Tag: mail

デーモンの起動しないSMTPクライアントの msmtp を試す(sSMTP乗り換え)

sSMTP から msmtp へ

現在メールを受け取らずメールを送信するだけのホストではsSMTPをよく使っています.MTAはeximやPostfix等でも良いのですが,デーモンが起動しないのでその分セキュアで設定も楽です.
しかし,sSMTPは最近メンテされていません,Debian などのディストリビューションではまだメンテナンスされていますが新機能が入ったりはしないでしょう.

ssmtp is unmaintained. Consider using something like msmtp instead.
バージョンも据え置きでUpstreamも無さそう
$ w3m -dump https://packages.qa.debian.org/s/ssmtp.html|grep versions -A11
versions ... ...pool

o-o-stable
    save 2.64-7
oldstable
    save 2.64-8
stable
    save 2.64-8
unstable
    save 2.64-8
Ubuntu
    2.64-8ubuntu2
$ apt show ssmtp 2>/dev/null |grep Homepage
Homepage: http://packages.qa.debian.org/s/ssmtp.html

そこで,alternativeto.net で挙げられている msmtp を試してみました.

以下では色々試していますが,システムメールを送るだけなら msmtp, msmtp-mta pkg を導入,/etc/msmtprc の設定だけでokです.

msmtp の導入

Debian sid/Ubuntu 18.04 LTS などではパッケージがあったのでこれを導入しました.

$ sudo apt install msmtp

mstpの設定

設定例が /usr/share/doc/msmtp/examples/ 以下にあるので
システム設定の場合は msmtprc-system.example`/etc/msmtprc にcpして設定.
ユーザ設定の場合は msmtprc-user.example~/.msmtprc にcpして設定する.

システムでの設定例

以下の例では root が読み書きできて,一般ユーザのmatokenアカウントは読み込みが可能な設定ファイル /etc/msmtprc を作成している.
defaults セクションに共通設定を書き,account セクションにメールサーバ固有の設定を書く.account セクションは複数書けて,account default に規定account を指定する.以下の例ではgmail が規定値となる.

/etc/msmtprc の作成
$ sudo install /dev/null /etc/msmtprc -o root -g root -m 600
$ sudo setfacl -m u:matoken:r /etc/msmtprc
$ getfacl /etc/msmtprc
getfacl: Removing leading '/' from absolute path names
# file: etc/msmtprc
# owner: root
# group: root
user::rw-
user:matoken:r--
group::---
mask::r--
other::---

$ sudo vi /etc/msmtprc
$ sudo grep -v ^# /etc/msmtprc

defaults
syslog on
aliases /etc/aliases

tls on
tls_trust_file /etc/ssl/certs/ca-certificates.crt
auth on
syslog LOG_MAIL

account gmail
host smtp.gmail.com
port 587
from example@gmail.com
user example
password porseypacdoadwif

account default : gmail

※gmailの多要素認証を利用している場合は以下からアプリパスワードを生成する.(使い回しができちゃうけれど流出したときの影響を考えて設定毎に発行する)

ユーザでの設定

ユーザの設定ファイルは`~/.msmtprc` 若しくは $XDG_CONFIG_HOME/msmtp/config でシステムと違い,alias file と log を適当なファイルにした.
アカウントも増やしてみた.
gmailのアプリパスワードも新たに発行した.

~/.msmtprc の作成
$ install /dev/null ~/.msmtprc -o matoken -g matoken -m 600
$ vi ~/.msmtprc
$ grep -v ^# ~/.msmtprc

defaults
logfile ~/.msmtp.log
aliases ~/.msmtp.aliases

tls on
tls_trust_file /etc/ssl/certs/ca-certificates.crt
auth on
syslog LOG_MAIL

account gmail
host smtp.gmail.com
port 587
from example@gmail.com
user example
password igeinleedafchygy

account yandex
tls_starttls off
host smtp.yandex.com
port 465
from example@yandex.com
user example
password throjfeekdewxeib

account nifty
tls_starttls off
host smtp.nifty.com
port 465
from example@nifty.com
user aaa99999
password 9Z#9999X

account default : gmail

送信テスト

msmtp コマンドで送信テストが出来る.
-a オプションでアカウントが指定できる.
-C オプションで設定ファイルが指定できる.(システムとユーザの設定を両方テストする)

