鹿児島らぐの「鹿児島Linux勉強会 2020.06」に参加

2020-06-28(sun)に開催された「鹿児島Linux勉強会 2020.06」に参加しました. 鹿児島らぐ(Linux User’s Group) 鹿児島Linux勉強会 2020.06(オンライン開催) – connpass 今回もDiscordで開催.主に音声チャットでやり取りで発表は画面共有で行う感じです.参加者は6名(申し込み7人欠席2人飛び入り1人)でした. 以下のような話がありました. 「6月の週末はsofascenerとして 過ごしました」(demo/demopartyの紹介) 「rsync 3.2.0の新機能を試してみた」 「cowsayのcowを増やそう」 「awkで3dプログラミング,sedのデバッガの紹介」 https://github.com/takubo/gsed-dbg (GNU SED + Debugger) https://github.com/moldabekov/chess-sed/blob/master/chess.sed (sedで動くチェス) 「NISTのフォレンジックトレーニングページ紹介」 https://www.cfreds.nist.gov/data_leakage_case/data-leakage-case.html 「LinuxでWindows(NTFS)領域を共用する相談」 私は先月の「YoutubeLiveを細い回線で「聴く」」の続きをと思ったのですが,スライドのアクセスがとても少なく(たぶん自分を除くと一桁)反応良くなさそうだったのと,Twitterでrsyncの新機能への反応が良かったように見えたので「rsync 3.2.0の新機能を試してみた」と,参加者少なさそうだったので急遽「cowsayのcowを増やそう」を用意しました. まあどちらもいまいち刺さらなかったかな……. 次回は07/26(日)でオンライン開催の予定です.

小江戸らぐ 6月のオフな集まり(第215回) オンライン開催に参加

小江戸らぐ 6月のオフな集まり(第215回) – connpass 06/13(Sat) 14:00〜20:00 カンファレンスツールにはZoom.us を利用して,14:00〜18:00 が勉強会.その後は懇親会な感じです.実際は00:00過ぎまでやっていました. 参加者はだいたい20人前後な感じでした. 以下のような発表がありました. AWS経由で監視メッセージを電話で連絡 Azure Static Web Appsに骨董品のMiddlemanのページをデプロイしてみた EvServer検討と構築 GoでWebスクレイピング Linux環境で(低解像度の)画面共有を行うTips PyCon JP Association からのお知らせ とあるAIの漢字変換 セキュリティ関連で諸々(CSIRTへの取り組み) 噂のMakuluLinux/LinDozを触ってみた 最近のかつどうほうこく 有線ESP32 私の発表は「Linux環境で(低解像度の)画面共有を行うTips」でした. しかし,今発表腕紹介したXephyrを使って発表しようとしたら今回のツールのZoom.us Linux版 clientでは画面共有の一覧に出てこず利用できませんでした(あとでChromiumでZoom.usを利用したら共有できるのを確認).スライドのまま共有してもほとんどアクセスはないのでそのうちblogにでもまとめなおそうと思います. View more on edocr 次回は恐らく07/11(Sat)にオンライン開催です.

torのhidden serviceで使うアドレスを計算する(Vanity Addresses)

最近このような記事を読みました. Googleにドメインをブロックされたウェブサービスが「Cloudflareに乗り換える」と恨み節 – GIGAZINE 今のインターネットはドメイン頼りな割に単一障害点となってしまってあまりよろしくない.でも逃げ道があまりないのですよね……. とりあえず以前からそのうちやろうと思って放置していたtorのhidden serviceでミラーを立てるのをやってみようかなと思い立ちました. とりあえず /etc/tor/torrc で以下のあたりを有効にしてtorを再起動してhttpdの設定をするだけで動きます. HiddenServiceDir /var/lib/tor/hidden_service/ HiddenServicePort 80 127.0.0.1:80 このときのアドレスはtor再起動後に HiddenServiceDir 以下に作られる hostname ファイルの中の名前になります. $ sudo cat /var/lib/tor/hidden_service/hostname tbiettfnprnqpoccrz3ll7hioprbyjoam2n6okihpadf5ukaa4hwrwad.onion このアドレスは[a-z|3-7]の32文字(BASE32)からなる16文字の onion v2 アドレスと,56文字の onion v3 アドレスがあって,最近は後者のv3アドレスが規定値になっているようです.鍵は RSA から ed25519 になっています. Onion v2 はホストネームから秘密鍵を求めるのに現実的な時間で済むのが近づいてきているようなのでとても長くて使いづらいですがこれからはOnion v3 アドレスにしたほうが良さそうです. 今はv2,v3 を併用しているところも多いようです. Onion v2 Onion v3 hostname文字長 16 56 鍵形式 RSA ed25519 鍵ファイル名 private_key
Continue reading torのhidden serviceで使うアドレスを計算する(Vanity Addresses)

snapでNextcloudを導入して手軽にGoogleDocぽく使う(snap版Nextcloud + OnlyOffice)

Nextcloud導入が面倒?snapを使うとこれだけでGoogleDocみたいなことができます(Debian sid amd64/Ubuntu 20.04 LTSで確認済み). $ sudo apt update && sudo apt upgrade $ sudo apt install snapd $ sudo snap install nextcloud $ sudo /snap/bin/nextcloud.occ app:install documentserver_community $ sudo /snap/bin/nextcloud.occ app:install onlyoffice 簡単に説明していきます. OSの状態を最新にしておきます. $ sudo apt update && sudo apt upgrade snapを使うためにsnapdを導入します(最近のUbuntuだと標準で入ってると思います). $ sudo apt install snapd snapでNextcloudを検索してみます. $ snap find nextcloud Name
Continue reading snapでNextcloudを導入して手軽にGoogleDocぽく使う(snap版Nextcloud + OnlyOffice)

