Month: 8月 2018

Debian sid に Ubuntu の source.list から JOSM を導入

以前は OpenStreetMap 編集ツールの JOSM を wget で定期的に取得していましたが,更新されてないときも取得したりとかがいまいちでした.

<追記>

今試すと以前はJOSMサーバでは --timestamping option が効かなかったと思うのですが今は効くようになっていました.

$ wget -SN https://josm.openstreetmap.de/josm-latest.jar
--2018-09-08 00:21:26--  https://josm.openstreetmap.de/josm-latest.jar
josm.openstreetmap.de (josm.openstreetmap.de) をDNSに問いあわせています... 78.47.65.34, 2a01:4f8:c17:2906::2
josm.openstreetmap.de (josm.openstreetmap.de)|78.47.65.34|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 
  HTTP/1.1 304 Not Modified
  Date: Fri, 07 Sep 2018 15:21:29 GMT
  Server: Apache/2.4.18 (Ubuntu)
  Connection: Keep-Alive
  Keep-Alive: timeout=5, max=100
  ETag: "ca0f12-57529dee345c4"
ファイル `josm-latest.jar' はサーバ側で変更されていませんでした。ダウンロードを省略します。

</追記>

JSOM 公式で Ubuntu のパッケージを配布しているので,これを借りてみます.

Ubuntu の dists はこんな感じです.とりあえず近くて LTS な bionic(18.04 LTS)を使います.(alldist)でも良かったかも.

$ w3m -dump 'https://josm.openstreetmap.de/apt/dists/'|grep "^\[DIR\]"|awk {' print $2 '}
alldist/
artful/
bionic/
cosmic/
lucid/
natty/
oneiric/
precise/
quantal/
raring/
saucy/
trusty/
utopic/
vivid/
wily/
xenial/
yakkety/
zesty/

こんな感じで導入しました.

$ wget -q https://josm.openstreetmap.de/josm-apt.key -O- | sudo apt-key add - #鍵導入
$ sudo apt edit-sources josm  #source.list作成内容は以下のもの
$ cat /etc/apt/sources.list.d/josm.list
deb https://josm.openstreetmap.de/apt bionic universe
$ sudo apt update #パッケージ情報を最新に
$ sudo apt install josm-latest  -latestを導入

起動して,以下のようにフォントにアンチエイリアスが効いていなくて汚い場合は,

42536121640 71d60ae6aa

環境変数 `_JAVA_OPTIONS=’-Dawt.useSystemAAFontSettings=lcd’ ` を設定するときれいになります.

43627752894 854fe912f8

とりあえず最低限のプリセットや,

43628727264 425999a29a

プラグインを設定.

43628723984 a3dbce049f

てことでこれで普通に使えそうです.

(新しいGPSロガーほしいですね)

awesome WM の設定内で ホームディレクトリを指定する

awesome WM での設定ファイルは Lua で書かないといけないのですが,Lua がよくわからずホームディレクトリのパスを指定するのに ~`や `${HOME} が利用できないので /home/USER な感じでフルパスで書いていたのですが,いつもと違うアカウント名の環境に clone していろいろと動かなくなりました.
またパスを書き換えるのもなーということでちゃんと確認してみると,os.getenv(HOME) が使えそうです.

os.getenv (varname)
Returns the value of the process environment variable varname, or nil if the variable is not defined.

ということで,こんな感じで別アカウントでも動作するようになりました :)
これで /home/* だろうが /export/home/* だろうがへっちゃらです!

rc.lua
diff --git a/rc.lua b/rc.lua
index 817937a..a564559 100644
--- a/rc.lua
+++ b/rc.lua
@@ -11,6 +11,8 @@ local naughty = require("naughty")
 local menubar = require("menubar")
 local hotkeys_popup = require("awful.hotkeys_popup").widget

+local home = os.getenv("HOME")
+
 -- Load Debian menu entries
 require("debian.menu")

