Raspbian jessieのntp設定

Raspbianにntpdやchronyやntpdateとか居ないけど何が面倒見てるんだろうてことで確認.
systemdが面倒見ててtimeatectlコマンドで確認設定ができるらしい.

$ dpkg -l|egrep -i "ntp|chrony"
$ systemctl -a | grep -i ntp

今の状態を確認

$ timedatectl status
      Local time: Wed 2017-10-25 02:01:14 JST
  Universal time: Tue 2017-10-24 17:01:14 UTC
        RTC time: n/a
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

NTP同期を無効にしてみる

$ sudo timedatectl set-ntp false

無効になった( Network time on: no )
再起動すると NTP synchronizedno にもなる.

$ timedatectl status
      Local time: Wed 2017-10-25 02:01:39 JST
  Universal time: Tue 2017-10-24 17:01:39 UTC
        RTC time: n/a
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: no
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

おまけ

タイムゾーンの確認

$ timedatectl list-timezones | grep -i tokyo
Asia/Tokyo

タイムゾーンの設定

$ sudo timedatectl set-timezone

任意のntp serverの指定

dhcpdから渡ってきたもの.

hdcpdに無い場合 /etc/systemd/timesyncd.conf
NTPFallbackNTP

環境

Raspbian stretch lite 2017-09-07(未update)

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 9.1 (stretch)
Release:        9.1
Codename:       stretch
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.9.41+ #1023 Tue Aug 8 15:47:12 BST 2017 armv6l GNU/Linux

Raspbian stretch 2017-09-07

DebianベースのRaspberry Pi向けのOSイメージの最新版Raspbian stretch 2017-09-07が出ている

http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

2017-09-07:
* Disable predictable network interface names for Ethernet devices
* Bug fix for keyboard settings dialog in Raspberry Pi Configuration
* Bug fix for crash on some videos and animations in Chromium
* Bug fix for taskbar crash when running RealVNC server
* Bug fix for reloading projects with extensions in Scratch 2
* Bug fix for MAC address problem in Bluetooth
* Simple mode and new icons in Thonny
* New Japanese translations in Raspberry Pi Configuration
* Install fonts-droid-fallback for international fonts

先月の 2017-08-16 からDebian stretchベースになっています.今回は主にバグフィクスな感じ?

New Japanese translations in Raspberry Pi Configuration

は恐らくあっきーのrc_guiの翻訳かな?

Disable predictable network interface names for Ethernet devices

はwlan0とかがstretchからの新しい命名規則になる?

Install fonts-droid-fallback for international fonts

は自分は消して日本語フォント入れるかな?

とりあえずダウンロードが終わったら試してみます.

RaspbianでUVCデバイスが認識できなくて困る

昨日の話なのですが,Rasbianの入ったRaspberry PiでUVCのWebCam(logitech c270)が認識しなくて困りました.
接続してdmesgやlsusbには該当のvid/pidは出てきます.でも/dev/video?などは出てこず.
手動でomdule を読みこませようとするとこんなエラー.

$ sudo modprobe uvcvideo
modprobe: ERROR: ../libkmod/libkmod.c:557 kmod_search_moddep() could not open moddep file '/lib/modules/4.4.9-v7+/modules.dep.bin'

apt update && apt upgradeでkernel更新したけど再起動して反映していない&Raspbianでは古いmoduleはupgraed時に消されるということだったようです.
再起動して新しいKernelにして解決でした.
通常のDebian等では残ってるのでちょっと嵌まりましたorz

Raspbian jessieでもhiptextを試す

さっき

というのを書きましたが,なんとなくRaspberry Pi B+ の Raspbian jessie lite でも`hiptext`を試してみました.

$ sudo apt install build-essential libpng12-dev libjpeg-dev     libfreetype6-dev libgif-dev ragel libavformat-dev libavcodec-dev     libswscale-dev libgflags-dev libgoogle-glog-dev git
$ git clone https://github.com/jart/hiptext.git
$ cd hiptext
$ time make
   :
real    22m7.443s
user    21m53.190s
sys     0m8.910s

て感じでほぼREADMEのままmake一発でした.違ったのは導入パッケージに`git`が必要だったくらいです.
思いの外makeに時間が掛かりましたがRaspberry Pi B+で試しているので2Bや3Bだともっと速いでしょう.
Balls.pngやObama.jpgはうまく行き,さっきうまく行かなかったTux.pngは同じようにコケたので同じ動きのようです.

恐らく Debian jessie でも同様だと思います.

27293516472 deedbe97a4

Rasbian jessie で watchdog を設定する

Rasbian jessie 環境でも設定したのでメモとして.

パッケージの導入

$ sudo apt install watchdog

設定ファイル修正

/etc/watchdog.conf を以下のように編集

-#min-memory              = 1
+min-memory              = 5000
 
-#watchdog-device       = /dev/watchdog
+watchdog-device        = /dev/watchdog

min-memory はページサイズ.今回は4096*5000で約20MB.このサイズ(swapを含めた容量)を切ったら再起動するはず.大きいような気もするけどまずは動作確認のためにこのくらいにしてみる.

/etc/default/watchdog を以下のような感じに編集して bcm2708_wdog モジュールを読みこむようにする.

-watchdog_module="none"
+watchdog_module="bcm2708_wdog"

起動設定

$ sudo update-rc.d watchdog defaults
$ sudo update-rc.d watchdog enable

動作確認

再起動して

$ sudo reboot

モジュールの読み込み,デバイスの確認,デーモンの確認をする.

$ lsmod|grep dog
bcm2708_wdog            3926  1
$ ls -l /dev/watchdog
crw------- 1 root root 10, 130  1月 26 23:32 /dev/watchdog
$ ps -ef|grep dog
root       642     1  0 23:32 ?        00:00:00 /usr/sbin/watchdog

問題無さそうなら swap を無効にしてファイルシステムを read only や sync を有効にしておいてから Forkbomb で動作確認をしてみる.以下の例ではbashでのForkbomb

$ sudo swapoff -a
$ sync
$ sudo mount -o remount,ro /boot
$ sudo mount -o remount,sync /
$ :(){ :|:& };:

うまく再起動が走ったら後は /etc/watchdog.conf を詰めていく.

kernel panic 時の設定

bcm2708_wdog を使っているのでkernel panic 時にも watchdog は効くはずだけど念の為設定しておく.

/etc/sysctl.conf に以下を追記

kernel.panic = 180
kernel.panic_on_oops = 1

sysctl や再起動で反映.

$ sudo sysctl -p
kernel.panic = 60
kernel.panic_on_oops = 1