Tag: fontconfig

フォントワークスのOFL-1.1 LicenseのフォントをLinuxデスクトップで利用する

ライセンスは著作権表示などを行なうことで商用/非商用を問わず無料で利用可能な「SIL Open Font License 1.1」。Google Fontsへの提供に伴い、GitHubでもフォントの公開を開始している。

この記事を書いている現在はまだGoogle Fontsでは公開されていないようです.

GitHubからは.ttfが入手できるので試してみます.

$ wget \ (1)
https://github.com/fontworks-fonts/Klee/raw/master/fonts/ttf/KleeOne-Regular.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/Klee/raw/master/fonts/ttf/KleeOne-SemiBold.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/Train/raw/master/fonts/ttf/TrainOne-Regular.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/Stick/raw/master/fonts/ttf/Stick-Regular.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/RocknRoll/raw/master/fonts/ttf/RocknRollOne-Regular.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/Reggae/raw/master/fonts/ttf/ReggaeOne-Regular.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/Rampart/raw/master/fonts/ttf/RampartOne-Regular.ttf \
https://github.com/fontworks-fonts/DotGothic16/raw/master/fonts/ttf/DotGothic16-Regular.ttf
$ mkdir -p ~/.local/share/fonts/fontworks (2)
$ mv *.ttf ~/.local/share/fonts/fontworks/ (3)
$ fc-cache -fv (4)
$ fc-list | grep -i fontworks (5)
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/Stick-Regular.ttf: ステッキ,Stick:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/DotGothic16-Regular.ttf: ドットゴシック16,DotGothic16:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/TrainOne-Regular.ttf: トレイン One,Train One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/RampartOne-Regular.ttf: ランパート One,Rampart One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/KleeOne-Regular.ttf: クレー One,Klee One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/KleeOne-SemiBold.ttf: クレー One,Klee One,Klee One SemiBold:style=SemiBold,Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/RocknRollOne-Regular.ttf: ロックンロール One,RocknRoll One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/ReggaeOne-Regular.ttf: レゲエ One,Reggae One:style=Regular
  1. 利用したいフォントをダウンロード(ここではすべて)
  2. フォント格納ディレクトリ作成
  3. ダウンロードしたフォントを移動
  4. フォントが使えるようにキャッシュファイルを更新
  5. フォントが登録されているか確認
Note
システムワイドの場合は /usr/share/fonts/ 以下にフォントを配置します.
$ sudo mkdir /usr/share/fonts/truetype/fontworks
$ sudo mv *.ttf /usr/share/fonts/truetype/fontworks

早速試してみます.LibreOffice Writerで表示したところです.普通に使えていそうです :)

fontworks

さて,ライセンス的には著作権表示をすれば商用,非商用問わず無料で利用できるようなのですが,記憶力に自信がないのでしばらくすると著作編表示を忘れて使ってしまいそうです.ということで一旦消しておきます…….

$ rm -r ~/.local/share/fonts/fontworks
$ fc-cache -fv
$ fc-list | grep -i fontworks
環境
$ dpkg-query -W fontconfig
fontconfig      2.13.1-4.2
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux bullseye/sid
Release:        unstable
$ uname -m
x86_64

追記 2021-02-07

Debian sid adm64にDebianパッケージとして提供されました.

apt installで簡単に導入できるようになりました :)

