Mutt 1.6.0を試す

Mutt 1.6.0がリリースされました.安定版としては2007年のMutt 1.4.2.3以来9年ぶり!?

Muttはターミナルで動作するメーラーです.似たものにAlpine(旧pine)があります.emacs使いだとMewを使う方も居ますね. MuttとAlpineについては以下の記事が参考になると思います.

使いはじめるまでの速さはAlpineが一番だと思います. GPGやらカスタマイズやらのしやすさはMuttかな?(個人の感想です)

最近Alpineで1000000通を超えるメールボックスで1000000通目までしか見られないという現象やSubjectに♪などがあると動作や表示が崩れるといった問題に遭ったのでMutt環境を作りなおしたところでした.せっかくなのでMutt 1.6.0もBuild ざっとこんな感じでbuildしました.はじめprefixしか指定せずにbuildしてimapに繋がらないとかやってしまいましたorz

$ #stretchのMutt Version
$ mutt -v|head -1
Mutt 1.5.24 (2015-08-30)
$ # stretchのMutt configure 確認
$ mutt -v|grep Configure\ 
Configure options: '--prefix=/usr' '--sysconfdir=/etc' '--mandir=/usr/share/man' '--with-docdir=/usr/share/doc' '--with-mailpath=/var/mail' '--disable-dependency-tracking' '--enable-compressed' '--enable-debug' '--enable-fcntl' '--enable-hcache' '--enable-gpgme' '--enable-imap' '--enable-smtp' '--enable-pop' '--with-curses' '--with-gnutls' '--with-gss' '--with-idn' '--with-mixmaster' '--with-sasl' '--without-gdbm' '--without-bdb' '--without-qdbm' '--build' 'x86_64-linux-gnu' 'build_alias=x86_64-linux-gnu' 'CFLAGS=-g -O2 -fstack-protector-strong -Wformat -Werror=format-security -Wall' 'LDFLAGS=-Wl,-z,relro' 'CPPFLAGS=-Wdate-time -D_FORTIFY_SOURCE=2 -I/usr/include/qdbm'
$ sudo apt-get build-dep mutt
$ wget ftp://ftp.mutt.org/pub/mutt/mutt-1.6.0.tar.gz ftp://ftp.mutt.org/pub/mutt/mutt-1.6.0.tar.gz.asc
$ gpg --verify mutt-1.6.0.tar.gz.asc 
gpg: 署名されたデータが'mutt-1.6.0.tar.gz'にあると想定します
gpg: 2016年04月03日 03時22分52秒 JSTにRSA鍵ID 80316BDAで施された署名
gpg: "Kevin J. McCarthy <kevin@8t8.us>"からの正しい署名
gpg: *警告*: この鍵は信用できる署名で証明されていません!
gpg:       この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。
主鍵フィンガー・プリント: 8975 A9B3 3AA3 7910 385C  5308 ADEF 7684 8031 6BDA
$ tar tvf mutt-1.6.0.tar.gz |lv
$ tar xf mutt-1.6.0.tar.gz
$ cd mutt-1.6.0
$ ./configure --prefix=$HOME/usr/local --disable-dependency-tracking --enable-compressed --enable-fcntl --enable-hcache --enable-gpgme --enable-imap --enable-smtp --enable-pop --with-curses --with-gnutls --with-gss --with-idn --with-mixmaster --with-sasl --with-slang --without-gdbm --without-bdb --without-qdbm --build x86_64-linux-gnu
$ make
$ make install

Mutt 1.6.0にしても設定は1.5.24のものがそのまま使えているようです. 1000000通目以降も読めます.1034161通までは確認.Subjectに♪があると崩れたりするのはMutt 1.6.0でも同じでした.これはS-Langとかの問題なのかな?configureとかもちゃんと確認したほうがいいかもですね.

普通にGUIのメーラーを使えばいいんじゃ?と思われるかもしれませんがメールボックスが大きくなってくると辛くなってきます.そういう環境でもサーバで起動しっぱなしにしてるとサクサク動くしsshさえ使えればメールの読み書きもできるしということで使っています. ということで今はWebではSquirrelMail/gmail,GUIではSylpeed/ClawsMail,端末ではAlpine/Muttをという感じで併用中です.