Linux ARM版Vivaldiを入れてみた

Operaの共同創設者でCEOだったJon Stephenson von Tetzchnerによって設立されたVivaldi Technologiesによって開発されているウェブブラウザがあります. これまでx86/x64プラットホームのWindows/macOS/Linux版が提供されていましたが,2017/12/05にLinux ARM版(armhf)がリリースされました. Vivaldi for Linux ARM, Raspberry Pi | Vivaldi Browser Vivaldi on Raspberry Pi | Vivaldi Browser Help Raspberry PiのRaspbianがメインのようですが,他のARM環境でも試したら普通に動きました :) といってもやはりRAM512MBのようなマシンでは辛いですね.RAM2GBのマシンだと今のところいい感じそうです.Midoriやqutebrowserでうまく表示できないMastodonやgmail/Google+なども問題なく表示できますし,Chromeの拡張機能も使えます. Linux ARM版Vivaldiの入手と確認 deb pkgダウンロード $ wget https://downloads.vivaldi.com/stable/vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb hash hashとか見当たらないけど手元ではこんな感じだった $ md5sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 7515f51385a9a264ad5bb7612438aeda vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb $ sha1sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb 6b103d205f6aa7a5f3b394ba8d32dc9ca87bf0cd vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb $ sha256sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb e7af5d021bf0c2968fcf0271e8f741552e34bcf2d032318eb8ea95356067297d vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb $ sha512sum vivaldi-stable_1.13.1008.34-1_armhf.deb
Continue reading Linux ARM版Vivaldiを入れてみた

Raspbian jessieのntp設定

Raspbianにntpdやchronyやntpdateとか居ないけど何が面倒見てるんだろうてことで確認. systemdが面倒見ててtimeatectlコマンドで確認設定ができるらしい. $ dpkg -l|egrep -i "ntp|chrony" $ systemctl -a | grep -i ntp 今の状態を確認 $ timedatectl status Local time: Wed 2017-10-25 02:01:14 JST Universal time: Tue 2017-10-24 17:01:14 UTC RTC time: n/a Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900) Network time on: yes NTP synchronized: yes RTC in local TZ: no NTP同期を無効にしてみる $ sudo timedatectl set-ntp
Continue reading Raspbian jessieのntp設定

/proc/cpuinfoのSerialを詐称する

$ cat /proc/cpuinfo | sed -e 's/Serial.*/Serial\t\t: 00000000deadbeef/' > /tmp/cpuinfo_fake $ sudo chmod 444 /tmp/cpuinfo $ sudo chown root.root /tmp/cpuinfo $ sudo mount -o bind /tmp/cpuinfo_fake /proc/cpuinfo $ tail /proc/cpuinfo Features : half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt vfpd32 lpae evtstrm CPU implementer : 0x41 CPU architecture: 7 CPU variant
Continue reading /proc/cpuinfoのSerialを詐称する

mosh 1.3.0をDropbear sshdで利用してみる

moshの1.3.0がリリースされました. Mosh: the mobile shell [mosh-users] mosh 1.3.0 released (corrected announcement) moshはsshを置き換えようとしているソフトウェアで,ネットワークが遅いときにローカルエコーを表示したり,ネットワークが切り替わってもローミングしたりと便利なソフトウェアです.(NotePCで接続してサスペンドして別のネットワークでレジュームしてもすぐに使っていた端末にアクセスできる) 1.3.0でなにかおもしろい機能が増えたりしていないかなと眺めていると * Add –no-ssh-pty option for Dropbear compatibility and other issues. Dropbearで使えるようになるオプションが増えているようです. DropbearはOpenSSHに比べて大分小さなsshdです.組み込みとかで使われているのを見ます.でも機能が物足りないなと思うことも. Dropbear SSH mosh + Dropbearの組み合わせを試してみました. 試したのはこんな感じの環境です. Host : Raspbian jessie(Raspberry Pi 2B) Client : Debian sid amd64 dropbearの準備 HostにDropbearをパッケージで導入します $ sudo apt install dropbear dropbearのhost鍵を用意 $ mkdir /tmp/dropbear $ dropbearkey
Continue reading mosh 1.3.0をDropbear sshdで利用してみる

Raspberry Piでコンポジットで起動した後に解像度やディスプレイを変更する

コンポジット出力の解像度変更 Raspberry Piを起動するときにHDMIを接続した状態で起動すると高解像度で起動しますが,繋いでいないとコンポジット出力で起動してXの解像度が720×480になってちょっと手狭です. xrandrで解像度を追加するとXの再起動もせずに高解像度に出来ます. ※xrandrコマンドは対象のX端末上か,DISPLAY変数を対象のものを指定して実行すること 720×480しか選べない $ xrandr Screen 0: minimum 320 x 200, current 720 x 480, maximum 2048 x 2048 HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis) Composite-0 unknown connection 720×480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm 720×480 62.69* DSI-0 disconnected (normal left inverted right
Continue reading Raspberry Piでコンポジットで起動した後に解像度やディスプレイを変更する