Lutrisを使ってLinuxでもEpic Gamesで遊ぶ

Epic Games というゲームプラットホームがあります.定期的にゲームを無料配布してくれるのでたまに貰っています. Epic Games Store | Official Site しかしこのプラットホームは Stream や itch などと違い PC/Mac のみの対応で Linux には対応していません. Epic Games Store FAQ Epic Games Storeはどのプラットフォームに対応していますか? Epic Games Storeは、現在PCとMacに対応しています。各タイトルのプラットフォームとの互換性については、製品ページの「ゲームについて」で確認することができます。 無料で貰っても遊ばないと意味がないです. そういえば Lutris 経由で動かないかな?と思いつきました.Lutris はLinux 環境で各種プラットホームのゲーム環境を管理できて,複数のWine 環境を簡単に導入設定できたりして便利です.ここで貰ったゲームが出てきたらお手軽に遊べそうです. Lutris についての詳細は以下のスライドもどうぞ. ゲーミングプラットホームのLutris紹介 – Speaker Deck ゲームの前に Lutris で Epic Games で検索すると Epic Games が出てきました.「Install」ボタンを押してウィザードに従うだけで簡単に導入できました. 後は Epic Games でゲームをインストールしてみると起動しました :)
Continue reading Lutrisを使ってLinuxでもEpic Gamesで遊ぶ

Nextcloud 19からのNextcloudアプリ化したCollabora Online を試す

Nextcloud 19がリリースされました. 今回の新機能にCollabora Online がNextcloud Hub に含まれるようになり,簡単にすべてのユーザが利用できるようになったそうです. Collabora Online as default in Nextcloud Hub – Collabora Productivity Easy to install for every user Collabora Online will be shipped out of the box with the new Nextcloud 19 Hub. A special community server has been developed, that can easily be installed with a single click by
Continue reading Nextcloud 19からのNextcloudアプリ化したCollabora Online を試す

Nextcloud 18から19にbeta channel でアップグレード

Nextcloud 19が06/03にリリースされました. Nextcloud Hub brings productivity to home office – Nextcloud 未だ18からのアップデートは来ていませんが一時的に beta channel にして 19 にアップグレードしてみました. $ sudo -u www-data php ./updater/updater.phar Nextcloud Updater – version: v16.0.3-3-ga0c2b25 dirty Current version is 18.0.5. No update available. Nothing to do. 先ずはバックアップをとっておきます.Nextcloudのディレクトリ以下とデータベースをバックアップしておけば最悪データが壊れたり消えてしまって復元できます.データが多いと時間がかかるので日頃取得して差分バックアップするようにしておくといいです. 次にscript コマンド等でログを取っておきます.リモートでssh経由の場合などはGNU screen やtmux などで切断されても復帰出来るようにしておきます. 準備が出来たら先ずは Nextcloud を18 の最新にしておきます. $ cd $(NEXTCLOUDPATH} $ sudo -u
Continue reading Nextcloud 18から19にbeta channel でアップグレード

Devuan Ascii から Beowulf にアップグレード

祝Devuan Beowulf 3.0.0 released. [devuan-dev] Devuan Beowulf 3.0.0 released. Devuan GNU+Linux Free Operating System – Beowulf ということで,Debian BusterベースのDevuan Beowulf がリリースされました. Devuan はDebian ベースの脱Systemd なディストリビューションです.Debianでも今の所Systemd を避けることは出来ると思いますが既定値はSystemd です. 手元のi686マシンにDevuan 1 JessieからDevuan 2 Ascii にしたマシンがあるのでこれをBeowulf にアップグレードしてみました. アップグレードにはDebianの以下の文章を参考にしました.以下はi386版の文章なので自分のArchtecture の文章を見るといいと思います. 第4章 Debian 9 (stretch) からのアップグレード 先ずはパッケージを最新にします. こんな感じで apt update で最新になったのを確認します. 0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0
Continue reading Devuan Ascii から Beowulf にアップグレード

LibreOffice Impress の HTML WebCast 書き出しで遠隔プレゼン機能を試す

add 2020-06-05 該当しそうなBug 105303 – Drop html export wizard オンラインでプレゼンテーションをするとき一般的には画面共有すると思いますが,スライドファイルを前もって配布しておいてお互いそれを見ながらプレゼンも出来ます. その間くらいの機能でスライドのページめくりをプレゼンターと視聴者で同期するサービスが欲しいなと思っています. 以下のようなサービスがあるようですが自分が何度か試した限りでは「ログイン/新規登録」が出来ず使えていません. SlideLive | 登壇資料の画面をリアルタイムで共有できるアプリ LibreOffice Impress のHTML 書き出し機能にWebCast 機能を見つけたので試してみました. しかし紹介しておいてなんですがこの機能は長らくメンテされていないようなのであまり使わないほうがいいかもしれません.(Perl cgi環境も用意しにくいだろうし) ヘルプもざっくりとした説明しかありません. プレゼンテーションを HTML 形式で保存 HTML 形式で保存するプレゼンテーションを開きます。 ファイル → エクスポート を行ないます。 ファイル書式 を HTML ドキュメント (LibreOffice Impress) (.html;.htm) に設定します。 ファイル名 を入力して、エクスポート をクリックします。 HTML エクスポート ウィザードの指示に従います。 てことでメモがてら. LibreOffice Impress で書き出したいスライドを開きます. 「ファイル」→「エクスポート」でエクスポートウィドウが開きます. 書き出し先のディレクトリ(複数のファイルが書き出されるので新しいディレクトリを用意したほうが良い)を指定し,任意のファイル名を指定します. 「ファイル形式」に「HTML ドキュメント (Impress)
Continue reading LibreOffice Impress の HTML WebCast 書き出しで遠隔プレゼン機能を試す