@@ -276,14 +278,14 @@ globalkeys = awful.util.table.join(

     -- bind PrintScrn to capture a screen
-    awful.key({                   }, "Print", function () awful.util.spawn("/home/mk/.config/awesome/bin/ss-root.sh", false)   end),
-    awful.key({ "Mod1"            }, "Print", function () awful.util.spawn("/home/mk/.config/awesome/bin/ss-window.sh", false) end),
-    awful.key({ "Shift"           }, "Print", function () awful.util.spawn("/home/mk/.config/awesome/bin/ss-area.sh", false)   end),
+    awful.key({                   }, "Print", function () awful.util.spawn(home .. "/.config/awesome/bin/ss-root.sh", false)   end),
+    awful.key({ "Mod1"            }, "Print", function () awful.util.spawn(home .. "/.config/awesome/bin/ss-window.sh", false) end),
+    awful.key({ "Shift"           }, "Print", function () awful.util.spawn(home .. "/.config/awesome/bin/ss-area.sh", false)   end),

     -- Audio Controle
環境
$ dpkg-query -W awesome*
awesome 4.2-5
awesome-doc     4.2-5
awesome-extra   2018041201
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

awesome WM で Light を利用して輝度調整する

以前は awesome WM での輝度調整は xbacklight を利用していたのですが,動作しなくなっていました.

$ xbacklight -get
No outputs have backlight property

最近まで ThinkPad が1台だけになって持ち運びをしなくなっていたのもあり,以下のような感じで /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness に投げていました.

$ echo 800 | sudo tee /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness
800

しかし,最近 T430s/X201i のジャンクを入手して補修して持ち運べる ThinkPad が出来ました :)
そうなると場所により明るさが変わったり,輝度を下げてバッテリー持ちを良くしたりしたいという感じでこまめに起動調整がしたくなりました.
他のwmのpower managerを使うと一応輝度調整できるけどあまり嬉しくないなということでちょっと探してみると, Light というものを見つけました.

Arch Linux, Fedora にはパッケージがあるようです.今回はsourceからUbuntuとDebianに導入しました.

導入
$ git clone https://github.com/haikarainen/light
$ cd light
$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make
$ sudo checkinstall

とりあえずそのまま既定値でbuildしました.

実行例
$ light -G  #輝度取得
56.34
$ light -A 10 #輝度 10 Up
$ light -U 10 #輝度 10 Down

問題なく動きました.他にもオプションはありますが,とりあえずこれだけ動けば問題ありません.
awesome WM の ~/.config/awesome/lua.rc に書いてみます.

rc.lua
diff --git a/rc.lua b/rc.lua
index f9a7467..9f461b9 100644
--- a/rc.lua
+++ b/rc.lua
@@ -289,8 +289,12 @@ globalkeys = awful.util.table.join(

     -- Brightness Controle
---    awful.key({         }, "XF86MonBrightnessDown", function () awful.util.spawn("xbacklight - 5") end),
 --    awful.key({         }, "XF86MonBrightnessUp",   function () awful.util.spawn("xbacklight + 5") end),
+--    awful.key({         }, "XF86MonBrightnessDown", function () awful.util.spawn("xbacklight - 5") end),
+    -- 以下の light を利用
+    -- "haikarainen/light: GNU/Linux application to control backlights" https://github.com/haikarainen/light
+    awful.key({         }, "XF86MonBrightnessUp",   function () awful.util.spawn("light -A 10") end),
+    awful.key({         }, "XF86MonBrightnessDown", function () awful.util.spawn("light -U 10") end),

     -- lock screen
     awful.key({ "Mod1"  }, "l", function () awful.util.spawn( "xscreensaver-command -activate",false) end),

awesome WM の restart をして,輝度調整ボタンを押すとちゃんと輝度がUp/Downするようになりました.
これで外出先でも困りません :)

環境1
$ $ dpkg-query -W awesome*
awesome 4.2-4
awesome-doc
awesome-extra   2017110501
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.04.1 LTS
$ uname -m
x86_64
環境2
$ dpkg-query -W awesome*
awesome 4.2-5
awesome-doc     4.2-5
awesome-extra   2018041201
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

SteamにWineの機能が加わったらしいので少し試す

ゲーミングプラットホームのSteamにLinux版のクライアントもあります.これにWindows版のゲームが遊べるようになる機能がベータ版に加わったらしいです.これはWindows互換レイヤーのWineにSteamを作っているValveSoftwareがゲーム向けの機能に手を加えたProtonというものを組み込んで実現しているようです.
今の所Wineで動作するものという括りではなく,Valveが指定したタイトルだけが動作するようです.
#設定で全てのゲームで有効にすることが可能だった.
動作するゲームのリストは以下のアナウンスページで確認できます.今の所27タイトルのようです.(これを知っていれば先日のセールでDOOMを……)

ということでベータを有効にして試してみました.

