Rufusを使ってWindows 10でWindows 10のisoイメージをUSBフラッシュメモリに書き込み

LinuxでWindowsのisoイメージをUSBフラッシュメモリに書き込むのにWoeUSBを利用しました. Windows 10のisoファイルをWoeUSBでUSBフラッシュメモリに書き込み – matoken’s meme WindowsではRufusというツールが使えるようなので試してみました. Rufus ダウンロードして実行して「デバイス」に書き込み先のUSBフラッシュメモリを,「ブートの種類」に書き込むisoファイルを指定して後は既定値で「スタート」を押すと書き込みが始まります. 書き込み完了時に以下のメッセージ.セキュアブートには未対応のようです. Why do I need to disable Secure Boot to use UEFI:NTFS? 出来上がったUSBフラッシュメモリで起動するとセキュアブート向こうのマシンでは利用できました. しかしセキュアブートを利用したい場合はRufusは使えないようです. ということで,WindowsでWindowsのisoファイルの書き込みはWindows標準の「メディア作成ツール」を利用するのが良さそうです. Windows で以下のページにアクセスして,「ツールを今すぐダウンロード」から入手できます.(Linux等でアクセスするとisoイメージのダウンロードページになります.) https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 このツールはisoイメージのダウンロード&書き込みをしてくれます.x86, x64の32bit/64bit両方に対応したUSBフラッシュメモリも作成できました.ダウンロード済のisoイメージの指定は出来ないようなのは不便です. PC環境 * エディション Windows 10 Pro * バージョン 1903 * OSビルド 18362.449 * システムの種類 64 ビット オペレーティングシステム、x64 ベース プロセッサ Windows isoイメージ * Windows 10 1903 x64
Continue reading Rufusを使ってWindows 10でWindows 10のisoイメージをUSBフラッシュメモリに書き込み

Windows 10のisoファイルをWoeUSBでUSBフラッシュメモリに書き込み

balenaEtcher でUSBフラッシュメモリにWindows 10のisoイメージを書き込もうとしたのですが,このようなメッセージが表示されました. Windowsのイメージは特殊なのでそれを処理できるプログラムを紹介しています.Linuxでは WoeUSB を勧めています. GitHub – slacka/WoeUSB: WoeUSB is a simple tool that enable you to create your own usb stick windows installer from an iso image or a real DVD. It is a fork of Congelli501’s WinUSB. UbuntuではPPAがあるようなのでこれを導入します. WebUpd8 : Alin Andrei $ sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8 $ sudo apt update $ sudo
Continue reading Windows 10のisoファイルをWoeUSBでUSBフラッシュメモリに書き込み

iPhone 7(iOS12)をUbuntu 19.10でmountしてデータコピー

借りたiPhone 7で撮影した動画をUbuntu 19.10 amd64にコピーしました.その時のメモです. 以前iPhone 3GSを利用していてファイルコピーやテザリングを利用していましたがそれ以来のiPhoneマウントでした. 必要パッケージの導入. $ sudo apt install ifuse libimobiledevice-utils iPhoneをUSB経由で接続. その時のdmesgはこんな感じでネットワークはもう使えそう.(未確認) [ +0.028241] usb 1-1.1: New USB device found, idVendor=05ac, idProduct=12a8, bcdDevice= 9.01 [ +0.000006] usb 1-1.1: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3 [ +0.000004] usb 1-1.1: Product: iPhone [ +0.000003] usb 1-1.1: Manufacturer: Apple Inc. [ +0.000003] usb 1-1.1:
Continue reading iPhone 7(iOS12)をUbuntu 19.10でmountしてデータコピー

Btrfsのbtrfs-transactionでioが100%になって困る

デスクトップ検索のRecollを試してみようと recollindex コマンドでindexを作ってみました.すると様々なアプリケーションがフリーズ.indexが出来るまでの辛抱だろうと1日ほど放置してみましたが解消しません. 1つのコマンドを発行して実行されるまで何分も掛かってしまいます. cpuやmemoryはガラガラです. iotop を叩いてみると btrfs-transaction がほぼ100%で張り付いています. マウントオプションはこんな感じ. $ mount | grep \ /\ /dev/mapper/t430s–vg-root on / type btrfs (rw,noatime,nodiratime,ssd,discard,space_cache,subvolid=5,subvol=/) discard を `btrfs(5) ` で確認するとちょっと怪しいような? discard, nodiscard (default: off) Enable discarding of freed file blocks. This is useful for SSD devices, thinly provisioned LUNs, or virtual machine images; however, every storage layer must
Continue reading Btrfsのbtrfs-transactionでioが100%になって困る

