Tag: Megatools

Megatoolsを新規アカウントで利用しようとするとエラーとなる( ERROR: Can’t login to mega.nz: API call ‘us’ failed: Server returned error ENOENT )

Mega.nz のサービスをコマンドラインで行うためのツール群の Megatools というものがあります.

これを新規アカウントで利用しようとするとこのようなエラーになります.

$ megadf
ERROR: Can't login to mega.nz: API call 'us' failed: Server returned error ENOENT

これは Mega.nz のユーザ登録の仕様が変わったせいなようで新規に Mega.nz のウェブから登録したアカウントで起こるらしいです.

仕様変更前に登録したアカウントや,現在でも Megatools の megareg コマンドで登録したアカウントならMegatools が利用できるようです.

ということで megareg コマンドでアカントを登録し直して試してみました.

megareg コマンドにユーザー名、メールアドレス、パスワードを指定する

$ megareg --register -n 'REALNAME' -e 'EMAIL' -p 'PASSWORD'
Registration email was sent to EMAIL. To complete registration, you must run:

  megareg --verify 7e2c96BDD0DFnrlfo2hXmg==:/Lw2hwBBBBBBBBBBF2Lk1B==:5ceaxAEvkXQ @LINK@

(Where @LINK@ is registration link from the 'MEGA Signup' email)

登録確認メールが届くので、上の例の @LINK@ 部分をそのメールに書かれているURLに書き換えて megareg --verify を実行する

$ megareg --verify 7e2c96BDD0DFnrlfo2hXmg==:/Lw2hwBBBBBBBBBBF2Lk1B==:5ceaxAEvkXQ 'https://mega.nz/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'
Account registered successfully!

利用できるか試してみる

$ megadf -u 'EMAIL' -p 'PASSWORD'
Total: 53687091200
Used:  0
Free:  53687091200

うまく行きました.

毎回コマンドの引数にアカウント情報は書きたくないので設定ファイルを用意して使います.

設定ファイルは, ~/.megarc, ./.megarc 若しくは --config $CONFIGFILE で指定します.設定ファイルの内容は最低限以下のような感じで詳細は man megarc を参照.

[Login]
Username = your@email
Password = yourpassword
環境1
$ dpkg-query -W megatools
megatools       1.10.2-1
$ lsb_release -dr
Description:    Raspbian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
$ uname -m
armv7l
環境2
$ dpkg-query -W megatools
megatools       1.10.2-1
$ lsb_release -dr
Description:    Debian GNU/Linux bullseye/sid
Release:        unstable
$ uname -m
x86_64