bluetoothを無効にする(Debian sid amd64)

Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚 ~Bluetoothがオンになっているだけで攻撃可能 – PC Watch

BT搭載デバイスは、ペアリング済みのデバイスだけでなく、つねにあらゆるデバイスからの着信接続を探知しているため、デバイスをまったくペアリングせずにBT接続を確立できる。このため、BlueBorneは攻撃を検知されない潜在的攻撃となっている。

 BlueBorne攻撃では、まず周囲のアクティブなBT接続を探知する。このさい、ペアリングのための「発見可能」モードでなくても、BTがオンになっていれば識別が可能となる。

とても怖いです.
手元の端末ではPCとAndroidをBluetoothテザリングをよく利用しています.

PCの対応状況を確認(2017-09-13時点)すると,Debianは未だ未対応.Ubuntuは14.04 LTS, 16.04 LTS, 17.04がリリース済みでした.

とりあえず,手元で使っているDebian sid amd64とRaspberry Pi Zero WのRaspbian stretchでBluetoothを無効にしておくことにしました.


blueman-appletで設定

PCではblueman-appletを利用しています.
システムトレイ上のアイコンを右クリックして
Turn off Bluetooth
を行うと無効に出来てBluetoothのLEDも消灯します.
でも再起動でOnになるので起動のたびに設定しないといけない&そのタイミングで攻撃をされるかもしれないのであまりよろしくない感じがします.


moduleをblucklistに入れて無効にする

Bluetoothのモジュールを読み込まないようにしてみます.これならBluetoothは動作しないはずです.

まずはlsmodコマンドでbluetooth関連モジュールを確認します.手元のLenovo x200の場合は以下のようになりました.

x200のbluetooth module確認

$ lsmod|grep -i bluetooth
bluetooth             544768  14 btrtl,btintel,bnep,btbcm,rfcomm,btusb
crc16                  16384  2 bluetooth,ext4
rfkill                 24576  6 bluetooth,thinkpad_acpi,cfg80211

モジュールをロードしないように /etc/modprobe.d/blacklist.conf というファイルに blacklist <modulename> という形式で書いていきます.

x200 blacklistに設定

$ echo 'blacklist btrtl
> blacklist btintel
> blacklist bnep
> blacklist btbcm
> blacklist rfcomm
> blacklist btusb
> blacklist bluetooth' | sudo tee -a /etc/modprobe.d/blacklist.conf

設定したら再起動してモジュールが読み込まれないのを確認します.

再起動してmoduleがloadされないのを確認

$ lsmod|grep -i bluetooth

しかしPCのBluetooth LEDインジケーターが消えません.動作上は問題ないでしょうけどちょっと気持ち悪いです.
GPIO辺り探すと消せそうですが面倒.


BIOSで無効にする

PCによっては設定できないかもですが,BIOSで無効にします.これだとLEDインジケーターも光らないので良い感じです.


https://farm5.staticflickr.com/4435/37206157365_ab607c3943.jpg


物理的にモジュールを取り外す

これが一番確実でしょうがそう待たずにセキュリティ修正は降りてくると思うので今回は見送りました.

ディスクイメージのデバイスマップが簡単に作れるkpartxを試す

以下のページでkpartxというディスクのデバイスマップを作るコマンドがあるのを知りました

そこでまず、kpartxを使って各パーティションのデバイスマップを作ります。
$ sudo /sbin/kpartx -av /opt/atde3-20100309.img
add map loop2p1 : 0 497952 linear /dev/loop2 63
add map loop2p2 : 0 33045705 linear /dev/loop2 498015
$ ls /dev/mapper/
control loop2p1 loop2p2
これでディスクイメージの各物理パーティションに対応したデバイスマップができました。fdiskで見えていたパーティションはそれぞれ、/dev/mapper/loop2p1 /dev/mapper/loop2p2 として参照できるようになっています。

これまでは以下のページのようにfdiskコマンドでパーティション情報を確認してmount時にoffsetを指定していました.

kpartxを使うとこの作業が簡単になりそうなので試してみました.