Google PhotoにHEIC形式でアップロードして16MP制限を回避する

※このエントリを書いてるうちにHEIC形式のファイルが縮小されないのはバグだという記事がでてきました.そのうち修正されてこの回避方法は使えなくなるはずです. Google aware of free original quality HEIC photo backups for iPhones, says it’s a ‘bug’ Google Photoの設定でアップロードサイズを「高画質」にしておくと16MPを超えるサイズの画像は16MPに縮小されますが容量を気にせず無制限でアップロードできます. 最近iPhoneの写真は16MPを越えていても無制限にアップロードできると話題になりました.これはiPhoneの写真はHEIF形式で保存され,これを16MPにするためにデコード&エンコードすると元の画像より大きくなるのでそのままにしているのではないかと言われたりしています. TIL Because iPhones shoot photos in HEIC format and not JPG, you get free unlimited original quality backups to Google Photos due to HEIC being smaller and more efficient than JPG so Google doesn’t touch the
Continue reading Google PhotoにHEIC形式でアップロードして16MP制限を回避する

Imagemagickで画像変換時にキャッシュリソースが足りなくて転ける

Google Photoにheic形式でファイルをアップロードすると「高画質」(16MPに縮小される)設定でも縮小されないようなのでどのくらいのサイズまでOKなのかを試していたのですが,倍々で画像結合していたら128MPほどのファイル作成時に失敗しました. $ convert -append out.heic out.heic out128.heic convert-im6.q16: cache resources exhausted `out.heic’ @ error/cache.c/OpenPixelCache/4083. 処理しているファイルは無駄にでかいです. $ identify ./out.heic ./out.heic HEIC 9884×6552 9884×6552+0+0 8-bit YCbCr 0.020u 0:00.010 このあたりのページを参考にポリシーファイルを修正してメモリを増やしてみます. Memory issues · Issue #396 · ImageMagick/ImageMagick ImageMagick – Security Policy $ sudo git -C /etc diff /etc/ImageMagick-6/policy.xml diff –git a/ImageMagick-6/policy.xml b/ImageMagick-6/policy.xml index 59d2fc6..4c6d088 100644 — a/ImageMagick-6/policy.xml
Continue reading Imagemagickで画像変換時にキャッシュリソースが足りなくて転ける

Nextcloud 15から16にアップグレードしたときのセキュリティ&セットアップ警告を解消

Nextcloud を15から16にアップグレードしました.すると管理アカウントの「設定」→「管理」→「概要」に以下のセキュリティ&セットアップ警告が表示されました. セットアップに関して警告がいくつかあります。 PHPのメモリ制限は推奨値512MBを下回ります。 データベースにいくつかのインデックスがありません。 大きなテーブルにインデックスを追加すると、自動的に追加されないまでに時間がかかる可能性があるためです。 “occ db:add-missing-indices”を実行することによって、インスタンスが実行し続けている間にそれらの欠けているインデックスを手動で追加することができます。 インデックスが追加されると、それらのテーブルへのクエリは通常はるかに速くなります。 テーブル “oc_twofactor_providers”のインデックス “twofactor_providers_uid”が見つかりません。 テーブル “oc_whats_new”のインデックス “version”が見つかりません。 テーブル “oc_cards”のインデックス “cards_abid”が見つかりません。 テーブル “oc_cards_properties”のインデックス “cards_prop_abid”が見つかりません。 これらを解消します. PHPのメモリ制限は推奨値512MBを下回ります。 php.ini の memory_limit を 512M 以上に設定します. 今回は /etc/php/7.3/apache2/php.ini $ sudo git diff /etc/php/7.3/apache2/php.ini diff –git a/php/7.3/apache2/php.ini b/php/7.3/apache2/php.ini index 9a35de2..598dd82 100644 — a/php/7.3/apache2/php.ini +++ b/php/7.3/apache2/php.ini @@ -403,7 +403,7 @@ max_input_time = 60 ;
Continue reading Nextcloud 15から16にアップグレードしたときのセキュリティ&セットアップ警告を解消

