Category: xenial(16.04)

Nextcloud を 15 にアップグレードしようとしてコケる

20181212_05:12:42-18746

Nextcloud 15 がリリースされました.

14.0.4 からアップグレードしようとしましたが失敗しました.そのメモです.

$ sudo -u www-data php7.0 ./occ upgrade
Nextcloud or one of the apps require upgrade - only a limited number of commands are available
You may use your browser or the occ upgrade command to do the upgrade
Set log level to debug
Updating database schema
Updated database
UnexpectedValueException: The files of the app "user_external" were not correctly replaced before running the update
Update failed
Maintenance mode is kept active
Reset log level

整合性が保たれていないようなので手動でアーカイブを入手して比較すると同じに見える

$ wget https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-15.0.0.tar.bz2 https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-15.0.0.tar.bz2.asc
$ gpg --verify ./nextcloud-15.0.0.tar.bz2.asc
gpg: 署名されたデータが'./nextcloud-15.0.0.tar.bz2'にあると想定します 
gpg: 2018年12月10日 19時27分11秒 JSTにRSA鍵ID A724937Aで施された署名
gpg: "Nextcloud Security <security@nextcloud.com>"からの正しい署名
gpg: *警告*: この鍵は信用できる署名で証明されていません!
gpg:          この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。 
主鍵フィンガー・プリント: 2880 6A87 8AE4 23A2 8372  792E D758 99B9 A724 937A
$ tar tvf ./nextcloud-15.0.0.tar.bz2 | lv
$ tar xf ./nextcloud-15.0.0.tar.bz2
$ sudo -u www-data rsync -acvvn ./nextcloud/apps/user_external /var/www/home.matoken.org/nextcloud/apps/
sending incremental file list
delta-transmission disabled for local transfer or --whole-file
user_external/
user_external/appinfo/app.php is uptodate
user_external/appinfo/database.xml is uptodate
user_external/appinfo/info.xml is uptodate
user_external/appinfo/signature.json is uptodate
user_external/img/app.svg is uptodate
user_external/lib/base.php is uptodate
user_external/lib/ftp.php is uptodate
user_external/lib/imap.php is uptodate
user_external/lib/smb.php is uptodate
user_external/lib/webdavauth.php is uptodate
total: matches=0  hash_hits=0  false_alarms=0 data=0

sent 515 bytes  received 587 bytes  2,204.00 bytes/sec
total size is 19,690  speedup is 17.87 (DRY RUN)

このあたりのバグぽい

ちなみに user_external はFTP, IMAP, SMB の認証周りのよう.

Authenticate user login against FTP, IMAP or SMB.

とりあえず該当の user_external を無効にしてアップグレードは通った

$ sudo -u www-data php7.0 ./occ app:disable user_external
$ sudo -u www-data php7.0 ./occ upgrade

通ったけど無効にしていても怒られる

Some files have not passed the integrity check. Further information on how to resolve this issue can be found in the documentation. (List of invalid files… / Rescan…)

Technical information
=====================
The following list covers which files have failed the integrity check. Please read
the previous linked documentation to learn more about the errors and how to fix
them.

Results
=======
- user_external
    - EXTRA_FILE
        - user_external/appinfo/signature.json

Raw output
==========
Array
(
    [user_external] => Array
        (
            [EXTRA_FILE] => Array
                (
                    [user_external/appinfo/signature.json] => Array
                        (
                            [expected] => 
                            [current] => 37efcee67605ab01a595df9b8e37a63f0260a8d795cb4af9b1b40e137ace928193747445954b22455fcbfd1758ea9b663153afc73438f5370725682e344c8723
                        )

                )

        )

)

まだ非対応アプリも多いしメイン環境は暫く待ったほうが良さそうな感じです.

環境

$ sudo -u www-data php7.0 ./occ status -v
  - installed: true
  - version: 15.0.0.10
  - versionstring: 15.0.0
  - edition: 
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.5 LTS
$ uname -m
x86_64

特定プロセスのcpu利用率を制限するcpulimitを試す

先日mysqldump + xz 圧縮の間に pv を挟んで帯域制限をして xz の負荷を下げました.

しかしこの方法ではそんなに負荷がない mysqldump もずっと動かしっぱなしで db にもよろしく無いです.mysqldump は先に済ませて xz だけを制限することにします.

before
umask 0266 && nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/mysqldump --defaults-file=/mnt/backup/micro/.my-backup.cnf --single-transaction --quick --all-databases --events | pv -L 128k 2>/dev/null | nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/xz -9 > /mnt/backup/micro/`date +\%F_\%T_$$`.sql.xz
after
DUMP="/mnt/backup/micro/`date +\%F_\%T_$$`.sql"; umask 0266 && nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/mysqldump --defaults-file=/mnt/backup/micro/.my-backup.cnf --single-transaction --quick --all-databases --events > ${DUMP} && pv -L 128k nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/xz -9 > ${DUMP}.xz && rm ${DUMP}

一応動くけどcrontabなので1行で書いてあって見にくいしあまりいけてないですね.
せめてファイルに分けたほうが良さそう.

