system fontが汎用CJKになっていた

なんかPCを再起動してからフォントが変になっていました.中国語混じりのような汎用CJKらしきフォントになっています.今のフォントを調べるのは何だろうと探すと以下のページを見つけました.

fc-matchコマンドで確認するとWenQuanYi Zen Heiというフォントが設定されている状態のようです.パッケージを確認するとfonts-wqy-microheiのようです.おまけにfonts-wqy-zenheiという中国語フォントも入っていたのでこれらを削除しました.(fonts-notoも入っているのでもし中国語を表示する必要が出ても問題ないはず)

$ fc-match :lang=ja
wqy-zenhei.ttc: "WenQuanYi Zen Hei" "Regular"
$ apt-cache search WenQuanYi
fonts-wqy-microhei - Sans-serif style CJK font derived from Droid
fonts-wqy-zenhei - "WenQuanYi Zen Hei" A Hei-Ti Style (sans-serif) Chinese font
xfonts-wqy - WenQuanYi Bitmap Song CJK font for X
$ dpkg -l|grep -i  fonts-wqy
ii  fonts-wqy-microhei                            0.2.0-beta-3                            all          Sans-serif style CJK font derived from Droid
ii  fonts-wqy-zenhei                              0.9.45-7                                all          "WenQuanYi Zen Hei" A Hei-Ti Style (sans-serif) Chinese font
$ sudo apt purge fonts-wqy-microhei fonts-wqy-zenhei

dgm3を再起動してログインし直すと以前設定したフォントになっていました.

$ fc-match 
umeplus-p-gothic.ttf: "UmePlus P Gothic" "Regular"

logを見るとfonts-wqy-microheiの0.2.0-beta-3 で0.2.0-beta-2をアップデートしたものが見つかりました.恐らくこのタイミングで置き換わったのではないかと思います.それ以前の1年ほどのログの中にはなかったのでそれ以前に導入されたパッケージのようです.

中を見るとこのような設定が.

$ find fonts-wqy-microhei_0.2.0-beta-3_all -type f -print | grep etc
fonts-wqy-microhei_0.2.0-beta-3_all/etc/fonts/conf.avail/65-wqy-microhei.conf

以下を見ると標準より大きい数字なので手動で設定したフォントより優先度が高いので置き換わったのでしょうか?だとすると中途半端に設定をいじっていた自分のせいのようですorz

  1. 各日本語フォントパッケージは、/usr/share/fonts/truetype/

ttf-japanese-mincho.ttf または ttf-japanese-gothic.ttf をalternativesパスとして登録する。alternatives優先順位は次のように 規定する。

100より上: サードパーティまたはユーザ作成のフォント(IPA フォントなどはこのカテゴリに入る)
60: vl-gothic(標準)
50: ttf-sazanami-mincho, ttf-sazanami-gothic
20: ttf-kochi-mincho, ttf-kochi-gothic
20より下: 日本語を字形に含むがunified領域で中国語字形が使われているなど
日本語の表現には使いにくいフォント

とりあえず使わないであろうフォントが削除できてディスクスペースが開いたので良かったとしましょう.

環境

$ uname -m
x86_64
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ dpkg-query -W fontconfig
fontconfig      2.13.0-5