Debian sid amd64ではそのままkpartxパッケージだったのでこれを導入します.(Ubuntu 17.04 amd64でも同様でした.)

$ sudo apt install kpartx

丁度Raspbian jessie 2017-04-10が出たのでこれで試してみます.

$ unzip -l 2017-04-10-raspbian-jessie-lite.zip 
Archive:  2017-04-10-raspbian-jessie-lite.zip
  Length      Date    Time    Name
---------  ---------- -----   ----
1297862656  2017-04-10 18:58   2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img
---------                     -------
1297862656                     1 file
$ time unzip 2017-04-10-raspbian-jessie-lite.zip
Archive:  2017-04-10-raspbian-jessie-lite.zip
  inflating: 2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img  

real    2m58.438s
user    0m27.512s
sys     0m2.132s
 sudo /sbin/kpartx -av 2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img
add map loop0p1 (254:3): 0 83968 linear 7:0 8192
add map loop0p2 (254:4): 0 2442728 linear 7:0 92160
$ ls -lA /dev/mapper/
合計 0
crw------- 1 root root 10, 236  4月 11 23:37 control
lrwxrwxrwx 1 root root       7  4月 12 06:07 loop0p1 -> ../dm-3
lrwxrwxrwx 1 root root       7  4月 12 06:07 loop0p2 -> ../dm-4
lrwxrwxrwx 1 root root       7  4月 11 23:37 sda3_crypt -> ../dm-0
lrwxrwxrwx 1 root root       7  4月 11 23:37 x220--vg-root -> ../dm-1
lrwxrwxrwx 1 root root       7  4月 11 23:37 x220--vg-swap_1 -> ../dm-2

デバイスマッピングされています.これで簡単にmount出来ました.

$ sudo mount -o ro /dev/mapper/loop0p1 /media/mk/pi-boot
$ sudo mount -o ro /dev/mapper/loop0p2 /media/mk/pi-root/
$ mount | grep /dev/mapper/loop0p
/dev/mapper/loop0p1 on /media/mk/pi-boot type vfat (ro,relatime,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=ascii,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro)
/dev/mapper/loop0p2 on /media/mk/pi-root type ext4 (ro,relatime,data=ordered)
$ ls /media/mk/pi-boot
COPYING.linux     bcm2708-rpi-0-w.dtb     bcm2708-rpi-cm.dtb   bcm2710-rpi-cm3.dtb  config.txt    fixup_db.dat  kernel.img   start.elf     start_x.elf
LICENCE.broadcom  bcm2708-rpi-b-plus.dtb  bcm2709-rpi-2-b.dtb  bootcode.bin         fixup.dat     fixup_x.dat   kernel7.img  start_cd.elf
LICENSE.oracle    bcm2708-rpi-b.dtb       bcm2710-rpi-3-b.dtb  cmdline.txt          fixup_cd.dat  issue.txt     overlays     start_db.elf
$ ls /media/mk/pi-root
bin  boot  dev  etc  home  lib  lost+found  media  mnt  opt  proc  root  run  sbin  srv  sys  tmp  usr  var

そしてchrootしてみたり

$ sudo mount -o remount,rw /media/mk/pi-root
$ sudo cp -p /usr/bin/qemu-arm-static /media/mk/pi-root/usr/bin
$ sudo chroot /media/mk/pi-root/ /bin/bash
# dpkg --get-selections "*" | wc -l
427

アンマウントして元に戻します.

# exit
$ sudo umount /media/mk/pi-*
$ sudo kpartx -d /dev/mapper/loop0p1
$ sudo kpartx -d /dev/mapper/loop0p2
$ rm ./2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img

便利ですね :)
後は圧縮ファイルをそのまま使えると便利なんですがムリカナ?

etckeeperのmanに載っているREADMEを読もうと思ったら無い

Debian sid amd64のetckeeperのmanに載っているREADMEを読もうと思ったらそんなファイルは無い.