ベータへの参加を有効にします.

44213791731 9a4cd08d09.jpg
43495999044 c67b4a40fd.jpg

Steamの再起動を行います.

43308073705 9bf75145b2.jpg

ベータ版がダウンロードされ,起動します.

42405873910 5bceb6c319.jpg

対応のDOOMのデモ版を試してみようと思いましたが,デモの方はまだ対応していないようで駄目でした.

44213916001 0ef30bab4a.jpg

対応リストの中の「Doki Doki Literature Club!」は無料のようなのでこれで試してみます.

ページを開くとアイコン上はWindows/Macのみの対応ですが,「ゲームをプレイ」ボタンが有効になっています.そのまま通常の導入手順でダウンロードとインストールが始まり正常終了しました.

44213925501 18fd9a3b74.jpg

ライブラリに登録されました.見た目はネイティブのものと同じです.

44184862972 207d8776b3.jpg

そして普通に起動します.
起動中のプロセスを確認すると特にwineやprotonと名前の付いたプロセスは見当たらずSteamに組み込まれているように見えます.

追記)
「Doki Doki Literature Clug!」にはもともと`~/.steam/steam/steamapps/common/Doki\ Doki\ Literature\ Club/DDLC.sh`というshell scriptがあり,Steam Play を通さなくてもLinuxで動作するようです.
「FSteam:Fallout Shelter」で試すと,以下のようにそれらしいプロセス経由で動作しています.(うまく起動しないけど)

$ pstree -n 31976
bash─┬─bash───steam─┬─22*[{steam}]
     │              ├─steam───sh───steamwebhelper.───steamwebhelper─┬─21*[{steamwebhelper}]
     │              │                                               ├─steamwebhelper─┬─steamwebhelper───13*[{steamwebhelper}]
     │              │                                               │                └─steamwebhelper───12*[{steamwebhelper}]
     │              │                                               └─steamwebhelper───6*[{steamwebhelper}]
     │              └─SteamChildMonit───sh───python2.7───wineserver
     └─tee
$ ps aux| grep -i wine
matoken   1842  0.0  0.0   4240   940 pts/5    S+   15:25   0:00 grep -i wine
matoken   3005  0.2  0.0  55596 13052 ?        Ss   14:53   0:04 /home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Proton 3.7/dist/bin/wineserver
matoken   3012  0.0  0.2 2078348 37364 ?       Sl   14:53   0:00 C:\windows\system32\winedevice.exe
matoken   3028  0.3  0.2 2144476 39268 ?       Sl   14:53   0:06 C:\windows\system32\winedevice.exe
matoken   9450  0.0  0.2 1947276 35808 ?       Sl   14:30   0:00 C:\windows\system32\winedevice.exe
matoken   9464  0.3  0.2 2013404 37772 ?       Sl   14:30   0:10 C:\windows\system32\winedevice.exe
matoken  22254  0.0  0.2 2078348 38144 ?       Sl   14:40   0:00 C:\windows\system32\winedevice.exe
matoken  22270  0.3  0.2 2144476 39424 ?       Sl   14:40   0:08 C:\windows\system32\winedevice.exe
matoken  32709  0.0  0.1  45432 25808 ?        S    15:23   0:00 /home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Proton 3.7/dist/bin//wineserver -w
$ ps aux| grep -i proton
matoken   1916  0.0  0.0   4240   936 pts/5    S+   15:25   0:00 grep -i proton
matoken   3005  0.2  0.0  55596 13052 ?        Ss   14:53   0:04 /home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Proton 3.7/dist/bin/wineserver
matoken  32707  0.0  0.1  41048 24736 ?        S    15:23   0:00 /bin/sh -c '/home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Proton 3.7'/proton waitforexitandrun '/home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Fallout Shelter/FalloutShelter.exe'
matoken  32708  0.0  0.0  52044 14352 ?        S    15:23   0:00 python2.7 /home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Proton 3.7/proton waitforexitandrun /home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Fallout Shelter/FalloutShelter.exe
matoken  32709  0.0  0.1  45432 25808 ?        S    15:23   0:00 /home/matoken/.local/share/Steam/steamapps/common/Proton 3.7/dist/bin//wineserver -w