RaspbianでUVCデバイスが認識できなくて困る

昨日の話なのですが,Rasbianの入ったRaspberry PiでUVCのWebCam(logitech c270)が認識しなくて困りました. 接続してdmesgやlsusbには該当のvid/pidは出てきます.でも/dev/video?などは出てこず. 手動でomdule を読みこませようとするとこんなエラー. $ sudo modprobe uvcvideo modprobe: ERROR: ../libkmod/libkmod.c:557 kmod_search_moddep() could not open moddep file ‘/lib/modules/4.4.9-v7+/modules.dep.bin’ apt update && apt upgradeでkernel更新したけど再起動して反映していない&Raspbianでは古いmoduleはupgraed時に消されるということだったようです. 再起動して新しいKernelにして解決でした. 通常のDebian等では残ってるのでちょっと嵌まりましたorz

Raspbian jessieでもhiptextを試す

さっき 画像や動画をtextに変換するhiptextを試す | matoken’s meme というのを書きましたが,なんとなくRaspberry Pi B+ の Raspbian jessie lite でも`hiptext`を試してみました. $ sudo apt install build-essential libpng12-dev libjpeg-dev libfreetype6-dev libgif-dev ragel libavformat-dev libavcodec-dev libswscale-dev libgflags-dev libgoogle-glog-dev git $ git clone https://github.com/jart/hiptext.git $ cd hiptext $ time make : real 22m7.443s user 21m53.190s sys 0m8.910s て感じでほぼREADMEのままmake一発でした.違ったのは導入パッケージに`git`が必要だったくらいです. 思いの外makeに時間が掛かりましたがRaspberry Pi B+で試しているので2Bや3Bだともっと速いでしょう. Balls.pngやObama.jpgはうまく行き,さっきうまく行かなかったTux.pngは同じようにコケたので同じ動きのようです. 恐らく Debian jessie でも同様だと思います.

Radikoを自動的に録音してPodcast化してくれるradicastを試す

Radikoを自動的に録音してPodcast化してくれるradicastというものを見つけました. radicast というのを書いた – soh335 memo soh335/radicast: recording radiko and serving rss for podcast 昔はこんな感じで録音したりしていましたが仕様が変わって録音できなくなって対応というのが面倒で最近は録音していませんでした.たまに聞くときはAndroidのRazikoを使っています.でもradicastならお手軽に動かせてPodcastとして扱えるので便利そうということで試してみました. コンソールで radiko 再生,予約録音 – matoken’s meme -hatena- radiko 予約録音&aac, mp3 変換 – matoken’s meme -hatena- 試した環境はUbuntu 14.04 amd64/Debian stretch testing amd64/Rasbian jessieですが,Ubuntu環境では録音開始時に以下のようにコアダンプしてしまうようでうまく行っていません :-( 2016/03/09 05:20:00 [radiko] start record2016/03/09 05:20:00 [radiko] GET http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf2016/03/09 05:20:04 [radiko] POST https://radiko.jp/v2/api/auth1_fmsSegmentation fault (コアダンプ) dockerでも動きますが,今回は実機で動かしています. radiko を録音したりする radicast を docker で動かす – soh335 memo 必要なpkgの導入 $ sudo apt install libav-tools swftools rtmpdump golang-go ※Debian stretchの場合はlibav-toolsの代わりにffmpegを導入. go getで導入
Continue reading Radikoを自動的に録音してPodcast化してくれるradicastを試す

rc-gui最新版のビルドメモ(20160226)

Rasbian jessieのGUIな設定ツールのrc-guiの言語ファイルの項目が増えているみたいなので試してみました. Wi-FiのCountry Code辺りが増えてるみたいなんだけど画面上に見当たらないです. 対応デバイス繋がないと出ないのかな? 訳はこんな感じ? とりあえずrc-guiはビルドに必要なパッケージ増えてたのでメモしておきます. controlには未だ載ってないよう. $ sudo apt-get build-dep rc-gui$ git pull$ ./configure –prefix=/opt/local   :configure: error: Package requirements ( gtk+-2.0 >= 2.18.0              libxml-2.0) were not met: No package 'libxml-2.0' found   :$ sudo apt install libxml2-dev$ ./configure –prefix=/opt/local$ make$ sudo make install Rasbian の rc_gui の日本語訳をしてみる | matoken’s meme