LimitCPU

pvでもいいのですが,cpu利用率を制限できないかなと思いました.xzのオプションでは見当たらずLinux環境なので cgroups で制限しようかとも思ったのですが, LimitCPU というものを見つけました.これは SIGSTOPSIGCONT のPOSIXシグナルをプロセスに送信することにより実現しているので,POSIX環境ならどこでも動きそうなのでこちらを試してみました.

LimitCPUはメンテされなくなったCPUlimitのフォークでコマンドやパッケージ名は cpulimit です.(混乱する><)

導入
$ sudo apt install cpulimit
usage
$ cpulimit -h
CPUlimit version 2.1
Usage: cpulimit TARGET [OPTIONS...] [-- PROGRAM]
   TARGET must be exactly one of these:
      -p, --pid=N        pid of the process
      -e, --exe=FILE     name of the executable program file
                         The -e option only works when
                         cpulimit is run with admin rights.
      -P, --path=PATH    absolute path name of the
                         executable program file
   OPTIONS
      -b  --background   run in background
      -c  --cpu=N        override the detection of CPUs on the machine.
      -l, --limit=N      percentage of cpu allowed from 1 up.
                         Usually 1 - 200, but can be higher
                         on multi-core CPUs (mandatory)
      -q, --quiet        run in quiet mode (only print errors).
      -k, --kill         kill processes going over their limit
                         instead of just throttling them.
      -r, --restore      Restore processes after they have
                         been killed. Works with the -k flag.
      -s, --signal=SIG   Send this signal to the watched process when cpulimit exits.
                         Signal should be specificed as a number or
                         SIGTERM, SIGCONT, SIGSTOP, etc. SIGCONT is the default.
      -v, --verbose      show control statistics
      -z, --lazy         exit if there is no suitable target process,
                         or if it dies
          --             This is the final CPUlimit option. All following
                         options are for another program we will launch.
      -h, --help         display this help and exit

制限はプロセスIDでの制限,プログラム名での制限,指定したプログラムを制限することが可能です.
cpuが複数ある場合は -l の値はcpu 1つあたり100として,100 * cpu数 を元に指定します.cpu 2つで 50% 利用したい場合は -l 100 になると思います.

プロセスID 1234 のプログラムをcpuを2つ利用,cpuを50%(2コアなので実際は100%分)
$ cpulimit -c 2 -p 1234 -l 50
xzというプログラムをcpu利用率を25%に制限
$ cpulimit -c 2 -l 50 - xz

※xzの前の - はなくてもいいが cpulimit のオプションの最後を示す.

cpuを1つだけ利用.cpu利用率を25%に制限しつつxzを実行できます.
$ cpulimit -c 1 -l 25 -z -  xz -9 datafile
  • -c : 利用するcpu数

  • -p : 制限するプロセスID

  • -l : 制限するcpu利用率

  • -z : 指定したプロセスが完了したらcpulimitも終了する(通常は関しを続けて同じ条件に一致するプロセスが現れたら制限する)

今回はxzを制限したいのでこんな感じに.
あまり変わりませんね…….

DUMP="/mnt/backup/micro/`date +\%F_\%T_$$`.sql"; umask 0266 && nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/mysqldump --defaults-file=/mnt/backup/micro/.my-backup.cnf --single-transaction --quick --all-databases --events > ${DUMP} && nice -n 19 ionice -c 3 cpulimit -c1 -l 25 - /usr/bin/xz -9 ${DUMP}

バックアップ専用ユーザとして分けてあるのでそのユーザで cpulimit -c 1 -l 25 - xz とかしてxzという名前のプロセスを全部制限してしまうのもありかもしれません.monit とかで監視させればいい感じかも?そうすると,

DUMP="/mnt/backup/micro/`date +\%F_\%T_$$`.sql"; umask 0266 && nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/mysqldump --defaults-file=/mnt/backup/micro/.my-backup.cnf --single-transaction --quick --all-databases --events > ${DUMP} && /usr/bin/xz -9 ${DUMP}

あまり変わりませんね…….

環境
$ dpkg-query -W cpulimit xz-utils
cpulimit        2.2-1
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.5 LTS
$ uname -m
x86_64

Debian, Ubuntu で 上流のパッケージを借りてくる

以前以下のような記事を書きました.

今でもこのblogの中ではアクセスが多く,最近もトラックバックをもらいました.

この当時は arm64 の mozcパッケージがなくて自分でbuild したという話なのですが,現在はDebian では buster(testing), Ubuntu ではartful(17.10) 以降でパッケージが存在します.
なのでこの野良パッケージを使うよりも公式の上流パッケージを借りるほうが大抵の場合いいと思います.
ということで手順を書いておきます.

パッケージファイルだけが必要な場合はパッケージのページからダウンロード可能です.

野良パッケージは近日中に削除します.

