翻訳ファイルの .ts の翻訳方法

翻訳ファイルの .tsPoedit では開けない.Qt Linguist というものが使えるそうなので Debian だと wheezy-backports 以降に存在する qttools5-dev-tools を導入する.

% sudo apt install qttools5-dev-tools
% /usr/lib/x86_64-linux-gnu/qt5/bin/linguist

20150917_18:09:30-3415

20150917_18:09:24-3340

翻訳して保存,「ファイル」->「リリース」で .ts から .qm が作られる.これをコピーして対象アプリケーションを起動すると翻訳が反映されるはず.

% sudo cp ./retext_ja.?? /usr/share/retext/locale

<追記>
コマンドラインで変換する場合は qtchooser パッケージに含まれる lrelease が利用できる.

% lrelease ./retext_ja.ts -qm ./retext_ja.qm

若しくは同パッケージの lconvert でもok.これは qm から ts への変換や pot / po / qph / xlf にも対応している.

% lconvert -i retext_ja.ts -o retext_ja2.qm
% lconvert -if qm -i retext_ja.qm -of ts -o retext_ja2.ts

</追記>