「Life is Strange」をLinuxでも日本語で遊ぶ

回線の調子が悪いので,久々に少しゲームを遊んでみようかと思いLinux版Steamを起動して「Life is Strange 2」の冒頭を遊んでみましたが,「Life is Strange – Episode 1」も無料のようなのでこれを先に遊んだほうがいいかな?と起動すると2で使えていた日本語が選べないようです.
Winows版の言語パックはあるようなのでどうにかならないかなと試してみました.

Discordの画面共有をなるべく低画質にして帯域を節約する(2021-06-21)

Discord Linux版での画面共有時の設定メモです.
※この設定は今の所ウェブアプリ版では出てこないので使えないと思います.

スライドの共有などのあまり画質やフレームレートの必要ないものの画面共有時には規定値の設定より低くしても問題なさそうです.

現時点(2021-06-21)での最低解像度,最低フレームレートの設定メモです.

Barrierで装飾キーがロックされるのを解除する

Barrierというマルチプラットホームのキーボードマウス共有ソフトを常用しています.1台の端末のキーボードマウスで複数のマシンを操れます.Synergyのフォークです.
最近1台の端末をDebian Bullseye + i3wm にしてみたのですが,どうもキーボードがおかしくなります.CtrlやSuperが押しっぱなしになります.
以前から別のマシンでこの症状は出ていましたが今回は頻度がとても多くまともに動くことのほうが少ないです.これまでXorgを再起動して解決していましたが面倒すぎます.

ISSUEを探すと出てきました.未解決のようです(◞‸◟)
でもワークアラウンドがあったので試してみました.

vnStatでネットワークトラフィックを集計する

以下のエントリでipコマンドでネットワーク通信量が確認できました.

端末を起動してからの通信量は確認できますが,再起動したりするとデータ量はクリアされてしまいます.MRTGやZabbixなどを使うのは大げさな感じがします.
もう少しお手軽なものがないかなと少し探してvnStatというものを見つけたので今回試してみました.

Debian 10 Buster testing をリリース後に apt update するとエラーになる

2019-07-06 に Debian Buster 10 がリリースされました.

Debian 10 Buster testing 環境でリリース後に apt update をするとエラーになってしまいます.

$ sudo apt update
Get:1 http://security.debian.org/debian-security buster/updates InRelease [39.1 kB]
Get:2 http://deb.debian.org/debian buster InRelease [118 kB]
N: Repository 'http://security.debian.org/debian-security buster/updates InRelease' changed its 'Version' value from '' to '10'
E: Repository 'http://security.debian.org/debian-security buster/updates InRelease' changed its 'Suite' value from 'testing' to 'stable'
N: This must be accepted explicitly before updates for this repository can be applied. See apt-secure(8) manpage for details.
Do you want to accept these changes and continue updating from this repository? [y/N]
N: Repository 'http://deb.debian.org/debian buster InRelease' changed its 'Version' value from '' to '10.0'
E: Repository 'http://deb.debian.org/debian buster InRelease' changed its 'Suite' value from 'testing' to 'stable'
N: This must be accepted explicitly before updates for this repository can be applied. See apt-secure(8) manpage for details.
Do you want to accept these changes and continue updating from this repository? [y/N]
Reading package lists... Done
E: Failed to fetch http://deb.debian.org/debian/dists/buster/InRelease
E: Failed to fetch http://security.debian.org/debian-security/dists/buster/updates/InRelease
E: Some index files failed to download. They have been ignored, or old ones used instead.

--allow-releaseinfo-change を指定してAPT にリリースを情報を確認したことを教えます.

$ sudo apt --allow-releaseinfo-change update

次からはオプション無しで実行してもエラーが出なくなります.

$ sudo apt update
Hit:1 http://deb.debian.org/debian buster InRelease
Hit:2 http://security.debian.org/debian-security buster/updates InRelease
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
3 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.

ちなみに stable でなく testing 環境を使い続けたい場合は /etc/apt/sources.list を現在の Debian testing の bullseye に修正すればいいはず.

