bash製横スクロールシューティングゲームのpiu-piuで遊んでみる

matsuuさんのpostで知ったのですが,bash製横スクロールシューティングゲームのpiu-piuというものがあるそうです. matsuu✅: “bashで実装された横スクロールシューティング。うおおおおお / https://github.c…” – mstdn.jp うおおおおってことで遊んでみました. vaniacer/piu-piu-SH: This is an Old School horizontal scroller ‘Shoot Them All’ game in bash. With co-op mode. You have to defeat 100 aliens to fight with Boss. To play in co-op mode first, start the server, then start the client. Terminals on both hosts have to be
Continue reading bash製横スクロールシューティングゲームのpiu-piuで遊んでみる

GNU socialをnightlyにしてみる

GNU socialは以前はloadaverage.orgにアカウントを持っていたのですが,現在は自分用に自宅PCで動かしています.同じOStatusのMastodonは開発が活発ですが,GNU socialはそれに比べると大分静かです.新しい機能も試してみたいしnightlyに上げてみました. 実際試してみるといつものUPGRADEと同じ手順でトラブルもなくnightlyにできました. 動いている GNU social をバックアップする 導入ディレクトリ以下(ここでは /var/www/gnusocial.matoken.org )とdbをバックアップしておく. デイリーでバックアップしているので今回はそれを手動で回してtar ballにしておいた. $ sudo -u www-data rsync -avv /var/www/gnusocial.matoken.org ionice -c2 -n7 nice -n19 rsync –stats -av –delete –link-dest=/export/backup/micro/gs/www/`/bin/date -d '1 day ago' +%Y%m%d`/ /var/www/gnusocial.matoken.org /export/backup/micro/gs/www/`/bin/date +\%Y\%m\%d`/ $ sudo -u www-data tar cvf – /export/backup/micro/gs/www/`/bin/date +\%Y\%m\%d`/ > /export/backup/micro/gs/www/`/bin/date +\%Y\%m\%d`-master2nightly.tar.xz $ umask 0266 && /usr/bin/mysqldump
Continue reading GNU socialをnightlyにしてみる

Synergyでリモートから戻ってこれなくなって困る

Synergyというマルチプラットホームで利用できるキーボード,マウス,クリップボード共有ソフトがあってとても便利で常用しているのですが,今回ちょっとトラブルに合いました. 数日前にも起こったのですが,Synergyでリモートの画面からカーソル帰ってこなくなってローカルの操作ができなくなってしまいました. 初回はSynergyのバグとか踏んだ?と思いとりあえず Ctrl+Alt+F1 でローカルPCのコンソールに降りてSynergyをkillして起動し直したのですが,今回は猫がキーボードの上を横断した後に起こったのでキーボード・ショートカットではと調べてみました. 検索するとキーボード・ショートカットでロックされるよう Solved my issue. Scroll lock stops the cursor from going to the other screen. windows – Synergy stopped moving cursor over to client computer (config worked previously) – Super User てことで ScrLk key を押して解決.

STDOUTからパイプで繋いでGoogle スプレッドシートに記録出来るtosheetsを試す

shellのSTDOUTからパイプで繋いでGoogle スプレッドシートに記録出来るtosheetsというものを見かけたのでちょっと試してみました. 導入はpipで入ります. pip install tosheets 初回実行時には認証が走ってブラウザで許可すれば使えるようになります. 以下の1つ目は新規にスプレッドシートをtosheet-testという名前でスプレッドシートを作りつつunix timeとcpuの温度を投げています. 2つ目,3つ目は1つ目で作ったスプレッドシートにunix timeとcpuの温度を投げています. $ echo -n `date +%s`,`acpi -t|awk '{print $4}'|tr -s '\n' ','`|tosheets -c a1 –new-sheet='tosheet-test' -d ',' 1dEv7l3FkxEM-NKlmPTdtfKq4aaemtdyHc1mlbAUOq3s $ echo -n `date +%s`,`acpi -t|awk '{print $4}'|tr -s '\n' ','`|tosheets -c a1 –spreadsheet=1dEv7l3FkxEM-NKlmPTdtfKq4aaemtdyHc1mlbAUOq3s -d ',' $ echo -n `date +%s`,`acpi -t|awk '{print $4}'|tr -s '\n' ','`|tosheets
Continue reading STDOUTからパイプで繋いでGoogle スプレッドシートに記録出来るtosheetsを試す