少し遊んだ感じでは特に違和感なく遊べています.(が,1時間ほどしか遊んでいないところでSSDが壊れてそれ以上は試せていません><)

43308551205 e4f9cf42a5.jpg

なお,「Doki Doki Literature Clug!」は英語版しかありませんが,有志による日本語化パッチが提供されているので日本語化して遊んでも良さそうです.

43496726104 221e9b9f27.jpg

追記)
以下の「Enable Steam Play for all titles」でWindows用のタイトルが全てProtonで起動できるようにできました.ただし実際に動作するかどうかはゲーム次第です.いくつか試してみましたが,Lutris経由のWine Steamで遊べるゲームでも動かなかったりしました.(Montaroとか)
20180826_07:08:32-9123

環境
20180826_14:08:02-28740

$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

今回のSteamベータで対応していないものでWineで動作するゲームはLitrisでWine Steamを使うのもお手軽でおすすめです.

Raspberry Pi でHTML5版「艦これ」を試すも失敗

先日「艦これ」がHTML5になったと聞いて試してみました.確かにadobe Flashの導入されていないLinux端末でも問題なく動作します.

kankore html5

Linuxも言及されていますね.
ということはarmやなにやでも動作するはずってことでまずはRaspberry Pi 2 B で試してみました.結果から言うと失敗しました.

環境

試した環境はこんな感じです.

  • board : Raspberry Pi 2 B

  • OS : RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP 2018-06-27

  • SoC : BCM2837

  • CPU : ARMv7

  • RAM : 1GB

  • WebBrowser : Chromium 65.0.3325.181-0+rpt4

RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP 2018-06-27 を導入して,system を apt update && apt upgrade した状態です.あとは既定値のままで,ウェブブラウザは Chromium,操作はVNC経由で行いました.
解像度が大分上がっています.とりあえず F11 でフルスクリーン表示にして, Ctrl + – で画面を縮小してみました.
ログインしてスクリーンが黒く塗りつぶされるまで数分,「Weigh Anchor! Download Now…」の表示のプログレス画面ですごく時間がかかります.20分以上経ってからエラー画面(所謂猫った状態)になります.
3回試して毎回プログレスバーが8割ほどのところでコケます.
システムの状態を見ていると,黒い画面の頃からずっとCPUが100%で張り付いたままです.RAMには余裕があります.恐らくゲームデータをローカルにコピーして展開などの処理でCPUを使い切ってなかなか処理が終わらずタイ雨アウトしているのではないかと思います.
CPUがボトルネックのようなのでクロックをオーバークロックしてみましたが体感速度は変わらずやはりエラーとなります.2回試しても同じように失敗して駄目でした.

ということでRaspberry Pi 2 B で艦これは今のところ無理そうです.しばらく待って艦これ自体のチューニングが進んだり,CPUの強化されている Raspberry Pi 2 B v1.2(BCM2837)以降なら動くかもしれません.持っている人にはぜひ試して結果を教えてほしいです.

#ちなみに試すのに一回あたり30分ほどかかっているので動いたとしてもあまり現実的ではないかもしれません…….どうしてもやりたいなら母艦の画面を転送したほうが良さそう.

