF9rpEDUCNXjOhHxJHdmiNQNRsoR4AEmpF&mode=

そのurlの中を見るとJSONでGPXの項目があるのでjqで抜き出す

$ w3m -dump_source 'https://osmo.mobi/h/d8VhsthhuF9rpEDUCNXjOhHxJHdmiNQNRsoR4AEmpF' | sed -n "s/^.*getJSON('\([^']*\)'.*$/\1/p" | jq -r .gpx
https://st.osmo.mobi/htg/d/8/V/hsthhuF9rpEDUCNXjOhHxJHdmiNQNRsoR4AEmpF.gpx

これをDLするとGPXだった.

$ wget https://st.osmo.mobi/htg/d/8/V/hsthhuF9rpEDUCNXjOhHxJHdmiNQNRsoR4AEmpF.gpx

繋げるとこんな感じ

$ w3m -dump_source 'https://osmo.mobi/h/d8VhsthhuF9rpEDUCNXjOhHxJHdmiNQNRsoR4AEmpF' | sed -n "s/^.*getJSON('\([^']*\)'.*$/\1/p" | xargs w3m -dump_source | jq -r .gpx | wget -i -

GPX Viewerで開こうとするとファイルオープン画面から帰ってこなかったですが,GpsPruneだと開けました.ちょっと荒いけど無いよりは全然いいですね.

20170411_01:04:30-17480

mineoを刺したLGL22のA-GPSサーバを変更してみる

Screenshot_2015-04-21-20-55-30
LGL22 にmineo のSIM を挿して運用していますが,どうもGPS の動作がおかしい.IngressGPS Status & Toolbox を起動して1時間とかずっと置いといても測位できなかったりする.
以下のページを見るとキャリアが用意したA-GPS 情報を配布しているサーバは外からアクセスできなくてMVNO だと使えない,Google提供のA-GPS サーバがあってこれは外から使えるらしいということが分かりました.A-PGS 使えなかった時はタイムアウトして欲しい気もしますが….

  • トークセッション. MVNOとGPSについて (大内)

    趣旨:「MVNOではGPSは使えない」という誤解がありますが、正しくありません。しかし、一部のスマホでGPSの位置情報がうまく利用できないように見えるのも事実です。Androidを例に位置情報取得の仕組みとその原因についてご紹介します。

ということで,/etc/gps.conf のSUPL 部分を以下のように書き換えてみました.

SUPL_HOST=supl.google.com と SUPL_PORT=7275 or SUPL_PORT=7276 部分.書き換えた後再起動しても症状は変わらないよう.

Cinnamon Mod だと元々Google のサーバを向いているとのことなので CM12 をそのまま真似してみる.

これで数日使ってみているけど今のところ問題無さそう.
ただ,この方法は /system 領域の編集が必要なので通常は要root
もうすぐキャリア端末のSIM Free がやりやすくなるようですが,この辺りも解決して欲しいですね.APN みたいに設定画面から書き換えできるようにするとか.

以下は書き換え時のメモです.

$ ./adb shell
$ su
# mount -o rw,remount /system
# cp -p /etc/gps.conf /etc/gps.conf.org
# vi /etc/gps.conf
# cat /etc/gps.conf
XTRA_SERVER_1=http://xtra1.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_2=http://xtra2.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_3=http://xtra3.gpsonextra.net/xtra.bin
SUPL_HOST=supl.google.com
SUPL_PORT=7276
# mount -o ro,remount /system
# exit
$ exit