Tag: TOTP

CLI なワンタイムパスワードマネージャの cloak を試す

Rust製のコマンドラインで動作するワンタイムパスワードマネージャです.TOTP/HOTP に対応しています.

Table of Contents

導入

Rust package managerのcargoを導入
$ sudo apt install cargo
cargoでcloakを導入
$ cargo install cloak

~/.cargo/ 以下に導入される

試してみる

help
$ ~/.cargo/bin/cloak --help
cloak 0.1.0
Evans Murithi <murithievans80@gmail.com>
A Command Line OTP Authenticator application.

USAGE:
	cloak [SUBCOMMAND]

FLAGS:
	-h, --help       Prints help information
	-V, --version    Prints version information

SUBCOMMANDS:
	add               Add a new account
	delete            Delete an account
	help              Prints this message or the help of the given subcommand(s)
	list              List OTP for all accounts
	recovery_codes    View recovery codes for an account
	view              View the OTP for an account
add サブコマンドで登録する
$ ~/.cargo/bin/cloak add --help
cloak-add
Add a new account

USAGE:
	cloak add [FLAGS] [OPTIONS] <account> <key>

FLAGS:
	-h, --help       Prints help information
		--hotp       Counter based account
		--totp       Time based account (default)
	-V, --version    Prints version information

OPTIONS:
	-a, --algorithm <ALGORITHM>    Algorithm to use to generate the OTP code [possible values: SHA1, SHA256, SHA384,
								   SHA512, SHA512_256]

ARGS:
	<account>    Name of the account
	<key>        Secret key of the OTP
$ ~/.cargo/bin/cloak add matoken@home.nextcloud M0KMYFVOZY7AGX47
Account successfully created
登録情報確認
$ ~/.cargo/bin/cloak list
Account: matoken@home.nextcloud
TOTP: 538273
アカウントを指定してTOTPトークン表示
$ ~/.cargo/bin/cloak view matoken@home.nextcloud
370696
設定ファイルには生で情報が格納されるので取扱注意
$ cat ~/.cloak/accounts
["matoken@home.nextcloud"]
key = "M0KMYFVOZY7AGX47"
totp = true
hash_function = "SHA1"
アクセス権もそのままでは危ないので注意
$ ls -l ~/.cloak/accounts
-rw-r--r-- 1 matoken matoken 87  9月 22 06:19 /home/matoken/.cloak/accounts
$ chmod -R go-rx ~/.cloak
$ chattr +s ~/.cloak/accounts
$ ls -la ~/.cloak
合計 12
drwx------  2 matoken matoken 4096  9月 22 06:19 .
drwxr-xr-x 62 matoken matoken 4096  9月 23 19:58 ..
-rw-------  1 matoken matoken   87  9月 22 06:19 accounts

秘密鍵が平文でそのままファイルに格納されるので最低でもecryptfsは設定しておかないとかなな感じ?

私は現在はoathtoolを使ったscriptを使っています.秘密鍵はファイルに手で書いて暗号化しておきscript実行時に復号してoathtoolに渡してTOTP表示という感じ.若しくはKeePassCX.

環境

$ ~/.cargo/bin/cloak -V
cloak 0.1.0
$ dpkg-query -W cargo
cargo   0.29.0-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

Nextcloud 14 の Telegram を使った2要素認証

先日ファイル共有ソフトの Nextcloud 14がリリースされました.

新機能のうちSignal/Telegram/SMS による2要素認証のサポートが気になります.

Signal/Telegram/SMS 2FA support
A new 2-factor authentication provider named ‘gateway’ was introduced which allows users to use the secure messaging apps Signal and Telegram as well as various SMS gateways as second factor to secure their authentication.

