ip コマンドでネットワーク通信量を確認する

先日スマートフォンのテザリングを利用して利用量を確認するのに ifconfig コマンドを利用して確認しました.しかしこのコマンドはそろそろ使わないようにして ip コマンドで確認したいところ.ということで ip コマンドでの確認方法を調べました.


ifconfigではRX/TXの部分を見ると確認できます.しかし,ifconfig(net-tools)は廃止されつつあります.(し,i386では4GiBでロールオーバーするので使いづらかった.)

ifconfigでの例
$ ifconfig wlp3s0
wlp3s0: flags=-28605<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,DYNAMIC>  mtu 1500
        inet 192.168.68.105  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.68.255
        inet6 fe80::15e:8b89:d7d6:6be5  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        ether 60:67:20:89:ae:0e  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 5689437  bytes 3616055367 (3.3 GiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 5206148  bytes 2279169520 (2.1 GiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

ip コマンドで調べられたはずとmanを確認してみます.

man ip
-s, -stats, -statistics
       Output more information. If the option appears twice or more,
       the amount of information increases.  As a rule, the information
       is statistics or some time values.

-s オプションが使えそうです. ip link show <インターフェイス名>-s を付けることで通信量を確認できました.

$ ip link show wlp3s0
3: wlp3s0: <BROADCAST,MULTICAST,DYNAMIC,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DORMANT group default qlen 1000
    link/ether 60:67:20:89:ae:0e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff$ ip -s link show wlp3s0
3: wlp3s0: <BROADCAST,MULTICAST,DYNAMIC,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DORMANT group default qlen 1000
    link/ether 60:67:20:89:ae:0e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    RX: bytes  packets  errors  dropped missed  mcast
    3604808992 5665919  0       0       0       0
    TX: bytes  packets  errors  dropped carrier collsns
    2272952739 5184860  0       0       0       0

しかし ip コマンドはサブコマンドたくさんでなかなか覚えられないですね…….
レガシーなコマンド使わないようにして覚えなければ.

環境
$ dpkg-query -W net-tools iproute2
iproute2	5.10.0-4
net-tools	1.60+git20181103.0eebece-1
$ lsb_release -dr
Description:	Debian GNU/Linux 11 (bullseye)
Release:	11
$ arch
x86_64

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です