$ man etckeeper | grep -B1 README
SEE ALSO
       /usr/share/doc/etckeeper/README.md.gz
$ lv /usr/share/doc/etckeeper/README.md.gz
/usr/share/doc/etckeeper/README.md.gz: No such file or directory
$ ls -lA /usr/share/doc/etckeeper/
合計 40
-rw-r--r-- 1 root root  4679  7月 18  2016 README.mdwn.gz
-rw-r--r-- 1 root root 11645  8月  2  2016 changelog.Debian.gz
-rw-r--r-- 1 root root  1785  7月 18  2016 copyright
-rw-r--r-- 1 root root   948  7月 18  2016 index.mdwn
-rw-r--r-- 1 root root   483  7月 18  2016 install.mdwn
-rw-r--r-- 1 root root    55  7月 18  2016 news.mdwn
-rw-r--r-- 1 root root   309  7月 18  2016 todo.mdwn
$ dpkg -L etckeeper | grep README
/etc/etckeeper/commit.d/README
/etc/etckeeper/init.d/README
/etc/etckeeper/post-install.d/README
/etc/etckeeper/pre-commit.d/README
/etc/etckeeper/pre-install.d/README
/etc/etckeeper/unclean.d/README
/etc/etckeeper/uninit.d/README
/etc/etckeeper/update-ignore.d/README
/usr/share/doc/etckeeper/README.mdwn.gz
$ dpkg-query -W etckeeper
etckeeper       1.18.5-1

/usr/share/doc/etckeeper/README.mdwn.gzが内容からしてそれぽい.
バグぽいので報告しようかと思って既存のバグを眺めると既に報告されて上流で修正済みのようでした.

バックライト制御コマンドのybacklight

awesome wmでバックライトの制御にxbacklightコマンドを使っていたのですが,手元のDebian sid amd64環境ではNo outputs have backlight propertyというエラーで現在利用できなくなっています.

$ xbacklight -get
No outputs have backlight property
$ xbacklight = 100
No outputs have backlight property
$ xbacklight + 10
No outputs have backlight property
$ xbacklight - 10
No outputs have backlight property

workaroundとしてこんな感じで手で叩いていてちょっとあれです.持ち出さないPCなのであまり操作しないのでどうにかなってるけど不便です.

$ sudo sh -c "echo 1000 > /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness"

しかし,gdm3のログイン画面ではFn+Home/Fm+Endでバックライトの変更が出来ることに気づきました.
なんか進展あったのかな?とバグレポを眺めているとそれらしいものは見つからないけれど,

ybacklightというものが紹介されているのに気づきました.

利用方法はxbacklightと同じです.

$ ybacklight -h
Usage: /home/mk/bin/ybacklight [options]
  Options:
  -d <driver> or -driver <driver>: Use driver <driver> (NB: -display is
                                   also supported for compatibility)
  -help: Print this help
  -set <percentage> or = <percentage>: Set backlight to <percentage>
  -inc <percentage> or + <percentage>: Increase backlight by <percentage>
  -dec <percentage> or - <percentage>: Decrease backlight by <percentage>
  -get: Get backlight percentage
  -time <ignored> or -steps <ignored>: Unsupported, ignored
  -v: Verbose output

読むのはいけますが,変更は出来ません.

$ ybacklight -get
30
$ ybacklight +10
Permissions conflict.  Can't write to: ( /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness )

/sys/class/backlight/intel_backlight/brightnessに書き込み権をつけると行けます.

$ ls -l /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness
-rw-r--r-- 1 root root 4096  4月  5 06:48 /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness
$ sudo chmod o+w /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness
$ ls -l /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness
-rw-r--rw- 1 root root 4096  4月  5 06:48 /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness
$ ybacklight +10
40
$ ybacklight -10
30

ちょっと微妙.

gdm3でユーザーリストの非表示が無効になっていたのを調べる

Debian sid amd64のgdm3の画面でユーザーリストを表示しないようにしていたのですが,表示されるようになっていました.