$ echo "hello system msmtp" | msmtp -C /etc/msmtprc matohara@gmail.com
$ echo "hello user msmtp" | msmtp -C ~/.msmtprc -a gmail matohara@gmail.com

大抵のMTAでは . でmail body 終了となるが,msmtpでは`.`は普通にbody に含まれる.Ctrl + d で終了.

$ msmtp -a gmail matohara@gmail.com
Subject: hello

msmtp test
.
dot では終了にならない
Ctrl+d で終了
^d

aliases file

msmtp設定ファイルの alias で設定できる.

$ grep alias ~/.msmtprc
aliases ~/.msmtp.alias
$ sudo grep alias /etc/msmtprc
aliases /etc/aliases

このalias fileは通常のaliases ファイルと同じ形式の plain text で newaliases コマンドでの変換は不要.

メールアドレスは複数指定できる.default という名前は規定アドレスとなる.

root: hoge@example.com, fuga@example.com
default: piyo@example.com

以前のaliases ファイルを流用して以下のようにしてみたところ,

# /etc/aliases
mailer-daemon: postmaster
postmaster: root
nobody: root
hostmaster: root
usenet: root
news: root
webmaster: root
www: root
ftp: root
abuse: root
noc: root
security: root
root: matohara@gmail.com
default: matohara@gmail.com

以下のようにエラーとなった.alias先はユーザ名ではエラーとなるよう.

$ echo hello | sudo msmtp -C /etc/msmtprc root
msmtp: /etc/aliases: line 2: invalid address 'postmaster'

以下のようにそれぞれにメールアドレスを指定すると期待した動作となった.

$ sudo sed -i -e 's/ root$\| postmaster$/matohara@gmail.com/' /etc/aliases
$ cat /etc/aliases
# /etc/aliases
mailer-daemon:matohara@gmail.com
postmaster:matohara@gmail.com
nobody:matohara@gmail.com
hostmaster:matohara@gmail.com
usenet:matohara@gmail.com
news:matohara@gmail.com
webmaster:matohara@gmail.com
www:matohara@gmail.com
ftp:matohara@gmail.com
abuse:matohara@gmail.com
noc:matohara@gmail.com
security:matohara@gmail.com
root: matohara@gmail.com
default: matohara@gmail.com

パスワードをGnuPG暗号化ファイルに格納して利用する

パスワードをgpgで暗号化したファイルに格納することが可能.この場合アカウントごとにファイルが必要なのが少し面倒.
password porseypacdoadwif の場合 porseypacdoadwif 部分だけを暗号化してファイルに格納する.(はじめpassword も含めてしまい失敗した)

$ grep ^password\  ~/.msmtprc | head -1 | awk {'print $2'} | gpg2 --default-recipient-self -e - > ~/.msmtp-password-gmail.gpg
$ grep ^password\  ~/.msmtprc | head -2 | tail -1 | awk {'print $2'} | gpg2 --default-recipient-self -e - > ~/.msmtp-password-yandex.gpg
$ grep ^password\  ~/.msmtprc | tail -1 | awk {'print $2'} | gpg2 --default-recipient-self -e - > ~/.msmtp-password-nifty.gpg

msmtprc の password を削除して,代わりに passwordeval gpg2 --no-tty -q -d 暗号ファイル と設定を変更する.

$ grep ^passworde ~/.msmtprc
passwordeval gpg2 --no-tty -q -d ~/.msmtp-password-gmail.gpg
passwordeval gpg2 --no-tty -q -d ~/.msmtp-password-yandex.gpg
passwordeval gpg2 --no-tty -q -d ~/.msmtp-password-nifty.gpg

後はこれまでのようにmsmtpを呼ぶとgpg-agentが起動する.

