Month: 8月 2020

DebianでVSCodiumがアップデートできなくなって困る

VSCodeのMicroSoftのバイナリブロブ等を除外したVSCodiumを使うのに以下のリポジトリを利用しています.Debianだとamd64, i386, arm64, armhfのArchtectureに対応していて便利です.

しかし最近アップデートに失敗します.

apt update に失敗する
Err:7 https://gitlab.com/paulcarroty/vscodium-deb-rpm-repo/raw/repos/debs vscodium InRelease
  429  Too Many Requests [IP: 192.168.1.102 3142]
  :
  :
W: Failed to fetch https://gitlab.com/paulcarroty/vscodium-deb-rpm-repo/raw/repos/debs/dists/vscodi
  :
  :

apt-cacher-ng を挟んでいるのでそこのキャッシュがおかしいのかなとか思いましたが https なのでキャッシュしていません.念の為デーモンを再起動しても変わらず.
直にアクセスしても同じステータスです.

proxyなしで直にアクセス
$ HTTP_PROXY='' w3m -dump_head https://gitlab.com/paulcarroty/vscodium-deb-rpm-repo/raw/repos/debs/dists/vscodium/InRelease | grep ^HTTP
HTTP/1.1 429 Too Many Requests

429 Too Many Requests ってことはサーバ側の問題かな?少し待てば復旧する?と思ったけど1日経っても状況は変わらず.

てことでsiteを見に行くと導入手順のsource.listのurlが変わっているようです.

Add the repository:

echo 'deb [signed-by=/etc/apt/trusted.gpg.d/vscodium-archive-keyring.gpg] https://paulcarroty.gitlab.io/vscodium-deb-rpm-repo/debs/ vscodium main' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/vscodium.list

これに合わせて自分のsource.listを書き換えました.( /etc/apt/sources.list, /etc/apt/sources.list.d/codium.list 等)

apt edit-sources <sourcefile>
-deb https://gitlab.com/paulcarroty/vscodium-deb-rpm-repo/raw/repos/debs/ vscodium main
+deb https://paulcarroty.gitlab.io/vscodium-deb-rpm-repo/debs/ vscodium main

鍵は変わっていないようでurlを書き換えてupdate&&upgradeを行うとOKでした.

apt updateが成功
Get:8 https://paulcarroty.gitlab.io/vscodium-deb-rpm-repo/debs vscodium InRelease [3,828 B]

最新になりました :)

$ codium --version
1.48.1
3dd905126b34dcd4de81fa624eb3a8cbe7485f13
x64

アイコンも変わったようです.

vscodium old 100vscodium 100

そいてこの記事を書くためにsiteを見直すと以下の記述に気づきました.はじめからこれを見ていれば…….

Warning: repository migrated to Gitlab Pages, update your configs

環境
$ dpkg-query -W codium apt dpkg
apt     2.1.10
codium  1.48.1-1598037458
dpkg    1.20.5
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux bullseye/sid
Release:        unstable
$ uname -m
x86_64

SteamのOSごとのアプリケーション数を確認してみる

あるPodcastでSteamのLinuxアプリは1割位ではという話があったのですが,そんなに少なくないだろうでもどのくらいだろう?と実際のところ知らなかったので確認してみました.

確認にはSteam検索の検索結果を使いました.
https://store.steampowered.com/search/

こんな感じのscriptを用意して,

steamcount.bash
#!/bin/bash

# Steam検索
# https://store.steampowered.com/search/
# ignore_preferences=1 個人設定に基づいたタイトルの除外の無効化
# https://store.steampowered.com/search/?ignore_preferences=1
# Windowsの検索
# https://store.steampowered.com/search/?ignore_preferences=1&os=win
# Mac OS Xの検索
# https://store.steampowered.com/search/?ignore_preferences=1&os=mac
# SteamOS + Linuxの検索
# https://store.steampowered.com/search/?ignore_preferences=1&os=linux

SERCH="https://store.steampowered.com/search/?ignore_preferences=1&os="
OSTYPE=("all" "win" "mac" "linux")
MATCH="results match your search."
declare -A COUNT

for OS in "${OSTYPE[@]}"
do
  COUNT[$OS]=$(LC_ALL=en_US.UTF-8 w3m -dump "$SERCH$OS" | grep "$MATCH" | cut -f1 -d' ' | tr -d ,)
  echo $OS,${COUNT[$OS]},$(awk "BEGIN { print ${COUNT[$OS]}/${COUNT[all]}*100 }")%
done

実行します.

$ bash ~/src/steamcount.bash
all,79831,100%
win,79654,99.7783%
mac,25443,31.8711%
linux,15673,19.6327%

Linuxの検索結果は15673本で,全体の19.6%でした.もっと多いと思いましたが案外少ないですね.
恐らく検索する範囲を近年にしたり,Windows用のアプリケーションをLinux環境で動かすProtonに対応したアプリケーションも入れるともっと多くなるのではないかと思うのですが,Steam検索ではその検索方法がわかりませんでした.

ちなみに以下は2015年3月の記事ですが,この記事によると2013年には50本,2014年に500本,(恐らく)2015年3月には1004本.このときに比べると現在の15673本というのはすごく増えている感じです.

SteamがこのLinuxベースのゲームOSをローンチしたのは2013年で、そのときはわずか50のゲームがあり、1年後には500タイトルに達した。今現在、ゲーム数は1004で、DLCなどのダウンロードするコンテンツや拡張パックも含めると1835になる。

新しいゲームならLinux対応が多いと思いリリースが新しい順にソートしてみるとWindowsのみ対応のアプリが多いですね.今見ると最新から14本はWindowsのみ対応.15本目にやっとWindows/Mac/Linuxに対応したゲームがでてきました.

Windows専用アプリケーションでもLinux版SteamのProtonで動かせたり,Protonで動かないのもでも別途Wine経由で動かせるものもあります(Lutrisを使うと便利).

関連記事