SMSはplaySMS, websms.deを利用するようです.SignalもTelegramもセキュアなメッセージングサービスなのでこういう用途に向いていそうです.どちらも公式でLinux x86_64のデスクトップアプリが提供されています.アプリの出来は今の所Telegramのほうが上だと思います.Arm Linuxだと公式のものはないのですが,TelegramについてはCLIのアプリがあり,Raspberry Pi の Raspbian stretch でも要patchで動作しました.(Webアプリもあるのでそちらでも動作すると思うが未確認)

SMSはやったことがあるし,Telegram が使いやすい.てことでTelegramの設定をしてみました.まだ未実装な機能が多くちょっと面倒なのでメモしておきます.

Two-Factor Gateway の導入

Nextcloud 14に Two-Factor Gateway アプリを導入します.管理者アカウントで「アプリ」の「セキュリティ」から導入するのが楽でしょう.

導入するとNextcloudの「設定」の「セキュリティ」の中に「Message gateway second-factor auth」という項目が現れますが,設定が出来ません.

GitHubのドキュメントをみると未だ未実装の機能が多いようです.

Telegram Bot の作成

TOTPコードの送信する Telegram Bot を作成します.作成はTelegram のドキュメントを参照して作成します.

BotFather と会話してbot作成

BotFather という bot 管理用の bot が居るので,会話してbot を作成します.

アイコンちょっと怖い

44062365934 5aabe8f64d m

/newbot コマンドで新しい bot の作成が始まります.botの名前を効かれるので答えます.続いて bot の username を求められます.この username は最後に bot とつける必要があります.
成功するとアクセストークンが表示されるのでメモして次の手旬に移ります.以下の例では 640093430:AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo がトークンです.

Done! Congratulations on your new bot. You will find it at t.me/matoken_bot. You can now add a description, about section and profile picture for your bot, see /help for a list of commands. By the way, when you've finished creating your cool bot, ping our Bot Support if you want a better username for it. Just make sure the bot is fully operational before you do this.

Use this token to access the HTTP API:
640093430:AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo

For a description of the Bot API, see this page: https://core.telegram.org/bots/api

30910879338 4609b7a707
44781979421 aac86c72de

occ コマンドで Telegram bot のトークン設定

Nextcloud のインストールされている場所に Nextcloud 管理用の occ コマンドがあります.このコマンドで Telegram bot のトークンを設定します.
トークンの 640093430: 部分は省いてその後ろだけを入力します.

$ sudo -u www-data php ./occ twofactorauth:gateway:configure telegram
Please enter your Telegram bot token: AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo
Using AAFTa_pSAcKCZWeFoVDt-l7h7ewqzNe0Luo.
$ sudo -u www-data php ./occ twofactorauth:gateway:status
Signal gateway: not configured
SMS gateway: not configured
Telegram gateway: configured

ひとまずこれで管理者側の設定は終了です.

Telegram bot の chat_id を調べて登録する

ここからはNextcloud の利用アカウントでの操作になります.

Telegram
In order to receive authentication codes via Telegram, you first have to start a new chat with the bot set up by your admin.
Secondly, you have to obtain your Telegram ID via the ID Bot. Enter this ID to receive your verification code below.

You are not using Telegram for two-factor authentication at the moment. Enable

Telegram アプリを利用して,Telegram の bot から TOTPコードを受け取りたい Telegram アカウントに適当なメッセージを投げます.

@matoken hello

その後,Telegram API を利用してメッセージを取得して chat_id を調べます.
以下の例では 475721977 です.

$ curl https://api.telegram.org/bot640093430:AAHu9u_c12KC2PY8g22QZoA94u4tAJvxsvY/getUpdates | jq
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   358  100   358    0     0    315      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--   315
{
  "ok": true,
  "result": [
    {
      "update_id": 612249686,
      "message": {
        "message_id": 9,
        "from": {
          "id": 475721977,
          "is_bot": false,
          "first_name": "matoken",
          "username": "matoken",
          "language_code": "En"
        },
        "chat": {
          "id": 475721977,
          "first_name": "matoken",
          "username": "matoken",
          "type": "private"
        },
        "date": 1537282406,
        "text": "@matoken hello",
        "entities": [
          {
            "offset": 0,
            "length": 8,
            "type": "mention"
          }
        ]
      }
    }
  ]
}

試しに送信してみて Telegram アプリに bot からメッセージが飛んできたら chat id が正しいはず.

