rsyncで同期したファイルの内容が間違っていて困る

最近外のサーバのffmpegで生成したファイルをrsyncコマンドで家にコピーしています.しかし,先日rsyncでコピーが正常終了したファイルなのに再生が出来ないファイルが現れました.
恐らくffmpegの処理が最後まで終わっていない状態でrsyncを開始して,ffmpegの -movflags faststart が最後のあたりでrsyncで転送が終わった領域を書き換えたのではないかと思います.
rsyncはチェックサムを確認していたのでは?と確認するとどうも明示的にチェックサムのオプションを付与しないと簡易的なチェックしかしていないようです.
少し確認してみました.

内容が違うけれどファイルサイズとタイムスタンプの同じファイルを用意する.

$ mkdir from to
$ echo '0123456789' > from/01
$ echo '0123456780' > to/01
$ touch -d0 from/01
$ touch -d0 to/01
$ ls -l from/01 to/01
-rw-r--r-- 1 matoken matoken 11 11月  2 00:00 from/01
-rw-r--r-- 1 matoken matoken 11 11月  2 00:00 to/01

rsync の --archive option でコピーすると同じファイルと認識されて同期されない.内容も異なったまま.

$ rsync -av from/ to/
sending incremental file list

sent 73 bytes  received 12 bytes  170.00 bytes/sec
total size is 11  speedup is 0.13
$ diff from/01 to/01
1c1
< 0123456789
---
> 0123456780

rsync の --checksum optionを付与すると別のファイルと認識されて同期されて内容も同一になる.

$ rsync -av --checksum from/ to/
sending incremental file list
01

sent 147 bytes  received 35 bytes  364.00 bytes/sec
total size is 11  speedup is 0.06
$ diff from/01 to/01

ということでこんな感じに変更した.

$ rsync -avAHXce ssh --partial --append user@server:from/ to/

#実際はよく回線切れるのでwhile loop に入れてある.

EDIT: 転送済み部分のチェックはこれではNGで --append(既存のファイルに追記)を削る必要があった.--append-verify で行けそうな気がしたがこれもNGだった.

環境
$ dpkg-query -W rsync
rsync   3.1.2-2.2
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.10
$ uname -m
x86_64