Raspbianイメージを任意の広さに拡大する

Raspbian はSD cardに書き込んでRaspberry Piで起動するとraspi-configから簡単にパーティションサイズを拡大できます.しかし,パッケージのアップデートや導入に時間がかかるのでSD cardに書き込む前にこの辺りの処理は済ませておきたいです. chrootとQEMU User Emulatorを使えば出来るのですが,今度はDisk fullに……. ということでraspbianイメージを広げてみます.
※速度の速いストレージだと必要ない処理かもしれませんが,カスタマイズしたイメージを用意するとかにも使えます.
※ここではRaspbian Lite stretch 2017-11-29のイメージを元にしていますが,最終パーティションを広げるのであれば他の各種イメージでもほぼそのまま,途中のパーティションサイズを変更するのも応用でいけます.

今回は広げると行ってもオリジナルのファイルはそのままに,4GBほどのサイズのイメージを作ってそちらにデータをコピーしてそのイメージのサイズを広げることにします.

今回の環境は Debian sid amd64 環境です.Linux環境であればほぼ同じ手順で行けると思います.

4GBイメージを作成

4GBほどの容量のイメージを作成します.もっと大きい容量がいい人はcountを増やしましょう.
<追記>4GBにしてはちょっと大きかったかも.手持ちにカードの容量より少し小さいサイズにすると良いです.</追記>

$ dd if=/dev/zero of=./4gb.img bs=1M count=4000
$ ls -l ./4gb.img
-rw-r--r-- 1 mk mk 4194304000 Jan 19 21:28 ./4gb.img

losetupでデバイスマッピングをする

/dev/loop0に割り当てられた.

$ sudo losetup -f --show ./4gb.img
/dev/loop0

Raspbianイメージの用意とデバイスマッピング

/dev/loop1に割り当てられた.

$ unzip 2017-11-29-raspbian-stretch-lite.zip
$ sudo losetup -f --show ./2017-11-29-raspbian-stretch-lite.img 
/dev/loop1

Raspbianイメージを4GBのイメージにコピー

loop1(Raspbian)のイメージをloop0(4GB)にコピーしている.

$ sudo dd if=/dev/loop1 of=/dev/loop0 bs=1M
1772+0 records in
1772+0 records out
1858076672 bytes (1.9 GB, 1.7 GiB) copied, 161.929 s, 11.5 MB/s

Raspbianイメージを片付ける

$ sudo losetup -d /dev/loop1
$ rm ./2017-11-29-raspbian-stretch-lite.img

コピーしたイメージをfdiskで確認

Raspbianのパーティション情報が見えます.

$ sudo fdisk -l /dev/loop0 
Disk /dev/loop0: 3.9 GiB, 4194304000 bytes, 8192000 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x37665771

Device       Boot Start     End Sectors  Size Id Type
/dev/loop0p1       8192   93236   85045 41.5M  c W95 FAT32 (LBA)
/dev/loop0p2      94208 3629055 3534848  1.7G 83 Linux

fdiskでパーテションサイズを変更する

ここはわかりづらいですが,以下のような操作をしています.

  • d コマンドで 2つ目のパーテションを削除
  • n コマンドで 2つ目のパーテションを最大容量で作り直し
    • この時 First sector を削除前のものと合わせること
  • p コマンドで確認
  • w コマンドで書き込み
    • w コマンドで書き込むまではファイルシステムは変更されないので間違ってもやり直しできます.
$ sudo fdisk /dev/loop0

Welcome to fdisk (util-linux 2.30.2).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.

Command (m for help): d
Partition number (1,2, default 2): 2

Partition 2 has been deleted.

Command (m for help): n
Partition type
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended (container for logical partitions)
Select (default p): p
Partition number (2-4, default 2): 2
First sector (2048-8191999, default 2048): 94208
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (94208-8191999, default 8191999): 8191999

Created a new partition 2 of type 'Linux' and of size 3.9 GiB.  
Partition #2 contains a ext4 signature.

