Google Chromeの英語文字起こし機能を試す

Google Chromeにリアルタイム文字起こし機能がやってきたようです. Chrome can now caption audio and video オフラインで文字起こしするとのことでサーバとやり取りしないのはいいですね. 手元の環境では20日に試すと未だ使えませんでしたが,21日に試すと使えるようになっていました.この間Google Chrome自体のアップデートは行われていません. ChromiumやBrave Browserには対応していないのか現在のところ現れません.最近の感じからするとChromeのみの対応なのかもしれません. 機能を有効にするには設定が必要です. 「setting」→「Accessibility」→「Caption」→「Live Caption」をOnにします.すると音声認識ファイルのダウンロードが始まるのでしばらく待ちます. ダウンロード完了後,適当な英語の動画やオーディオを再生すると字幕が付きます. これはYoutubeを再生しているところです.上の動画内の字幕はYoutubeの自動文字起こしのもので,下側のがGoogle Chromeの字幕です.ミュートにしても問題なく文字起こしは動作します. 更に,念の為回線を接続していない状態でローカルの動画やオーディオを再生するとこれもちゃんと文字起こしされました :) 日本語のソースを再生するとそれっぽいところを英語で文字起こししようと頑張っています.キャプションのウィンドウの☓を押して消すとCPU利用率が下がりました. あとはこの文字起こしされたテキストを保存したり日本語翻訳できると便利なのですが,このテキストはコピーできないようです.Google翻訳でWeb翻訳を試みてもこの部分のテキストは翻訳されないようでした.残念. 拡張機能でこのあたりを実現できるものが出てこないかなと思っています. 現在は英語のみの対応ですが,他の言語にも対応してほしいですね. 環境 $ google-chrome –version Google Chrome 89.0.4389.90 $ dpkg-query -W google-chrome-stable google-chrome-stable 89.0.4389.90-1 $ lsb_release -dr Description: Debian GNU/Linux bullseye/sid Release: unstable $ uname -m x86_64

Google Chrome/Chromium/Braveの履歴のタイムスタンプ形式を調べて1日分の履歴を手に入れる

たまに以前ウェブで見た情報が欲しくなることがあります.履歴に残っていればいいけど消えてしまっているかも.ウェブブラウザのアクセス履歴のタイトルとURLだけでもテキストファイルに残しておくと便利かもしれません. 履歴はHistoryファイルをsqlite3で叩くと取れるのですが,タイムスタンプがよくあるUNIX timeでもなくとても大きな値です. $ sqlite3 ~/.config/chromium/Default/History “SELECT \”[\” || group_concat(json_object(‘timestamp’, last_visit_time, title, url)) || \”]\” FROM urls;” | jq . | grep timestamp | sort -n | tail -1 “timestamp”: 13256542361632384, UNIX timeの例 $ date +%s 1612703645 検索するとこのようなページを見つけました. WebKit/Chrome Timestamp Converter This timestamp format is used in web browsers such as Apple Safari (WebKit), Google
Continue reading Google Chrome/Chromium/Braveの履歴のタイムスタンプ形式を調べて1日分の履歴を手に入れる

The Great SuspenderでサスペンドしていたURLをjsonで出力する

マルウェア化した「The Great Suspender」がChromeウェブストアから消滅、拡張機能削除時に巻き添えで消えたタブを復旧させる方法はコレ – GIGAZINE ということで削除されちゃったんですね. 自分は先月怪しいという話を聞いて削除していました.その時タブが消えてしまい悲しかったのですがこんな感じで復旧させました. タイムスタンプとタイトル,URLをjsonで出力します. $ sqlite3 ~/.config/google-chrome/Default/History “SELECT \”[\” || group_concat(json_object(‘timestamp’, last_visit_time, title, url)) || \”]\” FROM urls WHERE url LIKE ‘%bkeccnjlkjkiokjodocebajanakg%’;” | jq . | sed -e ‘s/chrome-extension:\/\/klbibkeccnjlkjkiokjodocebajanakg\/suspended.html.*&uri=//’ 何をやっているかというと, ~/.config/google-chrome/Default/History がGoogle Chromeのsqlite3形式の履歴ファイルなので,この中からThe Great Suspenderのurlの含まれているurlを引っ張り出して整形しています. Chromiumの場合は ~/.config/chromium/Default/History Braveは ~/.config/BraveSoftware/Brave-Browser/Default/History でした. Default以外のprofileは名前いろいろなのでfindとかで探すといいでしょう. $ find ~/.config/chromium/ ~/.config/google-chrome/ ~/.config/BraveSoftware/Brave-Browser -name History ここで紹介したのはLinuxでの場合ですが,パスを変えると他のOSでもいけるはずです. 環境1 $
Continue reading The Great SuspenderでサスペンドしていたURLをjsonで出力する