$ curl -X POST "https://api.telegram.org/bot640093430:AAHu9u_c12KC2PY8g22QZoA94u4tAJvxsvY" -d "chat_id=475721977&text=hello" | jq
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   274  100   246  100    28    179     20  0:00:01  0:00:01 --:--:--   200
{
  "ok": true,
  "result": {
    "message_id": 15,
    "from": {
      "id": 640093430,
      "is_bot": true,
      "first_name": "matoken_bot",
      "username": "matoken_bot"
    },
    "chat": {
      "id": 475721977,
      "first_name": "matoken",
      "username": "matoken",
      "type": "private"
    },
    "date": 1537312183,
    "text": "hello"
  }
}

Nextcloud にログインして,「設定」→「セキュリティ」の下部に「Message gateway second-factor auth」という項目が出来ているので「Enable」を押す.

Telegram
In order to receive authentication codes via Telegram, you first have to start a new chat with the bot set up by your admin.
Secondly, you have to obtain your Telegram ID via the ID Bot. Enter this ID to receive your verification code below.

You are not using Telegram for two-factor authentication at the moment. Enable

以下のメッセージが表示されたら chat_id を入力して Verify します.

Enter your identification (e.g. phone number to start the verification):
 Verify

Telegram で TOTPコードが飛んで来るのでそれを入力したらOKです.
一旦ログアウトして試してみましょう.

Telegram 認証を試す

いつものようにユーザ名,パスワードで認証すると以下のような画面に遷移します.
「Authenticate via Telegram」を押します.

44781965201 94bd9ca33e

Telegram から認証コードが飛んでくるのでそれを入力して認証完了です.

30910872108 2d5e8c21eb

めんどくさい……

未だ手順が面倒で一般ユーザに試してくれと言える状態ではないですね.でも次のリリースあたりでは簡単になるんじゃないでしょうか.

環境

$ sudo -u www-data php ./occ app:list|grep twofactor_|grep :
  - twofactor_backupcodes: 1.3.1
  - twofactor_gateway: 0.9.0
  - twofactor_totp: 1.5.0
$ sudo -u www-data php ./occ -V
Nextcloud 14.0.0
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 16.04.5 LTS
$ uname -m
x86_64

KeePassXC の Steam TOTP を試す

Steam ガードというスマートフォンアプリを使ったValve独自TOTPな多要素認証があります.これは通常のTOTP(rfc6238)と違い独自実装で数字だけではなくアルファベットも利用しているのでOATH ToolkitやGoogle Authenticatorでは認証できません.

Steam ガードのTOTPはValve独自ですが一応いくつかの実装はあります.(未検証)

KeepassXC にも TOTP(KeePassXC 2.2.0以降)と Steam ガードの TOTP(KeePassXC 2.3.0以降)がサポートされています.今回これを試してみました.

a generator for time-based one-time passwords (TOTP)
Add support for Steam one-time passwords [#1206]

しかし,これらを試すにはSteam Guard Mobile Authenticatorを設定したスマートフォンの中からTOTPの秘密鍵を入手する必要があります.以前のAndroidではadb backup するだけで鍵の書かれたファイルが入手できていたらしいのですが現在は暗号化されていてこの手順では入手できないようです.
GitHubにAPKにpatchするscriptが公開されていたのでまずはこれを試してみました.

これがうまく行けば以前のようにadb backupが出来るようになるはずです.しかし,バージョンの問題か失敗しました.