Do you want to remove the signature? [Y]es/[N]o: N

Command (m for help): p

Disk /dev/loop0: 3.9 GiB, 4194304000 bytes, 8192000 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x37665771

Device       Boot Start     End Sectors  Size Id Type
/dev/loop0p1       8192   93236   85045 41.5M  c W95 FAT32 (LBA)
/dev/loop0p2      94208 8191999 8097792  3.9G 83 Linux

Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Re-reading the partition table failed.: 無効な引数です                                                                         

The kernel still uses the old table. The new table will be used at the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8).

fdiskに慣れていない場合はgparted等でGUIで操作したほうが直感的で解りやすいかもしれません(未検証) -> gksudo gparted /dev/loop0
20180121_07:01:45-6347

kpartxでパーティションをマッピングする

上で使ったlosetupでも出来るのですが,オフセットを自分で計算して指定する必要がある

losetupを使う場合はfdiskのpコマンドの対象パーティーションの Start * Sector sizeをlosetupの-oに指定します.今回の例だと2つ目のパーティーションは 94208 * 512 になります.(未検証)

$ losetup -f –show -o `expr 94208 \* 512` /dev/loop0

ので今回はそのあたりを自動で行ってくれるkpartxを利用します.大抵は標準では入っていないので以下のエントリを参考に導入してから実行してください.

1つ目のパーティションが /dev/mapper/loop0p1 2つ目のパーティションが /dev/mapper/loop0p2 として設定されました.

$ sudo kpartx -av /dev/loop0
add map loop0p1 (253:4): 0 85045 linear 7:0 8192
add map loop0p2 (253:5): 0 8129 linear 7:0 63

ファイルシステムの修正

ファイルシステムが壊れているのでfsckで修正します.しかし,cleanと言われてしまうので,

$ sudo fsck -n /dev/mapper/loop0p2
fsck from util-linux 2.30.2
e2fsck 1.43.8 (1-Jan-2018)
rootfs: clean, 39394/110656 files, 256435/441856 blocks

一回resize2fsを叩いて怒られてから

$ sudo resize2fs /dev/mapper/loop0p2
resize2fs 1.43.8 (1-Jan-2018)
Please run 'e2fsck -f /dev/mapper/loop0p2' first.

fsckを実行し直します.

$ sudo e2fsck -f /dev/mapper/loop0p2
e2fsck 1.43.8 (1-Jan-2018)
Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes
Pass 2: Checking directory structure
Pass 3: Checking directory connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking group summary information
rootfs: 39394/110656 files (0.1% non-contiguous), 256435/441856 blocks

パーティーションリサイズ

fsckが通ったら今度こそリサイズです.これで最大サイズに変更されます.

$ sudo resize2fs /dev/mapper/loop0p2
resize2fs 1.43.8 (1-Jan-2018)
Resizing the filesystem on /dev/mapper/loop0p2 to 1012224 (4k) blocks.

mountしてみる

広くなっているのがわかります :)

$ sudo mount -o ro /dev/mapper/loop0p2 /mnt
$ df /mnt
ファイルシス        1K-ブロック   使用  使用可 使用% マウント位置                                                              
/dev/mapper/loop0p2     3954560 966004 2769736   26% /mnt

後片付け

アンマウントしてloopデバイスも解除します.

$ sudo umount /mnt
$ sudo kpartx -d /dev/mapper/loop0p?
$ sudo losetup -d /dev/loop0 

QEMU User EmulatorでArm以外でapt upgradeする

この辺はまた別のエントリで書くつもりですがこんな感じでupgradeしたりしています.

$ sudo mount /dev/mapper/loop0p2 /mnt
$ sudo mount /dev/mapper/loop0p1 /mnt/boot
$ sudo mount --bind /dev /mnt/dev
$ sudo mount --bind /dev/pts /mnt/dev/pts
$ sudo mount --bind /proc /mnt/proc
$ sudo cp -p /usr/bin/qemu-arm-static /mnt/usr/bin/
$ sudo chroot /mnt /bin/bash
# apt update && apt upgrade -y

このイメージはオリジナルのRaspbianイメージと同じようにSD cardに書き込んで利用できます.

RaspberryPi向けのサービス公開サービスPiTunnelを試そうとした

PiTunnelをちょっと試そうとする.
Raspberry Pi向けのngrok的なもののよう.家庭内のLAN内のRaspberry Piのサービスを外部に公開しようと思うとルーターのポートを開けたりDDNS設定したりとちょっと面倒.これをお手軽に公開できるようになるサービス.

