ansible-tower setupメモ

「Ansibleもくもく会 (サーバ編)2019.03 in オイシックス・ラ・大地!」にリモート枠が!鹿児島からでも参加できそうと申し込みました.

参加するに当たってAWSの環境が用意されるようだけど手元の回線は不安定だし勉強会後のことも考えると手元にも環境を用意しておいたほうが良さそうということで以下のページを参考にセットアップしました.その時つまずいたときのメモです.

※Debian sid amd64 上のKVM 環境に CentOS7 x86_64 環境を用意してその中で設定しました. ansible-tower-setup のバージョンはlatest で 3.4.2-1 でした.

setup.sh の実行は tower ディレクトリの下で

Step2 で,setup.shを実行するとリポジトリが見つからずエラーとなる

$ sudo ./ansible-tower-setup-$VERSION.el7/setup.sh
https://releases.ansible.com/ansible-tower/rpm/dependencies//epel-7-x86_64/repodata/repomd.xml: [Errno 14] HTTPS Error 404 - Not Found

以下のあたりでバージョンを取得している

ansible-tower-setup-3.4.2-1/setup.sh:baseurl=$AW_REPO_URL/rpm/dependencies/$(grep version group_vars/all | grep -o ':digit:.:digit:')/epel-$1-x86_64

tower のディレクトリに降りて実行すればok

$ cd ansible-tower-setup-3.4.2-1
$ sudo ./setup

実行環境のRAM は4GB 以上に

RAM 512MBで setup.sh を実行するとエラー.RAMが足りないらしい.

TASK [preflight : Preflight check - Fail if this machine lacks sufficient RAM.] ***********************************************************************************************************************
fatal: [localhost]: FAILED! => {"changed": false, "msg": "This machine does not have sufficient RAM to run Ansible Tower."}
        to retry, use: --limit @/home/matoken/ansible-tower-setup-3.4.2-1/install.retry

システム要件を確認すると4GB のRAM が必要らしい

4 GB RAM minimum for Tower installations

なそ
にん

時間がないときは LIMITED FEATURES UP TO 10 NODES ライセンスを選択

ADD) もくもく会ではこれとは別のURLから Red Hat Ansible Tower, Standard (10 Managed Nodes) Trial を入手して利用した.以下の LIMITED FEATURES UP TO 10 NODES では最後のあたりで詰まる.(Exercise 3 の Step 4 で「ADD SURVEY」ボタンが出てこない)

ENTERPRISE FEATURES の場合人力みたい

An Ansible representative will be reaching out to you within one business day with your Ansible Tower enterprise features trial license key.

LIMITED FEATURES UP TO 10 NODES だとすぐにメールで届いた

You should receive an email shortly with your Ansible Tower Basic Edition trial license key.

試した環境

$ cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)
$ uname -m
x86_64