Category: buster

WordPressのページ分けメモ✍

ページが長くなったり,画像を多用するとWordPressのトップページが重くなります.
確か以前は編集画面に分割する機能が合ったはずと思ったのですが見当たりません.恐らく編集画面を変更すればでてくると思いますがよくわかりません.少し調べてみました.

カレンダーをWebhooksでDiscordに投稿

以下の記事でDavCalやGoogleカレンダーをコマンドラインで閲覧できるようになりました.

せっかくなのでDiscordにも毎朝その日のイベントを投稿するようにしてみます.

DiscordはWebhooksを使ってかんたんにメッセージを投稿することが出来ます.

投稿したいチャンネルの⚙アイコン「チャンネルの編集」から「連携サービス」→「ウェブフック」から操作できます.
新しいウェブフックを作成し,投稿チャンネルを確認して「ウェブフックURLをコピー」でWebhooks URLを入手します.

curlで投稿テストをしてみます.

$ curl -X POST -H "Content-Type: application/json" \
  -d '{"username": "ボット", "content": "こんにちは🤖"}' \
  'https://ptb.discord.com/api/webhooks/826777625053495306/QZoG2LLZOFlsKO_Auf1IQcXHVFozlgU37EGO9bhQKAifzZ0VAkyIYuQjRSzuOvC7U1gR'

Discord bot

これで投稿できました :)

Discordにメッセージを投稿できるようになったので,以下のエントリで書いた khal コマンドで今日1日分の予定タイトルを入手してDiscordに投稿するようにしてみます.

以下の適当なScriptを用意しました.

2021-04-01 編集)
イベントがない日にも投稿してしまっていたのを修正&Bashismだったのをshで動くよう修正

#!/bin/sh
# khalコマンドで今日の予定を入手してDiscordにpostする
# https://matoken.org/blog/2021/03/31/post-your-calendar-to-discord-with-webhooks/

# DiscordのWebhook URL
# 以下のURLを参考に入手して設定する
# https://support.discord.com/hc/ja/articles/228383668-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB-Webhooks%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%BA%8F%E7%AB%A0
DISCORD_WEBHOOK='https://ptb.discord.com/api/webhooks/…………'

# khal
#   list -> 一覧表示
#   --format "{title}" -> タイトルだけ表示
#   today -> 今日から
#   today -> 今日まで
# sed -> jsonの改行形式に変換
CAL=$(khal list --format "{title}" today today | sed -z -e "s/\n/\\\\\\\\n/g")

# イベントのない日は投稿せず終了
if [ "${CAL}" = 'No events\\n' ]
then
  echo "${CAL}"
  exit
fi

MSG=$(printf '{"username": "今日のイベント📅", "content": "%s"}\n' "${CAL}")
echo "$MSG"

# Discord WebHock でKagolug の#random へpost
curl -X POST -H "Content-Type: application/json" \
	-d "${MSG}" \
	"${DISCORD_WEBHOOK}"

試しに実行すると投稿されました.

手動で叩くのは面倒すぎるので自動実行するようにcrontabに登録しておきます.

$ crontab -l | grep calpost
58 4 * * *      /home/matoken/bin/calpost.sh 2>&1 > /home/matoken/tmp/cron/calpost.sh.log

毎日04:58に実行するようにしました.

環境
$ dpkg-query -W vdirsyncer khal curl bash
bash    5.0-4
curl    7.64.0-4+deb10u1
khal    1:0.9.10-1.1
vdirsyncer      0.16.7-2
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

カレンダーのDavCalをコマンドラインに出力したい

何らかの日程を決めるときに未来の日程を見ながら決めたいことがあります.
Webベースでいいかと思ったのですが,特に低解像度だとタイトルの一部しか表示されずよくわかりません.コピーペーストしてEtherPadなどに貼るといいですが時間がかかるし面倒です.
DavCalなどの情報を範囲指定して表示出来ると便利そうだなと思いました.

はじめはコマンドを叩いて範囲指定して表示するようなものがないかと思ったのですが見つかりませんでした.少し面倒ですが, vdirsyncer でリモートのカレンダーをローカルにコピーして khal コマンドで表示するようにしてみました.

Vdirsyncer の導入と設定

Vdirsyncer はカレンダーとコンタクトをローカルと同期できるソフトウェアです.これでリモートのDavCal の情報をローカルに同期します.

