awesome wmでパスを追加する

bashだと~/bin とかにパスが通っているのにawesomeからmod4 +r で起動しようとするとコマンドが見当たりません. AppImageやFlatpakなんかのアプリを格納したりしているのですがこれだと /home/user/bin/command とかフルパスで書かないと駄目です. bashだとパスが通っています. $ type -a MQTT-Explorer MQTT-Explorer is /home/matoken/bin/MQTT-Explorer $ ls -l /home/matoken/bin/MQTT-Explorer lrwxrwxrwx 1 matoken matoken 71 Aug 25 21:22 /home/matoken/bin/MQTT-Explorer -> /home/matoken/opt/AppImage/MQTT-Explorer-0.3.6-no-delete-limit.AppImage awesomeで,mod4 + r して sh -c “$PATH >> ~/tmp/awesomepath” とかして PATH を確認してみるとこれだけしかパスが通っていません. $ cat ~/tmp/awesomepath /usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/games:/usr/games ~/.xinitrc でパスを追加してみましたが反映されません. 多分lightdm経由で起動しているので関係なかった. $ ps auxf|grep -B3 awesome root 32202
Continue reading awesome wmでパスを追加する

OsMo.mobiがDownしたのでPhoneTrackを使う

近頃はOsMoで検索すると,DJIのドローンやジンバルが出てくるようになっていますがOsMoはそういうものではなく,位置情報共有サービスです.スマートフォンにアプリを導入して共有URLで今自分の居る場所を共有できます.Glympseなどが類似サービスになると思います. このOsMoですが,最近サーバがダウンして利用できなくなりました.(一応オフラインでローカルにログを取得することは可能) OsMoのアプリ(OsMoDroid)を導入していると,telegramに誘導するメッセージが表示されるようになりました. http://t.me/osmomobi このチャンネルを覗くとサーバが(物理的に?)失われて,更にバックアップが05/15のものしか無いようで,そのデータで復旧を試みようとしているけど未だホスト先を探している状態のようです. 復旧までにはまだまだ掛かりそうなです. Константин Гам, [22.08.19 02:57] Что произошло? Сервер приложения OsMo и сайта повреждён, сгорел диск. Потеряны все данные пользователей. Из-за несработавшего бекапа, последняя полная копия проекта датируется 15 мая 2019 года. Диск заменили, но требуется много работы по запуску проекта с нуля и дальнейшее накатывание копии от мая…​ Собираем на
Continue reading OsMo.mobiがDownしたのでPhoneTrackを使う

API経由でpocketに投稿した記事を取得してみたけどRSSで十分だった

最近放置がちだったpocketを活用し始めました.Android端末で隙間時間にRSS消化して気になったものをpocketに投げておいて後でPCで読むという感じのブックマーク代わりな感じです. ここに投稿したものを日毎に保存しておくと便利かもと試した記録です. アプリケーション登録 まずはアプリケーション登録をする Pocket: Developer API 記事が読めればいいので,permissionsは`Retrieve` にした.登録すると,CONSUMER KEY が入手できる. REQUEST TOKENを入手する Pocket Developer Program: Pocket Authentication API: Documentation $ curl -H “Content-Type: application/json; charset=UTF-8” -X POST \ https://getpocket.com/v3/oauth/request \ -d ‘ { “consumer_key” : “XXXX-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX”, “redirect_uri”:”http://matoken.org/” } ‘ 結果 code=XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXX アプリケーションをアカウントに紐付ける ウェブブラウザで `https://getpocket.com/auth/authorize?request_token=&redirect_uri=http://matoken.org/’ にアクセスしてアカウントにリクエストを許可する.urlは適当. アクセストークンを入手する $ curl -H “Content-Type: application/json; charset=UTF-8” -X POST
Continue reading API経由でpocketに投稿した記事を取得してみたけどRSSで十分だった

