鹿児島Linux勉強会2016.04に参加

鹿児島らぐの鹿児島Linux勉強会 2016.04に参加してきました. 鹿児島らぐ(Linux User’s Group) 鹿児島Linux勉強会 2016.04 – connpass 鹿児島Linux勉強会 2016.04の記録 – Togetterまとめ 熊本で地震があったばかりでどうしようかなとちょっと思いましたが鹿児島は被害も無さそうだし開催しました.参加希望者は全員集まったし良かったのではないかと思っています. 今回の会場は谷山だったので早めに家を出たのですが思ってた以上に時間掛って3時間以上掛ってしまいましたorz 今回参加者は6人.うち1人は埼玉からと前回に続き遠征組がΣ ナンデ?いえ嬉しいんですけれどね.わざわざ遠征してくるほどのものができているかというとどうかなーと思ってしまって. 集合場所の日本最南端の電停の碑とお土産の十万石まんじゅう 前回に続きTwitterのハッシュタグ( #kagolug ) TitanPadも利用.しかしどちらも使われず遅刻者のTweetにもなかなかきづけずダメダメでした.次は自分が喋っている時にもTweetに気づけるようpopupするようにしておこうと思います.TitanPadは勉強会中にもっとピックアップするように&気長にやるしか無いかな? でも以前のように一人で何個もネタを用意しないと時間が持たないということがなくなってきたのは良い感じです.毎回5つくらいネタ用意してるんですが一人で発表しててもあれですし……. 今回の新しい試みとして参加登録時にアンケートを設けてそれを以下のようにスライドに貼ってみました. matoken (matoken) この勉強会を何で知りましたか? 脳内 発表や相談したいことがある人は良かったら書いてください ちょっと古いマシンにUbunuMATE入れた話とか? 鹿児島Linux勉強会2016.04 (スライド形式は このへんから ) 発表したいことは 「(回答なし)」となっていることが多かったですが,実際はあったりして聞いたその場で埋めていきました. これは後で思い出せなくなるので良かったと思います. ちなみにDebian勉強会の真似だったりします. Tip Debian勉強会の資料は以下で見ることが出来ます. – 過去の資料過去の資料pdf版 第 107 回 関西 Debian 勉強会 2016 年 2 月 のかわだてつたろうさん「勉強会資料の歩き方」が参考になります. 私の発表はこれで,前回古いXPマシンをLinuxにしたいという方がいたのでその助けにならないかと思ってこのネタを選びました. ちょっと古いマシンにLinuxを (スライド形式は
Continue reading 鹿児島Linux勉強会2016.04に参加

Bash on Ubuntu on Windows(Windows Subsystem for linux)を少し試す

巷で噂の? Bash on Ubuntu on Windows(Windows Subsystem for linux) ですが,少し試してみました. 目的はみんなとは少し違う感じでWindows環境の中でLinuxデスクトップ環境を混在させたいなと. Bash on Ubuntu on WindowsというのはWindwsの中でLinuxバイナリがそのまま動くというものらしいです.*nix環境でWindowsのバイナリを動かすWineの逆のような物だと思います.未だ全ての機能は実装されていなくてβ扱いです. Windows7環境をWindows10にアップグレードして環境を用意しようと思ったのですが,これが結構面倒でした.Windows7の入ったDiskに差し替えて半年ちょっとぶりにWindowsUpdateをかけたのですが,更新の確認が1日経っても終わりません.これは以下の2つを試してやっと解決しました. Windows Update のコンポーネントをリセットする方法 Download x64 ベース システム用 Windows 7 のシステム更新準備ツール (KB947821) [2014 年 10 月] from Official Microsoft Download Center そして半日くらいかけてWindowsUpdate完了.その後Windows10にアップグレード開始.ということでWindows10のイメージのダウンロードが行われました.確か2GBちょっと.その後 Trend Micro Internet Security 2009 は互換性のないアプリなのでアンインストールするように言われました.しかしこれは確かプリインストールされていて即消したような気のするアプリ.アプリの一覧にもスタートメニューにもありません.program files / program files (x86) の下にもありません.regeditで TrendMicro をキーに検索すると1項目発見.こいつを削除してやっとここをパスできました. 次は以下の謎のエラー.OSを再起動してみると再度Windows10のイメージをダウンロードし始めました…….そんなこんなでやっとWindows7 → Windows10に.巷では勝手にWindows10になったとかよく聞くのでこんなに時間掛かるとは思いませんでした.(未だWi-Fiとサウンドデバイスが見えなくなってるけど後回し)
Continue reading Bash on Ubuntu on Windows(Windows Subsystem for linux)を少し試す