$ sudo apt install vdirsyncer (1)
$ mkdir ~/.config/vdirsyncer
$ vi ~/.config/vdirsyncer/config (2)
$ cat ~/.config/vdirsyncer/config
[general]
status_path = "~/.vdirsyncer/status/"

[pair my_calendars]
a = "my_calendars_local"
b = "my_calendars_remote"
collections = null
metadata = ["color"]

[storage my_calendars_local]
type = "filesystem"
path = "~/.calendars/"
fileext = ".ics"

[storage my_calendars_remote]
type = "caldav"
url = "https://files.matoken.org/remote.php/dav/public-calendars/YW5gc6gMG8tC63AH?export"
  1. Vdirsyncer の導入
  2. 設定ファイル作成

これでとりあえず Vdirsyncer を導入して,リモートの CalDav 形式のカレンダーをローカルのストレージに同期できます.
設定ファイルは以下のページを参考にしました.相互同期はせず,リモートのデータをローカルに同期するだけの動作のつもりです.

$ vdirsyncer discover my_calendars (1)
Discovering collections for pair my_calendars
my_calendars_local:
my_calendars_remote:
  - "YW5gc6gMG8tC63AH" ("onlin_event (matoken)")
warning: No collection "YW5gc6gMG8tC63AH" found for storage my_calendars_local.
Should vdirsyncer attempt to create it? [y/N]: y
Saved for my_calendars: collections = ["YW5gc6gMG8tC63AH"]
$ vdirsyncer sync (2)
Syncing my_calendars/YW5gc6gMG8tC63AH
Copying (uploading) item 05f764a4-8c30-46ed-a0fe-62c67d3975a8 to my_calendars_local/YW5gc6gMG8tC63AH
Copying (uploading) item 1acc3691-a12b-4534-a4e2-6ee6213ecff1 to my_calendars_local/YW5gc6gMG8tC63AH
Copying (uploading) item 202e727b-0431-40b5-8008-9ada1269c7c8 to my_calendars_local/YW5gc6gMG8tC63AH
Copying (uploading) item 2312a403-b2e6-4716-9c6f-45aa94519654 to my_calendars_local/YW5gc6gMG8tC63AH
  :
$ ls ~/.calendars/YW5gc6gMG8tC63AH/ | head (3)
05f764a4-8c30-46ed-a0fe-62c67d3975a8.ics
1acc3691-a12b-4534-a4e2-6ee6213ecff1.ics
202e727b-0431-40b5-8008-9ada1269c7c8.ics
2312a403-b2e6-4716-9c6f-45aa94519654.ics
263c2df9-ad9b-40d5-a946-614af7bc10ae.ics
29cbecc8-0b88-41da-b7d0-0c71062eb6b4.ics
2c66d40f-f5bd-4a67-bfb9-9bbb0258a966.ics
2e81f5bd-1aad-435a-bfa4-4a3ebe75e489.ics
30d41952-4dc3-4f10-bb6d-3311593f1d25.ics
3335be8d-9dd6-4b5e-81e9-a292d56fa17e.ics
  1. 設定を探索して初期化.設定を作ったときに実行.
  2. カレンダーを同期.定期的に実行.
  3. 同期されたデータが .ics ファイルとして作られているのを確認.

カレンダーがローカルに同期されました :)
vdirsyncer sync は定期的に実行して同期するようにします.

$ crontab -l | grep 'vdirsyncer sync'
4 4 * * *       chronic vdirsyncer sync

crontab に設定して1日1回同期するようにしました.
chronic を挟んでいますが,これはmoreutils のコマンドの1つで,正常終了時にはメッセージを出力しないというものです.エラー時だけメールが飛ぶはず.

khalの導入と設定

カレンダーの同期は出来ましたが,icsファイルがあるだけなので閲覧が不便です.閲覧するために khal コマンドを利用します.

$ sudo sudo apt install khal
$ mkdir ~/.config/khal
$ vi ~/.config/khal/config
$ cat ~/.config/khal/config
[calendars]
  [[event]]

    path = ~/.calendars/YW5gc6gMG8tC63AH/
    readonly = True

[locale]
timeformat = %H:%M
dateformat = %Y-%m-%d
longdateformat = %Y-%m-%d
datetimeformat = %Y-%m-%d %H:%M
longdatetimeformat = %Y-%m-%d %H:%M

khalを導入して設定を書いてみました.pathは Vdirsyncer で同期された場所を指定します.
この状態でkhalを叩くとこんな感じで表示されました.