「かごしま国体ファンライド2019」追加募集 #🚲

《追加募集決定!!》 国体1年前特別イベント「かごしま国体ファンライド2019」ですが、人数の空きがあるため、先着順で募集させていただきます!! Ciel Bleu KANOYA Pro CyclingさんはInstagramを利用しています:「《追加募集決定!!》 国体1年前特別イベント「かごしま国体ファンライド2019」ですが、人数の空きがあるため、先着順で募集させていただきます!! 申し込みは引き続き下記のURLからになりますので、ぜひ参加してみてください!!…」 ってことで先週あたりに申し込みが締め切られていた「かごしま国体ファンライド2019」が追加募集されているようです. 詳細と申込みは以下のフォームから. 燃ゆる感動かごしま国体 国体1年前特別ライド ※申し込みページ 開催日時は,「令和元年9月8日(日)」参加料は昼食込み3,000円です. ファンライドとなっていますが, 必ずロードバイクで参加してください。 交通規制の都合上、平均速度が23km/h以上になるようにペース管理をします。悪しからずご了承ください。 とのことでファンライドと言うには少しペース速いような感じがします.国体の試走的なものと考えるとしょうがないかな? コースはこんな感じでほぼ平坦ですね.(申し込みページにあったマップは公開するにはまずい感じのものだったので起こしてみました) かごしま国体ファンライド2019 – uMap データをダウンロードしたい場合は,左側の共有から「データダウンロード」で出来ます.ダウンロードしたデータはGPSロガー,サイクルコンピュータ,スマートフォンなどで活用できます :)

Nextcloud 15にアップデートして出現した「セキュリティ&セットアップ警告」を解消

php5のサーバでNextcloud 14系だったのですが,php 7.0 に出来るようになったのでNextcloud もアップグレードして15にしました. するといくつかの「セキュリティ&セットアップ警告」が出てきたので対応したメモです. MariaDBのデータベースの4バイト文字のサポート MySQLをデータベースとして使用していますが、4バイト文字をサポートしていません。たとえば、ファイル名やコメントの問題なしに(絵文字のような)4バイト文字を処理できるようにするには、MySQLで4バイトサポートを有効にすることをお勧めします。 詳細についてはこれに関するドキュメントページを読んでください。 ここでいうドキュメントページは以下のリンクでした. Enabling MySQL 4-byte support — Nextcloud 15 Administration Manual 15 documentation 現在のデータベースのバージョンを確認します. $ mysql –version mysql Ver 15.1 Distrib 10.1.38-MariaDB, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 5.2 innodb_file_format を確認して,Barracuda でない場合は`Barracuda` に変更します. $ mysql -udebian-sys-maint -p MariaDB [(none)]> show variables like ‘innodb_file_format’; +——————–+———-+ | Variable_name | Value
Continue reading Nextcloud 15にアップデートして出現した「セキュリティ&セットアップ警告」を解消

Google Chrome 76 でまた特定のサブドメインが表示されなくなったので表示するようにする

Google Chrome 69 のときも一時的に表示されなくなっていたのですが, Google Chrome 69 でURLのサブドメインが表示されなくなったのを表示する – matoken’s meme Google Chrome 76 でまた特定のサブドメインが表示されなくなりました. 例えば, www.matoken.org は matoken.org と省略されます. ちなみに 69 のときは www.hoge.www.matoken.org が hoge.matoken.org に見えるというバグらしき動きもありましたがこれは hoge.www.matoken.org に見えるようになっていました. 今回も Google Chrome 69 のときと同じように chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-trivial-subdomains を Disabled にすると以前の挙動に戻ります. 今回 Chromium 76 でも試してみましたが,この変更は入っていないようでサブドメインは省略されませんでした. 環境 $ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium chromium 76.0.3809.100-1 google-chrome-stable 76.0.3809.100-1 $ lsb_release -dr
Continue reading Google Chrome 76 でまた特定のサブドメインが表示されなくなったので表示するようにする

