OpenJDK で JOSM

Javaで動作するOpenStreetMapエディタのJOSMをLinux上のOpenJDKで動かすメモです.
Debian sid amd64 / Ubuntu 16.04 LTS ARM64 で確認しています.

JOSMの入手

JOSMを次のページから入手します.josm-tested.jar をよく使っています.

OpenJDKインストール

2015年12月くらいにはこんなメッセージが出ていて現在はJava 8以上が必要になっています.

このバージョンのJavaはもうすぐサポート対象から外れます。 Java 8以上にアップグレードしてください!

ここでは OpenJDK 8 を導入

$ sudo apt install openjdk-8-jre

javaの確認

OpenJDK 8になっている.もし違うバージョンが表示されたら次の項目へ.

$ java -version
openjdk version "1.8.0_151"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_151-8u151-b12-0ubuntu0.16.04.2-b12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.151-b12, mixed mode)

javaが複数入っていてjavaコマンドの結果が想定しているバージョンではない場合切り替える

OpenJDK 8の場合はここはスキップする.

$ sudo update-alternatives --config java

JOSM起動

-Dawt.useSystemAAFontSettings=onはフォントのアンチエイリアスを有効にするオプション.LCDの場合onの代わりにlcd.

$ java -jar -Dawt.useSystemAAFontSettings=on ./josm-latest.jar
追記)
他の環境だとこの辺のどれかが使えそう(未確認)