これまでは,
/etc/gdm3/greeter.dconfファイルの以下の設定を有効にしていました.

disable-user-list=true

$ apt-get changelog gdm3( /usr/share/doc/gdm3/changelog.Debian.gz)を見るとこんな記述が,

  * greeter.dconf-defaults: this is a new file to remove the old 
    greeter.gsettings
  * Convert greeter.gsettings to greeter.dconf-defaults at postinst time 
    and use ucf to update the file.
  * Make a direct symlink to the new greeter.dconf-defaults file in the 
    dconf defaults directory.

gdm3 (3.12.1-1)からgreeter.dconf-defaultsに変わったようです.

$ ls /etc/gdm3/
Init  PostLogin  PostSession  PreSession  Xsession  daemon.conf  daemon.conf.dpkg-dist  greeter.dconf  greeter.dconf-defaults  greeter.dconf-defaults.ucf-old

内容はほとんど同じなようです.

$ diff  /etc/gdm3/greeter.dconf /etc/gdm3/greeter.dconf-defaults
26,27d25
< #logo='/usr/share/icons/gnome/48x48/places/debian-swirl.png'
< #fallback-logo='/usr/share/icons/gnome/48x48/places/debian-swirl.png'
31d28
< 
33c30
< disable-user-list=true
---
> # disable-user-list=true
37,38c34,35
< #banner-message-enable=true
< #banner-message-text='Welcome!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!'
---
> # banner-message-enable=true
> # banner-message-text='Welcome'

ということで/etc/gdm3/greeter.dconf-defaultsdisable-user-list=trueを有効にしたらOKでした.

diff --git a/gdm3/greeter.dconf-defaults b/gdm3/greeter.dconf-defaults
index c5b0786..b0ee10c 100644
--- a/gdm3/greeter.dconf-defaults
+++ b/gdm3/greeter.dconf-defaults
@@ -27,7 +27,7 @@ logo='/usr/share/icons/hicolor/48x48/emblems/emblem-debian-white.png'
 fallback-logo='/usr/share/icons/hicolor/48x48/emblems/emblem-debian-white.png'

 # - Disable user list
-# disable-user-list=true
+disable-user-list=true
 # - Disable restart buttons
 # disable-restart-buttons=true
 # - Show a login welcome message

#ちなみにこのとき$ sudo service gdm3 restartとしたらなんかおかしくなってしまいました…….OSごと再起動したら治りました.

次から気づきやすいように

$ sudo dpkg-reconfigure apt-listchanges

で「APTで表示すべき変更内容の種類を選択してください。」を「両方 – ニュースと changelog の両方」にしておきました.testing/unstable辺りはちゃんと読まないとですね…….

※apt-listchangesが入っていない場合は$ sudo apt install apt-listchanges

ext4の暗号化fsを試してみる

Linux 4.1でext4の暗号化ファイルシステムが取り込まれているのに気づいたので少し試してみました.
cCryptFSやEncFSなどと同じようにファイル単位での暗号化です.前もって暗号化フラグを設定してあれば一般ユーザが勝手に暗号領域を作ることも可能でした.eCryptFSやEncFSのような使い方も可能そうです.恐らく速度はこちらのほうが速いでしょう(未確認).ただ,パスフレーズがわかってしまうと別のユーザからもマウント可能だしパーミッションがあれば読み書きも出来るので通常のファイルシステムと同様パーミッションの設定は必須ですね.
パーティション内全てを暗号化することは出来ないようなのでLUKS(dm-crypt)とは単純に空きかえることはできなさそうです.

そんなこんなでもともとAndroid向けということもあってPC/Serverではあまり使いみちが思いつかない感じです.(何かいい使い方ありそうだけど…….)

必要条件確認

  • Linux 4.1以上
$ uname -r
4.9.0-2-amd64
  • CONFIG_EXT4_ENCRYPTIONが有効
$ grep CONFIG_EXT4_ENCRYPTION /boot/config-`uname -r`
CONFIG_EXT4_ENCRYPTION=y
  • e2fsprogs 1.43以上
$ dpkg-query -W e2fsprogs
e2fsprogs       1.43.4-2
  • ブロックサイズが4k
$ sudo dumpe2fs /dev/loop0 | grep -i 'block size'
dumpe2fs 1.43.4 (31-Jan-2017)
Block size:               4096

必要なパッケージの導入

$ sudo apt install e2fsprogs keyutils util-linux coreutils mount

ファイルシステムの用意

今回は既存のファイルシステム内にディスクイメージを作成してそれを利用

  • 1GBのディスクイメージの作成
$ dd if=/dev/zero of=ext4-crypt.img seek=1073741824 bs=1 count=1
1+0 レコード入力
1+0 レコード出力
1 byte copied, 0.000118528 s, 8.4 kB/s
  • パーティションの作成
    primaryを1つ作成
$ /sbin/fdisk ext4-crypt.img

Welcome to fdisk (util-linux 2.29.2).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.