Debian stretch arm64 に Debian buster arm64 の mozc を借りてくる

Debian stretch arm64 では mozc-data しかない
$ apt-cache search mozc
mozc-data - Mozc input method - data files

buster(testing) のmozc を借りてくることにする.

/etc/apt/preferences で buster の優先度を下げる

/etc/apt/preferences
Package: *
Pin: release n=buster
Pin-Priority: 100
/etc/apt/sources.list に buster(testing)追加 設定
deb http://deb.debian.org/debian buster main

sources.list の編集には apt edit-sources を使うと文法チェックをしてくれるのでおすすめ

パッケージ情報の更新
$ sudo apt update
mozcパッケージの確認
$ apt-cache search mozc
mozc-data - Mozc input method - data files
fcitx-dbus-status - Addon for Fcitx to set/get/monitor IM statuses via D-Bus
emacs-mozc - Mozc for Emacs
emacs-mozc-bin - Helper module for emacs-mozc
fcitx-mozc - Mozc engine for fcitx - Client of the Mozc input method
ibus-mozc - Mozc engine for IBus - Client of the Mozc input method
mozc-server - Server of the Mozc input method
mozc-utils-gui - GUI utilities of the Mozc input method
uim-mozc - Mozc engine for uim - Client of the Mozc input method
パッケージの導入
$ apt install fcitx-mozc -t buster

後は通常の apt update && apt upgrade で stretch で導入したパッケージは stretch で,buster で導入したパッケージはbuster で更新されるはず.

Ubuntu 16.04 LTS xenial arm64 に Ubuntu 18.04 LTS bionic arm64 の mozc を借りてくる

Debianの手順と同じでもokだと思うけど念の為以下の手順を真似してみる.

mozc は Ubuntu 17.10 artful から対応しているが,もうサポートされないのでUbuntu 18.04 bionic を使う.

標準のリリースを xenial に設定

/etc/apt/apt.conf.d/01ubuntu
APT::Default-Release "xenial";

mozc をpinningする

/etc/apt/preferences
Package: *mozc*
Pin: release n=xenial
Pin-Priority: -10

Package: *mozc*
Pin: release n=bionic
Pin-Priority: 900

/etc/apt/sources.list に buster(testing) を 追加 設定

/etc/apt/sources.list
deb http://ports.ubuntu.com/ bionic main universe

※sources.list の編集には apt edit-sources を使うと文法チェックをしてくれるのでおすすめ
※mirrorにより arm64 が置かれていないので注意

パッケージ情報の更新
$ sudo apt update
検索結果にmozcが出てくる
$ apt-cache search mozc
mozc-data - Mozc input method - data files
ibus-mozc - Mozc engine for IBus - Client of the Mozc input method
mozc-server - Server of the Mozc input method
mozc-utils-gui - GUI utilities of the Mozc input method
emacs-mozc - Mozc for Emacs
emacs-mozc-bin - Helper module for emacs-mozc
fcitx-mozc - Mozc engine for fcitx - Client of the Mozc input method
uim-mozc - Mozc engine for uim - Client of the Mozc input method
パッケージの導入
$ sudo apt install fcitx-mozc -t bionic

mysqldump を pv で制限

mysqldump 動いてる時間に同サーバで GNU social とか Nextcloud とかの mysql を利用しているアプリケーションが重くて使い物にならないです.nice + ionice は指定していますが効いてない感じ.
dump した sql を圧縮している xz コマンドが cpu を1 core 使い潰しているようです.このマシンは2 core あるのですが,もう1つの core もその他の処理でほぼ使い切って待ちが出ているような感じ.

$ vmstat 1 10
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 2  0 328212 264788 212260 5628192    1    2    35   160    2   15 35  9 44 12  0
 1  1 328212 259136 212264 5628192    0    0     0   191 1497 3132 63  6 19 12  0
 1  1 328212 252492 212264 5628192    0    0     0    88  959 1716 81  6  7  6  0
 2  1 328212 248264 212264 5628196    0    0     0   114  973 1887 85  3  7  5  0
 2  0 328212 242572 212264 5628196    0    0     0    85  972 1967 74  5 15  5  0
 4  0 328212 241664 212100 5624380    0    0     0    97 1106 4226 91  7  2  2  0
 2  1 328212 234268 212100 5624384    0    0     0   140 1013 1815 70  5 19  7  0
 3  0 328212 235760 211944 5620076    0    0     0  2461 1289 4063 94  4  1  0  0
 1  0 328212 229656 211944 5620080    0    0     0   110  953 1685 61  6 18 15  0
 1  0 328212 224616 211952 5620072    0    0     0   151  983 1683 84  2  8  6  0

pv -L で帯域絞ってみました.
cpu の様子を見ながらだんだん絞っていって 128k 迄絞ってやっと xz の cpu 25〜40% 位になりました.この状態だと普通に使える感じです.
しばらくこれで試してみます.