$ khal
    Mo Tu We Th Fr Sa Su     Tomorrow, 2021-03-31
Mar  1  2  3  4  5  6  7     20:00-21:30 TechLION vol.37 〜TechLION出演者に聞く、この1年とこの10年。そして未来〜 :: # 視聴方法  本イベントはYouTubeにて配信します  視聴URLは決まり次第掲載します  #
     8  9 10 11 12 13 14     プログラム  2011年3月に旗揚げしたTechLIONが10周年を迎えるにあたり、記念試合をオンラインイベントとして行います。   ト
ークセッションでは、これまでTechLIONに出演してくださった皆さんに、IT業界の最近の状況、
    15 16 17 18 19 20 21     10年間の変化、今後の予想などをお聞きします。事前に実施したアンケート結果を見ながらMCの2名が進行しますが、回答によっ
ては出演者の方もトークにご参加いただきます。
    22 23 24 25 26 27 28     TechLION旗揚げ記念日でもある3月31日の夜、お酒を片手にお楽しみください!    * 出演:これまでのTechLIONにご出演の皆さ
ん   * MC:法林浩之、馮富久  # 開催概要    * 名称:TechLION
Apr 29 30 31  1  2  3  4     vol.37 〜TechLION出演者に聞く、この1年とこの10年。そして未来〜   * 主催:チームTechLION   * 協賛:USP研究所、技術評
論社   * 後援:日本UNIXユーザ会   *
     5  6  7  8  9 10 11     日時:2021年3月31日(水) 20:00開演、21:30終了予定   * 場所:オンライン (YouTubeにて配信)   * 料金:無料   * 公式タグ
:techlion   * 問い合わせ先:チームTechLION
    12 13 14 15 16 17 18     (E-mail:staff[at]techlion.jp)  # イベント詳細  https://techlion.jp/vol37
    19 20 21 22 23 24 25     https://techlion.connpass.com/event/205623/
May 26 27 28 29 30  1  2
     3  4  5  6  7  8  9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
Jun 31  1  2  3  4  5  6

ikhalコマンドを使うとダンプではなく,tuiのhalが起動してインタラクティブに操作できます.

ikhal

ちょっと冗長なので --format "title}" でタイトルだけ表示するようにしてみました.

$ khal list --format "{title}"
Tomorrow, 2021-03-31
TechLION vol.37 〜TechLION出演者に聞く、この1年とこの10年。そして未来〜

今日だけや,今日から7日間など範囲指定も出来ます.

$ khal list --format "{title}" today today (1)
$ khal list --format "{title}" today 7days (2)
$ khal list --format "{title}" 2021-03-01 2021-03-31 (3)
$ faketime 2021-03-03 khal list --format "{title}" today (4)
  1. 今日から今日まで表示
  2. 今日から7日間表示
  3. 03/01〜03/31まで表示
  4. faketimeで03/03としてkhalを実行

URLも表示したいけど,あっても.icsのDiscriptionの中などなのでちょっと面倒そうなので今回は諦めました.必要なときはカレンダーを参照することにします.

複数のカレンダーの設定

2つ目のカレンダーを登録してみます.次は日本の休日カレンダーを登録してみます.

~/.config/vdirsyncer/config に以下の設定を追記します.

[pair holiday_calendars]
a = "holiday_calendars_local"
b = "holiday_calendars_remote"
collections = null
metadata = ["color"]

[storage holiday_calendars_local]
type = "filesystem"
path = "~/.calendars/holiday_calendars/"
fileext = ".ics"

[storage holiday_calendars_remote]
type = "http"
url = "https://www.google.com/calendar/ical/ja.japanese%23holiday%40group.v.calendar.google.com/public/basic.ics"

設定反映してカレンダーを同期します.

$ vdirsyncer discover holiday_calendars
$ vdirsyncer sync holiday_calendars

次にkhalの設定です.
~/.config/khal/config[calendars] セクションに以下の設定を追記します.