PiTunnelでアカウント登録をすると,Device管理画面に遷移するのでここでAdd Devides ボタンでinstall scriptのコマンドが表示される.

こんな感じだけど XXXXXXXX 部分はtokenのようなので注意.

curl https://pitunnel.com/install/XXXXXXXX | sudo python

とりあえずダウンロードして中見てから実行.

$ wget https://pitunnel.com/install/XXXXXXXXXX
$ lv XXXXXXXXXX
$ sudo python XXXXXXXXXX
   :
Configuring Startup   
Register the device   
OK
Starting PiTunnel


## All done!! ##
Please visit www.pitunnel.com to access your device!

www.pitunnel.comにアクセスしてねって見に行くと,

STATUS: Due to unprecedented high demand, we're currently having connection issues. Please sit tight and we'll have this resolved within the next 24 hours.

とかなっている.今使えなくなっているようです.

とりあえず少し叩いてみます.

$ pitunnel -h
usage: pitunnel [-h] [--port PORT] [--host HOST] [--name NAME] [--token TOKEN]
                [--http] [--register] [--type TYPE] [--private]
                [--http-auth HTTP_AUTH] [--quiet]

optional arguments:
  -h, --help            show this help message and exit
  --port PORT           Port Number
  --host HOST           Hostname or IP Address (default: localhost)
  --name NAME           Display name, for reference and subdomain creation.
  --token TOKEN         Optinal user tunnel token. Not required if installed
                        from website.
  --http                Indicates that a tunnel is for a HTTP service. Will
                        create http links on tunnels list and subdomains for
                        named tunnels.
  --register            Register a new device. Only needs to be called on
                        first use by install script.
  --type TYPE           Used to identify system tunnels like device_monitor.
  --private             Specifies that the tunnel wont except external
                        connections. It can only receive connections from
                        localhost. E.g. for device_monitor.
  --http-auth HTTP_AUTH
                        Add HTTP authorization to external access for this
                        tunnel: 'user:pass'
  --quiet               Quite Mode. Doesn't output messages to standard out.
$ pitunnel --register
OK
$ pitunnel --port 22
Trying to connect to pitunnel.com
Trying to connect to pitunnel.com
Trying to connect to pitunnel.com
Trying to connect to pitunnel.com
Trying to connect to pitunnel.com
^CTraceback (most recent call last):
  File "tunnelling/python/tunnel_client.py", line 139, in <module>
KeyboardInterrupt
[9305] Failed to execute script tunnel_client

て感じでやっぱ動かないようですね.1,2日待ちましょう.

今のところRaspbian最新用だけど,Ubuntu 16.04 TLS aarch64にも入った.
まだPiTunnelは使えてませんが,無料で1ポートだけだとバイナリ一個でokだしngrokの方がいいかなて感じがします.
でも少なくとも機能の多さはこっちが上そう.

Linux ARM版Vivaldiを入れてみた

20171207_01:12:04-24154

Operaの共同創設者でCEOだったJon Stephenson von Tetzchnerによって設立されたVivaldi Technologiesによって開発されているウェブブラウザがあります.
これまでx86/x64プラットホームのWindows/macOS/Linux版が提供されていましたが,2017/12/05にLinux ARM版(armhf)がリリースされました.

Raspberry PiのRaspbianがメインのようですが,他のARM環境でも試したら普通に動きました :)

といってもやはりRAM512MBのようなマシンでは辛いですね.RAM2GBのマシンだと今のところいい感じそうです.Midoriやqutebrowserでうまく表示できないMastodonやgmail/Google+なども問題なく表示できますし,Chromeの拡張機能も使えます.