※システム側はシステムメールが送れなくなるのでこの設定をしないほうがいいと思う.

パスワードをopenssl暗号化ファイルに格納

システムメールでgpg agentを利用するのは多分無理なのでopensslで暗号化してみる.パスワードはNICのmac addressにしてある.気休めレベルだけど試しに設定.
マシンが乗っ取られた場合はどうしようもないけれど /etc/msmtprc, /etc/msmtp-password ファイル流出時の時間稼ぎくらいにはなる?
NIC が使っていないものも含め増減したり変更になった場合は復元できなくなるので注意.

mac address をパスワードとしてopensslで暗号化
$ umask 0077; grep ^password\  /etc/msmtprc | head -1 | awk {'print $2'} | sudo openssl enc -e -md sha256 -aes-256-cbc -a -A -salt -pbkdf2 -in /dev/stdin -out /etc/msmtp-password -pass pass:`hwinfo --network | grep 'Permanent HW Address' | sed 's/^.*: //' | sort -n | tr -d '\n'`
復元テスト
$ sudo openssl enc -d -md sha256 -aes-256-cbc -a -A -salt -pbkdf2 -in /etc/msmtp-password -pass pass:`hwinfo --network | grep 'Permanent HW Address' | sed 's/^.*: //' | sort -n | tr -d '\n'`
igeinleedafchygy
/etc/msmtprc の password を削除して passwordeval に書き換え
$ grep passworde /etc/msmtprc
passwordeval openssl enc -d -md sha256 -aes-256-cbc -a -A -salt -pbkdf2 -in /etc/msmtp-password -pass pass:`hwinfo --network | grep 'Permanent HW Address' | sed 's/^.*: //' | sort -n | tr -d '\n'`

※ifconfigやiproute2を使わずhwinfoを使ってPermanent HW Addressを使っているのはmac address偽装対策

MTA パッケージの導入

msmtp コマンドでメールが送信できるようになったら,msmtp-mta pkg を導入する.これでsendmailコマンドにシンボリックリンクが張られて同様に利用できるようになる.システムメールも飛ぶようになる.

$ sudo apt install msmtp-mta
$ ls -l /usr/sbin/sendmail
lrwxrwxrwx 1 root root 12 11月 29  2016 /usr/sbin/sendmail -> ../bin/msmtp

オフライン時にmsmtpを利用する

msmtpはオフライン時に実行するとエラーとなる.通常は常にオンラインなので問題はないが,持ち運びNotePCなどではオフラインオンラインが発生してメールの送信に失敗することがある.

$ echo 'hoge' | msmtp -a gmail matoken@gmail.com
msmtp: cannot locate host smtp.gmail.com: 名前またはサービスが不明です
msmtp: could not send mail (account gmail from /etc/msmtprc)

/usr/share/doc/msmtp/examples/ 以下の msmtpq 若しくは msmtpqueue に格納されているscriptを利用することでオフライン時にキューとして貯めておいてオンライン時に送信といったことが出来る.

どちらもsendmailと置き換えが可能なので,ネットワークダウン時に`/usr/sbin/sendmail`をこれに置き換えてオンライン時に戻してqueueをフラッシュするようにするといいかもしれない.

Debian/Ubuntuなら以下のあたりで,

  • /etc/network/if-down.d/
    /usr/sbin/sendmail を msmtpq or msmtpqueue に向ける

  • /etc/network/if-pre-up.d/
    /usr/sbin/sendmail を msmtp に向ける

  • /etc/network/if-up.d/
    queueをフラッシュ

NetworkManagerだと /etc/NetworkManager/dispatcher.d/ 以下で同じことが出来る.