Google Chrome / Chromium 79でバックグラウンドタブのリソース消費を減らす Tab Freeze を試す

Google Chrome/Chromium の 79 で Tab Freeze という機能が入ったようです.これはバックグラウンドの利用していないタブを停止してリソース消費を抑えるというもののようです. 似たようなもので The Great Suspender という拡張機能があり,タブをつい開きっぱなしにしてしまう私はこれで大分助かっています.(この拡張機能はタブのCPUだけでなくメモリも開放されます.その代わり復帰に時間がかかります.) The Great Suspender – Chrome ウェブストア 今回の Tab Freeze で似たようなことが標準でできるようになっていそうなので試してみました. この機能は未だ実験的な機能でDisabled になっているので手動で設定変更する必要があります. 設定の前に The Great Suspender は競合しそうなので一旦削除しておきます.(類似のものを入れている場合はやはり消しておいたほうがいいと思う) 設定変更はアドレスバーに chrome://flags/#proactive-tab-freeze と入力してアクセスした項目で設定変更します. いくつか選択項目がでてきます. Enabled Freeze – Unfreeze 10 seconds every 15 minutes, だと少しするとChromium が落ちてしまいました. Enabled, Enabled Freeze – No Unfreeze だと落ちないと思ったのですが, Shift + Esc
Continue reading Google Chrome / Chromium 79でバックグラウンドタブのリソース消費を減らす Tab Freeze を試す

Google Chrome 76 でまた特定のサブドメインが表示されなくなったので表示するようにする

Google Chrome 69 のときも一時的に表示されなくなっていたのですが, Google Chrome 69 でURLのサブドメインが表示されなくなったのを表示する – matoken’s meme Google Chrome 76 でまた特定のサブドメインが表示されなくなりました. 例えば, www.matoken.org は matoken.org と省略されます. ちなみに 69 のときは www.hoge.www.matoken.org が hoge.matoken.org に見えるというバグらしき動きもありましたがこれは hoge.www.matoken.org に見えるようになっていました. 今回も Google Chrome 69 のときと同じように chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-trivial-subdomains を Disabled にすると以前の挙動に戻ります. 今回 Chromium 76 でも試してみましたが,この変更は入っていないようでサブドメインは省略されませんでした. 環境 $ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium chromium 76.0.3809.100-1 google-chrome-stable 76.0.3809.100-1 $ lsb_release -dr
Continue reading Google Chrome 76 でまた特定のサブドメインが表示されなくなったので表示するようにする

Google Chrome / Chromium で PDFを自動的に開く代わりにダウンロードするようにする

Google Chrome / Chromium で PDF ファイルをクリックすると既定値では組み込み PDFビュワーで開かれます.しかし,情報漏えいが起こるようです. Chrome PDFビューワーの情報漏えいの脆弱性についてまとめてみた – piyolog 2019/3/1時点で未修正。 修正されるまでAdobe製のPDFリーダーの利用を推奨。 2019年4月下旬ころ修正の予定と発見者は報告。 ということで暫く治らないようです.自分は JavaScript を基本的に無効にしているので PDFドキュメントは開かれていないように見えますが不安なので無効にする設定を探してみました. chrome://settings/content/pdfDocuments にアクセスして「PDF ファイルを Chrome で自動的に開く代わりにダウンロードする」のチェックを On にする. これで次から PDF ファイルへのリンクで自動的にダウンロードされるようになる. #Okuar の JavaScript 無効化の設定が見当たらない…… 環境 $ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium chromium 72.0.3626.121-1 google-chrome-stable 72.0.3626.121-1 $ lsb_release -dr Description: Debian GNU/Linux buster/sid Release: unstable $ uname -m
Continue reading Google Chrome / Chromium で PDFを自動的に開く代わりにダウンロードするようにする

Linuxの Google Chrome/Chromium でサインインと同期を無効にする

Disable Google Chrome Sign In and Sync | No Absolute Truths @ IdeaSynthesis を見てなるほどと思ったのだけど,macOS, Windows の手順はあるけれどLinux の手順がないなてことで調べてみました. 参考にしたのはこちら. Linux Quick Start – The Chromium Projects /etc/opt/chrome, /etc/opt/chromium 以下に json 形式で設定ファイルを設定するだけでした. Google Chrome の場合 ディレクトリ作成 $ sudo mkdir -p /etc/opt/chrome/policies/managed /etc/opt/chrome/policies/recommended /etc/opt/chrome/policies/managed/disablesync.json に設定ファイル設置 { “SyncDisabled”:true, “RestrictSigninToPattern”:”.*@example.com” } Chromium の場合 ディレクトリ作成 $ sudo mkdir -p /etc/opt/chromium/policies/managed /etc/opt/chromium/policies/recommended
Continue reading Linuxの Google Chrome/Chromium でサインインと同期を無効にする