Linux ARM版Vivaldiの入手と確認

deb pkgダウンロード

$ wget https://downloads.vivaldi.com/stable/vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb

hash

hashとか見当たらないけど手元ではこんな感じだった

$ md5sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 
7515f51385a9a264ad5bb7612438aeda  vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
$ sha1sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 
6b103d205f6aa7a5f3b394ba8d32dc9ca87bf0cd  vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
$ sha256sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 
e7af5d021bf0c2968fcf0271e8f741552e34bcf2d032318eb8ea95356067297d  vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
$ sha512sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 
f47f2d26e8045af9ba680129feca765cf3f9dc7ea76930071e9688ef50aa78a482b40ba5747fb4470d30520177bda371ec79e5a210a93dcf2e49251425001c6d  vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb

パッケージ情報確認

$ dpkg-deb -I ./vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
 新形式 debian パッケージ、バージョン 2.0。
 サイズ 45154158 バイト: コントロールアーカイブ = 9840 バイト。
    1269 バイト、   16 行      control              
   15872 バイト、  442 行   *  postinst             #!/bin/sh
   12544 バイト、  324 行   *  postrm               #!/bin/sh
    1220 バイト、   42 行   *  prerm                #!/bin/sh
 Package: vivaldi-stable
 Version: 1.13.1008.34-1
 Architecture: armhf
 Maintainer: Vivaldi Package Composer <packager@vivaldi.com>
 Installed-Size: 131921
 Pre-Depends: dpkg (>= 1.14.0)
 Depends: gconf-service, libasound2 (>= 1.0.16), libatk1.0-0 (>= 1.12.4), libc6 (>= 2.16), libcairo2 (>= 1.6.0), libcups2 (>= 1.4.0), libdbus-1-3 (>= 1.2.14), libexpat1 (>= 2.0.1), libfontconfig1 (>= 2.8.0), libgcc1 (>= 1:4.4.0), libgconf-2-4 (>= 3.2.5), libgdk-pixbuf2.0-0 (>= 2.22.0), libglib2.0-0 (>= 2.28.0), libgtk-3-0 (>= 3.9.10), libnspr4 (>= 2:4.9-2~), libpango-1.0-0 (>= 1.14.0), libpangocairo-1.0-0 (>= 1.14.0), libx11-6 (>= 2:1.4.99.1), libx11-xcb1, libxcb1 (>= 1.6), libxcomposite1 (>= 1:0.3-1), libxcursor1 (>> 1.1.2), libxdamage1 (>= 1:1.1), libxext6, libxfixes3, libxi6 (>= 2:1.2.99.4), libxrandr2 (>= 2:1.2.99.3), libxrender1, libxss1, libxtst6, ca-certificates, fonts-liberation, libnss3 (>= 3.26), xdg-utils (>= 1.0.2), wget
 Recommends: adobe-flashplugin, chromium-codecs-ffmpeg-extra
 Conflicts: vivaldi-beta, vivaldi-preview
 Replaces: vivaldi-beta, vivaldi-preview
 Provides: www-browser
 Section: web
 Priority: optional
 Homepage: https://vivaldi.com
 Description: A new browser for our friends
  Vivaldi browser is made with power users in mind by people who love the Web.

導入

とりあえずDebian jessie armhf/Ubuntu 16.04 LTS aarch64で動いている.

Debian/Ubuntu等

$ sudo dpkg -i ./vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb

以下のように依存パッケージが足りない場合は,

dpkg: 依存関係の問題により vivaldi-stable:armhf の設定ができません:
 vivaldi-stable:armhf は以下に依存 (depends) します: libnss3 (>= 3.26)...しかし:
  パッケージ libnss3:armhf はまだインストールされていません。

dpkg: パッケージ vivaldi-stable:armhf の処理中にエラーが発生しました (--install):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります

こんな感じで足りないpkgが入るはず.その後見送られていたvivaldi-stableの設定の続きも実行される.

$ sudo apt install -f

64bit ARM環境

バージョン情報_009

aarch64でも試した.
既にadd archtecture armhfして色々入れていた環境に入れてクリーンな環境で検証していないけど多分こんな感じ.

$ sudo dpkg --add-architecture armhf
$ sudo apt update
$ sudo dpkg -i ./vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
$ sudo apt install -f

—-追記—-
クリーンなDragonBoard 410cにDebian stretch aarch64(lonaro)を入れた環境でも確認したがこの手順でokだった :)
—-追記終わり—-

.debが使えない環境

deb以外の環境ではこんな感じで適当な場所に展開して動かせた.

