Debian/Ubuntuでawkを切り替える

Debian等でのインストール直後のawkは mawk が導入されます. Debianのパッケージでは他にGNU awk(パッケージ名 gawk ), The One True Awk(パッケージ名 original-awk )というものもあります.*BSDなどでよく見る nawk もあるように見えますが,シンボリックリンクだけのようです. (他にもあるかもしれない?) mawk は初期状態で入っていて軽量.GNU awk はmawkに比べて多機能で既定値では導入されませんが, byobu などが依存を求めるので入っている人も多いと思います. 複数のawkパッケージが導入されているときに awk と実行したときは update-alternatives で管理されたシンボリックリンク先のいずれかのawkが実行されます.これを切り替えてみます.

vnStatでネットワークトラフィックを集計する

以下のエントリでipコマンドでネットワーク通信量が確認できました. ip コマンドでネットワーク通信量を確認する – matoken’s meme 端末を起動してからの通信量は確認できますが,再起動したりするとデータ量はクリアされてしまいます.MRTGやZabbixなどを使うのは大げさな感じがします. もう少しお手軽なものがないかなと少し探してvnStatというものを見つけたので今回試してみました. vnStat – a network traffic monitor for Linux and BSD

cpu情報を表示するcpufetch

cpufetchというscreenfetchインスパイアな感じのcpu情報表示ツールを見かけたので試してみました. Dr-Noob/cpufetch: Simplistic yet fancy CPU architecture fetching tool cpufetch – yet another neofetch alternative : commandline $ git clone https://github.com/Dr-Noob/cpufetch $ cd cpufetch $ make $ ./cpufetch -s retro ################ ####### ####### #### #### ### #### Name: Intel(R) Core(TM) i5-3320M CPU @ 2.60GHz ### ### Microarchitecture: Ivy Bridge ### ### Technology: 22nm # ###
Continue reading cpu情報を表示するcpufetch

Nextcloud 18 -> 19 アップグレード時のセキュリティ&セットアップ警告を解決

Nextcloud 18 がEoL になっていたので,Nextcloud 18.0.14 から Nextcloud 19.0.7 にアップグレードしました. 表 1. Maintenance and Release Schedule · nextcloud/server Wiki release date end of life current version next version 20 2020-10-03 2021-10 20.0.7 (2021-02-02) 20.0.8 (2021-02-25) 19 2020-06-03 2021-06 19.0.8 (2021-01-27) 19.0.9 (2021-02-25) 18 2020-01-16 2021-01 18.0.14 (2021-01-27) End of Life $ sudo -u www-data php $NEXTCLOUDPATH/occ
Continue reading Nextcloud 18 -> 19 アップグレード時のセキュリティ&セットアップ警告を解決

The Great SuspenderでサスペンドしていたURLをjsonで出力する

マルウェア化した「The Great Suspender」がChromeウェブストアから消滅、拡張機能削除時に巻き添えで消えたタブを復旧させる方法はコレ – GIGAZINE ということで削除されちゃったんですね. 自分は先月怪しいという話を聞いて削除していました.その時タブが消えてしまい悲しかったのですがこんな感じで復旧させました. タイムスタンプとタイトル,URLをjsonで出力します. $ sqlite3 ~/.config/google-chrome/Default/History “SELECT \”[\” || group_concat(json_object(‘timestamp’, last_visit_time, title, url)) || \”]\” FROM urls WHERE url LIKE ‘%bkeccnjlkjkiokjodocebajanakg%’;” | jq . | sed -e ‘s/chrome-extension:\/\/klbibkeccnjlkjkiokjodocebajanakg\/suspended.html.*&uri=//’ 何をやっているかというと, ~/.config/google-chrome/Default/History がGoogle Chromeのsqlite3形式の履歴ファイルなので,この中からThe Great Suspenderのurlの含まれているurlを引っ張り出して整形しています. Chromiumの場合は ~/.config/chromium/Default/History Braveは ~/.config/BraveSoftware/Brave-Browser/Default/History でした. Default以外のprofileは名前いろいろなのでfindとかで探すといいでしょう. $ find ~/.config/chromium/ ~/.config/google-chrome/ ~/.config/BraveSoftware/Brave-Browser -name History ここで紹介したのはLinuxでの場合ですが,パスを変えると他のOSでもいけるはずです. 環境1 $
Continue reading The Great SuspenderでサスペンドしていたURLをjsonで出力する

Gnome ShellでBitbar, SwiftBar代替のArgosを使う

PodcastのRebuild.fm 292回でBitBar, SwiftBar というツールバーに任意のコマンドの結果を表示できるツールを知って Rebuild: 292: Two Chickens, One Stone (hak) GitHub – matryer/bitbar: Put the output from any script or program in your Mac OS X Menu Bar SwiftBar Linuxで動作するBitBar/SwiftBar Alternativeが無いかなと探して,Argos, Kargos, Margosというものを見つけました. GitHub – p-e-w/argos: Create GNOME Shell extensions in seconds GitHub – lipido/kargos: KDE Plasma port of GNOME Argos and OSX BitBar
Continue reading Gnome ShellでBitbar, SwiftBar代替のArgosを使う