Raspberry Pi の USB-OTG ethernet の MAC address を model B の ethernet と同じ規則で設定する

Raspberry Pi model A/A+/Zero/ZeroW/ZeroHW/Compute Module/Compute module 3ではUSB-OTGが利用できます.(ZeroHW/Compute Module/Compute module 3は自分は未確認) Raspberry PiのUSB OTGを試す – Speaker Deck USB-OTGでHID(Raspberry Pi Zeroをマウス・キーボード化) Simple guide for setting up OTG modes on the Raspberry Pi Zero · GitHub USB-OTGでUSBをEthernetにしてHostPCからアクセスするようにするとUSBケーブル1本で電源と併用できて便利です. このときMACアドレスはモジュール読み込み毎に自動生成されます. 以下の例では,接続先(PC等)から見えるMACが HOST MAC 6a:b3:b1:5e:22:89 で,Raspberry Pi の中でのMACが MAC ae:3a:c7:8e:50:38 になっています. $ sudo modprobe g_ether $ dmesg | tail -15 [
Continue reading Raspberry Pi の USB-OTG ethernet の MAC address を model B の ethernet と同じ規則で設定する

Telegram の非公式cli client の telegram-cli を試す

Arm でも動くかな?と試してみました. vysheng/tg: telegram-cli 必要パッケージの導入 $ sudo apt install libreadline-dev libconfig-dev libssl-dev lua5.2 liblua5.2-dev libevent-dev libjansson-dev libpython-dev make libssl1.0-dev sourceをcloneする $ git clone –recursive https://github.com/vysheng/tg.git && cd tg configure & make $ ./configure $ make build error1 tgl/crypto/rsa_pem_openssl.c: In function ‘TGLC_rsa_new’: tgl/crypto/rsa_pem_openssl.c:41:6: error: dereferencing pointer to incomplete type ‘RSA {aka struct rsa_st}’ ret->e = unwrap_bn
Continue reading Telegram の非公式cli client の telegram-cli を試す

デーモンの起動しないSMTPクライアントの msmtp を試す(sSMTP乗り換え)

sSMTP から msmtp へ 現在メールを受け取らずメールを送信するだけのホストではsSMTPをよく使っています.MTAはeximやPostfix等でも良いのですが,デーモンが起動しないのでその分セキュアで設定も楽です. しかし,sSMTPは最近メンテされていません,Debian などのディストリビューションではまだメンテナンスされていますが新機能が入ったりはしないでしょう. sSMTP Alternatives and Similar Software – AlternativeTo.net ssmtp is unmaintained. Consider using something like msmtp instead. バージョンも据え置きでUpstreamも無さそう $ w3m -dump https://packages.qa.debian.org/s/ssmtp.html|grep versions -A11 versions … …pool o-o-stable save 2.64-7 oldstable save 2.64-8 stable save 2.64-8 unstable save 2.64-8 Ubuntu 2.64-8ubuntu2 $ apt show ssmtp 2>/dev/null |grep Homepage Homepage:
Continue reading デーモンの起動しないSMTPクライアントの msmtp を試す(sSMTP乗り換え)