Google Chrome 69 でURLのサブドメインが表示されなくなったのを表示する

<追記> 69.0.3497.92 で修正された Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains を「Default」に戻してもサブドメインが省略されないのを確認 :) </追記> Google Chrome 69 で アドレスバーの表示が変わりました.例えば www.matoken.org で www が見えなくなり,matoken.org と表示されるようになりました. 更に,www.hoge.www.matoken.org は hoge.matoken.org に見えるというおそらくバグであろう挙動も>< 881410 – Incorrect transforms when stripping subdomains – chromium – Monorail Workaround として,chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains を Disabled にすると以前の挙動になります. Chromium 69.0.3497.81-3 は既定値で以前と同じ動作のようです. 環境 $ dpkg-query -W google-chrome-stable chromium chromium 69.0.3497.81-3
Continue reading Google Chrome 69 でURLのサブドメインが表示されなくなったのを表示する

Google Chrome からエクスポートしたパスワードリストを KeepassXC にインポート

人に説明するのに手元で試したのですがせっかくなのでblogに Google Chrome のパスワードマネージャは使っているけれど,汎用的なKeepassXC に移行なメモです. Table of Contents Google Chrome からパスワードのエクスポート KeepassXC へのインポート ウェブブラウザへの拡張機能の導入 Google Chrome からパスワードのエクスポート 「設定」→「パスワードとフォーム」→「パスワードを管理」 若しくは chrome://settings/passwords にアクセス. 「︙」を押して「パスワードをエクスポート」から「パスワードをエクスポート…」から適当な場所にパスワードを保存します. KeepassXC へのインポート KeepassXC を起動して,「CSVからインポート」を選びます. 列のレイアウトを以下のようにしてインポートします. Title : 列1 Username : 列3 Password : 列4 URL : 列2 ウェブブラウザへの拡張機能の導入 利用するウェブブラウザに拡張機能を導入する. KeePassXC-Browser – Chrome ウェブストア KeePassXC-Browser – Firefox 向けアドオン KeepassXC の「ツール」→「設定」の「ブラウザー統合」で利用するウェブブラウザを有効にする. 後はよしなに. 環境 $ dpkg-query
Continue reading Google Chrome からエクスポートしたパスワードリストを KeepassXC にインポート

Google Chromeのproxy切り替え

昨日久々に外出してssh -NでChromeにsocks proxyを設定して使おうとしたのですが以下のようなメッセージが表示されて設定できませんでした. 恐らく統合デスクトップ環境ではないawesomeを使っているのでこの機能に対応していないんだろうなと. manの該当部分はこんな感じでpacファイルなども利用できるよう.        –proxy-server=host:port              Specify the HTTP/SOCKS4/SOCKS5 proxy server to use for requests.  This overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.              An individual proxy server is specified using the format:                 [<proxy-scheme>://]<proxy-host>[:<proxy-port>]               Where <proxy-scheme> is the protocol of the proxy server, and is one of:                 "http", "socks", "socks4", "socks5".               If the <proxy-scheme> is omitted, it defaults to "http". Also note that "socks" is equivalent to "socks5".               Examples:                 –proxy-server="foopy:99"                    Use the HTTP proxy "foopy:99" to load all URLs.                 –proxy-server="socks://foobar:1080"                    Use the SOCKS v5 proxy "foobar:1080" to load all URLs.                 –proxy-server="socks4://foobar:1080"                    Use the SOCKS v4 proxy "foobar:1080" to load all URLs.                 –proxy-server="socks5://foobar:66"                    Use the SOCKS v5 proxy "foobar:66" to load all URLs.               It is also possible to specify a separate proxy server for different URL types, by prefixing the proxy server specifier with a URL specifier:               Example:                 –proxy-server="https=proxy1:80;http=socks4://baz:1080"                    Load https://* URLs using the HTTP proxy "proxy1:80". And load http://*                    URLs using the SOCKS v4 proxy "baz:1080".        –no-proxy-server              Disables the proxy server.  Overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.        –proxy-auto-detect              Autodetect proxy configuration.  Overrides any environment variables or settings picked via the options dialog.        –proxy-pac-url=URL              Specify proxy autoconfiguration URL.  Overrides any environment variables or settings picked via the options dialog. とりあえずは以下のようなオプションで起動することで回避できました. $ google-chrome –proxy-server="socks://localhost:8080" この状態で設定を見るとグレーアウトになって設定変更できません. ということでこの方法だと切り替えのたびにChromeの起動し直しが必要でタブを大量に開いている時など辛いです.proxy.pacを作りこんだらとも思ったのですがこの感じだと起動時にしか評価し無さそう. ということでこのようなものを入れてみました. Proxy SwitchySharp – Chrome ウェブストア 設定を作っておいてワンタッチで切り替えできるようになりました. そもそもシステムのプロキシの設定が見えない問題は未解決ですが……. ちなみにproxyの確認には以下のsiteが便利です.欲しい情報だけ貰うことやxml/json形式でも情報を貰うことが出来ます. What Is My IP Address? – ifconfig.me 昔は自分のsiteにこんな感じのscript仕込んでましたが最近は色々なサービスが合って便利ですね :) echo -e 'Content-Type: text/plain\n\n'echo `printenv`