192.168.2.211 (raspberrypi) - VNC Viewer_045範囲を選択_048192.168.2.211 (raspberrypi) - VNC Viewer_046

SoC

cpu clock

RAM

Pi

BCM2836

4 x 900Mhz

1GB

2B

BCM2837

4 x 900MHz

1GB

2B v1.2

BCM2837

4 x 1.2GHz

1GB

3B

BCM2837B0

4 x 1.4GHz

1GB

3B+

GNU coreutils の dd に プログレスオプションがあった

dd の進捗は SIGUSR1 を投げると覚えていたのですが,man を眺めていると status=progress というオプションがあるのに気づきました.

manより
status=LEVEL
       The LEVEL of information to print to stderr; 'none' suppresses
       everything but error messages, 'noxfer' suppresses  the  final
       transfer  statistics,  'progress' shows periodic transfer sta‐
       tistics

2015-07-03 の GNU coreutils 8.24 で入ったようです.

dd accepts a new status=progress level to print data transfer statistics
on stderr approximately every second.

これまでも独自パッチでddにプログレスを出すようにするものなどはありましたがGNU ddに導入されていたんですね.気づきませんでした.

てことで試してみます.まずは従来の方法から.

dd開始
$ dd if=/dev/urandom of=/dev/null count=99999 &
[1] 19386
killコマンドで USER1 シグナルを投げる
$ kill -USR1 19522
2294+0 レコード入力
2293+0 レコード出力
2404384768 bytes (2.4 GB, 2.2 GiB) copied, 11.0258 s, 218 MB/s
killallコマンドでpidではなくプロセス名を指定
$ killall -USR1 dd
15648+1 レコード入力
15647+1 レコード出力
16407664896 bytes (16 GB, 15 GiB) copied, 76.1063 s, 216 MB/s

※pkillを使うと部分一致になるので意図しないプロセスにシグナルを送ってしまうことがあるので注意

$ pgrep dd
2
70
3937
$ ps 2 70 3937
  PID TTY      STAT   TIME COMMAND
    2 ?        S      0:00 [kthreadd]
   70 ?        I<     0:00 [ipv6_addrconf]
 3937 pts/9    R      0:13 dd if=/dev/urandom of=/dev/null bs=1M count=99999
watchコマンドで定期的に実行
$ watch killall -USR1 dd
98448+3 レコード入力
98447+3 レコード出力
103231407040 bytes (103 GB, 96 GiB) copied, 487.072 s, 212 MB/s
 :
ddコマンド実行時にpvコマンドを挟む
$ cat /dev/urandom | pv | dd of=/dev/null bs=1M count=99999
1.06GiB 0:00:06 [ 182MiB/s] [     <=>                                        ]
pvコマンドでファイル出力
$ pv /dev/urandom | dd of=/dev/null bs=1M count=99999
 502MiB 0:00:03 [ 170MiB/s] [  <=>                                           ]
ddの status=progress オプションを利用
$ dd if=/dev/urandom of=/dev/null bs=1M count=99999 status=progress
1910505472 bytes (1.9 GB, 1.8 GiB) copied, 9 s, 212 MB/s

流石に純正だけあっていい感じですね.問題はいざ使うときに思い出せるかという…….pvが覚えやすくて便利なんですよね.

そもそもdd使わずGNU ddrescue を使う?まあ大抵の用途ではそっちのほうが良いかもです.

試した環境
$ dd --version
dd (coreutils) 8.28
Copyright (C) 2017 Free Software Foundation, Inc.
ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

作者 Paul Rubin、 David MacKenzie、および Stuart Kemp。
$ dpkg-query -W coreutils
coreutils       8.28-1
pv      1.6.6-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

キーボードの補修をした

41710094011 abf04f659a

KBC Poker X というメカニカルコンパクトキーボードを利用しています.最近外で使っているNotePC のキーがいくつか壊れて効かなかったりして外にも持ち運んでいます.持ち運び方が雑でむき出しのままパニアバッグに突っ込んだりしていました.そのせいか最近 `]’ key の効きが悪くなってきました.このキーはよく使うし,Linux Desktop ではShift + Ins をよく使うのですが,このキーボードでは `Fn + ]’ で Ins になっているので更に良く使います.
普通ならキーボードごと交換になりますが,このキーボードのキースイッチは Cherry MX (の赤軸)を使っているのでキースイッチが壊れている場合別途キースイッチだけ購入して交換が可能なはずです,キーキャップを外してスイッチを触るとグラグラします.でもキースイッチに型がある感じではありません.更に分解して裏側の基盤を確認してみました(要+ドライバー).