Device does not contain a recognized partition table.
Created a new DOS disklabel with disk identifier 0xa25a3988.

Command (m for help): n
Partition type
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended (container for logical partitions)
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 1): 
First sector (2048-2097151, default 2048): 
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-2097151, default 2097151): 

Created a new partition 1 of type 'Linux' and of size 1023 MiB.

Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Syncing disks.
  • ext4でフォーマット
$ /sbin/mkfs.ext4 ./ext4-crypt.img 
mke2fs 1.43.4 (31-Jan-2017)
Found a dos partition table in ./ext4-crypt.img
Proceed anyway? (y,N) y
Discarding device blocks: done                            
Creating filesystem with 262144 4k blocks and 65536 inodes
Filesystem UUID: dc44fd43-7d7a-4dfc-87f1-dc52410e2dd1
Superblock backups stored on blocks: 
        32768, 98304, 163840, 229376

Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done
  • マウント
$ sudo mount -o loop ./ext4-crypt.img /mnt
$ grep /mnt /etc/mtab 
/dev/loop0 /mnt ext4 rw,relatime,data=ordered 0 0
  • オーナー,グループの変更
$ sudo chown `id -u`.`id -g` /mnt
$ ls -la /mnt
合計 36
drwxr-xr-x 3 mk   mk    4096  4月  2 04:58 .
drwxr-xr-x 1 root root   248  3月 28 02:19 ..
drwx------ 2 root root 16384  4月  2 04:58 lost+found

ext4暗号化ファイルシステムの利用

  • ext4の暗号化フラグを設定
$ sudo tune2fs -O encrypt /dev/loop0
$ sudo dumpe2fs /dev/loop0 | grep -io encrypt
dumpe2fs 1.43.4 (31-Jan-2017)
encrypt
  • 鍵の生成とキーリングへの追加
$ /usr/sbin/e4crypt add_key
Enter passphrase (echo disabled): 
Added key with descriptor [07a3ce5a6ebf0396]
$ keyctl show
Session Keyring
1048296028 --alswrv   1000  1000  keyring: _ses
 615559430 --alsw-v   1000  1000   \_ logon: ext4:07a3ce5a6ebf0396

※パスフレーズの入力は1回だけで確認されないので初回は特に注意.利用しはじめる前にキーリングをクリアして登録し直してパスフレーズが正しいか確認しておく.

  • 暗号化ポリシーの設定

このとき対象ディレクトリが空ではない場合エラーとなる( Error [Directory not empty] setting policy. )ので注意.

マウントポイントにはlost+foundが存在するので必ずサブディレクトリ以下である必要がある.

$ mkdir /mnt/encryption
$ /usr/sbin/e4crypt set_policy 07a3ce5a6ebf0396 /mnt/encryption
Key with descriptor [07a3ce5a6ebf0396] applied to /mnt/encryption.

※鍵の生成とキーリングへの追加と暗号化ポリシーの設定は次のようにすることで一度に設定可能

$ /usr/sbin/e4crypt add_key /mnt/encryption
  • 暗号化ファイルシステム領域にファイルを作成
$ echo 'hello' > /mnt/encryption/test.txt
$ ls -la /mnt/encryption
合計 12
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 05:07 .
drwxr-xr-x 4 mk mk 4096  4月  2 05:06 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:07 test.txt
  • キーリングのクリア
$ sudo keyctl clear @s
$ sudo keyctl show
Session Keyring
1048296028 --alswrv   1000  1000  keyring: _ses