$ mkdir -p ~/opt/vivaldi
$ ar p vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb data.tar.xz | tar xJ -C ~/opt/vivaldi
$ rm vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
$ ~/opt/vivaldi/opt/vivaldi/vivaldi

Slackwareだと以下のsctiptが使えそう(未確認)

問題

sandbox

もし,こんなエラーが出たら

$ ~/opt/vivaldi/opt/vivaldi/vivaldi
[13021:13021:1205/215600.516642:FATAL:setuid_sandbox_host.cc(157)] The SUID sandbox helper binary was found, but is not configured correctly. Rather than run without sandboxing I'm aborting now. You need to make sure that /home/matoken/opt/vivaldi/opt/vivaldi/vivaldi-sandbox is owned by root and has mode 4755.
Aborted[This script will find the latest Vivaldi binary package, download it and repackage it into Slackware format.](https://gist.github.com/ruario/dcbba70da900dac68fcc883542ff7ace "This script will find the latest Vivaldi binary package, download it and repackage it into Slackware format.")

こんな感じでオーナーとパーミッションを設定したらok.

$ chmod 4755 ~/opt/vivaldi/opt/vivaldi/vivaldi-sandbox
$ sudo chown root.root ~/opt/vivaldi/opt/vivaldi/vivaldi-sandbox

若しくは --no-sandbox option

$ ~/opt/vivaldi/opt/vivaldi/vivaldi --no-sandbox

日本語豆腐問題

20171206_06:12:20-506920171206_07:12:16-6600

とりあえず適当な日本語フォント(今回はVLゴシック)を入れて,Vivaldiを再起動で直った.(Dejavuが入っていたので指定してみたけど直らなかった)

$ sudo apt install fonts-vlgothic

関連

Raspbian jessieのntp設定

Raspbianにntpdやchronyやntpdateとか居ないけど何が面倒見てるんだろうてことで確認.
systemdが面倒見ててtimeatectlコマンドで確認設定ができるらしい.

$ dpkg -l|egrep -i "ntp|chrony"
$ systemctl -a | grep -i ntp

今の状態を確認

$ timedatectl status
      Local time: Wed 2017-10-25 02:01:14 JST
  Universal time: Tue 2017-10-24 17:01:14 UTC
        RTC time: n/a
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

NTP同期を無効にしてみる

$ sudo timedatectl set-ntp false

無効になった( Network time on: no )
再起動すると NTP synchronizedno にもなる.

$ timedatectl status
      Local time: Wed 2017-10-25 02:01:39 JST
  Universal time: Tue 2017-10-24 17:01:39 UTC
        RTC time: n/a
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: no
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

おまけ

タイムゾーンの確認

$ timedatectl list-timezones | grep -i tokyo
Asia/Tokyo

タイムゾーンの設定

$ sudo timedatectl set-timezone

任意のntp serverの指定

dhcpdから渡ってきたもの.

hdcpdに無い場合 /etc/systemd/timesyncd.conf
NTPFallbackNTP

環境

Raspbian stretch lite 2017-09-07(未update)

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 9.1 (stretch)
Release:        9.1
Codename:       stretch
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.9.41+ #1023 Tue Aug 8 15:47:12 BST 2017 armv6l GNU/Linux

Raspberry Pi Zero Wのbluetoothを無効にする

てことでRaspberry Pi Zero WのBluetoothも無効にしたいなと.
環境はRaspbian stretch lite 2017-09-07で確認しました.

PCで設定した以下のblacklistの手順でもokなはずですが,config.txtで無効にする方法がありそうだと調べてみました.

まずは定番のeLinux

  • RPiconfig – eLinux.org

    There's lots more documentation of available overlays in /boot/config/README. See source on Github for more.

てことでGithubを見に行きます.

それらしいものがありました :)

Name:   pi3-disable-bt
Info:   Disable Pi3 Bluetooth and restore UART0/ttyAMA0 over GPIOs 14 & 15
        N.B. To disable the systemd service that initialises the modem so it
        doesn't use the UART, use 'sudo systemctl disable hciuart'.
Load:   dtoverlay=pi3-disable-bt
Params: <None>

早速設定してみます.

$ echo 'dtoverlay=pi3-disable-bt' | sudo tee -a /boot/config.txt
dtoverlay=pi3-disable-bt

な感じで /boot/config.txt に追記して再起動しました.
lsmodを設定前と比較するとこんな感じで居なくなっています.

