GitLabのデフォルトブランチ切り替えと削除

GitLabで空のリポジトリを作成するとmainブランチが作られ,ローカルのmasterブランチのリポジトリをpushしても反映されない?と混乱するというのをやっていました.
とりあえずGitLabでデフォルトブランチを変更して空のmainブランチを削除しました.

ローカルのリポジトリはmasterで,GitLabは空のmainとpushされたmasterがある状態です.
デフォルトブランチはmainになっていてリポジトリのtopページは空の状態です.ブランチをmasterにするとmasterブランチを見ることができます.

デフォルトブランチの切り替え

デフォルトブランチをmasterに切り替えます.

  • 該当リポジトリ→設定→リポジトリの設定→デフォルトブランチ→master

これでリポジトリのトップページでmasterブランチが表示されるようになりました.

不要なブランチの削除

次に空で使わないmainブランチを削除します.

  • 該当リポジトリ→ブランチ→main→🗑

GitLabの空リポジトリをローカルでmasterに変更

GitLabで空のリポジトリをローカルにcloneしてブランチをmasterに変更してpushすることでGitLabの操作を必要とせずブランチ切り替えが可能でした.新規の場合はこれのほうがいいかもしれません.

$ git clone git@gitlab.com:matoken/blogtest.git
$ cd blogtest
$ git status
On branch main

No commits yet

nothing to commit (create/copy files and use "git add" to track)
$ git switch -c master
Switched to a new branch 'master'
$ echo "GitLab branch test." > README.txt
$ git add README.txt
$ git commit -m 'add README.txt'
[master (root-commit) 6437831] add README.txt
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 README.txt
$ git push -u origin master
Enumerating objects: 3, done.
Counting objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 898 bytes | 898.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
To gitlab.com:matoken/blogtest.git
 * [new branch]      master -> master
branch 'master' set up to track 'origin/master'.

One thought on “GitLabのデフォルトブランチ切り替えと削除

  1. あなたは手間を掛けてまで差別的な言葉を使いたいのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です