パッケージでの導入例
$ sudo apt update (1)
$ apt-cache search fontworks (2)
fonts-dotgothic16 - TrueType font based on the old 16x16 Gothic bitmap
fonts-klee - script font handwritten by pencil or pen
fonts-rampart - unique outline shadow font made in the image of 3-D blocks
fonts-reggae - display font often used in Japanese boys' magazines and digital content
fonts-rocknroll - pop-style font
fonts-stick - font designed with straight lines, wide versatility for use
fonts-train - gothic-style typeface made with an outer and inner line
$ sudo apt install fonts-dotgothic16 fonts-klee fonts-rampart fonts-reggae fonts-rocknroll fonts-stick fonts-train (3)
$ dpkg-query -W fonts-dotgothic16 fonts-klee fonts-rampart fonts-reggae fonts-rocknroll fonts-stick fonts-train  (4)
fonts-dotgothic16       1.000-20210120-2
fonts-klee      1.000-20210121-2
fonts-rampart   1.000-20210120-2
fonts-reggae    1.000-20210120-2
fonts-rocknroll 1.000-20210120-2
fonts-stick     1.000-20210120-2
fonts-train     1.000-20210120-2
$ fc-list | grep -i fontworks (5)
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/Stick-Regular.ttf: ステッキ,Stick:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/DotGothic16-Regular.ttf: ドットゴシック16,DotGothic16:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/TrainOne-Regular.ttf: トレイン One,Train One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/RampartOne-Regular.ttf: ランパート One,Rampart One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/KleeOne-Regular.ttf: クレー One,Klee One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/KleeOne-SemiBold.ttf: クレー One,Klee One,Klee One SemiBold:style=SemiBold,Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/RocknRollOne-Regular.ttf: ロックンロール One,RocknRoll One:style=Regular
/home/matoken/.local/share/fonts/fontworks/ReggaeOne-Regular.ttf: レゲエ One,Reggae One:style=Regular
  1. パッケージ情報の更新
  2. フォントの検索
  3. フォントパッケージの導入
  4. フォントパッケージの確認
  5. フォントの確認

system fontが汎用CJKになっていた

なんかPCを再起動してからフォントが変になっていました.中国語混じりのような汎用CJKらしきフォントになっています.今のフォントを調べるのは何だろうと探すと以下のページを見つけました.

fc-matchコマンドで確認するとWenQuanYi Zen Heiというフォントが設定されている状態のようです.パッケージを確認するとfonts-wqy-microheiのようです.おまけにfonts-wqy-zenheiという中国語フォントも入っていたのでこれらを削除しました.(fonts-notoも入っているのでもし中国語を表示する必要が出ても問題ないはず)

$ fc-match :lang=ja
wqy-zenhei.ttc: "WenQuanYi Zen Hei" "Regular"
$ apt-cache search WenQuanYi
fonts-wqy-microhei - Sans-serif style CJK font derived from Droid
fonts-wqy-zenhei - "WenQuanYi Zen Hei" A Hei-Ti Style (sans-serif) Chinese font
xfonts-wqy - WenQuanYi Bitmap Song CJK font for X
$ dpkg -l|grep -i  fonts-wqy
ii  fonts-wqy-microhei                            0.2.0-beta-3                            all          Sans-serif style CJK font derived from Droid
ii  fonts-wqy-zenhei                              0.9.45-7                                all          "WenQuanYi Zen Hei" A Hei-Ti Style (sans-serif) Chinese font
$ sudo apt purge fonts-wqy-microhei fonts-wqy-zenhei

dgm3を再起動してログインし直すと以前設定したフォントになっていました.

$ fc-match 
umeplus-p-gothic.ttf: "UmePlus P Gothic" "Regular"

logを見るとfonts-wqy-microheiの0.2.0-beta-3 で0.2.0-beta-2をアップデートしたものが見つかりました.恐らくこのタイミングで置き換わったのではないかと思います.それ以前の1年ほどのログの中にはなかったのでそれ以前に導入されたパッケージのようです.

中を見るとこのような設定が.

$ find fonts-wqy-microhei_0.2.0-beta-3_all -type f -print | grep etc
fonts-wqy-microhei_0.2.0-beta-3_all/etc/fonts/conf.avail/65-wqy-microhei.conf

以下を見ると標準より大きい数字なので手動で設定したフォントより優先度が高いので置き換わったのでしょうか?だとすると中途半端に設定をいじっていた自分のせいのようですorz

  1. 各日本語フォントパッケージは、/usr/share/fonts/truetype/

ttf-japanese-mincho.ttf または ttf-japanese-gothic.ttf をalternativesパスとして登録する。alternatives優先順位は次のように 規定する。

100より上: サードパーティまたはユーザ作成のフォント(IPA フォントなどはこのカテゴリに入る)
60: vl-gothic(標準)
50: ttf-sazanami-mincho, ttf-sazanami-gothic
20: ttf-kochi-mincho, ttf-kochi-gothic
20より下: 日本語を字形に含むがunified領域で中国語字形が使われているなど
日本語の表現には使いにくいフォント

とりあえず使わないであろうフォントが削除できてディスクスペースが開いたので良かったとしましょう.

環境

$ uname -m
x86_64
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ dpkg-query -W fontconfig
fontconfig      2.13.0-5