  [[holiday]]
    path = ~/.calendars/holiday_calendars/
    readonly = True

この状態でkhalを実行してみると祝日も表示されるようになりました :)

$ khal list --format "{title}" 2021-03-20 1days
Saturday, 2021-03-20
春分の日
NBUG 2021年3月例会[第250回例会]
Kernel/VM探検隊online part2

ということで当初思っていたより少し面倒でしたが,とりあえずやりたいことが出来るようになりました :)

環境

$ dpkg-query -W vdirsyncer khal faketime
faketime        0.9.7-3
khal    1:0.9.10-1.1
vdirsyncer      0.16.7-2
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

Nextcloudでurl共有したpdfをwebに埋め込みたい その2

ドキュメント共有サイトの無料枠を使うのが辛くなったのでNextcloudのURL共有でどうにかならないかなと思っています.
まずはpdfファイルをobjectタグで埋め込む方法を試しました.

この方法のデメリットはcgiを用意しないといけない,pdfを読む気がなくてもページを読み込むとpdfファイルがダウンロードされてしまいページ容量が大きくなってしまう.そしてNextcloudに「<pdfファイル名> が公開リンクからダウンロードされました」という通知がたくさん届いてしまいちょっとうるさいといった感じです.

途中のcgiでキャッシュしてプレビュー用の画像を用意してwebにはそのプレビュー画像を表示しておけばいいのではとcgiを書き換えていました.headで引っ張ってもダウンロードされた扱いになるしdbから実ファイルの場所を探してそこからダウンロードするように,サムネイルもdbから引っ張ってこれるかな?とかやってましたがふとそれだと標準の機能で出来るのではと気づいたので試してみました.

pdf共有URLの末尾に /preview を付けるとプレビュー画像が表示されます.(標準では50MB以下のファイルの場合)

これを利用してこんな感じに書くと,

AsciiDocでの例
[quote,'link:https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ[https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ]']
link:https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ[image:https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ/preview[width=100%]]
htmlへ変換した例
<div class="quoteblock">
<blockquote>
<a href="https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ"><span class="image"><img src="https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4
nZ/preview" alt="preview" width="100%"></span></a>
<div class="attribution">
&#8212; <a href="https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ">https://files.matoken.org/index.php/s/r7jEJdjiSRzb4nZ</a>
</div>
</blockquote>
</div>

こういうふうになりました.クリックするとNextcloudのpdfファイルプレビュー画面が開かれ,最近のモダンウェブブラウザではそのまま閲覧できます.

SpeakerDeckなんかでは埋め込んだページでそのまま読むことも出来ますがとりあえずこれならcgiも必要なくNextcloudの標準機能だけ(恐らくNC13以降で可能)でいけるのでそこそこいい感じではないかなと思います.

環境
$ sudo -u www-data php occ --version
Nextcloud 20.0.8
$ dpkg-query -W php mariadb-server apache2
apache2 2.4.38-3+deb10u4
mariadb-server  1:10.3.27-0+deb10u1
php     2:7.3+69
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

ImageMagickでpdfファイルの1ページ目だけをjpegにする

ImagemMgickのconvertコマンドでpdfをjpegにしようとするとエラーになってしまいました.でもこれは見覚えのあるエラー……どこかにメモした気がするのですが見当たらないのでblogにしてみました.

ImageMagickのセキュリティポリシーを変更してpdfファイルを変換できるようにする

$ convert -geometry 640 /var/tmp/Nextcloud2pdf_cache/HQeSTL5TgcgAPtS.pdf[0] /tmp/HQeSTL5TgcgAPtS.jpg
convert-im6.q16: attempt to perform an operation not allowed by the security policy `PDF' @ error/constitute.c/IsCoderAuthorized/408.
convert-im6.q16: no images defined `/tmp/HQeSTL5TgcgAPtS.jpg' @ error/convert.c/ConvertImageCommand/3258.

セキュリティの問題でImageMagickの設定で無効にしてあるのでこれを有効にします.

