Linuxで一部のパーティションの自動マウントを無効にする

Linuxで外付けHDDやUSBストレージなどを接続した時に一部のパーティションの自動マウントを無効にする方法です.

Gnomeで全てのメディアの自動マウントの切り替えをしたい場合は以下を参照して下さい.

対象パーティションの確認

対象のメディアをマウントした状態でblkidコマンドや/etc/mtabなどを参考に対象のUUIDを調べる

$ cat /etc/mtab
    :
/dev/mmcblk0p1 /media/mk/boot vfat rw,nosuid,nodev,relatime,uid=1000,gid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=utf8,shortname=mixed,showexec,utf8,flush,errors=remount-ro 0 0
/dev/mmcblk0p2 /media/mk/ec2aa3d2-eee7-454e-8260-d145df5ddcba ext4 rw,nosuid,nodev,relatime,data=ordered 0 0
$ sudo /sbin/blkid /dev/mmcblk0*
/dev/mmcblk0: PTUUID="ba2edfb9" PTTYPE="dos"
/dev/mmcblk0p1: SEC_TYPE="msdos" LABEL="boot" UUID="74BD-74CF" TYPE="vfat" PARTUUID="ba2edfb9-01"
/dev/mmcblk0p2: UUID="ec2aa3d2-eee7-454e-8260-d145df5ddcba" TYPE="ext4" PARTUUID="ba2edfb9-02"

ここでは

/dev/mmcblk0p1 -> 74BD-74CF
/dev/mmcblk0p2 -> ec2aa3d2-eee7-454e-8260-d145df5ddcba

GPartedなどを使うのもいいかもしれません.

20160211_05:02:10-12031

fatabの編集

/etc/fstabにnoautoオプション付きで記述します.対象パーティションをマウントした状態の/etc/mtabが参考になるでしょう.

UUID=74BD-74CF  /media/mk/pi-boot       vfat    noauto,rw,nosuid,nodev,relatime,uid=1000,gid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=utf8,shortname=mixed,show
exec,utf8,flush,errors=remount-ro       0       0
UUID=ec2aa3d2-eee7-454e-8260-d145df5ddcba       /media/mk/pi-root       ext4    noauto,rw,nosuid,nodev,relatime,data=ordered   0       0

マウントしたい場合

手動でmountコマンドを実行したり,

$ sudo mount /media/mk/pi-root

Nautilus等で該当パーティションのアイコンをクリックしてマウントできます.

20160211_05:02:05-8216

ちょっと大げさですね.
root権の要らないもっとお手軽な方法がありそうな気がします.