Debian sid に Ubuntu の source.list から JOSM を導入

以前は OpenStreetMap 編集ツールの JOSM を wget で定期的に取得していましたが,更新されてないときも取得したりとかがいまいちでした. <追記> 今試すと以前はJOSMサーバでは –timestamping option が効かなかったと思うのですが今は効くようになっていました. $ wget -SN https://josm.openstreetmap.de/josm-latest.jar –2018-09-08 00:21:26– https://josm.openstreetmap.de/josm-latest.jar josm.openstreetmap.de (josm.openstreetmap.de) をDNSに問いあわせています… 78.47.65.34, 2a01:4f8:c17:2906::2 josm.openstreetmap.de (josm.openstreetmap.de)|78.47.65.34|:443 に接続しています… 接続しました。 HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています… HTTP/1.1 304 Not Modified Date: Fri, 07 Sep 2018 15:21:29 GMT Server: Apache/2.4.18 (Ubuntu) Connection: Keep-Alive Keep-Alive: timeout=5, max=100 ETag: "ca0f12-57529dee345c4" ファイル `josm-latest.jar’ はサーバ側で変更されていませんでした。ダウンロードを省略します。 </追記>
Continue reading Debian sid に Ubuntu の source.list から JOSM を導入

JOSMで360度カメラ写真が利用できるようになるMapillaryプラグインを試してみる

[OSM-ja] JOSM での360度カメラ写真によるMapillary活用 をちょっと試してみました. 試した環境はDebian sid amd64,で,Pluginの場所は~/.local/share/JOSM/plugins/でした.(~/.josm/pluginsを作るとそちらの設定が優先で全部そっちに取られて初期状態になる) ダウンロードしたプラグインをここに置いてJOSMを起動して有効にするとオリジナル版?をダウンロードして上書きしてしまうようなので,オリジナル版を有効にした後上書きしました. JOSMを起動して,Mapillaryプラグインを導入 JOSMを終了して三浦さん版Mapillaryプラグインで上書き $ wget -O ~/.local/share/JOSM/plugins/Mapillary.jar 'https://bintray.com/osmfj/JOSM/download_file?file_path=Mapillary.jar' $ sha256sum /home/mk/.local/share/JOSM/plugins/Mapillary.jar e6961ceb8381ea3eddec7c457edfe5a2bcea593f43ce9a9b75a9214396be5ac8 /home/mk/.local/share/JOSM/plugins/Mapillary.jar JOSMを起動してshift+,してMapillaryレイヤーを有効にして適当な場所で360度カメラ画像を探す.今回は横浜のシルクセンター前辺り. (エラーが出たら無視して強行) 見やすくするためにMapillary窓の📍をクリックして別ウィンドウにする 初期は歪んだ画像だが,クリックすると補正される クリックした場所がセンターになる 360度回転できる画像と端で止まる画像がある? いい感じですね.360度カメラや180度カメラ,せめてアクションカムが欲しいところです……. #そういえば先日Googleから180度カメラのビデオ変換アプリケーションが出ました.macOS/Linux対応.(WIndows非対応!) -> VR180 Apps 試した環境 $ java -jar ~/bin/josm-latest.jar –version JOSM/1.5 (13974 ja) Linux Debian GNU/Linux unstable (sid) $ java -version openjdk version "10.0.1" 2018-04-17 OpenJDK Runtime Environment
Continue reading JOSMで360度カメラ写真が利用できるようになるMapillaryプラグインを試してみる

OpenJDK で JOSM

Javaで動作するOpenStreetMapエディタのJOSMをLinux上のOpenJDKで動かすメモです. Debian sid amd64 / Ubuntu 16.04 LTS ARM64 で確認しています. JOSMの入手 JOSMを次のページから入手します.josm-tested.jar をよく使っています. JOSM OpenJDKインストール 2015年12月くらいにはこんなメッセージが出ていて現在はJava 8以上が必要になっています. このバージョンのJavaはもうすぐサポート対象から外れます。 Java 8以上にアップグレードしてください! う” #osmjp — JOSM – Java OpenStreetMap エディタ このバージョンのJavaはもうすぐサポート対象から外れま… ここでは OpenJDK 8 を導入 $ sudo apt install openjdk-8-jre javaの確認 OpenJDK 8になっている.もし違うバージョンが表示されたら次の項目へ. $ java -version openjdk version "1.8.0_151" OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_151-8u151-b12-0ubuntu0.16.04.2-b12) OpenJDK 64-Bit Server
Continue reading OpenJDK で JOSM