pv で帯域制限
$ time sh -c "nice -n 19 ionice -c 3 mysqldump --defaults-file=/backup/micro/.my-backup.cnf --single-transaction --quick
--all-databases --events | pv -L 128k 2>/dev/null | nice -n 19 ionice -c 3 xz -9 > /dev/null"

real 127m16.113s
user 34m30.508s
sys 0m23.428s
cronでの実行
$ sudo -u backup crontab -l | grep mysqldump
14 3 * * *     umask 0266 && nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/mysqldump --defaults-file=/mnt/backup/micro/.my-backup.cnf --single-transaction --quick --all-databases --events | pv -L 128k 2>/dev/null | nice -n 19 ionice -c 3 /usr/bin/xz -9 > /mnt/backup/micro/`date +\%F_\%T_$$`.sql.xz
環境
$ dpkg-query -W mysql-client-5.7 pv xz-utils
mysql-client-5.7        5.7.23-0ubuntu0.16.04.1
pv      1.6.0-1
xz-utils        5.1.1alpha+20120614-2ubuntu2
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.5 LTS
$ uname -m
x86_64
$ grep -m1 model\ name /proc/cpuinfo
model name      : AMD Athlon(tm) II Neo N36L Dual-Core Processor

Nextcloud 14 の Telegram を使った2要素認証

先日ファイル共有ソフトの Nextcloud 14がリリースされました.

新機能のうちSignal/Telegram/SMS による2要素認証のサポートが気になります.

Signal/Telegram/SMS 2FA support
A new 2-factor authentication provider named ‘gateway’ was introduced which allows users to use the secure messaging apps Signal and Telegram as well as various SMS gateways as second factor to secure their authentication.

SMSはplaySMS, websms.deを利用するようです.SignalもTelegramもセキュアなメッセージングサービスなのでこういう用途に向いていそうです.どちらも公式でLinux x86_64のデスクトップアプリが提供されています.アプリの出来は今の所Telegramのほうが上だと思います.Arm Linuxだと公式のものはないのですが,TelegramについてはCLIのアプリがあり,Raspberry Pi の Raspbian stretch でも要patchで動作しました.(Webアプリもあるのでそちらでも動作すると思うが未確認)

SMSはやったことがあるし,Telegram が使いやすい.てことでTelegramの設定をしてみました.まだ未実装な機能が多くちょっと面倒なのでメモしておきます.

Two-Factor Gateway の導入

Nextcloud 14に Two-Factor Gateway アプリを導入します.管理者アカウントで「アプリ」の「セキュリティ」から導入するのが楽でしょう.

導入するとNextcloudの「設定」の「セキュリティ」の中に「Message gateway second-factor auth」という項目が現れますが,設定が出来ません.

GitHubのドキュメントをみると未だ未実装の機能が多いようです.

Telegram Bot の作成

TOTPコードの送信する Telegram Bot を作成します.作成はTelegram のドキュメントを参照して作成します.

BotFather と会話してbot作成

BotFather という bot 管理用の bot が居るので,会話してbot を作成します.

アイコンちょっと怖い

44062365934 5aabe8f64d m

/newbot コマンドで新しい bot の作成が始まります.botの名前を効かれるので答えます.続いて bot の username を求められます.この username は最後に bot とつける必要があります.
成功するとアクセストークンが表示されるのでメモして次の手旬に移ります.以下の例では 640093430:AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo がトークンです.

Done! Congratulations on your new bot. You will find it at t.me/matoken_bot. You can now add a description, about section and profile picture for your bot, see /help for a list of commands. By the way, when you've finished creating your cool bot, ping our Bot Support if you want a better username for it. Just make sure the bot is fully operational before you do this.

Use this token to access the HTTP API:
640093430:AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo

For a description of the Bot API, see this page: https://core.telegram.org/bots/api

30910879338 4609b7a707
44781979421 aac86c72de

occ コマンドで Telegram bot のトークン設定

Nextcloud のインストールされている場所に Nextcloud 管理用の occ コマンドがあります.このコマンドで Telegram bot のトークンを設定します.
トークンの 640093430: 部分は省いてその後ろだけを入力します.

$ sudo -u www-data php ./occ twofactorauth:gateway:configure telegram
Please enter your Telegram bot token: AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo
Using AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo.
$ sudo -u www-data php ./occ twofactorauth:gateway:status
Signal gateway: not configured
SMS gateway: not configured
Telegram gateway: configured

ひとまずこれで管理者側の設定は終了です.

Telegram bot の chat_id を調べて登録する

ここからはNextcloud の利用アカウントでの操作になります.

Telegram
In order to receive authentication codes via Telegram, you first have to start a new chat with the bot set up by your admin.
Secondly, you have to obtain your Telegram ID via the ID Bot. Enter this ID to receive your verification code below.

You are not using Telegram for two-factor authentication at the moment. Enable

Telegram アプリを利用して,Telegram の bot から TOTPコードを受け取りたい Telegram アカウントに適当なメッセージを投げます.