環境
$ dpkg-query -W apt
apt     1.8.2
$ hostnamectl | egrep 'Operating System|Architecture'
  Operating System: Debian GNU/Linux 10 (buster)
      Architecture: x86-64

Debian, Ubuntu で 上流のパッケージを借りてくる

以前以下のような記事を書きました.

今でもこのblogの中ではアクセスが多く,最近もトラックバックをもらいました.

この当時は arm64 の mozcパッケージがなくて自分でbuild したという話なのですが,現在はDebian では buster(testing), Ubuntu ではartful(17.10) 以降でパッケージが存在します.
なのでこの野良パッケージを使うよりも公式の上流パッケージを借りるほうが大抵の場合いいと思います.
ということで手順を書いておきます.

パッケージファイルだけが必要な場合はパッケージのページからダウンロード可能です.

野良パッケージは近日中に削除します.

Debian stretch arm64 に Debian buster arm64 の mozc を借りてくる

Debian stretch arm64 では mozc-data しかない
$ apt-cache search mozc
mozc-data - Mozc input method - data files

buster(testing) のmozc を借りてくることにする.

/etc/apt/preferences で buster の優先度を下げる

/etc/apt/preferences
Package: *
Pin: release n=buster
Pin-Priority: 100
/etc/apt/sources.list に buster(testing)追加 設定
deb http://deb.debian.org/debian buster main

sources.list の編集には apt edit-sources を使うと文法チェックをしてくれるのでおすすめ

パッケージ情報の更新
$ sudo apt update
mozcパッケージの確認
$ apt-cache search mozc
mozc-data - Mozc input method - data files
fcitx-dbus-status - Addon for Fcitx to set/get/monitor IM statuses via D-Bus
emacs-mozc - Mozc for Emacs
emacs-mozc-bin - Helper module for emacs-mozc
fcitx-mozc - Mozc engine for fcitx - Client of the Mozc input method
ibus-mozc - Mozc engine for IBus - Client of the Mozc input method
mozc-server - Server of the Mozc input method
mozc-utils-gui - GUI utilities of the Mozc input method
uim-mozc - Mozc engine for uim - Client of the Mozc input method
パッケージの導入
$ apt install fcitx-mozc -t buster

後は通常の apt update && apt upgrade で stretch で導入したパッケージは stretch で,buster で導入したパッケージはbuster で更新されるはず.

Ubuntu 16.04 LTS xenial arm64 に Ubuntu 18.04 LTS bionic arm64 の mozc を借りてくる

Debianの手順と同じでもokだと思うけど念の為以下の手順を真似してみる.

mozc は Ubuntu 17.10 artful から対応しているが,もうサポートされないのでUbuntu 18.04 bionic を使う.

標準のリリースを xenial に設定

/etc/apt/apt.conf.d/01ubuntu
APT::Default-Release "xenial";

mozc をpinningする

/etc/apt/preferences
Package: *mozc*
Pin: release n=xenial
Pin-Priority: -10

Package: *mozc*
Pin: release n=bionic
Pin-Priority: 900

/etc/apt/sources.list に buster(testing) を 追加 設定

/etc/apt/sources.list
deb http://ports.ubuntu.com/ bionic main universe

※sources.list の編集には apt edit-sources を使うと文法チェックをしてくれるのでおすすめ
※mirrorにより arm64 が置かれていないので注意

パッケージ情報の更新
$ sudo apt update
検索結果にmozcが出てくる
$ apt-cache search mozc
mozc-data - Mozc input method - data files
ibus-mozc - Mozc engine for IBus - Client of the Mozc input method
mozc-server - Server of the Mozc input method
mozc-utils-gui - GUI utilities of the Mozc input method
emacs-mozc - Mozc for Emacs
emacs-mozc-bin - Helper module for emacs-mozc
fcitx-mozc - Mozc engine for fcitx - Client of the Mozc input method
uim-mozc - Mozc engine for uim - Client of the Mozc input method
パッケージの導入
$ sudo apt install fcitx-mozc -t bionic