Devuan ascii armhf(Raspberry Pi)で時計合わせ

Raspberry PiにはRTCが付いていません.なのでシステム停止すると時間情報が飛んでしまいます.fake-hwclockが設定されていたら前回停止時(に近い)時間がファイルに保存されていてその時間に設定されますが,停止時の時間はカウントされないので時間がずれます.ということでネットワークが有効な場合ntpを参照して時計合わせをしたいです.
最近のDebianやRaspbianはsystemdなのでtimesyncd.confでNTP serverを指定してtimedatectlコマンドで有効にする感じだと思うのですが(既定値でそうなっている),Devuanは脱systemdなディストリビューションなのでこの方法は使えません.

$ sudo vi /etc/systemd/timesyncd.conf
$ sudo timedatectl set-ntp true`

詳細はman timesyncd.conf, man timedatectl

ということでntpdateを入れてみました.

$ sudo apt install ntpdate
$ sudo ntpdate 192.168.1.102
$ grep -A1 -B2 ntp /etc/rc.local
if [ "$_IP" ]; then
  printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
  /usr/sbin/ntpdate 192.168.1.102
fi

長時間動かすならcrontabで定期的に設定したほうがいいかも?(若しくは何らかのntpd)

$ sudo -u root crontab -l|tail -2
@reboot /usr/sbin/ntpdate 192.168.1.102
3 3 * * *       /usr/sbin/ntpdate 192.168.1.102

追記)
このシステムはRaspbian stretchをDevuan asciiにdist-upgradeしたシステムなのでntpの設定がないだけかもしれません.Devuan asciiをクリーンインストールすれば必要ない設定かも(未確認)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です