@matoken hello

その後,Telegram API を利用してメッセージを取得して chat_id を調べます.
以下の例では 475721977 です.

$ curl https://api.telegram.org/bot640093430:AAHu9u_c12KC2PY8g22QZoA94u4tAJvxsvY/getUpdates | jq
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   358  100   358    0     0    315      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--   315
{
  "ok": true,
  "result": [
    {
      "update_id": 612249686,
      "message": {
        "message_id": 9,
        "from": {
          "id": 475721977,
          "is_bot": false,
          "first_name": "matoken",
          "username": "matoken",
          "language_code": "En"
        },
        "chat": {
          "id": 475721977,
          "first_name": "matoken",
          "username": "matoken",
          "type": "private"
        },
        "date": 1537282406,
        "text": "@matoken hello",
        "entities": [
          {
            "offset": 0,
            "length": 8,
            "type": "mention"
          }
        ]
      }
    }
  ]
}

試しに送信してみて Telegram アプリに bot からメッセージが飛んできたら chat id が正しいはず.

$ curl -X POST "https://api.telegram.org/bot640093430:AAHu9u_c12KC2PY8g22QZoA94u4tAJvxsvY" -d "chat_id=475721977&text=hello" | jq
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   274  100   246  100    28    179     20  0:00:01  0:00:01 --:--:--   200
{
  "ok": true,
  "result": {
    "message_id": 15,
    "from": {
      "id": 640093430,
      "is_bot": true,
      "first_name": "matoken_bot",
      "username": "matoken_bot"
    },
    "chat": {
      "id": 475721977,
      "first_name": "matoken",
      "username": "matoken",
      "type": "private"
    },
    "date": 1537312183,
    "text": "hello"
  }
}

Nextcloud にログインして,「設定」→「セキュリティ」の下部に「Message gateway second-factor auth」という項目が出来ているので「Enable」を押す.

Telegram
In order to receive authentication codes via Telegram, you first have to start a new chat with the bot set up by your admin.
Secondly, you have to obtain your Telegram ID via the ID Bot. Enter this ID to receive your verification code below.

You are not using Telegram for two-factor authentication at the moment. Enable

以下のメッセージが表示されたら chat_id を入力して Verify します.

Enter your identification (e.g. phone number to start the verification):
 Verify

Telegram で TOTPコードが飛んで来るのでそれを入力したらOKです.
一旦ログアウトして試してみましょう.

Telegram 認証を試す

いつものようにユーザ名,パスワードで認証すると以下のような画面に遷移します.
「Authenticate via Telegram」を押します.

44781965201 94bd9ca33e

Telegram から認証コードが飛んでくるのでそれを入力して認証完了です.

30910872108 2d5e8c21eb

めんどくさい……

未だ手順が面倒で一般ユーザに試してくれと言える状態ではないですね.でも次のリリースあたりでは簡単になるんじゃないでしょうか.

環境

$ sudo -u www-data php ./occ app:list|grep twofactor_|grep :
  - twofactor_backupcodes: 1.3.1
  - twofactor_gateway: 0.9.0
  - twofactor_totp: 1.5.0
$ sudo -u www-data php ./occ -V
Nextcloud 14.0.0
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.5 LTS
$ uname -m
x86_64

HDDのS.M.A.R.Tから温度を取得して表示してくれるhddtemp

hddtempというコマンドを知りました.熱いし熱が気になる時期だしお手軽に温度を知れるのは良さそうと試してみました.

導入

$ sudo apt install hddtemp

help

$ hddtemp -h
 Usage: hddtemp [OPTIONS] [TYPE:]DISK1 [[TYPE:]DISK2]...
 
   hddtemp displays the temperature of drives supplied in argument.
   Drives must support S.M.A.R.T.
 
  TYPE could be SATA, PATA or SCSI. If omitted hddtemp will try to guess.
 
  -b   --drivebase   :  display database file content that allow hddtemp to
                        recognize supported drives.
  -D   --debug       :  display various S.M.A.R.T. fields and their values.
                        Useful to find a value that seems to match the
                        temperature and/or to send me a report.
                        (done for every drive supplied).
  -d   --daemon      :  run hddtemp in TCP/IP daemon mode (port 7634 by default.)
  -f   --file=FILE   :  specify database file to use.
  -F   --foreground  :  don't daemonize, stay in foreground.
  -l   --listen=addr :  listen on a specific interface (in TCP/IP daemon mode).
  -n   --numeric     :  print only the temperature.
  -p   --port=#      :  port to listen to (in TCP/IP daemon mode).
  -s   --separator=C :  separator to use between fields (in TCP/IP daemon mode).
  -S   --syslog=s    :  log temperature to syslog every s seconds.
  -u   --unit=[C|F]  :  force output temperature either in Celsius or Fahrenheit.
  -q   --quiet       :  do not check if the drive is supported.
  -v   --version     :  display hddtemp version number.
  -w   --wake-up     :  wake-up the drive if need.
  -4                 :  listen on IPv4 sockets only.
  -6                 :  listen on IPv6 sockets only.
 