RaspberryPi向けのサービス公開サービスPiTunnelを試そうとした

PiTunnelをちょっと試そうとする. Raspberry Pi向けのngrok的なもののよう.家庭内のLAN内のRaspberry Piのサービスを外部に公開しようと思うとルーターのポートを開けたりDDNS設定したりとちょっと面倒.これをお手軽に公開できるようになるサービス. PiTunnel – Access your Raspberry Pi projects from anywhere PiTunnelでアカウント登録をすると,Device管理画面に遷移するのでここでAdd Devides ボタンでinstall scriptのコマンドが表示される. こんな感じだけど XXXXXXXX 部分はtokenのようなので注意. curl https://pitunnel.com/install/XXXXXXXX | sudo python とりあえずダウンロードして中見てから実行. $ wget https://pitunnel.com/install/XXXXXXXXXX $ lv XXXXXXXXXX $ sudo python XXXXXXXXXX : Configuring Startup Register the device OK Starting PiTunnel ## All done!! ## Please visit www.pitunnel.com to access your
Continue reading RaspberryPi向けのサービス公開サービスPiTunnelを試そうとした

VivaldiにVimiumを入れてキーボード操作

最近Linux ARM版のVivaldiをarm64環境に入れていい感じです. Linux ARM版Vivaldiを入れてみた | matoken’s meme VivaldiでChromeウェブストアを使う | matoken’s meme しかし,ポインティングデバイスが使いづらい端末なのでちょっと面倒.これまではAwesome wmにqutebrowserの組み合わせが主でした.この組み合わせはタイル型WM+キーボード操作に特化したウェブブラウザでマウスなどのポインティングデバイスをほとんど使わずキーボードのみで操作できていい感じでした. qutebrowser | qutebrowser Vivaldiにqutebrowserのような操作を実現できそうなVimiumを入れて試してみることに. Vimium – the hacker’s browser 導入は アプリ(vivaldi://apps) にアクセスしてVimiumを検索して導入するだけ. 操作は以下のようなショートカットを使います. リンクの指定もこの通りキーボードだけでOK いい感じそうです :)

Linux ARM版Vivaldiを入れてみた

Operaの共同創設者でCEOだったJon Stephenson von Tetzchnerによって設立されたVivaldi Technologiesによって開発されているウェブブラウザがあります. これまでx86/x64プラットホームのWindows/macOS/Linux版が提供されていましたが,2017/12/05にLinux ARM版(armhf)がリリースされました. Vivaldi for Linux ARM, Raspberry Pi | Vivaldi Browser Vivaldi on Raspberry Pi | Vivaldi Browser Help Raspberry PiのRaspbianがメインのようですが,他のARM環境でも試したら普通に動きました :) といってもやはりRAM512MBのようなマシンでは辛いですね.RAM2GBのマシンだと今のところいい感じそうです.Midoriやqutebrowserでうまく表示できないMastodonやgmail/Google+なども問題なく表示できますし,Chromeの拡張機能も使えます. Linux ARM版Vivaldiの入手と確認 deb pkgダウンロード $ wget https://downloads.vivaldi.com/stable/vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb hash hashとか見当たらないけど手元ではこんな感じだった $ md5sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 7515f51385a9a264ad5bb7612438aeda vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb $ sha1sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 6b103d205f6aa7a5f3b394ba8d32dc9ca87bf0cd vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb $ sha256sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb e7af5d021bf0c2968fcf0271e8f741552e34bcf2d032318eb8ea95356067297d vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb $ sha512sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
Continue reading Linux ARM版Vivaldiを入れてみた

Googleドライブの写真を高画質に変換して容量を開放するメモ

Googleドライブの容量はほとんどgmailに利用しているのですが,たまに画像をアップロードしてしまい容量をいっぱいにしてしまいます. 画像サイズを小さく(現在は16MP以下)すると画像の容量がカウントされないのですが,サイズをオーバーしている画像を探して小さくするのはあまり現実的ではないです. 設定から自動的に縮小する方法があるのですが毎回やり方検索するのでメモしておきます. 設定 – Google フォト (https://photos.google.com/settings) の 「アップロード サイズ(ウェブ上でアップロードする写真と動画のみ) 高画質 (容量制限なし、無料)」にチェックして 「容量を開放」でokです.数時間後には処理が終わっていると思います. 以下のページが参考になります. 写真や動画のアップロード サイズを選択する – Google フォト ヘルプ 容量を節約するために、写真が圧縮されます。写真のサイズが 16 MP を上回る場合は、16 MP まで縮小されます。 サイズが 16 MP の写真は、最大で約 61.0 cm x 40.6 cm まで高画質で印刷できます。 動画の解像度が 1080p を上回る場合は、1080p(高画質)まで縮小されます。動画の解像度が 1080p 以下の場合、保存された動画と元の動画の見た目の違いはほとんど生じません。 その他, ドライブ ストレージ(https://drive.google.com/u/0/settings/storage?hl=ja) にアクセスするとストレージの詳細が確認できます.