$ sudo git -C /etc diff /etc/ImageMagick-6/policy.xml
diff --git a/ImageMagick-6/policy.xml b/ImageMagick-6/policy.xml
index 82a3d0b..0953557 100644
--- a/ImageMagick-6/policy.xml
+++ b/ImageMagick-6/policy.xml
@@ -91,6 +91,6 @@
   <policy domain="coder" rights="none" pattern="PS2" />
   <policy domain="coder" rights="none" pattern="PS3" />
   <policy domain="coder" rights="none" pattern="EPS" />
-  <policy domain="coder" rights="none" pattern="PDF" />
+  <policy domain="coder" rights="read|write" pattern="PDF" />
   <policy domain="coder" rights="none" pattern="XPS" />
 </policymap>

設定を編集後実行するとうまく動きました :)

$ convert -geometry 640 /var/tmp/Nextcloud2pdf_cache/HQeSTL5TgcgAPtS.pdf[0] /tmp/HQeSTL5TgcgAPtS.jpg

pdfファイルの指定ページだけを変換する

ソースファイル名を普通に指定すると, ファイル名-%d.jpg のようなファイルが連番で作成されます.
今回は1ページめだけが欲しいので不必要なファイルがたくさん出来てしまいます.

1ページだけが欲しい場合, ソースファイル名.pdf[0] というようにページ指定して実現できます.この添字は1ページ目が0,2ページめが1のように指定します.

存在しないページ番号を指定するとエラーになります.

$ convert -geometry 640 /var/tmp/Nextcloud2pdf_cache/HQeSTL5TgcgAPtS.pdf[99] /tmp/HQeSTL5TgcgAPtS-99.jpg

Requested FirstPage is greater than the number of pages in the file: 33
   No pages will be processed (FirstPage > LastPage).
convert-im6.q16: no images defined `./HQeSTL5TgcgAPtS-1.jpg' @ error/convert.c/ConvertImageCommand/3258.
環境
$ dpkg-query -W imagemagick
imagemagick     8:6.9.10.23+dfsg-2.1+deb10u1
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

Nextcloudの2要素認証が出来ないときに管理者が1度限りのワンタイムコードを発行できる「Two-Factor Admin Support」

Nextcloudユーザが2要素認証を出来ないときにNextcloud管理者が48時間有効な1度限りのワンタイムコードを作成することができる「Two-Factor Admin Support」を試してみました.

「Two-Factor Admin Support」install
$ sudo -u www-data php occ app:install twofactor_admin

occコマンドで導入しました.WebインターフェイスからでもOKです.

nextcloud towfactor admin01

導入後,管理者アカウントで「設定」→「管理」→「セキュリティ」の「Two-Factor Admin」が出来ています.この「User ID」のテキストボックスにワンタイムコードを発行したいユーザIDを入力して「Generate」を押すと48時間有効なワンタイムコードが発行されます.このコードをユーザに伝えてログインしてもらいます.

occコマンドでのワンタイムコードの発行
$ sudo -u www-data php occ twofactorauth:admin:generate-code $USERID
There is an existing code that will be overwritten.

Generated new one-time code for test01: 163929
This code is valid for 48 hours.

occコマンドでも発行できます.

nextcloud towfactor admin02

該当ユーザはユーザID/パスワードを入力した後の2要素認証で「Admin code」という選択肢が増えるのでそれを選びます.

nextcloud towfactor admin03

管理者に教えてもらったワンタイムコードを入力してログインします.

TOTPのデバイスを壊してしまったり家に忘れてきたとかいったときに便利そうです.(数が少なければ)

環境
$ sudo -u www-data php /var/www/files.matoken.org/occ app:list | grep twofactor_admin:
  - twofactor_admin: 3.0.0
$ sudo -u www-data php occ --version
Nextcloud 20.0.8
$ dpkg-query -W php mariadb-server apache2
apache2 2.4.38-3+deb10u4
mariadb-server  1:10.3.27-0+deb10u1
php     2:7.3+69
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

Nextcloudのmailアプリのアップデートに失敗してNextcloudが使えなくなって困る

Nextcloudアプリのアップデートを行ったところmailの処理中にコケてしまったようです.