キーリングをクリアしただけではアクセスできる

$ ls -lA /mnt/encryption
合計 12
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:07 test.txt
  • アンマウントとマウントし直し

キーリングをクリアした状態でアンマウントすると暗号化された状態に戻る

$ sudo umount /mnt
$ sudo mount -o loop ./ext4-crypt.img /mnt
$ ls -la /mnt/encryption
合計 12
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 05:42 .
drwxr-xr-x 4 mk mk 4096  4月  2 05:06 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A
$ cat /mnt/encryption/uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A 
cat: /mnt/encryption/uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A: 要求されたキーが利用できません

ユーザ,グループ,パーミッションなどは見える.内容にはアクセスできない.

  • 再度暗号化領域を利用出来るようにする

鍵の生成とキーリングへの追加と暗号化ポリシーの設定をし直すとアクセスできるようになる

$ /usr/sbin/e4crypt add_key /mnt/encryption
Enter passphrase (echo disabled): 
Added key with descriptor [07a3ce5a6ebf0396]
$ ls -la /mnt/encryption
合計 12
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 05:42 .
drwxr-xr-x 4 mk mk 4096  4月  2 05:06 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 test.txt

ファイル名長の確認

EncFSなどはファイル名のメタデータがファイル名内にあるので利用できるファイル名長が短くなってしまう.ext4ではどうか試す.

  • 通常のext4領域では256文字
$ touch /mnt/1234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456
touch: '/mnt/1234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456' に touch できません: ファイル名が長すぎます
$ touch /mnt/123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345
  • 暗号化領域も同様だった
$ touch /mnt/encryption/123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345
$ ls -lA /mnt/encryption/
合計 4
-rw-r--r-- 1 mk mk 0  4月  2 07:14 123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345
-rw-r--r-- 1 mk mk 6  4月  2 05:42 test.txt
  • 非暗号化状態ではこんな状態
-rw-r--r-- 1 mk mk    0  4月  2 07:14 _OsoePJvc3qPQCPHbUMtjSynszcHig3BL
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A

復号状態のファイル名は別の場所に記録されているよう.

複数の暗号化領域を作ってみる

  • 新しい暗号化領域のためのディレクトリを作成
$ mkdir /mnt/encryption2
$ ls -la /mnt/encryption2
合計 8
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 06:49 .
drwxr-xr-x 5 mk mk 4096  4月  2 06:49 ..
  • 暗号化設定
$ sudo e4crypt add_key /mnt/encryption2
Enter passphrase (echo disabled):
Key with descriptor [9640dd016062b432] already exists
Key with descriptor [9640dd016062b432] applied to /mnt/encryption2.
$ keyctl show
Session Keyring   
1048296028 --alswrv   1000  1000  keyring: _ses
  94779002 --alsw-v      0     0   \_ logon: ext4:69ca01e214957173
 219437542 --alsw-v      0     0   \_ logon: ext4:07a3ce5a6ebf0396
1025344233 --alsw-v      0     0   \_ logon: ext4:9640dd016062b432
$ touch /mnt/encryption2/hoge
  • 一回暗号化を解除してマウントし直す
$ keyctl clear @s
$ keyctl show
Session Keyring   
1048296028 --alswrv   1000  1000  keyring: _ses
$ sudo umount /mnt
$ sudo mount -o loop ./ext4-crypt.img /mnt
  • 片方だけ鍵を登録して暗号化領域を利用
$ sudo e4crypt add_key /mnt/encryption2
Enter passphrase (echo disabled):
Added key with descriptor [9640dd016062b432]
Key with descriptor [9640dd016062b432] applied to /mnt/encryption2.
$ ls -la /mnt/encryption*
/mnt/encryption:  
合計 12
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 06:11 .
drwxr-xr-x 5 mk mk 4096  4月  2 06:49 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    0  4月  2 06:11 _OsoePJvc3qPQCPHbUMtjSynszcHig3BL
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A

/mnt/encryption2: 
合計 8
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 06:51 .
drwxr-xr-x 5 mk mk 4096  4月  2 06:49 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    0  4月  2 06:51 hoge

暗号化領域に鍵が登録されてない状態でファイルを作ってみる

暗号化領域に鍵が登録されてない状態でファイルを作るとどうなるかを確認.