44001692861 8c71a52766

以下の丸部分が該当キーの裏側ですが,もともとハンダがほとんど乗っていなかったようです.これは効かなくなるのも当然ですね…….

43283005284 d6f52a9340

ということで以下のようにハンダを盛ってみるとグラつきもなくなりキー入力も問題なくなりました :)

42192424220 ae7d00c294

追記)これとなりのキーの写真ですね.間違えたorz

たくさん時間のずれた写真の時計合わせ

DP1M0538

先日ポタリングに行ったのですが,その時持っていったカメラの時計が初期化されてしまっていてオフセットが6年半以上ありました.
(予備バッテリーが死んでバッテリー充電中に情報が初期化されてしまう)

これを正確な撮影時間に変更します.いつもはexiv2で設定していたのですが,今回これではうまく行かなかったのでexiftimeコマンドで設定しました.

先ずカメラ内時計と実際の時計の差分を求めます.正確な時間を撮影(今回はNICTのJST Clockを撮影)した結果はこんな感じでした.

$ ls --full-time DP1M0608.JPG
-rw-r--r-- 1 mk mk 9043186 2012-01-02 10:27:01.000000000 +0900 DP1M0608.JPG

写真に写った時間 -> 2018-07-17 07:32:00

それぞれUNIX EPOCに変換して引き算をすると差分は206312699秒でした.

$ date +%s -d '2012-01-02 10:27:01'
1325467621
$ date +%s -d '2018-07-17 07:32:00'
1531780320
$ expr 1531780320 - 1325467621
206312699

いつも使っているexiv2コマンドにこの秒を指定して修正しようとしたら日付がおかしくなってしまいました.

$ cp -p ./DP1M0608.JPG /tmp/DP1M0608.JPG
$ exiv2 -a +206312699 /tmp/DP1M0608.JPG
$ exiftime /tmp/DP1M0608.JPG
exiftime: field count mismatch (DateTime)
exiftime: field count mismatch (DateTimeOriginal)
exiftime: field count mismatch (DateTimeDigitized)
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
/tmp/DP1M0608.JPG: no timestamps available
$ exif /tmp/DP1M0608.JPG|grep -i date
Date and Time       |25548:01:17 21:27:01
Date and Time       |2012:01:02 10:27:01
Date and Time (Origi|25548:01:17 21:27:01
Date and Time (Digit|25548:01:17 21:27:01

manを確認すると,秒だけの指定は駄目でちゃんと計算して指定しないといけないようです.そして日またぎ以上は指定できないような感じです.これまではせいぜい数秒から数分しかずれなかったので気づきませんでした…….

       -a time
              Time  adjustment  in  the  format  [-]HH[:MM[:SS]]. This option is only used with the 'adjust' action. Examples: 1 adds one
              hour, 1:01 adds one hour and one minute, -0:00:30 subtracts 30 seconds.
 

計算するのが面倒なので差分を秒で指定できるツールはないだろうかと探してみると,exiftags packageのexiftimeが使えそうです.

              If val is numeric, one of either y, m, w, d, H, M, or S must be used to specify which part of the date is to be adjusted.
 

実際に試してみます.

念の為ファイルを/tmpにコピーして先ずはこれで試します.

$ cp -p ./DP1M0608.JPG /tmp/DP1M0608.JPG
$ exiftime /tmp/DP1M0608.JPG
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
Image Created: 2012:01:02 10:27:01
Image Generated: 2012:01:02 10:27:01
Image Digitized: 2012:01:02 10:27:01

-vでオフセットを指定します.今回は+206312699S206312699秒進めます.

$ exiftime -v +206312699S /tmp/DP1M0608.JPG
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
Image Created: 2018:07:17 07:32:00
Image Generated: 2018:07:17 07:32:00
Image Digitized: 2018:07:17 07:32:00

大丈夫そうです.
-vだけでは実際は書き換わりません-wで実際にexifを書き換えます.