Report bugs or new drives to <hddtemp@guzu.net>.
hddtemp version 0.3-beta15

デバイスを指定すると温度が取得できます./dev/sd[a-z]とか/dev/sd?とかも使えました.
/dev/sdd, /dev/sdeはS.M.A.R.Tを使えないUSBアダプタ経由で繋いでいるので取得できませんでした.

$ sudo hddtemp /dev/sda
/dev/sda: VB0250EAVER: 37°C
$ sudo hddtemp /dev/sda /dev/sdb
/dev/sda: VB0250EAVER: 38°C
/dev/sdb: Hitachi HDS5C3030ALA630: 39°C
$ sudo hddtemp /dev/sd?
/dev/sda: VB0250EAVER: 37°C
/dev/sdb: Hitachi HDS5C3030ALA630: 37°C
/dev/sdc: WDC WD30EZRX-00MMMB0: 40°C
/dev/sdd: WDC WD30EZRX-00DC0B0: S.M.A.R.T. not available
/dev/sde: TOSHIBA DT01ACA300: S.M.A.R.T. not available

デーモン化もできます.tcp 7634にアクセスると値が取得できます.

$ sudo hddtemp -d /dev/sda
$ nc localhost 7634
|/dev/sda|VB0250EAVER|37|C|

停止

$ pgrep hddtemp
11832
$ sudo kill 11832

複数デバイスも行けるけどそのままでは見にくいですね.

$ sudo hddtemp -d /dev/sd?
$ nc localhost 7634
|/dev/sda|VB0250EAVER|38|C||/dev/sdb|Hitachi HDS5C3030ALA630|39|C||/dev/sdc|WDC WD30EZRX-00MMMB0|41|C||/dev/sdd|WDC WD30EZRX-00DC0B0|NA|*||/dev/sde|TOSHIBA DT01ACA300|NA|*|
$ nc localhost 7634|sed -e 's/||/|\n|/g'
|/dev/sda|VB0250EAVER|37|C|
|/dev/sdb|Hitachi HDS5C3030ALA630|38|C|
|/dev/sdc|WDC WD30EZRX-00MMMB0|40|C|
|/dev/sdd|WDC WD30EZRX-00DC0B0|NA|*|
|/dev/sde|TOSHIBA DT01ACA300|NA|*|

S.M.A.R.Tの値を元にしているのでこのツールを使わず大抵の環境で入っているsmartctlでも良い気もします.

$ sudo smartctl -a /dev/sda|grep -i temp
190 Airflow_Temperature_Cel 0x0022   063   056   045    Old_age   Always       -       37 (Min/Max 31/43)
194 Temperature_Celsius     0x0022   037   044   000    Old_age   Always       -       37 (0 11 0 0 0)

環境

$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.4 LTS
$ uname -m
x86_64
$ dpkg-query -W hddtemp smartmontools
hddtemp 0.3-beta15-52
smartmontools   6.4+svn4214-1

StarDictからGoldenDictに移行した

The original StarDict project has recently been removed from SourceForge due to copyright infringement reports. Most of the files were lost with the demise of the project.

てことで後継のGoldenDictを試してみました.

StarDictでは辞書は英辞郎(テキストデータ版)とstardict-dic-jaを利用していました.

英辞郎の辞書は以下のページのscriptを利用してStarDict形式に変換しました.

eiji2sd_20160307.zipの中のPerl版(eiji2sd-text.pl)を利用して変換後StarDictの辞書ディレクトリにコピーしていました.以下は古めのマシンで実行しているので30分近く変換に掛かっていますが,通常はもっと短い時間で終わると思います.

$ unzip eiji2sd_20160307.zip
$ time perl eiji2sd-text.pl ../EIJIRO-1444.TXT
Now reading: yohimbine activation
Sorting...
Writing dictionary:  99% Zina
Done.

real    26m41.099s
user    3m3.413s
sys     0m7.541s
$ sudo install -b -D -g root -o root -m 0444 ./* /usr/share/stardict/dic/eijiro/

という状態でStarDictを利用していました.

GoldenDictの導入

20180511_17:05:38-1489

GoldenDictをディストリビューションパッケージで導入します.

$ sudo apt install goldendict

GoldenDictの辞書設定

導入したら早速起動して辞書の設定を行います.

メニューバーの「編集」->「辞書」で辞書ウィンドウを起動.
「ソース」タブの「ファイル」タブで「追加」ボタンを押し,辞書を追加します.GoldenDictもStarDictの辞書形式を利用できるのでStarDictの辞書ディレクトリを指定します.「/usr/share/stardict/dic」を指定しました.辞書データをGoldenDictの辞書ディレクトリに持っていってもokです.その場合は「`
追加したあと「再帰」チェックボックスにチェックをし,「今すぐ再スキャン」ボタンを押します.上部の「辞書」タブで辞書が反映されているか確認します.