msmtpq

圧縮されているmsmtpqを展開して実行権を付与する
$ sudo gunzip /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpq/msmtpq.gz
$ sudo chmod 755 /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpq/msmtpq
使いやすい場所にシンボリックリンクを張る
$ sudo ln -s /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpq/msmtpq /usr/local/bin/msmtpq
$ sudo ln -s /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpq/msmtp-queue /usr/local/bin/msmtp-queue
queueとlogディレクトリを作成
$ install -d -m 700 ~/.msmtp.queue
$ install -d -m 700 ~/log
オフライン時に送信しようとする
$ echo 'msmtpq' | msmtpq -C ~/.msmtprc -a gmail matoken@gmail.com
  mail for [ -C /home/matoken/.msmtprc -a gmail matoken@gmail.com ] : couldn't be sent - host not connected
  enqueued mail as : [ 2018-09-18-06.21.48 ] ( -C /home/matoken/.msmtprc -a gmail matoken@gmail.com ) : successful
queueを確認する
$ msmtp-queue -d

  mail  num=[ 1 ]  id=[ 2018-09-18-06.21.18 ]

  mail  num=[ 2 ]  id=[ 2018-09-18-06.21.48 ]
queueをフラッシュする
$ msmtp-queue -r
  mail [ 1 ] [ 2018-09-18-06.21.18 ] from queue ; send was successful ; purged from queue
  mail [ 2 ] [ 2018-09-18-06.21.48 ] from queue ; send was successful ; purged from queue
$ msmtp-queue -d

  no mail in queue

msmtpqueue

使いやすい場所にシンボリックリンクを張る
$ sudo ln -s /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpqueue/msmtp-enqueue.sh /usr/local/bin/msmtp-enqueue.sh
$ sudo ln -s /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpqueue/msmtp-listqueue.sh /usr/local/bin/msmtp-listqueue.sh
~$ sudo ln -s /usr/share/doc/msmtp/examples/msmtpqueue/msmtp-runqueue.sh /usr/local/bin/msmtp-runqueue.sh
`msmtp`コマンドの代わりに`msmtp-enqueue.sh`を使う
$ echo 'queue' | msmtp-enqueue.sh -C ~/.msmtprc -a gmail matoken@gmail.com
queueを確認する
$ msmtp-listqueue.sh
No mail in queue
今回のようにメールの内容がbodyだけでFrom, To, Subject が存在しないとこのscriptはうまく機能しない><
         egrep -s --colour -h '(^From:|^To:|^Subject:)' "$i" || echo "No mail in queue";
直接`~/.msmtpqueue/`を確認するとqueueが溜まっているのがわかる
$ ls -lA ~/.msmtpqueue/
合計 8
-rw------- 1 matoken matoken  7  9月 18 00:15 2018-09-18-00.15.53.mail
-rw------- 1 matoken matoken 53  9月 18 00:15 2018-09-18-00.15.53.msmtp
Subjectの付いたメールがある時
$ msmtp-listqueue.sh
No mail in queue

Subject: offline><
オンライン時にqueueをフラッシュする
$ msmtp-runqueue.sh
*** Sending 2018-09-18-00.15.53.mail to -C /home/matoken/.msmtprc -a gmail matoken@gmail.com ...
2018-09-18-00.15.53.mail sent successfully
*** Sending 2018-09-18-00.27.21.mail to -C /home/matoken/.msmtprc -a gmail matoken@gmail.com ...
2018-09-18-00.27.21.mail sent successfully

#sudoの場合も ~root/.msmtpqueue/ だった.

tips

gmailで以下のエラーとなった場合 tls_starttls on ( tls onのときの既定値? )と設定すると送信できた
$ echo "hello msmtp" | sudo msmtp -a gmail matohara@gmail.com
msmtp: envelope from address matohara@gmail.com not accepted by the server
msmtp: server message: 530 5.7.0 Must issue a STARTTLS command first. k126-v6sm14991126pgk.26 - gsmtp
msmtp: could not send mail (account gmail from /etc/msmtprc)
Yandexでメール送信時に帰ってこない場合 tls_starttls off と設定すると送信できた

niftyで以下のエラーとなった場合 tls_starttls off と設定すると送信できた
msmtp: network read error: 接続が相手からリセットされました
msmtp: could not send mail (account nifty from /etc/msmtprc)