$ diff lsmod lsmod_pi3-disable-bt
2,6d1
< cmac                    3134  1
< bnep                   11949  2
< hci_uart               21190  1
< btbcm                   7885  1 hci_uart
< bluetooth             374820  24 hci_uart,bnep,btbcm
9d3
< snd_bcm2835            23131  0
10a5,6
> snd_bcm2835            23131  0
> rfkill                 21373  4 cfg80211
12d7
< rfkill                 21373  6 bluetooth,cfg80211
16d10
< fixed                   3029  0
18a13
> fixed                   3029  0

moduleのblacklistを設定するよりお手軽ですね :)

恐らくRaspberry Pi 3 Bでも同様の設定は使えると思います.(持ってないので未確認)

Raspbian stretch 2017-09-07

DebianベースのRaspberry Pi向けのOSイメージの最新版Raspbian stretch 2017-09-07が出ている

http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

2017-09-07:
* Disable predictable network interface names for Ethernet devices
* Bug fix for keyboard settings dialog in Raspberry Pi Configuration
* Bug fix for crash on some videos and animations in Chromium
* Bug fix for taskbar crash when running RealVNC server
* Bug fix for reloading projects with extensions in Scratch 2
* Bug fix for MAC address problem in Bluetooth
* Simple mode and new icons in Thonny
* New Japanese translations in Raspberry Pi Configuration
* Install fonts-droid-fallback for international fonts

先月の 2017-08-16 からDebian stretchベースになっています.今回は主にバグフィクスな感じ?

New Japanese translations in Raspberry Pi Configuration

は恐らくあっきーのrc_guiの翻訳かな?

Disable predictable network interface names for Ethernet devices

はwlan0とかがstretchからの新しい命名規則になる?

Install fonts-droid-fallback for international fonts

は自分は消して日本語フォント入れるかな?

とりあえずダウンロードが終わったら試してみます.

Raspberry PiのFreedomBoxで/var/lib/dpkg/statusが壊れたのを復旧

Raspberry PiでFreedomBoxを試しているのですが,ストレージがmicroSDのせいか修正していたパッケージの依存関係か何かがおかしくなったせいか/var/lib/dpkg/statusが壊れてしまいました.

$ sudo apt update
Hit:1 http://cdn-fastly.deb.debian.org/debian testing InRelease
Reading package lists... Error!
E: Unable to parse package file /var/lib/dpkg/status (1)
W: You may want to run apt-get update to correct these problems
E: The package cache file is corrupted
E: パッケージファイル /var/lib/dpkg/status を解釈することができません (1)
W: これらの問題を解決するためには apt-get update を実行する必要があるかもしれません
E: パッケージキャッシュファイルが壊れています

apt-get updateで治るのかなと思って叩いてみましたが駄目でした.

Debian リファレンス第2章 Debian パッケージ管理によると,

2.6.5. パッケージセレクションの復元

もし何らかの理由で “/var/lib/dpkg/status” の内容が腐った場合には、Debian システムはパッケージ選択データーが失われ大きな打撃を被ります。古い “/var/lib/dpkg/status” ファイルは、”/var/lib/dpkg/status-old” や “/var/backups/dpkg.status.*” としてあるので探します。

“/var/backups/” は多くの重要な情報を保持しているので、これを別のパーティション上に置くのも良い考えです。

とのことなので,/var/lib/dpkg/status-oldから復旧をと思いましたがこれも既に壊れているバージョン./var/backups/dpkg.status.0はまだ壊れていなかったのでこれで上書きして復旧したようです.