20180511_20:05:16-26744

一旦ウィンドゥを閉じて,利用したいスキャンポップアップ機能を試します.タスクトレイのGoldenDictアイコンを右クリックして,「スキャン ポップアップ」にチェックが入っているのを確認して,適当な文字列を選択してポップアップウィンドウで辞書引きが出来るのを確認します.

20180511_17:05:24-20380

このままではちょっとポップアップが出る頻度が多くてうっとおしいですし,日本語入力が基本的に不可能になってしまいます.タスクトレイアイコンでOn/Offが出来ますが面倒です.

「編集」->「環境設定」の「スキャンポップアップ」タブの「すべての選択されたキーが押されているときのみポップアップを表示する」をチェックして有効にします.

20180608_14:06:17-1723

もう一つCtrl+c+cでもポップアップが表示されます.これは「ホットキー」タブの「クリップボードからの単語を翻訳するのに次のホットキーを使用します」が有効になっているためです.私はクリップボードへのコピー時につい2回cを押してこれを出してしまうので無効にしました.

20180530_05:05:23-12855

オンライン辞書の利用

「編集」->「辞書」の「ソース」タブの「Wikipedia」タブでWikipediaを引けるようになります.しかし,プリセットを有効にしても使えません.

20180511_18:05:19-17217

「アドレス」のURLをhttp://からhttps://に修正することで使えるようになりました.これが案外便利です.

20180511_18:05:40-14823shutter_18-05-11_19:35:24_001

Wikipediaが便利なので「Webサイト」タブで「ニコニコ大百科」と「はてなキーワード」も追加してみましたが表示されるまでの時間がかかりすぎるし,ヘッダーなどでコンテンツが見えづらいのでちょっとこのままでは使えなさそうです.

20180511_22:05:11-774120180511_23:05:11-26007

環境

Ubuntu 16.04 LTS arm64
Debian sid amd64

スワップファイルを作ってお手軽にスワップを増やす

RAMを大量に必要とするプログラムがあって遅くてもいいから一時的にスワップを増やしてやり過ごすことがあります.また,RAMの少ないマシンでディスクの構成をいじるのが面倒なときにもスワップファイルが使えます.ということで今回RAMが2GBでそこそこあるけど偶に使い切ってしまう(主にchromium!)のでスワップファイルを用意してみました.

スワップファイルを作成します.今回は/var/tmp/swap.imgというファイルで2GB用意しました.

$ sudo install -o root -g root -m 0600 /dev/null /var/tmp/swap.img
$ sudo dd if=/dev/zero of=/var/tmp/swap.img bs=1M count=2048
$ sudo mkswap /var/tmp/swap.img

とりあえずスワップファイルをアドホックに有効にします.

$ sudo swapon /var/tmp/swap.img 

.スワップが増えています.

$ swapon -s
Filename                                Type            Size    Used    Priority
/dev/zram0                              partition       254688  80024   5
/dev/zram1                              partition       254688  80016   5
/dev/zram2                              partition       254688  79940   5
/dev/zram3                              partition       254688  79928   5
/var/tmp/swap.img                       file            2097148 0       -1

一時的に必要な場合はこれで良いのですが,恒久的に利用したい場合はこのままでは再起動後には有効になりません./etc/fstabに設定を書いて起動時に有効になるようにします.

$ sudo vi /etc/fstab
$ grep -i swap.img /etc/fstab 
/var/tmp/swap.img     none    swap    sw      0       0

一旦swapoffでスワップを無効にしてswapon -aでfatabの設定が有効か試します.swapon -afstabのスワップの設定を全て有効にします.

$ sudo swapoff /var/tmp/swap.img
$ sudo swapon -a
$ swapon -s
Filename                                Type            Size    Used    Priority
/dev/zram0                              partition       254688  80020   5
/dev/zram1                              partition       254688  80016   5
/dev/zram2                              partition       254688  79940   5
/dev/zram3                              partition       254688  79928   5
/var/tmp/swap.img                       file            2097148 0       -1

念のため再起動してスワップファイルが有効かも試せばOKです :)

スワップファイルの利用はお手軽ですが,スワップパーティーションに比べると性能は少し落ちるので可能ならスワップパーティーションを利用したほうが良いです.RAMが増設できるならそれが一番です.

環境

$ dpkg-query -W mount
mount   2.27.1-6ubuntu3.6
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.4 LTS
$ uname -m
aarch64

OpenJDK で JOSM

Javaで動作するOpenStreetMapエディタのJOSMをLinux上のOpenJDKで動かすメモです.
Debian sid amd64 / Ubuntu 16.04 LTS ARM64 で確認しています.

JOSMの入手

JOSMを次のページから入手します.josm-tested.jar をよく使っています.

OpenJDKインストール

2015年12月くらいにはこんなメッセージが出ていて現在はJava 8以上が必要になっています.

このバージョンのJavaはもうすぐサポート対象から外れます。 Java 8以上にアップグレードしてください!

