宮崎でタンデム自転車のイベントと鹿児島でタンデム自転車を借りることの出来る場所

先日鹿児島県でも2輪端でも一般公道走行が解禁になりましたが,

宮崎でこんなイベントがあるようです.

全行程だけでなく、部分参加も可です。
自転車のない方には、レンタサイクルをご用意したいと思います。
期日 2018/11/17~20(サイクリング実施は 11/18~20)
開催地 西都市 宮崎市 綾町
サイクリングのみの参加費は無料です。

現在タンデム自転車だけで14台!

ちなみに鹿児島だと,大隅の菅原小跡に最近出来た「鹿児島FunRide鹿屋店」でレンタサイクルがあるようです.(このpostはフライングしてるけど)

旧大隅線後の自転車道のフィットネスパースがすぐそばですが車止めが多いのでタンデムは辛いかも.海岸線を南は浜田,北は桜島(時間や体力があればもっと)くらいがほぼ平坦で走りやすいと思います.

後は南さつま町の吹上浜サイクリングロードに併設された施設にもあると思うのですが,未確認.(先日行ったときに確認しようと思っていたのだけどトラブルで時間が押して断念)

鹿児島県でもタンデム自転車の一般公道走行解禁

9031227954 6384054e80 z
画像は2012年の宮崎スカイライドで撮影したもの.宮崎県は2012年より解禁されている

以下のニュースで知ったのですが,2018年10月の道路交通法施行細則改正により2018年11月01日よりタンデム自転車の一般走行解禁となりました.
これまで鹿児島県ではサイクリングロードや特別なイベントでしかタンデム自転車には乗れませんでしたが,これからは鹿児島県内ならいつでも一般公道を走行できるようになりました.

> パラリンピックの自転車競技でも使われる2人乗りの「タンデム自転車」が、11月から鹿児島県内の公道を走行できるようになる。県公安委員会が19日、道路交通法施行細則を変更した。

2人乗りのタンデム自転車11月解禁 鹿児島県内、公道走行可能に | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com

> 一般道での走行は先月末現在、全国22の府県で可能

MBCニュース | 2人乗りタンデム自転車 来月から一般道 解禁

鹿児島県警察でもアナウンスやチラシが公開されています.

> 鹿児島県では,道路交通法施行細則の一部を改正し,タンデム自転車で一般道路の走行が可能となりました

鹿児島県警察/一般道路におけるタンデム自転車での走行について
43830114450 56b40f36e444734033015 25a67161e1

以下のページは未だ改正前

> 平成29年6月16日 公安委員会規則第22号

鹿児島県道路交通法施行細則

ちなみにタンデム自転車の一般道路走行の禁止はこれまで条例で禁止されていたもので,都道府県により扱いが変わるので都道府県をまたぐ場合は注意が必要です.(自転車関連の条例は結構まちまちなのでタンデムに限らず注意が必要です)

Wikipediaによると2018年03月01日時点では15府県で二輪タンデム走行が可能なようです.

> 2018年3月1日現在、二人乗りの状態の二輪タンデム自転車が一般公道を走行することを認めているのは15府県である

前述のMBCニュースでは2018年09月末時点で22府県で走行可能となっているので4月から9月の間に7都道府県が増えているようです.
更に11月から鹿児島が加わって23府県以上に.
長らく長野のみだったことを思うと大分普及してきた感じがしますね.でも未だ半分なので他の都道府県も解禁されてほしいです.

ここまでは二輪タンデムの話.
実は後ろ二輪の三輪タンデムだとまた話が違うようで二輪タンデム禁止の東京都などでも乗れるようです.

> 後ろ2輪のトライデム3輪タンデムです。東京、大阪、愛知、静岡、新潟、山形、山口、長野、神奈川、福島、千葉 京都、兵庫 、福井、島根, 鳥取、富山,鹿児島,宮崎,佐賀、群馬、京都,大分,滋賀,山梨県 高知,福岡、鹿児島で公道を走行することが出来ます

東京タンデムは二人乗り自転車レンタル専門店

ややこしいですね><

ヘッデンを探す

先日日が落ちてから自転車のメカトラブルに遭遇しました.前照灯は2つあったのですが,ヘッデンを持っていなかったので手元を照らすのに片手が取られて作業がしにくかったです.やっぱりヘッデン持ち歩きたいなと思いました.
New photo added to gallery
手持ちのヘッデンは PETZL Zipka の初期の頃のモデル.結構満足していたのですが,ボディーが割れていて持ち運ぶのに躊躇します.軽くぶつけたりするとバラけて電池やパーツが散らばってしまいます.10年ほど前に横浜のmyXで買ったものなのでしょうがないというかまだ使えてるのがすごいと考えたほうがいいかな?

IMG_20180903_024654

日本カタログで後継を探すと同じ名前のモデルがありました.

ZIPKA® ジプカ
¥4,200 (税込 ¥4,536)
近距離照射や短時間の活動に適した超コンパクトヘッドランプ
レッド/ブラック
200 lm 60 m 240 h 66 g
単四アルカリx 3
IP X4 防滴型

巻取りリールもそのままでだいたい同じスペックです.赤LEDと防滴機能が増えて点滅機能がなくなっている感じ.点滅機能は点滅感覚が長くて自転車にはあまり使えなかったのでなくなっても大丈夫そう.
オプションでリチャージャブルバッテリーも存在するようです.長時間の活動には便利そうだけど主に非常用なのでいらないかな?

e+LITE というモデルも気になります.

e+LITE® イーライト
¥3,600 (税込 ¥3,888)
超コンパクトエマージェンシーヘッドランプ
ホワイト/ブラック
50 lm 10 m 12 h 26 g
2x lithium CR2032
IP X7 防水型

光量が少ないけれど非常時に手元を照らすだけなら十分そう.軽量で防水や点滅機能があるので自転車のヘルメットにつけっぱなしにするのもいいかもしれません.
ただ,前モデルまでは巻取りコードだったのがこのモデルではヘッドバンドに変わっています.巻取りコード式は頭だけでなく手首やヘルメット,ハンドルバーなどいろいろなところに簡単に取り付け取り外しできるのが気に入っているのでできれば巻取り式が使いたいです.
巻取りコード式の前モデルが売っているところもあるのですが,定価より高くなっているので手を出しづらいです.

他のメーカーも探してみるといいのかもと思いましたが,巻取りリール式は見当たらないです.PETZL が権利を持っているのかもしれないですね.

  • PETZL(ペツル) E93AB ジプカ レッド

  • PETZL(ペツル)ヘッドライト ジプカ E93ABA

  • Petzl ペツル CORE コア ハイブリッドモデル専用バッテリー  新製品 (※充電式バッテリー)

  • PETZL(ペツル) e+LITE イーライト E02 P4

  • PETZL(ペツル) ヘッドライト イーライト E02P3e+ライト (※巻取り式旧製品)

補修するのもありかな?でもBONDICだとお店によっては e+LITE が変える値段…….接着剤でもいいかな?