Google KeepのデータをCarnetにインポートする

Google Keep代替にCarmetを試してみようと思い先ずはCarnetのLinuxアプリにGoogle Keepのインポート機能があるのでそれを試してみました. LinuxとAndroidで動作するGoogle Keep代替を探す – matoken’s meme CarnetのLinuxアプリは以下のページからElectron製のi386, amd64 それぞれのAppImageが入手できます. PhieF/CarnetDocumentation 今回はamd64の current64.AppImage を利用しました. ダウンロード後,実行権を付与して起動します. $ wget https://qn.phie.ovh/binaries/desktop/current64.AppImage $ mv ./current64.AppImage ./Carnet.AppImage $ chmod u+x ./Carnet.AppImage $ ./Carnet.AppImage Settings で設定画面を開き, Import from Google Keep (only on desktop client) で Google Keep のImport画面に移動します. 先ずは Follow this link からGoogle Takeout に移動します. https://takeout.google.com/settings/takeout Google Takeoutにて,「新しいアーカイブの作成」の「追加するデータの選択」で「選択を全て解除」した上で「Keep」にだけチェックを付けて一番下の「次のステップ」を押し,「アーカイブを作成」します. しばらくすると(データ量により時間は変わる)Takeoutのデータをダウンロードできるようになるので適当な場所にダウンロードして展開しておきます. 展開したらCarnetアプリに戻り,「PATH
Continue reading Google KeepのデータをCarnetにインポートする

LinuxとAndroidで動作するGoogle Keep代替を探す

Google Keepはメモアプリです.Evernoteに似ていますがもう少し機能が少ない感じ. Google Keep 自分は主にTodoや買い物リストなどにKeepを利用しています.PCやAndroidで買い物をメモしてお店でAndroidのメモを見ながら買い物してチェックボックスをチェックしていく感じです. メモの数もまだ少ないし使っている機能も少ないので代替になるものがあるのではと探してみました. 要件としてはこんな感じ OSS サーバ側はWebDAVなどでセルフホストが利用可能 若しくはクラウドサービスを使うけどE2EEが利用可能 LinuxとAndroidで動作する Android版では買い物メモをデスクトップウィジットで表示したい Joplin Joplin – an open source note taking and to-do application with synchronisation capabilities Joplin – Google Play のアプリ 現在EvernoteとZim Wikiから乗り換えて作業メモなどに利用しています.サーバはNextcloudなどWebDAVが利用でき,単体でE2EEが可能です. LinuxではAppimageやnodeでのcli版もあり,cli版はarmなどでも動作します. 既にあるノートを全部同期するのは大変,同期ディレクトリを分けることは出来ますがクライアントは1箇所しか登録できないので難しい.ノートブック単位で同期できればいいのですが今の所出来ないようです それとAndroidでのウィジットはフレームワークでサポートされていないので今の所サポートされないようです(◞‸◟) \[Feature request] Widget for Android App · Issue #19 · laurent22/joplin とりあえず見送りです. Carnet PhieF/CarnetDocumentation Carnet – Notes app –
Continue reading LinuxとAndroidで動作するGoogle Keep代替を探す

Ebook reader(files_reader)を有効にしてNextcloud 16を動かなくしてしまう

Nextcloudをいじっていたらエラー画面に>< 表示されているリクエストIDでログを検索してjqで展開します. $ sudo grep ‘iFqSO6b3lcl9qAXbLJXt’ nextcloud.log | jq .|lv この辺りがエラーのよう. files_reader アプリに問題があるようです. “message”: { “Exception”: “Error”, “Message”: “Class ‘OCP\\Config’ not found”, “Code”: 0, “Trace”: [ { “file”: “/var/www/files.matoken.org/apps/files_reader/lib/Hooks.php”, “line”: 41, “function”: “get”, “class”: “OCA\\Files_Reader\\Config”, “type”: “::”, “args”: [ “epub_enable”, “true” ] }, { “file”: “/var/www/files.matoken.org/lib/private/legacy/hook.php”, “line”: 106, “function”: “announce_settings”, “class”: “OCA\\Files_Reader\\Hooks”, “type”: “::”, とりあえずoccコマンドで`files_reader`
Continue reading Ebook reader(files_reader)を有効にしてNextcloud 16を動かなくしてしまう