ssh-import-idコマンドを試す

最近知ったLaunchPad/GitHUBの鍵を読み込んでインポートするコマンドを知りました.昔同名のコマンドか何かがOpenSSHにもあった気がするけどそれは今なくて別物みたい? ssh-import-id in Launchpad 動きはこんな感じ lp:USERID でLaunchPadの鍵をインポート gh:USERID でGitHUBの鍵をインポート USERID でLaunchPadの鍵をインポート USERID は複数指定可能 鍵は ~/.ssh/authorized_keys に書き込まれる -o で書き出すファイルが指定可能`-`だとSTDOUT -r で鍵削除 $ apt show ssh-import-id Package: ssh-import-id Version: 3.21-1 Priority: extra Section: misc Maintainer: Dustin Kirkland <kirkland@ubuntu.com> Installed-Size: 98.3 kB Depends: ca-certificates, openssh-client, python-requests (>= 1.1.0), wget, python (>= 2.7), python (<< 2.8) Recommends: openssh-server Homepage:
Continue reading ssh-import-idコマンドを試す

MAPS.MEの翻訳修正

OpenStreetMapの地図を自分の端末に入れてオフラインで地図の閲覧やルート案内などができてとても便利なMAPS.MEというアプリがあります.最近OpenStreetMapの編集機能も付いたということで試してみました. 試すためにはマップデータをダウンロードし直さないといけません.九州全域から県単位で地図がダウンロードできるようになっていていい感じです :) しかし,「づンロード」というメッセージ>< これは酷い. でもMAPS.MEはオープンソース化されていたのできっと翻訳も修正できるはずと探してみるとこちらにありました. mapsme/omim: MAPS.ME – Offline OpenStreetMap maps for iOS/Android/Mac/Linux/Windows この中の strings.txt がそれのようです. omim/strings.txt at master · mapsme/omim ざっと見てもうひとつ明らかな間違いがあったのでその二件を修正してPRしました. するとコントリビュータライセンスにサインして&翻訳scriptの実行してというコメントをもらいました. My.com CLA strings.txt · mapsme/omim Wiki こんなWikiがあったとはorz 今回はCLAのサインをしたら取り込まれたようです.次からは`generate_localization.sh`もちゃんと実行しないとですね. $ ./tools/unix/generate_localizations.sh + ./tools/twine/twine –format android generate-all-string-files ./strings.txt ./android/res/ + ./tools/twine/twine –format apple generate-all-string-files ./strings.txt ./iphone/Maps/ + ./tools/twine/twine –format apple –file-name InfoPlist.strings generate-all-string-files
Continue reading MAPS.MEの翻訳修正

twitterのbotがロックされてしまい困る

最近鹿児島らぐのMLの投稿をつぶやくだけの @kagolug_ml というbotを動かし始めたのですが,数件postした後投稿されていません.一緒にLingrにもpostしていますがそちらは投稿されています. 手動で叩いてみるとこのようなエラーが帰ってきました. *** server reports: “To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.” check your password or configuration. access failure on: https://api.twitter.com/1.1/statuses/home_timeline.json to automatically wait for a connect, use -hold. twitterにspamアカウントだと疑われてロックされしまったようですorz webを見るとこんな画面に. アンロックにはSMS認証が必要でした. 認証後電話番号がアカウントに登録されてしまいますが,削除は可能でした. しかし未だ数件した投稿していないし投稿間隔も十分開いていたので問題無いと思うのですがフォロワーが少ないのがいけないのかもしれませんね…….