$ sudo cp /var/backups/dpkg.status.0 /var/lib/dpkg/status

/proc/cpuinfoのSerialを詐称する

$ cat /proc/cpuinfo | sed -e 's/Serial.*/Serial\t\t: 00000000deadbeef/' > /tmp/cpuinfo_fake
$ sudo chmod 444 /tmp/cpuinfo
$ sudo chown root.root /tmp/cpuinfo
$ sudo mount -o bind /tmp/cpuinfo_fake /proc/cpuinfo
$ tail /proc/cpuinfo
Features        : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm 
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0xc07
CPU revision    : 5

Hardware        : BCM2835
Revision        : a01041
Serial          : 00000000deadbeef

mosh 1.3.0をDropbear sshdで利用してみる

moshの1.3.0がリリースされました.

moshはsshを置き換えようとしているソフトウェアで,ネットワークが遅いときにローカルエコーを表示したり,ネットワークが切り替わってもローミングしたりと便利なソフトウェアです.(NotePCで接続してサスペンドして別のネットワークでレジュームしてもすぐに使っていた端末にアクセスできる)

1.3.0でなにかおもしろい機能が増えたりしていないかなと眺めていると

  * Add --no-ssh-pty option for Dropbear compatibility and other issues.

Dropbearで使えるようになるオプションが増えているようです.
DropbearはOpenSSHに比べて大分小さなsshdです.組み込みとかで使われているのを見ます.でも機能が物足りないなと思うことも.

mosh + Dropbearの組み合わせを試してみました.

試したのはこんな感じの環境です.

Host : Raspbian jessie(Raspberry Pi 2B)
Client : Debian sid amd64

dropbearの準備

HostにDropbearをパッケージで導入します

$ sudo apt install dropbear

dropbearのhost鍵を用意

$ mkdir /tmp/dropbear
$ dropbearkey -t ecdsa -s 521 -f /tmp/dropbear/dropbear_ecdsa_host_key
  • -t 鍵種類
  • -s 鍵長
  • -f 鍵ファイル

接続時に解りやすいようにバナーファイル作成

$ banner dropbear > /tmp/dropbear/banner

Dropbearを2222番ポートで起動

$ dropbear -r /tmp/dropbear/dropbear_ecdsa_host_key -p 2222 -b /tmp/dropbear/banner -E
  • -r host鍵を指定
  • -p sshポート番号
  • -b バナーファイル
  • -E 標準エラー出力にメッセージ出力

Dropbearにssh接続できるか確認

$ ssh pi@192.168.2.200 -i ~/.ssh/id_ecdsa -p 2222
Host key fingerprint is SHA256:G3u9pP4ZrkZ2kWs9e+ly9MkEtnO0f4ebvkBS0ObGJQQ
+---[ECDSA 521]---+
|          E+.    |
|           .+ .  |
|           +.+   |
|           .*o . |
|        S ..o++ .|
|         +o++oo= |
|        oo.o= *+=|
|         ..+ *o**|
|         o+o=.O=o|
+----[SHA256]-----+

 #####   #####    ####   #####   #####   ######    ##    #####
 #    #  #    #  #    #  #    #  #    #  #        #  #   #    #
 #    #  #    #  #    #  #    #  #####   #####   #    #  #    #
 #    #  #####   #    #  #####   #    #  #       ######  #####
 #    #  #   #   #    #  #       #    #  #       #    #  #   #
 #####   #    #   ####   #       #####   ######  #    #  #    #

Authenticated to 192.168.2.200 ([192.168.2.200]:2222).

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
pi@raspberrypi:~ $ 

mosh 1.3.0の準備

server側はsourceからbuild

$ sudo apt-get build-dep mosh
$ wget https://mosh.org/mosh-1.3.0.tar.gz
$ sha256sum mosh-1.3.0.tar.gz
320e12f461e55d71566597976bd9440ba6c5265fa68fbf614c6f1c8401f93376  mosh-1.3.0.tar.gz

※hashとgpg署名は以下のメールに,鍵は https://mosh.org/ の一番下にある.

sourceを展開してbuild

$ tar tvf mosh-1.3.0.tar.gz
$ tar xf mosh-1.3.0.tar.gz
$ ./configure --prefix=${HOME}/usr/local
$ make
$ install

host側はDebian sid amd64のパッケージを利用した

$ sudo apt install mosh
$ dpkg-query -W mosh
mosh    1.3.0-1

ということでホスト側はこんな状態に

  • OpenSSH : 22番ポート
  • Dropbear : 2222番ポート
  • mosh 1.2.4a-1+b2(pkg) : /usr/bin/mosh-server
  • mosh 1.3.0 : ${HOME}/usr/local/bin/mosh-server

この状態でDropbearとmosh 1.3.0を利用するにはこんな感じ

$ mosh pi@192.168.2.200 --ssh="ssh -p 2222" --server='${HOME}'/usr/local/bin/mosh-server

でも実際に繋ごうとするとエラーになってしまう.