試した環境

環境1(Raspberry Pi 2B/Raspbian stretch)
$ dpkg-query -W msmtp msmtp-mta gnupg2 openssl
gnupg2  2.1.18-8~deb9u2
msmtp   1.6.6-1
msmtp-mta       1.6.6-1
openssl 1.1.0f-3+deb9u2
$ lsb_release -d
Description:    Raspbian GNU/Linux 9.4 (stretch)
$ uname -m
armv7l
環境2(Ubuntu 18.04 LTS)
$ dpkg-query -W msmtp msmtp-mta gnupg2 openssl
gnupg2  2.2.4-1ubuntu1.1
msmtp   1.6.6-1
msmtp-mta       1.6.6-1
openssl 1.1.0g-2ubuntu4.1
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.04.1 LTS
$ uname -m
x86_64
環境3(Debian sid)
$ dpkg-query -W msmtp msmtp-mta gnupg2 openssl
gnupg2  2.2.10-1
msmtp   1.6.7-1
msmtp-mta
openssl 1.1.1-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

crontab から送信される電子メールの件名を指定したい

crontab で実行されたコマンドの出力はメールで送られますが,このときの件名は「Cron <ユーザ名@ホスト名> 実行コマンド」のようになります.

crontab 例
15 7 * * *  echo "cron subject"
メール例
Subject: Cron <matoken@T430s> echo "cron subject"

cron subject
1つのhostからこんなメール飛んで来るとどれがどれかわかりづらい
Cron <matoken@T430s> nice -n 19 ionice -c 3 rsync -avxze "ssh -i……
Cron <root@T430s> nice -n 19 ionice -c 3 rsync -avxze "ssh -i……
Cron <root@T430s> nice -n 19 ionice -c 3 rsync -avxze "ssh -i……

分かりづらいので自分で件名を付けたいところです.

: を利用する

: は shell の組み込み関数で何もせず正常終了します.
コマンドなので # と違い,; の後にコマンドを書くとその後のコマンドは解釈されます.

$ :           #何もしない
$ : hoge
$ : echo hoge
$ : rm -rf *
$ : $(hostname)  #コマンドも展開せず何もしない
$ : `whoami`
$ : hoge; echo fuga   #;の後は解釈される
fuga
$ # hoge
$ # hoge; echo fuga

これをcrontabの頭に書くとこういう感じになります.

crontab
29 6 * * *  : cron subject; echo "hello"
mail
Subject: Cron <matoken@T430s> : cron subject; echo "hello"

hello

少しわかりやすくなりました.

mailコマンドを利用する

これはちょっと反則な感じがするのですが件名にコマンド実行結果を入れたり,頭の部分も書き換えたい場合はcronだけではできなさそうなのでmailコマンド経由で送信してみます.今回mailutilsのmailコマンドを利用しましたが,bsd-mailxやmutt等々ももちろん使えます.

crontab
45 6 * * *  echo "cron test" | mail -s "$(hostname)@$(whoami) cron Subject : $(date +\%F)" matoken+cron@example.com
mail
Subject: T430s@matoken cron Subject : 2018-09-13
X-Mailer: mail (GNU Mailutils 3.4)

cron test

mail コマンドの -s オプション部分が件名になります.その後ろが宛先のメールアドレス.bodyはcronの出力をパイプから受け取ります.

STDERR が別メールで届く

STDERR の出力があった場合cronでメールが送られてしまいます.mailコマンドと合わせて1度に2通届くことに.
実行コマンドの後ろに 2>&1 を付けて STDERR を STDOUT に渡してmailコマンドだけにします.

crontab
45 6 * * *  echo "cron test" 2>&1 | mail -s "$(hostname)@$(whoami) cron Subject : $(date +\%F)" matoken+cron@example.com

出力がなくてもメールが届く

crontab の場合コマンドの出力がなければメールが送られませんが,このコマンドでは NULL でもメールが送信されます.
未解決.