cronに特化したPodcastアグリゲータ/ダウンローダのpodgetを試す

先日試したpodracerは何気に10年前のソフトでメンテナンスもされていないし,起動中に強制終了するとゴミが残って次から起動しなくなったりとかとか結構不満点が出てきました. CLI な podcast aggregator/downloader な podracer を試してみる | matoken’s meme 今は前処理を以下のようにして, if [ $(pgrep podracer) ] ; then  echo 'running podracer.'  exit -1fi echo run podracerif [ -f ~/.podracer/tempsub ] ; then  rm ~/.podracer/tempsub  echo 'rm tempsub'fi プレイリストもこんな感じで別に作ってます. cd ~/podcastsPODCASTLIST=($(cd ~/podcasts ; find . -mmin -$LISTTIME -type f -print0 | xargs -0n1 file | grep -i audio | cut -f1 -d:))if [ ${#PODCASTLIST[@]} -eq 0 ] ; then  echo 'podcast not found.'  exit -1;fi echo num = ${#PODCASTLIST[@]}ls -1tr ${PODCASTLIST[@]} > ~/podcasts/todayspodcast.m3u 後者はDebianの方にはバグ報告をしていますが音沙汰がない感じです. 他にないかなーと探して(apt-cache search podcast)podgetというものを見つけました. $ apt show podget | grep -A99 Description: Description: cron 用に最適化された Podcast アグリゲータ/ダウンローダ Podget はシンプルな podcast アグリゲータであり、定期的なバックグランドジョブ (すなわち cron) として起動するために最適化されています。RSS および XML フィード からの podcast のダウンロード、ファイルをソートしてフォルダやカテゴリごとに格納、 iTunes PCAST ファイルおよび OPML リストからの URL のインポート、M3U および ASX プレイリストの自動生成、そして古くなったファイルの自動クリーンアップのサポート が特徴です。また、MS Windows サーバ上にホストされた podcast の UTF-16 自動変換も 特徴です。 podget を一旦起動すると、ユーザ設定ファイルを $HOME/.podget にインストール しますので、そのファイルをカスタマイズできます。 cronに特化していて便利そうなので試してみます. 導入 Debian stretch testing/Rasbian jessie/Ubuntu 14.04 で確認しました. $ sudo apt install podget 初期化 $ podget -h Usage /usr/bin/podget [options]     -c –config <FILE>           Name of configuration file.    -C –cleanup                 Skip downloading and only run cleanup loop.    –cleanup_simulate           Skip downloading and simulate running                                 cleanup loop.                                 Display files to be deleted.    –cleanup_days               Number of days to retain files.  Anything                                 older will be removed.    -d –dir_config <DIRECTORY>  Directory that configuration files are                                 stored in.    -f –force                   Force download of items from each feed even                                 if they have already been downloaded.    –import_opml <FILE or URL>  Import servers from OPML file or                                 HTTP/FTP URL.    –import_pcast <FILE or URL> Import servers from iTunes PCAST file or                                 HTTP/FTP URL.    -l –library <DIRECTORY>     Directory to store downloaded files in.    -p –playlist-asx            In addition to the default M3U playlist,                                 create an ASX Playlist.    -r –recent <count>          Download only the <count> newest items from                                 each feed.    –serverlist <list>          Serverlist to use.    -s –silent                  Run silently (for cron jobs).    –verbosity <LEVEL>          Set verbosity level (0-4).    -v                           Set verbosity to level 1.    -vv                          Set verbosity to level 2.    -vvv                         Set verbosity to level 3.    -vvvv                        Set verbosity to level 4.    -h –help                    Display help. 初回起動時に設定ファイルなどが作成されます.引数無しで実行すると初期設定の中のpodcastをダウンロードするので–cleanup_simulateオプションを付けて実行すると良さそうです. 設定ファイルは規定値では~/.podget以下に作成されます. $ podget –cleanup_simulate$ ls -lA ~/.podget合計 8-rw-rw-r– 1 mk mk 3652  2月 19 05:34 podgetrc-rw-rw-r– 1 mk mk 1131  2月 19 05:34 serverlist podgetrc : 設定ファイル serverlist : podcastのリスト 設定ファイルの用意 お好みで設定ファイルの~/podgetrcを編集します.私は以下の辺りを書き換えました. ログファイルを有効に # Directory to store logs indir_log=/home/mk/POD/LOG プレイリストの年月日の形式を書き換え # Date format for new playlist namesdate_format=+%Y-%m-%d Podcastの取得数を3つに # Most Recent# 0  == download all new items.# 1+ == download only the <count> most recentmost_recent=3 サーバリストの作成 取得するPodcastを~/.podget/serverlistに書いていきます. 書式はスペース区切りで URL カテゴリー 番組名 になっています.podgetを実行した時に
Continue reading cronに特化したPodcastアグリゲータ/ダウンローダのpodgetを試す