HackCafe鹿屋 2016-04-06

4/6(水)HackCafe鹿屋やりました.これまでも時たまやってたのですが一人でした.今回は初めて2名に(前回はスレ違いだったorz). 会場は建て替わったマクドナルド西原店.ここは電源が利用できてWi-Fiもmibilepointのものが使えます.Wi-Fiは恐らく固定回線を使っていて快適. イメージとしては会社帰りとかに集まりたい人が集まって各々何らかのHackをするという感じです. 鹿児島IT勉強会カレンダー(仮) – hackcafe 定例で開催出来たらと思っているのですが金欠でなかなかです.(お仕事募集中) 私は今回,鹿児島Linux勉強会の申し込みページを作るのとその会場周辺のOpenStreetMapの地もののトレースとAsciiDoc環境の構築が出来ればと思っていました. 申し込みページの作成と告知は出来たのですが, 鹿児島Linux勉強会 2016.04 – connpass OpenStreetMapの方はタイルの読み込みエラーになって断念. AsciiDocはとりあえず`asciidoc/asciidoctor` pkgの導入t動作確認をしてAtomに`language-asciidoc/asciidoc-preview`を導入してAsciiDocで文章を書いてみたりしてました. 次回開催は未定ですが,Twitterで https://twitter.com/hashtag/kackcafe_kanoya?f=tweets[#hackcafe_kanoya] をチェックしたり呼びかけて勝手に開催してもらえたらと思います. (そういえば帰りがけにドライブスルーは24時間だけど店内の営業は23:00迄という張り紙がなくなっていたので今度行ったら営業時間をちゃんと確認しよう)

Mutt 1.6.0を試す

Mutt 1.6.0がリリースされました.安定版としては2007年のMutt 1.4.2.3以来9年ぶり!? The Mutt E-Mail Client Muttはターミナルで動作するメーラーです.似たものにAlpine(旧pine)があります.emacs使いだとMewを使う方も居ますね. MuttとAlpineについては以下の記事が参考になると思います. 第27回 あえてターミナルを使う(3):端末で動くメーラー; Alpine, Mutt:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社 使いはじめるまでの速さはAlpineが一番だと思います. GPGやらカスタマイズやらのしやすさはMuttかな?(個人の感想です) 最近Alpineで1000000通を超えるメールボックスで1000000通目までしか見られないという現象やSubjectに♪などがあると動作や表示が崩れるといった問題に遭ったのでMutt環境を作りなおしたところでした.せっかくなのでMutt 1.6.0もBuild ざっとこんな感じでbuildしました.はじめprefixしか指定せずにbuildしてimapに繋がらないとかやってしまいましたorz $ #stretchのMutt Version $ mutt -v|head -1 Mutt 1.5.24 (2015-08-30) $ # stretchのMutt configure 確認 $ mutt -v|grep Configure\ Configure options: '–prefix=/usr' '–sysconfdir=/etc' '–mandir=/usr/share/man' '–with-docdir=/usr/share/doc' '–with-mailpath=/var/mail' '–disable-dependency-tracking' '–enable-compressed' '–enable-debug' '–enable-fcntl' '–enable-hcache' '–enable-gpgme' '–enable-imap' '–enable-smtp'
Continue reading Mutt 1.6.0を試す

MATE環境でのキーボードレイアウト変更方法

先日setxkbmapでXのキーボードレイアウトをアドホックに変更できるようにしたのですが, Xでキーボードレイアウトをアドホックに変更する | matoken’s meme MATE環境だと切替後暫くすると設定が戻ってしまいます. setxkbmapの代わりにdconfの設定を書き換えればいいのではと思いdconf dump /してそれらしい項目を探して書き換えてみると設定の見た目は変わるのですが実際に入力してみると設定が反映されません. $ dconf write /org/mate/desktop/peripherals/keyboard/kbd/layouts "['us', 'jp']" dconfには他にそれらしい設定は無さそうです. $ dconf dump /|grep us start-with-status-bar=true custom-format='' button-lid-ac='suspend' button-suspend='suspend' button-lid-battery='suspend' layouts=['us', 'jp'] mousekeys-accel-time=1200 mousekeys-max-speed=750 mousekeys-enable=false mousekeys-init-delay=160 $ dconf dump /|grep jp layouts=['us', 'jp'] GUIで設定変更をして設定が反映された前と後でも/org/mate/desktop/peripherals/keyboard/kbd/layouts部分しか変わっていません.dconf以外のどこかにも設定がありそうです. $ dconf dump / > /tmp/before $ # GUIで設定変更 $ dconf dump / > /tmp/after
Continue reading MATE環境でのキーボードレイアウト変更方法