余録

cronで一切メールを送りたくない

場合crontabで MAILTO=”” を設定する
MAILTO=""

指定したコマンドだけメールを送りたくない

STDOUT と STDERR を /dev/null に捨てる
20 6 * * *  echo "cron subject" > /dev/null 2>&1

メールが届かない

/var/spool/mail/ユーザ名 のローカルにはメールがどとくけど,インターネット上のメールアドレスを指定しても届かない場合メールサーバの設定が出来ていないかもしれません.メールサーバ(sSMTP/msmtp等はデーモンが起動しないのでメールを受け取らず送信するだけならおすすめ)を設定してから再度試してみましょう.

環境1
$ man cron | grep -m1 cron
       cron - daemon to execute scheduled commands (Vixie Cron)
$ dpkg-query -W cron mailutils
cron    3.0pl1-128.1ubuntu1
mailutils       1:3.4-1
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.04.1 LTS
$ uname -m
x86_64
環境2
$ man cron | grep -m1 cron
       cron - 予定されたコマンドを実行するデーモン(Vixie Cron)
$ dpkg-query -W cron mailutils
cron    3.0pl1-130
mailutils       1:3.4-1+b1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

Mailmanのban_listを画像にする

最近Mailmanにbotからであろう登録が沢山やってくるようになりました.登録メールアドレスは大抵メジャーなフリーメールアドレスで生きているようなのですが,quotaや転送量のエラーとなって帰ってきます.これらのエラーメールでメールボックスがあふれて辛いです.

Mailmanにcaptchaか何かを設置できるプラグインとか無いかなと探してみたのですが,公式ではないようです.sourceを修正してGoogleのReCaptchaを実装している人は居ますが,バージョンアップのたびにパッチするのは面倒です.最近もセキュリティホールが見つかっていますし放置するわけにも生きません.

該当メールを見ると幸いメールアドレスは使い回しでバリエーションは多くありません.とりあえずMailmanのban_listにこれらのメールアドレスを登録してmailqに溜まっている該当メールはdropしました.1週間くらいしたらリモートからのエラーメールも無くなって静かになると良いなと思っています.
ban_listに登録しましたが,もしかしたらbotではなく普通に登録しようとしてメールボックスがあふれている人も居るかもしれません.それが解るようにban_listを申し込みページに表示することにしました.そのまま表示するのは良くない気がするので画像にしてノイズを散らして波型変形をかけてみました.
Mailmanのconfig_listコマンドで設定を出力してban_listをファイルに書き出し,Imagemagickのconvertコマンドでノイズと波型変形のフィルタをかけて画像を生成しました.
こんな感じの画像になります.これを申し込みページに説明と一緒に載せます.(ノイズのせいで容量が大きく……)

image

cronに登録しました.

$ sudo -u list crontab -l|grep ban_list
39 * * * *      /usr/lib/mailman/bin/config_list -c -o /dev/stdout users|grep ^ban_list |sed -e 's/^.*\[\|\]\|'\''\|'\ '//g'|sed -e 's/\@/ at /g'|tr -s ',' '\n' | sort -n > /var/lib/mailman/lists/users/ban_list && convert -size 1024x600 -background '#FFFFFF' -density 36 -gravity Center -fill black -font SetoFont label:"users ban_list `stat -c \%y /var/lib/mailman/lists/users/ban_list|cut -f1 -d.`\n\n`cat /var/lib/mailman/lists/users/ban_list`" -attenuate 5 -noise 7 +noise Gaussian -wave 15x`expr \( 100 + $((RANDOM \% 100)) \)` /var/lib/mailman/archives/public/users/ban_list.jpg

……長いですね.それに画像サイズ固定なのでlistが増えると文字サイズが小さくなってしまいます.てことでscriptに.