$ sudo -u www-data php occ app:update --all
richdocuments new version available: 3.7.17
richdocuments updated
forms new version available: 2.2.1
forms updated
mail new version available: 1.9.2
An unhandled exception has been thrown:
Error: Call to undefined method OCA\Mail\Db\MessageMapper::findWithEmptyMessageId() in /var/www/files.matoken.org/apps/mail/lib/Migration/AddMissingMessageIds.
php:55
Stack trace:
#0 /var/www/files.matoken.org/lib/private/Repair.php(112): OCA\Mail\Migration\AddMissingMessageIds->run(Object(OC\Repair))
#1 /var/www/files.matoken.org/lib/private/legacy/OC_App.php(1042): OC\Repair->run()
#2 /var/www/files.matoken.org/lib/private/legacy/OC_App.php(979): OC_App::executeRepairSteps('mail', Array)
#3 /var/www/files.matoken.org/lib/private/Installer.php(206): OC_App::updateApp('mail')
#4 /var/www/files.matoken.org/core/Command/App/Update.php(116): OC\Installer->updateAppstoreApp('mail', false)
#5 /var/www/files.matoken.org/3rdparty/symfony/console/Command/Command.php(255): OC\Core\Command\App\Update->execute(Object(Symfony\Component\Console\Input\ArgvInput), Object(Symfony\Component\Console\Output\ConsoleOutput))
#6 /var/www/files.matoken.org/3rdparty/symfony/console/Application.php(1000): Symfony\Component\Console\Command\Command->run(Object(Symfony\Component\Console\Input\ArgvInput), Object(Symfony\Component\Console\Output\ConsoleOutput))
#7 /var/www/files.matoken.org/3rdparty/symfony/console/Application.php(271): Symfony\Component\Console\Application->doRunCommand(Object(OC\Core\Command\App\Update), Object(Symfony\Component\Console\Input\ArgvInput), Object(Symfony\Component\Console\Output\ConsoleOutput))
#8 /var/www/files.matoken.org/3rdparty/symfony/console/Application.php(147): Symfony\Component\Console\Application->doRun(Object(Symfony\Component\Console\Input\ArgvInput), Object(Symfony\Component\Console\Output\ConsoleOutput))
#9 /var/www/files.matoken.org/lib/private/Console/Application.php(215): Symfony\Component\Console\Application->run(Object(Symfony\Component\Console\Input\ArgvInput), Object(Symfony\Component\Console\Output\ConsoleOutput))
#10 /var/www/files.matoken.org/console.php(100): OC\Console\Application->run()
#11 /var/www/files.matoken.org/occ(11): require_once('/var/www/files....')
#12 {main}mk@www6073uo:/var/www/files.matoken.org

再度実行すると処理は進んだようですが,縮退モードのような感じになっています.この状態でNextcloudのWebにアクセスするとアップデートを求められて利用できません.

$ sudo -u www-data php occ app:update --all
Nextcloud or one of the apps require upgrade - only a limited number of commands are available
You may use your browser or the occ upgrade command to do the upgrade
files_linkeditor new version available: 1.1.4
files_linkeditor updated

どうしたもんかととりあえず原因であろうmailをアップデートしようとするとすでに最新のようです.
次にmailを無効化してみました.するとNextcloud Webが利用できるようになりました.
一旦削除してインストールし直したほうが確実だろうなと思いつつmailを有効化するとNextcloudもmailも利用できるようになりました.

$ sudo -u www-data php occ app:update mail (1)
Nextcloud or one of the apps require upgrade - only a limited number of commands are available
You may use your browser or the occ upgrade command to do the upgrade
$ sudo -u www-data php occ app:disable mail (2)
Nextcloud or one of the apps require upgrade - only a limited number of commands are available
You may use your browser or the occ upgrade command to do the upgrade
mail 1.9.2 disabled
$ sudo -u www-data php occ app:enable mail (3)
mail 1.9.2 enabled
  1. mailアプリをアップデートしても反応はない
  2. mailアプリを無効化してNextcloud復旧
  3. mailアプリを有効化

occ app:disable mail の後 occ app:remove mail && occ app:install mail したほうが確実だと思います.

ちなみにNextcloud Hub以外のあまりメジャーでないアプリなどをインストールしてうまく動かないときにもNextcloudが動かなくなることがあります.そういうときも occ app:disable で復旧できるので覚えておくと助かります.

環境
$ sudo -u www-data php occ app:list | grep \ mail:
  - mail: 1.9.2
$ sudo -u www-data php occ --version
Nextcloud 20.0.8
$ dpkg-query -W php mariadb-server apache2
apache2 2.4.38-3+deb10u4
mariadb-server  1:10.3.27-0+deb10u1
php     2:7.3+69
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

Nextcloudの電子メール2要素認証の「Two Factor e-mail provider」

Nextcloudアプリの「A Two-Factor-Auth Provider for e-mail」を試してみました.これはNextcloud認証時にユーザID/パスワードで認証した後設定されたメールアドレスにワンタイムトークンが届いて,それを使って2要素目の認証ができるようになるものです.

