Google Chrome / Chromium で PDFを自動的に開く代わりにダウンロードするようにする

Google Chrome / Chromium で PDF ファイルをクリックすると既定値では組み込み PDFビュワーで開かれます.しかし,情報漏えいが起こるようです.

2019/3/1時点で未修正。
修正されるまでAdobe製のPDFリーダーの利用を推奨。
2019年4月下旬ころ修正の予定と発見者は報告。

ということで暫く治らないようです.自分は JavaScript を基本的に無効にしているので PDFドキュメントは開かれていないように見えますが不安なので無効にする設定を探してみました.

chrome://settings/content/pdfDocuments
にアクセスして「PDF ファイルを Chrome で自動的に開く代わりにダウンロードする」のチェックを On にする.

20190305-22-03-01-12486.jpg

これで次から PDF ファイルへのリンクで自動的にダウンロードされるようになる.

#Okuar の JavaScript 無効化の設定が見当たらない……

環境

$ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium
chromium        72.0.3626.121-1
google-chrome-stable    72.0.3626.121-1
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux buster/sid
Release:        unstable
$ uname -m
x86_64

Linuxの Google Chrome/Chromium でサインインと同期を無効にする

を見てなるほどと思ったのだけど,macOS, Windows の手順はあるけれどLinux の手順がないなてことで調べてみました.

参考にしたのはこちら.

/etc/opt/chrome, /etc/opt/chromium 以下に json 形式で設定ファイルを設定するだけでした.

Google Chrome の場合

ディレクトリ作成
$ sudo mkdir -p /etc/opt/chrome/policies/managed /etc/opt/chrome/policies/recommended
/etc/opt/chrome/policies/managed/disablesync.json に設定ファイル設置
{
        "SyncDisabled":true,
        "RestrictSigninToPattern":".*@example.com"
}

Chromium の場合

ディレクトリ作成
$ sudo mkdir -p /etc/opt/chromium/policies/managed /etc/opt/chromium/policies/recommended
/etc/opt/chromium/policies/managed/disablesync.json に設定ファイル設置
{
        "SyncDisabled":true,
        "RestrictSigninToPattern":".*@example.com"
}

環境

$ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium
chromium        69.0.3497.92-1
google-chrome-stable    69.0.3497.100-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

Google Chrome 69 でURLのサブドメインが表示されなくなったのを表示する

<追記>
69.0.3497.92 で修正された

chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains を「Default」に戻してもサブドメインが省略されないのを確認 :)
</追記>

Google Chrome 69 で アドレスバーの表示が変わりました.例えば www.matoken.org で www が見えなくなり,matoken.org と表示されるようになりました.
更に,www.hoge.www.matoken.org は hoge.matoken.org に見えるというおそらくバグであろう挙動も><

42739367390 9acbb565de

Workaround として,chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains を Disabled にすると以前の挙動になります.

30678044578 41d01a41ff

Chromium 69.0.3497.81-3 は既定値で以前と同じ動作のようです.

環境
$ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium
chromium        69.0.3497.81-3
google-chrome-stable    69.0.3497.81-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

Google Chrome からエクスポートしたパスワードリストを KeepassXC にインポート

人に説明するのに手元で試したのですがせっかくなのでblogに

Google Chrome のパスワードマネージャは使っているけれど,汎用的なKeepassXC に移行なメモです.

Google Chrome からパスワードのエクスポート

「設定」→「パスワードとフォーム」→「パスワードを管理」
若しくは chrome://settings/passwords にアクセス.

「︙」を押して「パスワードをエクスポート」から「パスワードをエクスポート…」から適当な場所にパスワードを保存します.

42595980870 d5446a65ee

30536920508 8d62cb50bd

KeepassXC へのインポート

KeepassXC を起動して,「CSVからインポート」を選びます.

43503758335 aa7e31c143

列のレイアウトを以下のようにしてインポートします.

  • Title : 列1

  • Username : 列3

  • Password : 列4

  • URL : 列2

44404975011 57f063d488

ウェブブラウザへの拡張機能の導入

利用するウェブブラウザに拡張機能を導入する.

KeepassXC の「ツール」→「設定」の「ブラウザー統合」で利用するウェブブラウザを有効にする.

42603172110 1770a7e23f

後はよしなに.

環境
$ dpkg-query -W keepassxc google-chrome-stable
google-chrome-stable    68.0.3440.106-1
keepassxc       2.3.1+dfsg.1-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

Google Chromeのproxy切り替え

昨日久々に外出してssh -NでChromeにsocks proxyを設定して使おうとしたのですが以下のようなメッセージが表示されて設定できませんでした.

20160302_20:03:07-5155

恐らく統合デスクトップ環境ではないawesomeを使っているのでこの機能に対応していないんだろうなと.

manの該当部分はこんな感じでpacファイルなども利用できるよう.

       --proxy-server=host:port
              Specify the HTTP/SOCKS4/SOCKS5 proxy server to use for requests.  This overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.
              An individual proxy server is specified using the format:
 
                [<proxy-scheme>://]<proxy-host>[:<proxy-port>]
 
              Where <proxy-scheme> is the protocol of the proxy server, and is one of:
 
                "http", "socks", "socks4", "socks5".
 
              If the <proxy-scheme> is omitted, it defaults to "http". Also note that "socks" is equivalent to "socks5".
 
              Examples:
 
                --proxy-server="foopy:99"
                    Use the HTTP proxy "foopy:99" to load all URLs.
 
                --proxy-server="socks://foobar:1080"
                    Use the SOCKS v5 proxy "foobar:1080" to load all URLs.
 
                --proxy-server="socks4://foobar:1080"
                    Use the SOCKS v4 proxy "foobar:1080" to load all URLs.
 
                --proxy-server="socks5://foobar:66"
                    Use the SOCKS v5 proxy "foobar:66" to load all URLs.
 
              It is also possible to specify a separate proxy server for different URL types, by prefixing the proxy server specifier with a URL specifier:
 
              Example:
 
                --proxy-server="https=proxy1:80;http=socks4://baz:1080"
                    Load https://* URLs using the HTTP proxy "proxy1:80". And load http://*
                    URLs using the SOCKS v4 proxy "baz:1080".
 
       --no-proxy-server
              Disables the proxy server.  Overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.
 
       --proxy-auto-detect
              Autodetect proxy configuration.  Overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.
 
       --proxy-pac-url=URL
              Specify proxy autoconfiguration URL.  Overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.

とりあえずは以下のようなオプションで起動することで回避できました.

$ google-chrome --proxy-server="socks://localhost:8080"

この状態で設定を見るとグレーアウトになって設定変更できません.

20160303_07:03:40-2248

ということでこの方法だと切り替えのたびにChromeの起動し直しが必要でタブを大量に開いている時など辛いです.proxy.pacを作りこんだらとも思ったのですがこの感じだと起動時にしか評価し無さそう.

ということでこのようなものを入れてみました.

設定を作っておいてワンタッチで切り替えできるようになりました.
そもそもシステムのプロキシの設定が見えない問題は未解決ですが…….

ちなみにproxyの確認には以下のsiteが便利です.欲しい情報だけ貰うことやxml/json形式でも情報を貰うことが出来ます.

昔は自分のsiteにこんな感じのscript仕込んでましたが最近は色々なサービスが合って便利ですね :)

echo -e 'Content-Type: text/plain\n\n'
echo `printenv`