#!/bin/sh
 
LISTNAME='users'
FONT='SetoFont'
BANLIST='/var/lib/mailman/lists/users/ban_list'
IMAGE='/var/lib/mailman/archives/public/users/ban_list.jpg'
 
# ban_listを抽出してファイルに書き出し
/usr/lib/mailman/bin/config_list -c -o /dev/stdout ${LISTNAME} | grep ^ban_list | sed -e 's/^.*\[\|\]\|'\''\|''//g' | sed -e 's/\@/ at /g' | tr -s ',' '\n' | sort -n > ${BANLIST}
 
# ban_listの行数によって画像高さを計算
BANWC=`wc -l ${BANLIST} | cut -d -f1`
HIGHT=`expr \( ${BANWC} \* 60 + 120 \)`
 
# 画像に書き出す文字列を作成
LABEL="users ban_list `stat -c \%${BANLIST} | cut -f1 -d.`\n\n`cat ${BANLIST}`"
 
# 波型変形の波の深さを計算
WAVEX=`expr \( 10 + $((RANDOM % 10)) \)`
WAVEY=`expr \( 100 + $((RANDOM % 100)) \)`
 
# 画像作成
convert -size 1024x${HIGHT} -background '#FFFFFF' -density 36 -gravity Center -fill black -font ${FONT} label:"${LABEL}" -attenuate 5 -noise 7 +noise Gaussian -wave ${WAVWX}x${WAVEY} ${IMAGE}
 

てことでとりあえずの対処療法ですが…….

環境

$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux 9.4 (stretch)
$ uname -m
x86_64
$ dpkg-query -W mailman
mailman 1:2.1.23-1+deb9u2
$ dpkg-query -W imagemagick
imagemagick     8:6.9.7.4+dfsg-11+deb9u4

Mutt 1.6.0を試す

Mutt 1.6.0がリリースされました.安定版としては2007年のMutt 1.4.2.3以来9年ぶり!?

Muttはターミナルで動作するメーラーです.似たものにAlpine(旧pine)があります.emacs使いだとMewを使う方も居ますね. MuttとAlpineについては以下の記事が参考になると思います.

使いはじめるまでの速さはAlpineが一番だと思います. GPGやらカスタマイズやらのしやすさはMuttかな?(個人の感想です)

最近Alpineで1000000通を超えるメールボックスで1000000通目までしか見られないという現象やSubjectに♪などがあると動作や表示が崩れるといった問題に遭ったのでMutt環境を作りなおしたところでした.せっかくなのでMutt 1.6.0もBuild ざっとこんな感じでbuildしました.はじめprefixしか指定せずにbuildしてimapに繋がらないとかやってしまいましたorz

$ のMutt Version
$ mutt -v|head -1
Mutt 1.5.24 (2015-08-30)
$ # stretchのMutt configure 確認
$ mutt -v|grep Configure\ 
Configure options: '--prefix=/usr' '--sysconfdir=/etc' '--mandir=/usr/share/man' '--with-docdir=/usr/share/doc' '--with-mailpath=/var/mail' '--disable-dependency-tracking' '--enable-compressed' '--enable-debug' '--enable-fcntl' '--enable-hcache' '--enable-gpgme' '--enable-imap' '--enable-smtp' '--enable-pop' '--with-curses' '--with-gnutls' '--with-gss' '--with-idn' '--with-mixmaster' '--with-sasl' '--without-gdbm' '--without-bdb' '--without-qdbm' '--build' 'x86_64-linux-gnu' 'build_alias=x86_64-linux-gnu' 'CFLAGS=-g -O2 -fstack-protector-strong -Wformat -Werror=format-security -Wall' 'LDFLAGS=-Wl,-z,relro' 'CPPFLAGS=-Wdate-time -D_FORTIFY_SOURCE=2 -I/usr/include/qdbm'
$ sudo apt-get build-dep mutt
$ wget ftp://ftp.mutt.org/pub/mutt/mutt-1.6.0.tar.gz ftp://ftp.mutt.org/pub/mutt/mutt-1.6.0.tar.gz.asc
$ gpg --verify mutt-1.6.0.tar.gz.asc 
gpg: 署名されたデータが'mutt-1.6.0.tar.gz'にあると想定します
gpg: 2016年04月03日 03時22分52秒 JSTにRSA鍵ID 80316BDAで施された署名
gpg: "Kevin J. McCarthy <kevin@8t8.us>"からの正しい署名
gpg: *警告*: この鍵は信用できる署名で証明されていません!
gpg:       この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。
主鍵フィンガー・プリント: 8975 A9B3 3AA3 7910 385C  5308 ADEF 7684 8031 6BDA
$ tar tvf mutt-1.6.0.tar.gz |lv
$ tar xf mutt-1.6.0.tar.gz
$ cd mutt-1.6.0
$ ./configure --prefix=$HOME/usr/local --disable-dependency-tracking --enable-compressed --enable-fcntl --enable-hcache --enable-gpgme --enable-imap --enable-smtp --enable-pop --with-curses --with-gnutls --with-gss --with-idn --with-mixmaster --with-sasl --with-slang --without-gdbm --without-bdb --without-qdbm --build x86_64-linux-gnu
$ make
$ make install