$ sudo -u www-data php occ app:install twofactor_admin
twofactor_admin 3.0.0 installed
twofactor_admin enabled

まずは導入.occ コマンドでインストールしました.WebIFからでもOKです.

nextcloud towfactor email01

2要素認証を有効にしたいユーザでNextcloud Webにログインして,「右上のアイコン」→「設定」→「個人情報」の「メール」に正しいメールアドレスが設定されているのを確認して,「セキュリティ」→「二要素認証」→「Email verification」の「Enable」を押して有効にします.

Note
電子メールアドレスが未登録だと以下のようなメッセージとなりました.
Could not generate a code: user hoge does not exist

nextcloud towfactor email02

するとトークンがNextcloudに設定したメールアドレスに送信されるのでメールを確認してトークンをテキストボックスに入力して,「Veryfi」を押して確認します.

nextcloud towfactor email03

うまく行きました.
一旦ログアウトしてログインしてみます.

nextcloud towfactor email04

ユーザID/パスワードで認証した後,「Email verification」の画面になります.メールが送信されているはずかので確認してそこに書かれているトークンを入力してログインします.

2要素認証ではTOTP以外にもSMS, Telegram, Signalなどもありますがそれぞれ設定が面倒です.電子メールであればユーザの設定は少ないので良さそうです.

環境
$ sudo -u www-data php occ app:list | grep previewgenerator:
  - previewgenerator: 3.1.1
$ sudo -u www-data php occ --version
Nextcloud 20.0.8
$ dpkg-query -W php mariadb-server apache2
apache2 2.4.38-3+deb10u4
mariadb-server  1:10.3.27-0+deb10u1
php     2:7.3+69
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

Nextcloudのファイルプレビューを少しカスタマイズ

Nextcloudでは画像ファイル,MP3ファイルのカバー,テキストファイルのプレビューを生成できます.既定値ではこの機能は有効になっていて,アクセス時にプレビューが生成されます.
Nextcloudを軽く出来ないかと config/config.php ファイルに 'enable_previews' ⇒ false, を設定して無効にしてみましたが不便です.

nextcloud preview false

ということで再度プレビューを有効にしました.ついでにプレビューサイズを4096から1024に小さくしてプロバイダーを少し増やしてみました.

config/config.php
  'enable_previews' => true, (1)
  'preview_max_x'  =>  1024, (2)
  'preview_max_y'  =>  1024, (3)
  'preview_max_filesize_image'  =>  50, (4)
  'enabledPreviewProviders' => [ (5)
        'OC\Preview\PNG',
        'OC\Preview\JPEG',
        'OC\Preview\GIF',
        'OC\Preview\HEIC',
        'OC\Preview\BMP',
        'OC\Preview\XBitmap',
        'OC\Preview\MP3',
        'OC\Preview\TXT',
        'OC\Preview\MarkDown',
        'OC\Preview\OpenDocument',
        'OC\Preview\Krita',
        'OC\Preview\PDF',
        'OC\Preview\Postscript',
        'OC\Preview\SVG',
        'OC\Preview\TIFF',
        'OC\Preview\Font',
  ],
  1. プレビューを有効にする,既定値 true
  2. プレビュー横サイズ,既定値 4096
  3. プレビュー縦サイズ,既定値 4096
  4. プレビュー対象の最大ファイルサイズ,これ以上のサイズのファイルはプレビューが作られない,単位はMB,既定値 50
  5. プレビューファイルプロバイダー,既定値は '' で内容は,

edit 2021-03-17)
スマホ写真やpdfはあらかた1MBを超えるので preview_max_filesize_image は1MBから規定値の50MBに戻しました.

