YouTube動画をダウンロードして無音部分をカットしたオーディオデータにして聞く

オープンソースカンファレンス2022 Online Springに参加しました. オープンソースカンファレンス2022 Spring ビデオミーティングソフトウェアのZoomとYouTube Liveを使っています.セッションは複数トラックあって同時に参加するのは難しいです.ほとんどのセッションは後日YouTubeで公開されますが,YouTube Liveの動画をリモートのサーバで録画しておいたのでこれをスマートフォンで移動中などに聞けるようにしてみました. OSPN.jp – YouTube

Nitterにrobots.txtを設定(Apache httpdのreverse proxy環境でAlias設定)

以前軽量TwitterフロントエンドのNitter をセルフホストしました. 軽量TwitterフロントエンドのNitterをセルフホスト – matoken’s meme 最近アクセスが増えていて少しサーバが重くなったり自分が使うときに調子が悪かったりしています.クローラなんかが多いようなのでこれを robots.txt で拒否すると大分アクセスが減るのではと思い設定してみました.

WordPressのページ分けメモ✍

ページが長くなったり,画像を多用するとWordPressのトップページが重くなります. 確か以前は編集画面に分割する機能が合ったはずと思ったのですが見当たりません.恐らく編集画面を変更すればでてくると思いますがよくわかりません.少し調べてみました.

カレンダーをWebhooksでDiscordに投稿

以下の記事でDavCalやGoogleカレンダーをコマンドラインで閲覧できるようになりました. カレンダーのDavCalをコマンドラインに出力したい – matoken’s meme せっかくなのでDiscordにも毎朝その日のイベントを投稿するようにしてみます. DiscordはWebhooksを使ってかんたんにメッセージを投稿することが出来ます. タイトル: Webhooksへの序章 – Discord 投稿したいチャンネルの⚙アイコン「チャンネルの編集」から「連携サービス」→「ウェブフック」から操作できます. 新しいウェブフックを作成し,投稿チャンネルを確認して「ウェブフックURLをコピー」でWebhooks URLを入手します. Webhooks URLはこんな感じのものです. https://ptb.discord.com/api/webhooks/826777625053495306/QZoG2LLZOFlsKO_Auf1IQcXHVFozlgU37EGO9bhQKAifzZ0VAkyIYuQjRSzuOvC7U1gR curlで投稿テストをしてみます. $ curl -X POST -H “Content-Type: application/json” \ -d ‘{“username”: “ボット”, “content”: “こんにちは🤖”}’ \ ‘https://ptb.discord.com/api/webhooks/826777625053495306/QZoG2LLZOFlsKO_Auf1IQcXHVFozlgU37EGO9bhQKAifzZ0VAkyIYuQjRSzuOvC7U1gR’ これで投稿できました :) Discordにメッセージを投稿できるようになったので,以下のエントリで書いた khal コマンドで今日1日分の予定タイトルを入手してDiscordに投稿するようにしてみます. * カレンダーのDavCalをコマンドラインに出力したい – matoken’s meme 以下の適当なScriptを用意しました. 2021-04-01 編集) イベントがない日にも投稿してしまっていたのを修正&Bashismだったのをshで動くよう修正 #!/bin/sh # khalコマンドで今日の予定を入手してDiscordにpostする # https://matoken.org/blog/2021/03/31/post-your-calendar-to-discord-with-webhooks/ # DiscordのWebhook URL
Continue reading カレンダーをWebhooksでDiscordに投稿

カレンダーのDavCalをコマンドラインに出力したい

何らかの日程を決めるときに未来の日程を見ながら決めたいことがあります. Webベースでいいかと思ったのですが,特に低解像度だとタイトルの一部しか表示されずよくわかりません.コピーペーストしてEtherPadなどに貼るといいですが時間がかかるし面倒です. DavCalなどの情報を範囲指定して表示出来ると便利そうだなと思いました. はじめはコマンドを叩いて範囲指定して表示するようなものがないかと思ったのですが見つかりませんでした.少し面倒ですが, vdirsyncer でリモートのカレンダーをローカルにコピーして khal コマンドで表示するようにしてみました. Vdirsyncer の導入と設定 Vdirsyncer はカレンダーとコンタクトをローカルと同期できるソフトウェアです.これでリモートのDavCal の情報をローカルに同期します. $ sudo apt install vdirsyncer (1) $ mkdir ~/.config/vdirsyncer $ vi ~/.config/vdirsyncer/config (2) $ cat ~/.config/vdirsyncer/config [general] status_path = “~/.vdirsyncer/status/” [pair my_calendars] a = “my_calendars_local” b = “my_calendars_remote” collections = null metadata = [“color”] [storage my_calendars_local] type = “filesystem” path = “~/.calendars/”
Continue reading カレンダーのDavCalをコマンドラインに出力したい