$ ls -lA /mnt/encryption
合計 4
-rw-r--r-- 1 mk mk 0  4月  2 07:14 _OsoePJvc3qPQCPHbUMtjSynszcHig3BL
-rw-r--r-- 1 mk mk 6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A
mk@x220:~ (1180)$ touch /mnt/encryption/test
touch: '/mnt/encryption/test' のタイムスタンプを設定中です: そのようなファイルやディレクトリはありません
mk@x220:~ (1181)$ ls -lA /mnt/encryption
合計 4
-rw-r--r-- 1 mk mk 0  4月  2 07:14 _OsoePJvc3qPQCPHbUMtjSynszcHig3BL
-rw-r--r-- 1 mk mk 6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A

エラーとなって作れない.

別のユーザで利用

  • 別のユーザで中が見えるか確認
$ id
uid=1001(gm) gid=1001(gm) groups=1001(gm),20(dialout),24(cdrom),25(floppy),29(audio),30(dip),44(video),46(plugdev),107(netdev)
$ ls -la /mnt/encryption
合計 12
drwxr-xr-x 2 mk mk 4096  4月  2 06:11 .
drwxr-xr-x 7 mk mk 4096  4月  2 07:48 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    0  4月  2 07:14 _OsoePJvc3qPQCPHbUMtjSynszcHig3BL
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A
$ ls -la /mnt/encryption
合計 12
drwxrwxrwx 2 mk mk 4096  4月  2 06:11 .
drwxr-xr-x 7 mk mk 4096  4月  2 07:48 ..
-rw-r--r-- 1 mk mk    0  4月  2 07:14 123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 test.txt
  • 権限があればファイル作成もできる
$ touch /mnt/encryption/other_user
$ ls -lA /mnt/encryption
合計 4
-rw-r--r-- 1 mk mk 0  4月  2 07:14 123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345
-rw-r--r-- 1 gm gm 0  4月  2 07:55 other_user
-rw-r--r-- 1 mk mk 6  4月  2 05:42 test.txt
  • 暗号化解除は出来ないと思ったが,
$ /usr/sbin/e4crypt add_key /mnt/encryption
/mnt/encryption: Permission denied
  • パーミッションをゆるくしてやると出来てしまう.
$ ls -la /mnt/encryption
合計 12
drwxrwxrwx 2 mk mk 4096  4月  2 07:55 .
drwxr-xr-x 7 mk mk 4096  4月  2 07:48 ..
-rw-r--r-- 1 gm gm    0  4月  2 07:55 97NmIBETx,1q9US96etRsA
-rw-r--r-- 1 mk mk    0  4月  2 07:14 _OsoePJvc3qPQCPHbUMtjSynszcHig3BL
-rw-r--r-- 1 mk mk    6  4月  2 05:42 uzUlJZQfaxMx,7cC63,53A
$ /usr/sbin/e4crypt add_key /mnt/encryption
Enter passphrase (echo disabled): 
Added key with descriptor [07a3ce5a6ebf0396]
Error [Permission denied] setting policy.
The key descriptor [07a3ce5a6ebf0396] may not match the existing encryption context for directory [/mnt/encryption].
$ ls -lA /mnt/encryption
合計 4
-rw-r--r-- 1 mk mk 0  4月  2 07:14 123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345
-rw-r--r-- 1 gm gm 0  4月  2 07:55 other_user
-rw-r--r-- 1 mk mk 6  4月  2 05:42 test.txt

minicomでステータスラインを非表示に

というのを見て気になって確認してみた.manを見てみると-Fというのがそれぽい

$ minicim -D /dev/ttyACM1 -F ''

としてみるとステータスラインの内容は消えるけどステータスライン自体は残っているのでちょっと違う感じ.

minicim起動中に設定画面(Ctrl+A o)の「画面とキーボード」内にそれらしい「C – ステータスライン表示 : 許可」というものがある.これをCを押して「禁止」にして「”dfl” に設定を保存」で設定ファイルに書き出してみる.