JOSM向け JA:Naming sampleを導入

[OSM-ja] JOSM向け JA:Naming sample が更新されています Presets/JaNamigSample – JOSM ということで導入方法を確認しました. プリセットメニューの「プリセット設定」を選択. 「利用可能なプリセット」の中から「JA:Naming sample」を選択して左矢印ボタンを押して有効にします.OKボタンを押して, JOSMを再起動することで反映されます. これでプリセットやプリセットの検索で利用できるようになります. インクリメンタル検索の例. とても便利です :) 既に導入している人はJOSM起動時に更新されるはずです. 不安な人は一旦消して再導入したり,実際のファイルの中のバージョンを確認することも出来ます. $ grep JaNamigSample ~/.josm/preferences.xml <list key='mirror.https://josm.openstreetmap.de/josmfile?page_Presets/JaNamigSample&amp;zip_1'> <entry value='/home/mk/.josm/cache/mirror_https___josm.openstreetmap.de_josmfile_page_Presets_JaNamigSample_zip_1'/> <tag key='url' value='https://josm.openstreetmap.de/josmfile?page=Presets/JaNamigSample&amp;zip=1'/> $ zgrep version /home/mk/.josm/cache/mirror_https___josm.openstreetmap.de_josmfile_page_Presets_JaNamigSample_zip_1 version="2.0b7_24_2017-03-04"

ibus-mozc から fcitx-mozc に変更したら JOSM で日本語入力できなくなって困る

JOSM はマルチプラットホームでLinux/Windows/Mac で動作しますが,以下の話はLinux固有の問題です. 日本語入力のためのインプットメソッドフレームワークを iBus から fcitx に切り替えたのですが,JOSM で日本語入力ができなくなってしまっていました.Ctrl+Space でトルグするようにしているのですが,他のアプリケーションでは問題ないのにJOSM の場合は無反応で日本語入力ができなくなってしまいました, そこで一時的にiBus/fcitx の両方が動作するようにしてJOSM 利用時だけiBus を使うようにしていました. この話を #osckansai で(確か)武山さんに話したところ環境変数か何かが足りないのでは?と教えてもらいました. 少し試したところ XMODIFIERS=”@im=fcitx” を設定するとfcitx でJOSM に日本語入力が出来るようになりました. % XMODIFIERS=”@im=fcitx” java -jar ~/bin/josm-tested.jar 変換候補がウィンドウの下に表示されちゃいますがまあ許容範囲かなと. 毎回コマンドを打つのもあれなのでこんな感じでショートカットを作成しておきました. #何気にこっちのほうが時間掛かったorz ##環境変数を指定するには env を付ける.~/, $HOME は使えなかったのでフルパス.

JOSM で複数のオブジェクトの結合や引き離し

鹿児島の天文館のアーケードがroof として描かれているのですが,複数のオブジェクトが重なってしまっていました. これは一旦消して書きなおしかなと思っていたのですが,JOSM のメニューを眺めていると「ツール」->「重複するエリアを結合 Shift+J」というものが使えそう.ということで試してみました. 先ずは,結合したい該当のオブジェクトを全て選択します.「ツール」->「重複するエリアを結合 Shift+J」で結合. するとくっつきました. 便利ですね. 逆にくっついてしまっているオブジェクトを引き剥がすことも出来ます. 建物が隣の建物にくっついてしまったという時など, くっついているノードを選択して,「ツール」->「ウェイを引き離す G」で 切り離せました.相手側のオブジェクトにもウェイが残ってしまうので消すなりしたほうがいいですね. 大きな地図を表示

JOSM で中抜きの建物を書く

OSM で入力するときに中抜きのものがたまにあります.これはマルチポリゴンを利用して表現が可能です. まずは外枠を書きます. その後,内枠を書いて 外枠と内枠の両方を選択した状態で,「ツール」->「マルチポリゴンの作成 Ctrl-B」で, このような中抜きの建物に. 以下は実際の地図です. 大きな地図を表示 マルチポリゴンを書いたのはまだ3つ目ですが建物だけでなく駐車場の中に建物がある場合にも使いました. 大きな地図を表示 – Ja:Relation:multipolygon – OpenStreetMap Wiki #冬コミに向けてOSMの薄い本出したいなと思ってます.そこでtipsとか書き出してみようかなってエントリです.

JOSM で POI の情報を建物などにコピーして反映する

JOSMでのOpenStreetMapの編集中に既にPOIはあるけど建物が書かれていないので建物を書いて,POIの情報を建物に反映したいなという時タグを一個一個コピペしてたんですが楽な方法がありそうってことで #osmjp を付けて聞いてみたところ以下のような回答が! POIなんだけど既に細かいタグが入っているものを建物とかに反映ってJOSMでできないのかな? #osmjp http://t.co/OHSG6KkEqJ pic.twitter.com/mPhYtxtdBe — (「ΦωΦ)「 (@matoken) 2014, 9月 18 .@matoken オブジェクトを選択した状態でCtrl+cでコピー、その後、別のオブジェクトを選択して Shift+Ctrl+vで、タグのみのペーストができますよ。 #osmjp — nyampire (@nyampire) 2014, 9月 18   @matoken コビーして、CTRL+SHIFT+V でタグだけペーストでいかが? — 攻めるご隠居 (@goinkyo_hacker) 2014, 9月 18   なるほど! ということでこのPOIの 建物を書いて, POI を選択した状態で `Ctrl + c’ 建物を選択した状態で `Ctrl + Shift + v’ で行けました! POI は削除して完了. JOSM OpenStreetMap OpenStreetMap Japan
Continue reading JOSM で POI の情報を建物などにコピーして反映する