接続元のmoshではこんなエラー

/usr/bin/mosh: Did not find mosh server startup message. (Have you installed mosh on your server?)

接続先のDropbearではこんなエラー

[20390] Mar 28 06:37:20 Child connection from 192.168.2.205:32888
[20390] Mar 28 06:37:21 Pubkey auth attempt with unknown algo for 'pi' from 192.168.2.205:32888
[20390] Mar 28 06:37:21 Pubkey auth succeeded for 'pi' with key md5 0b:fb:21:45:d6:a0:7d:57:02:24:9b:d3:ed:c7:c6:23 from 192.168.2.205:32888
[20391] Mar 28 06:37:21 ioctl(TIOCSCTTY): Input/output error
[20391] Mar 28 06:37:21 /dev/pts/1: No such file or directory
[20391] Mar 28 06:37:21 open /dev/tty failed - could not set controlling tty: No such device or address
[20390] Mar 28 06:37:21 Exit (pi): Disconnect received

ということで,mosh 1.3.0で入った--no-ssh-ptyを付けてみます.

$ mosh pi@192.168.2.200 --ssh="ssh -p 2222" --server='${HOME}'/usr/local/bin/mosh-server --no-ssh-pty

asciicast

うまく繋がりました.
試しに回線を切断して再接続すると自動的に繋がるのも確認 ☺

--no-ssh-ptyを~/.ssh/configとかに書いとけるといいんですけどね.今のところ毎回指定するしかなさそう?

Raspberry Pi Zero Tips

ダウンロード
Raspberry-Pi-Zero-web
24日にKSYとスイッチサイエンスからRaspberry Pi Zero発売ってことでTipsを書いてみます.

Raspberry-Pi-Zero-web (コピー)

  • 本体の他に最低限microSD(OS領域)やmicroUSBケーブル(電源)が必要です.(microUSBへのOS導入に別途PCも必要).
  • HDMIディスプレイを利用したい場合は大抵の場合別途mini HDMIからフルサイズへの変換アダプタやケーブルが必要です.※PIZEROはmini HDMIです.よく見かけるのはmicro HDMIなので注意しましょう.
  • コンポジットのディスプレイを利用したい場合はジャックなどをはんだ付けする必要があります.(TVのシルク)
  • microUSBx2のうち片方(PWR IN)は電源専用です.
  • もう片方(USB)はUSB OTGでHOSTにもGadget(SerialやEthernetはdebugに便利!)にもなれます.電源供給も可能なので電源容量が足りるならこの1本だけで運用することも可能です.microUSBケーブルやOTGケーブルはそれなりのものを使ったほうが良いです.安いものを使ったらPIZERO側のコネクタが傷んで使えなくなってしまいました.
  • USBを利用する場合は給電が可能なmicroUSBのHUBがデバッグに便利です.
  • GPIO Pinは+以降と共通だけどピンは未実装なので利用したい場合は自分で別途ピンヘッダ等購入してはんだ付けする必要があります.カラフルなピンヘッダをASUS TINKER BOARDのようにピンの用途毎に変えると便利そうです.
    XxbHbzYFnf4AVH1a_setting_fff_1_90_end_1000C-06641

  • 純正カメラモジュールを利用する場合はRaspberry Pi Zero V1.3以降が必要(KSYもスイッチサイエンスもV1.3と書かれているので問題ない)で更にカメラモジュール付属のものとは別のPIZERO専用のケーブルが必要です.

  • KSYでは5000円以上送料無料,それ以下は一律756円の送料が掛かる.KSYを初めて使う人は形式チェックが厳しくて結構面倒なので前もってアカウントを登録しておいたほうが良いです.(単品で買うのであれば海外で買うのと変わらないか高いくらいなので早く欲しい人向け?)
  • スイッチサイエンスでは送料150円.3000円以上送料無料.単品で買う場合おすすめ.但し2017年3月20日週から順次発送予定なので届くまで暫くかかります.
  • 余録.チョコベビーの容器はケースにちょうどいいです :)
    • IMG_20170216_075638