別の方法としてAndroidのroot取得済み端末にSteam Guard Mobile Authenticatorを導入してこちらの端末を有効にして秘密鍵を取得しました.

rooted端末から設定ファイルを抜き出してトークン取得
$ adb shell  shellを起動してファイル名を確認
1|shell@MK16i:/ $ su
root@MK16i:/ # ls -l /data/data/com.valvesoftware.android.steam.community/files/
-rw-rw---- u0_a59   u0_a59        448 2018-08-31 22:25 Steamguard-76561198085918260
root@MK16i:/ # exit
root@MK16i:/ $ exit からexitしてPCに戻る
$ adb root  #rootになる
$ adb pull /data/data/com.valvesoftware.android.steam.community/files/Steamguard-76561198085918260  #ファイル取得
$ adb kill-server  #adb server終了
$ file Steamguard-76561198085918260
Steamguard-76561198085918260: ASCII text, with very long lines, with no line terminators
$ lv Steamguard-76561198085918260
$ jq .uri Steamguard-76561198085918260 | sed -e 's/^.*=\(.*\)&.*$/\1/'  #鍵表示
OXYBZQLEOB7KKFAPERMN8EGNOLJWEDYZ
$ shred -uz Steamguard-76561198085918260  #ファイル消去

取得した鍵をKeePassXCに登録してみます.
Steamの設定上で右クリック,「タイムベースワンタイムパスワード」→「TOTP の設定…」から「キー」に設定します.
登録した後Steamの設定上で右クリック,「タイムベースワンタイムパスワード」→「TOTP を表示」でトークンが表示できます.
29467671377 1a01b3ce35

Androidスマートフォンアプリと見比べてみると同じトークンが表示され,Steamにもloginできます :)

43687930524 4260e0f2a6

[

Steam Guard Mobile Authenticatorは同時に1端末しか登録できず,2台目を設定すると1台目の端末の鍵が無効にされます.なのでKeePassXCを利用する場合はroot端末と併用するか,root端末から消してKeePassXCのみで運用するしかなさそうです.

複数の携帯電話で Steam アカウントを認証できますか?
いいえ、ひとつのアカウントで一度に有効化できる認証機器はひとつだけです。

もう一つ問題が.KeePassXCにはcli版が同梱されているのですが,バージョン2.3.4時点ではTOTPのオプションが見当たりません.GUIのみの利用となりそうです.

$ keepassxc-cli -h
Usage: keepassxc-cli [options] command
KeePassXC command line interface.

Available commands:
add            Add a new entry to a database.
clip           Copy an entry's password to the clipboard.
diceware       Generate a new random diceware passphrase.
edit           Edit an entry.
estimate       Estimate the entropy of a password.
extract        Extract and print the content of a database.
generate       Generate a new random password.
locate         Find entries quickly.
ls             List database entries.
merge          Merge two databases.
rm             Remove an entry from the database.
show           Show an entry's information.


Options:
  -h, --help     Displays this help.
  -v, --version  Displays version information.

Arguments:
  command        Name of the command to execute.
$ keepassxc-cli -v
2.3.4
環境
$ dpkg-query -W keepassxc
keepassxc       2.3.4+dfsg.1-1
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux unstable (sid)
$ uname -m
x86_64

GNU socialに2要素認証を

Mastodonなどでは使える2要素認証ですが,GNU socialにはありません.
先日 GNU social を nightly にしたのでこれが利用できそうです.

Plugin形式で戻すのも簡単そうだし試してみました.

backup
dbとファイルをバックアップしておきます.