ここでは OpenJDK 8 を導入

$ sudo apt install openjdk-8-jre

javaの確認

OpenJDK 8になっている.もし違うバージョンが表示されたら次の項目へ.

$ java -version
openjdk version "1.8.0_151"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_151-8u151-b12-0ubuntu0.16.04.2-b12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.151-b12, mixed mode)

javaが複数入っていてjavaコマンドの結果が想定しているバージョンではない場合切り替える

OpenJDK 8の場合はここはスキップする.

$ sudo update-alternatives --config java

JOSM起動

-Dawt.useSystemAAFontSettings=onはフォントのアンチエイリアスを有効にするオプション.LCDの場合onの代わりにlcd.

$ java -jar -Dawt.useSystemAAFontSettings=on ./josm-latest.jar
追記)
他の環境だとこの辺のどれかが使えそう(未確認)

mysqlのdatadirを変更したらapparmorに怒られて起動しなくなった

ディスクの都合でmysqlのデータの置き場所を変更しました.
mysqldを停止して,データを移動して,シンボリックリンクも一応貼っておく.
/etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnfでdatadirを変更.

[mysqld]
datadir         = /export/data/var/lib/mysql

この状態でmysqlを起動するとこんな感じのエラーで起動しなくなってしまいました.

2018-02-17T16:12:54.184655Z 0 [ERROR] InnoDB: The innodb_system data file 'ibdata1' must be writable
2018-02-17T16:12:54.184718Z 0 [ERROR] InnoDB: The innodb_system data file 'ibdata1' must be writable
2018-02-17T16:12:54.184734Z 0 [ERROR] InnoDB: Plugin initialization aborted with error Generic error
2018-02-17T16:12:54.785643Z 0 [ERROR] Plugin 'InnoDB' init function returned error.
2018-02-17T16:12:54.786151Z 0 [ERROR] Plugin 'InnoDB' registration as a STORAGE ENGINE failed.
2018-02-17T16:12:54.786272Z 0 [ERROR] Failed to initialize builtin plugins.
2018-02-17T16:12:54.786415Z 0 [ERROR] Aborting

該当ファイルは一見問題無さそうに見えます.

$ sudo ls -la /export/data/var/lib/mysql/ibdata1
-rw-rw---- 1 mysql mysql 102760448  2月 18 05:15 /export/data/var/lib/mysql/ibdata1
$ sudo -u mysql dd if=/export/data/var/lib/mysql/ibdata1 bs=10 count=1|od -xc
1+0 レコード入力
1+0 レコード出力
10 bytes copied, 9.8366e-05 s, 102 kB/s
0000000    2214    405b    0000    0000    0000
        024   "   [   @  \0  \0  \0  \0  \0  \0
0000012

何でだ?と思ったらkernel logにこんなログが.apparmorで引っかかっているようです.

Feb 18 00:35:26 micro kernel: [ 3569.631324] audit: type=1400 audit(1518881726.300:24): apparmor="DENIED" operation="open" prof
ile="/usr/sbin/mysqld" name="/proc/18795/status" pid=18795 comm="mysqld" requested_mask="r" denied_mask="r" fsuid=114 ouid=114

/etc/apparmor.d/usr.sbin.mysqldでパスを変更します.

diff --git a/apparmor.d/usr.sbin.mysqld b/apparmor.d/usr.sbin.mysqld
index 2619e7d..adb8259 100644
--- a/apparmor.d/usr.sbin.mysqld   
+++ b/apparmor.d/usr.sbin.mysqld
@@ -46,16 +46,16 @@
   /usr/share/mysql/** r,  

 # Allow data dir access   
-  /var/lib/mysql/ r,
-  /var/lib/mysql/** rwk,  
+  /export/data/var/lib/mysql/ r,  
+  /export/data/var/lib/mysql/** rwk,

 # Allow data files dir access
-  /var/lib/mysql-files/ r,
-  /var/lib/mysql-files/** rwk,
+  /export/data/var/lib/mysql-files/ r,
+  /export/data/var/lib/mysql-files/** rwk,

 # Allow keyring dir access
-  /var/lib/mysql-keyring/ r,
-  /var/lib/mysql-keyring/** rwk, 
+  /export/data/var/lib/mysql-keyring/ r,
+  /export/data/var/lib/mysql-keyring/** rwk,

 # Allow log file access 
   /var/log/mysql.err rw,

この状態でapparmorを再起動して設定を反映してからmysqlを起動でOKでした.

$ sudo service apparmor restart
$ sudo service mysql start

この後iostat -xを眺めて大丈夫そうかなーって思ったのですがディスクアクセス音が大きくなったのでまた別の場所に移動するかも…….

環境

$ dpkg-query -W mysql-server
mysql-server    5.7.21-0ubuntu0.16.04.1
$ lsb_release -a
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 16.04.3 LTS
Release:        16.04
Codename:       xenial
$ uname -m
x86_64