Nextcloudでurl共有したpdfをwebに埋め込みたい その2

ドキュメント共有サイトの無料枠を使うのが辛くなったのでNextcloudのURL共有でどうにかならないかなと思っています. まずはpdfファイルをobjectタグで埋め込む方法を試しました. Nextcloudでurl共有したpdfをwebに埋め込みたい – matoken’s meme この方法のデメリットはcgiを用意しないといけない,pdfを読む気がなくてもページを読み込むとpdfファイルがダウンロードされてしまいページ容量が大きくなってしまう.そしてNextcloudに「<pdfファイル名> が公開リンクからダウンロードされました」という通知がたくさん届いてしまいちょっとうるさいといった感じです. 途中のcgiでキャッシュしてプレビュー用の画像を用意してwebにはそのプレビュー画像を表示しておけばいいのではとcgiを書き換えていました.headで引っ張ってもダウンロードされた扱いになるしdbから実ファイルの場所を探してそこからダウンロードするように,サムネイルもdbから引っ張ってこれるかな?とかやってましたがふとそれだと標準の機能で出来るのではと気づいたので試してみました. pdf共有URLの末尾に /preview を付けるとプレビュー画像が表示されます.(標準では50MB以下のファイルの場合) Note 共有URLが https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ のときのプレビュー画像URL https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ/preview これを利用してこんな感じに書くと, AsciiDocでの例 [quote,’link:https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ[https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ]’] link:https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ[image:https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ/preview[width=100%]] htmlへ変換した例 <div class=”quoteblock”> <blockquote> <a href=”https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ”><span class=”image”><img src=”https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4 nZ/preview” alt=”preview” width=”100%”></span></a> <div class=”attribution”> &#8212; <a href=”https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ”>https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ</a> </div> </blockquote> </div> こういうふうになりました.クリックするとNextcloudのpdfファイルプレビュー画面が開かれ,最近のモダンウェブブラウザではそのまま閲覧できます. — https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ SpeakerDeckなんかでは埋め込んだページでそのまま読むことも出来ますがとりあえずこれならcgiも必要なくNextcloudの標準機能だけ(恐らくNC13以降で可能)でいけるのでそこそこいい感じではないかなと思います. 環境 $ sudo -u www-data php occ –version Nextcloud 20.0.8 $
Continue reading Nextcloudでurl共有したpdfをwebに埋め込みたい その2

ImageMagickでpdfファイルの1ページ目だけをjpegにする

ImagemMgickのconvertコマンドでpdfをjpegにしようとするとエラーになってしまいました.でもこれは見覚えのあるエラー……どこかにメモした気がするのですが見当たらないのでblogにしてみました. ImageMagickのセキュリティポリシーを変更してpdfファイルを変換できるようにする $ convert -geometry 640 /var/tmp/Nextcloud2pdf_cache/HQeSTL5TgcgAPtS.pdf[0] /tmp/HQeSTL5TgcgAPtS.jpg convert-im6.q16: attempt to perform an operation not allowed by the security policy `PDF’ @ error/constitute.c/IsCoderAuthorized/408. convert-im6.q16: no images defined `/tmp/HQeSTL5TgcgAPtS.jpg’ @ error/convert.c/ConvertImageCommand/3258. セキュリティの問題でImageMagickの設定で無効にしてあるのでこれを有効にします. $ sudo git -C /etc diff /etc/ImageMagick-6/policy.xml diff –git a/ImageMagick-6/policy.xml b/ImageMagick-6/policy.xml index 82a3d0b..0953557 100644 — a/ImageMagick-6/policy.xml +++ b/ImageMagick-6/policy.xml @@ -91,6 +91,6 @@ <policy domain=”coder”
Continue reading ImageMagickでpdfファイルの1ページ目だけをjpegにする