DebianのisoイメージをUSBメモリに書き込み

gistに貼ってたものだけどせっかくなのでこちらにも. ファイルダウンロード 今回はDebian stretch Debian Installer rc2のi386版のnetinst. debian-stretch-DI-rc2-i386-netinst.iso : イメージ本体 SHA512SUMS : isoファイルのチェックサムファイル SHA512SUMS.sign : SHA512SUMSの署名ファイル $ wget http://cdimage.debian.org/cdimage/stretch_di_rc2/i386/iso-cd/debian-stretch-DI-rc2-i386-netinst.iso http://cdimage.debian.org/cdimage/stretch_di_rc2/i386/iso-cd/SHA512SUMS.sign http://cdimage.debian.org/cdimage/stretch_di_rc2/i386/iso-cd/SHA512SUMS ※i386/amd64をよく使う場合はmulti-archを使うと1つのUSBメモリでi386/amd64が利用できて便利 チェックサムファイルの署名確認 チェックサムファイルのSHA512SUMSが正常なものか確認 $ gpg –verify SHA512SUMS.sign gpg: 署名されたデータが'SHA512SUMS'にあると想定します gpg: 2017年02月02日 07時45分30秒 JSTに施された署名 gpg: RSA鍵DA87E80D6294BE9Bを使用 gpg: "Debian CD signing key <debian-cd@lists.debian.org>"からの正しい署名 [不明の] gpg: *警告*: この鍵は信用できる署名で証明されていません! gpg: この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。 主鍵フィンガープリント: DF9B 9C49 EAA9 2984 3258 9D76
Continue reading DebianのisoイメージをUSBメモリに書き込み

mosh 1.3.0をDropbear sshdで利用してみる

moshの1.3.0がリリースされました. Mosh: the mobile shell [mosh-users] mosh 1.3.0 released (corrected announcement) moshはsshを置き換えようとしているソフトウェアで,ネットワークが遅いときにローカルエコーを表示したり,ネットワークが切り替わってもローミングしたりと便利なソフトウェアです.(NotePCで接続してサスペンドして別のネットワークでレジュームしてもすぐに使っていた端末にアクセスできる) 1.3.0でなにかおもしろい機能が増えたりしていないかなと眺めていると * Add –no-ssh-pty option for Dropbear compatibility and other issues. Dropbearで使えるようになるオプションが増えているようです. DropbearはOpenSSHに比べて大分小さなsshdです.組み込みとかで使われているのを見ます.でも機能が物足りないなと思うことも. Dropbear SSH mosh + Dropbearの組み合わせを試してみました. 試したのはこんな感じの環境です. Host : Raspbian jessie(Raspberry Pi 2B) Client : Debian sid amd64 dropbearの準備 HostにDropbearをパッケージで導入します $ sudo apt install dropbear dropbearのhost鍵を用意 $ mkdir /tmp/dropbear $ dropbearkey
Continue reading mosh 1.3.0をDropbear sshdで利用してみる

JOSM向け JA:Naming sampleを導入

[OSM-ja] JOSM向け JA:Naming sample が更新されています Presets/JaNamigSample – JOSM ということで導入方法を確認しました. プリセットメニューの「プリセット設定」を選択. 「利用可能なプリセット」の中から「JA:Naming sample」を選択して左矢印ボタンを押して有効にします.OKボタンを押して, JOSMを再起動することで反映されます. これでプリセットやプリセットの検索で利用できるようになります. インクリメンタル検索の例. とても便利です :) 既に導入している人はJOSM起動時に更新されるはずです. 不安な人は一旦消して再導入したり,実際のファイルの中のバージョンを確認することも出来ます. $ grep JaNamigSample ~/.josm/preferences.xml <list key='mirror.https://josm.openstreetmap.de/josmfile?page_Presets/JaNamigSample&amp;zip_1'> <entry value='/home/mk/.josm/cache/mirror_https___josm.openstreetmap.de_josmfile_page_Presets_JaNamigSample_zip_1'/> <tag key='url' value='https://josm.openstreetmap.de/josmfile?page=Presets/JaNamigSample&amp;zip=1'/> $ zgrep version /home/mk/.josm/cache/mirror_https___josm.openstreetmap.de_josmfile_page_Presets_JaNamigSample_zip_1 version="2.0b7_24_2017-03-04"