$ exiftime -v +206312699S -w /tmp/DP1M0608.JPG
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
adjust time created in /tmp/DP1M0608.JPG from
  2012:01:02 10:27:01 to 2018:07:17 07:32:00? (y/n [n]) y
Image Created: 2012:01:02 10:27:01 -> 2018:07:17 07:32:00
adjust time generated in /tmp/DP1M0608.JPG from
  2012:01:02 10:27:01 to 2018:07:17 07:32:00? (y/n [n]) y
Image Generated: 2012:01:02 10:27:01 -> 2018:07:17 07:32:00
adjust time digitized in /tmp/DP1M0608.JPG from
  2012:01:02 10:27:01 to 2018:07:17 07:32:00? (y/n [n]) y
Image Digitized: 2012:01:02 10:27:01 -> 2018:07:17 07:32:00
$ exiftime /tmp/DP1M0608.JPG
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
Image Created: 2018:07:17 07:32:00
Image Generated: 2018:07:17 07:32:00
Image Digitized: 2018:07:17 07:32:00

exiftoolコマンドでファイルのタイムスタンプも修正します.

$ exiftool "-FileModifyDate<DateTimeOriginal" /tmp/DP1M0608.JPG
Warning: Bad PrintIM size - /tmp/DP1M0608.JPG
    1 image files updated
$ ls --full-time /tmp/DP1M0608.JPG
-rw-r--r-- 1 mk mk 9043186 2018-07-17 07:32:00.000000000 +0900 /tmp/DP1M0608.JPG

OKそうです.

本番のファイルを一気に書き換えてみます.
確認メッセージが出ないようexiftime-fオプションを付けています.

$ exiftime -v +206312699S -w -f ./*.JPG
./DP1M0537.JPG:
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
Image Created: 2012:01:01 08:46:51 -> 2018:07:16 05:51:50
Image Generated: 2012:01:01 08:46:51 -> 2018:07:16 05:51:50
Image Digitized: 2012:01:01 08:46:51 -> 2018:07:16 05:51:50
 
./DP1M0538.JPG:
exiftime: field count mismatch (ImageUniqueID)
Image Created: 2012:01:01 08:55:16 -> 2018:07:16 06:00:15
Image Generated: 2012:01:01 08:55:16 -> 2018:07:16 06:00:15
Image Digitized: 2012:01:01 08:55:16 -> 2018:07:16 06:00:15
 
   :
$ exiftime -v +206312699S -w -f ./*.X3F
   :

更に,gpscorrelateでジオタグを埋め込みます.

$ gpscorrelate -g ./2018-07-16鹿屋ポタ.gpx -z +9 -n *.JPG
$ gpscorrelate -g ./2018-07-16鹿屋ポタ.gpx -z +9 *.JPG

最後にファイルのタイムスタンプを修正します.

$ exiftool "-FileModifyDate<DateTimeOriginal" ./*

うまく行ったようです :)

環境

$ dpkg-query -W exiv2 exiftags exif
exif    0.6.21-2
exiftags        1.01-6build1
exiv2   0.25-3.1ubuntu0.18.04.1
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.04.1 LTS
$ uname -m
x86_64

Tails のUSBメモリが起動しなくなった

tails-installer を使って Tails の USB メモリを「Upgrade」したのですが,正常終了したのに起動しなくなりました.「Reinstall (delete all data)」を試しても駄目でした.

20180803_05:08:39-13917

wipefs を行いファイルシステムの情報を削除した後再度 tails-installer を試すとうまく行きました.

$ sudo wipefs -a /dev/sdz1
/dev/sdz1: 2 bytes were erased at offset 0x000001fe (dos): 55 aa
/dev/sdz1: calling ioctl to re-read partition table: 成功です

Screenshot from 2018-08-01 10-54-43

原因は不明ですがとりあえず復旧できました.

  • 環境
$ dpkg-query -W tails-installer
tails-installer 5.0.8+dfsg-0ubuntu1~bionic
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.04.1 LTS
$ uname -m
x86_64