$ sudo -u www-data rsync -avv /var/www/gnusocial.matoken.org
rsync --stats -av --delete --link-dest=/export/backup/micro/gs/www/`/bin/date -d '1 day ago' +%Y%m%d`/ /var/www/gnusocial.matoken.org /export/backup/micro/gs/www/`/bin/date +\%Y\%m\%d`/
$ sudo -u www-data tar cvf - /export/backup/micro/gs/www/`/bin/date +\%Y\%m\%d`/ > /export/backup/micro/gs/www/`/bin/date +\%Y\%m\%d`-2fa.tar.xz
$ umask 0266 && /usr/bin/mysqldump --defaults-file=/export/backup/micro/gs/db/.my-backup.cnf --opt --all-databases --events | /usr/bin/xz -9 > /export/backup/micro/gs/db/`date +\%Y-\%M-\%d_\%H:\%m:\%S_\%s_$$`-master2nightly.sql.xz

GNU social の source ディレクトリに移動して 2fa を marge する

$ cd gnu-social
$ git fetch https://git.gnu.io/sstjohn/gnu-social.git 2fa-beta
$ git checkout -b sstjohn/gnu-social-2fa-beta FETCH_HEAD
$ git checkout nightly
$ git merge --no-ff sstjohn/gnu-social-2fa-beta
$ git push origin nightly

動いているGNU social環境にcopy

$ sudo -u www-data rsync -avv --omit-dir-times --exclude=".git*" ./ <GNUSOCIAL_PATH>/

config.phpに以下の行を追加してTwoFactorAuth pluginを有効にする

addPlugin('TwoFactorAuth');

動作確認
設定画面の左側に 2FA という項目が増える.

https://farm5.staticflickr.com/4588/39554232041_1d85c51a91_n.jpg

「Require secondary authentication upon login」のチェックボックスにチェックを付けて SAVE で2FAが有効になる.
Default provider で常用する2FA方式を選択しておくと便利です.

https://farm5.staticflickr.com/4633/39524857262_899ae15086_n.jpg

認証には,「FIDO 2.0」「TOTP」「U2F」が利用できます.
自分はTOTPを利用しています.TOTPの場合スマホアプリのGoogle Autharicatorなどが使えます.QR CodeやKEYを使ってアプリに登録します.

https://farm5.staticflickr.com/4589/38845402154_14ac40b77a_n.jpg

自分は信頼できるスマホを持っていないのでoathtoolを使って適当なscriptを書いて使っています.

$ oathtool --totp -b YJVHGFLJBWJAEROQVQ5MTIAKA2XVCUAH
148825

バックアップコードも保存しておきましょう.

https://farm5.staticflickr.com/4730/39554339271_99efd6658b_n.jpg

この状態で一旦GNU socialをログアウト,いつものID/PASSWORDでログインすると2FAの認証画面になるので,認証情報を入力してログインします.
既定値以外の認証情報を用いたい場合は「Try another way to sign in.」から選択可能です.

https://farm5.staticflickr.com/4587/39555314441_9b42544cc8_n.jpg

bug?
認証後真っ白な画面若しくは「Aythentication success!」と表示されるけど認証画面になります.多分バグです.URLを手動で編集したらログインできています.

https://farm5.staticflickr.com/4736/38658168725_4c15bc2765.jpg

サードパーティアプリケーションの対応
スマホアプリなどを利用している場合はパスワードを変更しなければいけません.
2FAの設定画面の「Application Passwords」の「ADD APPLICATION」ボタンから追加します.「Application name」に識別用の適当な名前を入れて,「Generate」ボタンでパスワードが生成されます.必要が無くなったら「Revoke」で消しましょう.

https://farm5.staticflickr.com/4637/27779332399_189cde7bdc_n.jpg
https://farm5.staticflickr.com/4590/27779333139_0753ed2c8e_n.jpg
https://farm5.staticflickr.com/4588/27779333639_68495ef93b_n.jpg

AndroidアプリのTwidereでは認証情報の変更画面が見当たりませんでした,アカウントの追加をして何時ものhost/id/新しい2faアプリケーションパスワードを設定するとすでにアカウントがあるとか言われて認証情報が書き換わりました.

という感じでとりあえず利用できるようになりました.
GNU socialでは結構長く放置されているので暫くは入らないような感じですかね.
バグはTOTP利用してる人が居ない?Ubico YubiKeyとかほしいですね.