Joypadで簡易操作を試みる

LinuxBoxで文章を読むのにJoypadで操作できないかなと思ってちょっと試してみました. はじめはxevコマンドでJoypadのKeyCodeを調べてxmodmadコマンドで書き換えればいいだろうと思っていたのですが,xevコマンドでJoypadは反応しないようでした.他に方法はないかと検索するとjoy2keyというものを見つけたのでこれを試してみました. $ apt show joy2key Package: joy2key Version: 1.6.3-2 Priority: optional Section: x11 Maintainer: Debian QA Group <packages@qa.debian.org> Installed-Size: 52.2 kB Depends: libc6 (>= 2.15), libx11-6 Homepage: http://joy2key.sourceforge.net Tag: hardware::input:joystick, hardware::input:keyboard, implemented-in::c, role::program, use::configuring Download-Size: 21.8 kB APT-Sources: http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian sid/main amd64 Packages Description: ジョイスティックの動きを同等のキーストロークに変換 joy2key により、ジョイスティックの軸とボタンの動きに対してキーボードイベント を選択できますので、ネーティブでジョイスティックをサポートしていないアプリケーション でジョイスティックやゲームパッドを利用できます。 DebianだとWheezy以降,Ubuntuだとprecise(12.04LTS)以降にパッケージがあるようです. Debian – パッケージ検索結果 – joy2key
Continue reading Joypadで簡易操作を試みる

minicomでステータスラインを非表示に

Raspberry Pi • View topic – minicomからのシリアルコンソールで というのを見て気になって確認してみた.manを見てみると-Fというのがそれぽい $ minicim -D /dev/ttyACM1 -F '' としてみるとステータスラインの内容は消えるけどステータスライン自体は残っているのでちょっと違う感じ. minicim起動中に設定画面(Ctrl+A o)の「画面とキーボード」内にそれらしい「C – ステータスライン表示 : 許可」というものがある.これをCを押して「禁止」にして「”dfl” に設定を保存」で設定ファイルに書き出してみる. $ cat ~/.minirc.dfl # Machine-generated file – use setup menu in minicom to change parameters. pu statusline disabled この状態でminicomを起動するとステータスラインは消えていて,この行をコメントアウトしてminicomを起動するとステータスラインがでてくるのを確認. 試した環境はDebian sid amd64のminicom 2.7-1+b2

PQI Air PenのGPIOを触ってみる

ID/PASSWORDがわかってtelnetで中に入れるようになったので中を覗いているとgpioが見えてました. パケットキャプチャしてPQI Air PenのID/PASSを調べる | matoken’s meme # ls -lA /proc/gpio/ ls -lA /proc/gpio/ -r–r–r– 1 root root 0 Jan 1 07:22 gpio12_in -r–r–r– 1 root root 0 Jan 1 07:22 gpio22_in -rw-r–r– 1 root root 0 Jan 1 07:22 gpio23_out -rw-r–r– 1 root root 0 Jan 1 07:22 gpio27_out -r–r–r– 1 root root 0
Continue reading PQI Air PenのGPIOを触ってみる

パケットキャプチャしてPQI Air PenのID/PASSを調べる

送料込み500円だったのでポチってしまいました.X200のジャンク以来のコの手の買い物. 「PQI Air Pen」Linux搭載でtelnetできるワイヤレスアクセスポイントが500円 ちょっと古いものですがftp/telnetなどが開いてて色々遊べるようです.PQI Air Card(初代)も持っていますが,これはバッテリー内蔵でAP機能などもあります. ちょっと叩いてみる dhcpの提供されているネットワークケーブルを繋いで電源をれてちょっと叩いてみます. まずはdhcp poolのipから探してみます. $ sudo nmap -sP 192.168.2.200- Starting Nmap 7.40 ( https://nmap.org ) at 2017-03-08 11:33 JST : Nmap scan report for 192.168.2.214 Host is up (0.0012s latency). MAC Address: 80:DB:31:01:A4:B8 (Power Quotient International) : 192.168.2.214でした.ポートスキャンしてみます. $ nmap -A 192.168.2.214 Starting Nmap 7.40 ( https://nmap.org )
Continue reading パケットキャプチャしてPQI Air PenのID/PASSを調べる

mikutterからGooglePhotosにアップロードするやつを試す

というわけで、mikutterのプラグインできた。 https://t.co/6hP23pBziO — スラマイマラス (@slimymars) 2017年2月25日 slimymars/mikutter-google-photos-uploader Google Photosってことは容量気にせず画像投げられる & Google+との連携もできそう?ってことで試してみました. #mikutterについてはこちらを. mikutter 関連パッケージ導入 $ sudo apt install ruby-oauth2 mikutter-google-photos-uploader plugin導入 $ cd ~/.mikutter/plugin $ git clone https://github.com/slimymars/mikutter-google-photos-uploader $ cd mikutter-google-photos-uploader $ bundle install mikutter起動 ……認識されない.mikutterが古い所為のようです. $ grep mikutter: ~/.mikutter/plugin/mikutter-google-photos-uploader/.mikutter.yml mikutter: 3.5.2 $ dpkg-query -W mikutter mikutter 3.5.0+dfsg-1 Debianではjessie-backportsからsidまで3.5.0+dfsg-1でexperimentalだけ3.5.2+dfsg-1でした. Debian – パッケージ検索結果 – mikutter てことで,experimentalから借りてきます.
Continue reading mikutterからGooglePhotosにアップロードするやつを試す