Mutt 1.6.0にしても設定は1.5.24のものがそのまま使えているようです. 1000000通目以降も読めます.1034161通までは確認.Subjectに♪があると崩れたりするのはMutt 1.6.0でも同じでした.これはS-Langとかの問題なのかな?configureとかもちゃんと確認したほうがいいかもですね.

普通にGUIのメーラーを使えばいいんじゃ?と思われるかもしれませんがメールボックスが大きくなってくると辛くなってきます.そういう環境でもサーバで起動しっぱなしにしてるとサクサク動くしsshさえ使えればメールの読み書きもできるしということで使っています. ということで今はWebではSquirrelMail/gmail,GUIではSylpeed/ClawsMail,端末ではAlpine/Muttをという感じで併用中です.

コマンドで添付ファイル付きメールを送る2つの方法

Google+でmailコマンドで添付ファイル付きメールを送ろうとしている方の投稿のコメントにbase64でデコードして送るscriptを使ってますとか書いたのですが,これperl4でcgi全盛な大昔からやってる手法なので楽なものがあるのではと思い探してみました.

Debian stretch testingのs-nailを使う

Debian stretch testing/sid ではmailコマンドがbsd-mailxからs-nailに変わって添付ファイルオプションがあるようです.

 -a file     Attach the given file to the message.  The same filename conventions as described in the section COMMANDS apply: shell word expansion is
             restricted to the tilde ‘~’ and variables.  Shall file not be accessible but contain a ‘=’ character, then anything after the ‘=’ is assumed to
             specify the input character set and anything before ‘=’ the filename: this is the only option to specify the input character set (and don't per‐
             form any character set conversion) for text attachments from the command line, not using the ~@ tilde escape command.

こんな感じで使えました.

$ echo 'attach test(binary)' | mail -s "attach test mail" -a ./text.xz matoken@gmail.com

#はじめ.zipを送ろうとしてgmailサーバに弾かれました.そういえばそうだった……
##sendmail: 552 5.7.0 content and attachment content guidelines. xu1sm1469539pab.31 - gsmtp

普通にメール送るのに加えて-aオプションでファイルを指定する感じです.
オプションでSMTPサーバの指定も出来るようなのでMTAの設定をしていないような場合でも単体で使えそうです.

Debian jessieでbiabamを使う

s-nailはstretch testingからでjessieには入っていないようです.代わりに入っているのはbsd-mailxです.manをちょっと見た感じでは添付ファイルの扱いは載っていなさそう.でもきっと便利な何かがあるのでは?とapt-cache search mail attachとかして探してみるとbiabamというbash script製のものを発見.小さいし良さそうと試してみました.

biabam – bash attachment mailer

こんな感じで使えました.

$ sudo apt install biabam
$ echo 'attach test' | biabam ./test.xz -s "attach test from jessie" matoken@gmail.com

ちなみにmailコマンドで添付ファイルの方法を検索すると大抵mutt使う例が出てきますが,muttを既に設定済みの人でないと敷居が高いと思います.そういう場合に今回の方法はいいのではないかと思います.

しかし恐らく多国言語対応はして居なさそうなので日本語をSubjectやBODYに使う場合は素直にScriptを書いたほうがいいかもしれません…….
定形なら適当なMUAでメールのテンプレートファイルを作っておいて流し込んでmailコマンドに投げるようにしてもいいですね.