mono製InlineHtmlImagesでhtml+画像の複数ファイルを単一の画像埋め込みhtmlに変換する

npm の html-inline を試しましたが途中でコケてしまいます. html-inline – npm mono製の InlineHtmlImages を試すとうまくいきました :) Inline and Extract base64 images into/from HTML 画像作成 $ convert pango:”<span font=\”/Library/Fonts/NotoColorEmoji\” size=\”24576\”>😺</span>” cat.jpg html作成 $ cat << __EOF__ > cat.html > <html> > <body> > <img src=”cat.jpg”> > </body> > </html> > __EOF__ 画像埋め込み $ mono ~/Downloads/inlinehtmlimages-mono.exe -in ./cat.html -out ./cat_inline.html 埋め込まれているのを確認 $
Continue reading mono製InlineHtmlImagesでhtml+画像の複数ファイルを単一の画像埋め込みhtmlに変換する

電源管理ソフトウェアTLP のGUI なTLPUI を試す

暑くなってきました.明け方でも室内で30度とかに.メインPCのウェブブラウザを開きっぱなしにしていたりたまにElectronなアプリが暴走してるとCPU温度が酷いことに. $ acpi -t Thermal 0: ok, 101.0 degrees C この状態で放置しているとCritical温度に達して勝手に再起動してしまったりします.(現在の設定は105℃) $ sensors coretemp-* coretemp-isa-0000 Adapter: ISA adapter Package id 0: +78.0°C (high = +87.0°C, crit = +105.0°C) Core 0: +78.0°C (high = +87.0°C, crit = +105.0°C) Core 1: +78.0°C (high = +87.0°C, crit = +105.0°C) Operaのバッテリーセーバーを使うと改善されないだろうかと試してみましたがあまり変わらないような感じ? Linuxの電源管理を行うTLPというものがあります.NotePCなどで便利です. これ経由でCPU のgovernor をpowersave に変えて発熱量を下げてみます. TLPは基本的に設定ファイルを編集して設定します.設定ファイルの場所を Debian sid
Continue reading 電源管理ソフトウェアTLP のGUI なTLPUI を試す

Ubuntu 19.10 の initramfs-tools から dm-crypt 領域が見つからずエラーとなる

Ubuntu 19.10 amd64 環境でapt upgrade でエラーになります. 新しいKernel が降りてきてinitramfs のところでdm-crypy 領域が見つからない感じのようです. initramfs-tools (0.133ubuntu9) のトリガを処理しています … update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-5.2.0-8-generic cryptsetup: ERROR: Couldn’t resolve device /dev/disk/by-uuid/805938be-2c29-4a53-9ed2-36fb233d76ea cryptsetup: ERROR: Couldn’t resolve device UUID=31145c5b-93fc-4fe0-9e46-3a68bfcadeae W: initramfs-tools configuration sets RESUME=UUID=31145c5b-93fc-4fe0-9e46-3a68bfcadeae W: but no matching swap device is available. 処理中にエラーが発生しました: エラーメッセージで検索すると以下のページを発見. live-build issue getting persistence with luks encryption : debian The problem
Continue reading Ubuntu 19.10 の initramfs-tools から dm-crypt 領域が見つからずエラーとなる

Have I Been Pwned からパスワード流出のお知らせが届く

Have I Been Pwned からメールが届きました You’re one of 23,205,290 people pwned in the CafePress data breach Have I Been Pwned: Pwned websites CafePress からパスワードが流出したようです. 早速パスワードを変更します. とりあえずはこれでいいかな? Have I Been Pwned は流出したパスワードのデータベースを持っていて,自分のメールアドレスを入力するとそのアドレスで流出したサービスを教えてくれます. 登録しておくと今回のようにお知らせしてくれるので助かります. 現在はMozilla のFirefox Monitor も同じデータベースで煮たサービスをしています.日本語がいいって人はこちらのほうがおすすめ.メールアドレスも複数登録できるようになりました. ちなみに私は両方に登録していて今回の件のメールが届いたのは Have I Been Pwned が 2019-08-05 10:58 Firefox Monitor が 2019-08-05 14:16 と Have I Been Pwned のほうが少し早かったです.
Continue reading Have I Been Pwned からパスワード流出のお知らせが届く