$ cat ~/.minirc.dfl 
# Machine-generated file - use setup menu in minicom to change parameters.
pu statusline       disabled

この状態でminicomを起動するとステータスラインは消えていて,この行をコメントアウトしてminicomを起動するとステータスラインがでてくるのを確認.

試した環境はDebian sid amd64のminicom 2.7-1+b2

Ubuntu 17.04のSynergyと互換性が無くなったのでDebianでexperimentalのSynergyを使う

20170224_01-02-43-4533

リリース前のUbuntu 17.04をサブマシンで使用しているのですが,これをメインPCの横に置いてSynergyを使ってメインPCから操作しています.しかしUbuntu 17.04のSynergyが新しくなって繋がらなくなりました.
設定を確認するとこれまで暗号化通信にパスワードを指定する形でした.これがSSLになったようです.
GUIでもman synergys/synergycを見ても旧形式は使えなさそうで互換性が失われているようです.

20170224_01-02-53-4521
※Ubuntu 17.04のsynergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2

20170224_01:02:47-1037
※Debian stretchのsynergy 1.4.16-2

DebianのSynergyのバージョンを確認すると,今のところsidでも1.4.16-2でexperimentalでは1.8.7-stable+dfsg.1-2でした.

とりあえずexperimentalから借りてくることにしました.

sources.listexperimentalがある状態で

$ grep experimental /etc/apt/sources.list
deb http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian/ experimental main non-free contrib
deb-src http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian/ experimental main non-free contrib

/etc/apt/preferences.d/synergyを以下のような感じで用意して,

$ cat /etc/apt/preferences.d/synergy
Package: synergy
Pin: release a=experimental
Pin-Priority: 800

パッケージ情報を更新して導入.

$ sudo apt update
$ sudo apt install synergy
 :
以下のパッケージはアップグレードされます:
  synergy
アップグレード: 1 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 22 個。
853 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 607 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 <http://dennou-q.gfd-dennou.org/debian> experimental/main amd64 synergy amd64 1.8.7-stable+dfsg.1-2 [853 kB]
853 kB を 3秒 で取得しました (235 kB/s)
 :
.../synergy_1.8.7-stable+dfsg.1-2_amd64.deb を展開する準備をしています ...
synergy (1.8.7-stable+dfsg.1-2)(1.4.16-2 に) 上書き展開しています ...
synergy (1.8.7-stable+dfsg.1-2) を設定しています ...
 :

という感じで導入できました.
元に戻す場合は/etc/apt/preferences.d/synergyを消してパッケージを更新すればいいはず.

バージョンが新しくなってからSynergyを起動するとウィザードが走ってSSL証明書が~/.synergy/SSL/Synergy.pemに作られます.フィンガープリントも~/.synergy/SSL/Fingerprints/Local.txtに作成されるので初回接続時にClient側に表示されるメッセージをSynergy Server側のこのフィンガープリントと見比べてから接続します.

$ cat ~/.synergy/SSL/Fingerprints/Local.txt 
2E:51:06:DC:05:42:09:81:7E:FB:3A:4F:C6:A4:A4:EE:98:ED:75:A0

20170225_00:02:32-4657

このフィンガープリントはClientの~/.synergy/SSL/Fingerprints/TrustedServers.txtに保存されます.

$ cat ~/.synergy/SSL/Fingerprints/TrustedServers.txt
2E:51:06:DC:05:42:09:81:7E:FB:3A:4F:C6:A4:A4:EE:98:ED:75:A0

てことでとりあえず使えるようになりました.

環境

  • server
$ lsb_release -d
Description:    Debian GNU/Linux 9.0 (stretch)
$ uname -a
Linux x220 4.9.0-2-amd64 #1 SMP Debian 4.9.10-1 (2017-02-17) x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W synergy
synergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2
  • client
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu Zesty Zapus (development branch)
$ uname -a
Linux x200 4.9.0-15-generic #16-Ubuntu SMP Fri Jan 20 15:31:12 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
$ dpkg-query -W synergy
synergy 1.8.7-stable+dfsg.1-2