OC\Preview\BMP
OC\Preview\GIF
OC\Preview\HEIC
OC\Preview\JPEG
OC\Preview\MarkDown
OC\Preview\MP3
OC\Preview\PNG
OC\Preview\TXT
OC\Preview\XBitmap
OC\Preview\OpenDocument
OC\Preview\Krita

その他の既定値以外のプロバイダー

OC\Preview\Illustrator
OC\Preview\Movie
OC\Preview\MSOffice2003
OC\Preview\MSOffice2007
OC\Preview\MSOfficeDoc
OC\Preview\PDF
OC\Preview\Photoshop
OC\Preview\Postscript
OC\Preview\StarOffice
OC\Preview\SVG
OC\Preview\TIFF
OC\Preview\Font

そして Preview Generator というプレビューを事前生成してくれるアプリを試してみようとしましたが,暗号化を有効にしていると利用できませんでした.パスワード入力してプレビュー生成ができると便利かもですがなんにせよ自分以外のデータは触れないので微妙ですね.

Known issues
The app does not work with encryption enabled

— https://github.com/rullzer/previewgenerator#known-issues
$ sudo -u www-data php occ app:install previewgenerator (1)
previewgenerator 3.1.1 installed
previewgenerator enabled
$ sudo -u www-data php /var/www/files.matoken.org/occ | grep preview$ -A4 (2)
 preview
  preview:delete_old                      Delete old preview folder (pre NC11)
  preview:generate-all                    Generate previews
  preview:pre-generate                    Pre generate previews
  preview:repair                          distributes the existing previews into subfolders
$ sudo -u www-data php occ preview:generate-all (3)
Encryption is enabled. Aborted.
$ sudo -u www-data php occ app:remove previewgenerator (4)
previewgenerator disabled
previewgenerator 3.1.1 removed
  1. Preview Generatorをインストール
  2. usage
  3. 暗号化が有効だとプレビューの手動生成に失敗する
  4. Preview Generatorを削除
環境
$ sudo -u www-data php occ app:list | grep previewgenerator:
  - previewgenerator: 3.1.1
$ sudo -u www-data php occ --version
Nextcloud 20.0.8
$ dpkg-query -W php mariadb-server apache2
apache2 2.4.38-3+deb10u4
mariadb-server  1:10.3.27-0+deb10u1
php     2:7.3+69
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64

Nextcloudで画像ファイルをURL共有してWebに埋め込んで利用したい

NextcloudでURL共有した画像をblogなどに埋め込む方法のメモです.今回はNextcloud 20.0.8ですが,Nextcloud 13.0.0から可能になった機能のようです.
共有単位は画像ファイル単体はOKですが,画像ファイルを含むディレクトリ共有ではうまく動かないようです.

20210311 18:03:55 252379

共有したい画像を共有

20210311 18:03:42 228558

「URLで共有」の右の「+」で共有

20210311 18:03:55 228828

URL共有されてURLがコピーされる

20210311 18:03:19 229349

既定値では共有有効期限が1週間に設定されているのでずっと公開したい場合は「有効期限を設定」のチェックを外す

20210311 18:03:02 234008

共有されたURLを開くとプレビューになる

画像をクリックすると,画像が開ける.
若しくは共有URLに /preview を追加する.
拡張子がないとうまく動作しないsiteなどの場合は,/preview?dummy.jpg などのように /preview の後ろにさらにそれらしい文字列を追加すると開けたりする.

https://files.matoken.org/index.php/s/bsaAdtxp8WgXLXE (1)
https://files.matoken.org/index.php/s/bsaAdtxp8WgXLXE/preview (2)
https://files.matoken.org/index.php/s/bsaAdtxp8WgXLXE/preview?/dummy.jpg (3)
  1. 共有URL(プレビューURL)
  2. URL末尾に /preview をつけると画像が表示される
  3. /preview の後ろにダミーファイル名をつける

後は普通に静的画像URLのようにして使えます.

$ wget -o /dev/null -O - https://files.matoken.org/index.php/s/bsaAdtxp8WgXLXE/preview | pee "file -" display
/dev/stdin: JPEG image data, JFIF standard 1.01, resolution (DPI), density 96x96, segment length 16, comment: "CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 90", baseline, precision 8, 512x342, components 3
preview

blogに貼り付けもできる :)

環境
$ sudo -u www-data php occ --version
Nextcloud 20.0.8
$ dpkg-query -W php mariadb-server apache2
apache2 2.4.38-3+deb10u4
mariadb-server  1:10.3.27-0+deb10u1
php     2:7.3+69
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
x86_64